« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月29日 (水)

Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro・レビュー(機能・性能編)

New_inspiron_15_7000graphic_pro2


***************************************
Dell Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro
(7548)機能・性能編のレビュー概要と目的
***************************************

New Inspiron 15 7000シリーズGraphic Proノートパソコンは、「Graphic Pro」の名前を冠している通り、内蔵グラフィックスではなくAMD Radeon R7 M270 4GB DDR3を使っている。
AMD Radeon R7 M270 4GB DDR3は、余り高性能という種類のものではなくどの程度の性能を持つのかを検証してみる。

----------------------------------------------------
尚、Dell New Inspiron 15 7000(7548)は販売店からの借用品である。

又、記事の図表その他の解釈は筆者個人の見解である。

--------------------------------------------------------------------
目次・Dell Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro
(7548)のレビュー
---------------------------------------------------------------------

○概要及びレビューの目的
○主な仕様
○外観・キーボード等
○基本性能
*WIN SCORE SHAREによるスコア
○起動時間測定、Microsoft Assessment Consoleによる
★Boot performance(Fast Startup)
*過去のレビュー機の起動時間とBIOS・Boot performance実測値
★Microsoft Assessment Consoleによる
★Battery run down with energy efficiency diagnostics
(エネルギー効率診断を含むバッテリーの寿命テスト)
★Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro(7548)・レビュー(仕様編)での一言
-------------------------------------------------------------------------
Dell Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro
(7548)のレビュー・機能・性能編
-------------------------------------------------------------------------

○グラフィックカード性能(AMD Radeon R7 M270 4GB DDR3)

*「HeavenBenchmark4.0」と「Valley Benchmark 1.0」
*HeavenBenchmark4、Valley Benchmark 1.0 FPS(当サイトでの参考測定結果)
*ファイナルファンタジーXIV新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編Benchmark
*モンスターハンター フロンティアDirectX 9.0cゲームベンチマーク
*バイオハザード6 Benchmark
○OCCTによるAMD Radeon R7 M270 4GB DDR3 の3Dゲームの動作
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察

○メディアカードスロット速度測定
○Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro(7548)を使ってみての感想
○パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点

----------------------------------------------------------------
Dell Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro
(7548)のレビュー機能・性能編・レビュー
----------------------------------------------------------------

**************************************
Dell Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro
(7548)のレビューの仕様
プラチナ・4Kタッチパネル・大容量メモリ
**************************************
仕様は、平成27年4月25日現在のもので変更もありうる。
*************************************************

■オペレーティングシステムWindows 8.1 Update (64bit)
■第5世代インテル Core i7-5500U プロセッサー・2コア4スレッド(Broadwell U/2.4GHz,インテルスマート・キャッシュ4MB/インテルターボ・ブースト2.0/ターボ・ブースト利用時の最大周波数3GHz)
■マザーボード-:DELL 0AM6R0
●メモリ-16GB デュアルチャネル DDR3-1600/PC3-12800 DDR3 SDRAM SO-DIMM
(実機はMicron製)
■1TB SSD(実機はTOSHIBA MQ02ABF100)
●ドライブ--ナシ
●グラフィックス・AMD Radeon R7 M270 4GB DDR3
■15.6-インチ 4K Ultra HD (3840 x 2160) Truelife (LEDバックライト採用) タッチディスプレイ 広視野角付き (IPS)・Corning Gorilla NBT Glass
●カードリーダー :3-in-1カードリーダー(SD、SDHC、SDXC)
●LAN;インテル3160AC + BT4.0 [802.11ac + Bluetooth 4.0, デュアル バンド 2.4&5 GHz, 1x1]
■電源・58 WHr, 4-セルバッテリ (内蔵)
●マカフィーリブセーフ (12ヶ月間更新サービス)
■USB 3.0(PowerShare対応)x 1、USB 3.0 x 1、USB 2.0 x 1、HDMI v1.4a、SDカードリーダー x 1、ヘッドフォン/ マイク入力ジャックコンビネーション、Noble Lock スロット
■日本語 バックライトキーボード
■ノイズキャンセリング機能搭載のデュアルデジタルアレイマイクを備えた内蔵1.0 MPワイドスクリーンHD Webカメラ
■Waves MaxxAudio Pro処理を採用したステレオスピーカ内蔵デジタルマイク)
■Dropbox(容量20GB・1年間)
■Adobe Photoshop Elements & Adobe Premiere Elements 13, デジタルデリバリー
*************
●寸法(仕様書による)19.9mm(厚み) / 377.8 mm(幅) / 261.2mm(奥行き)、2.11 kg
●外部シャーシ素材
アルミニウム素材を削り出し、薄さ1インチ未満のアルミニウム製
*********************************************************************************

New_inspiron_15_7000graphic_pro17

Cpuz

 

New_inspiron_15_7000graphic_pro20

 

New_inspiron_15_7000graphic_pro23

 

New_inspiron_15_7000graphic_pro13


**********************************************
Dell Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro(7548)
○AMD Radeon R7 M270 4GB DDR3
**********************************************


「HeavenBenchmark4.0」と「Valley Benchmark 1.0」

------------------------------------------------------------------------

***************************************
■HeavenBenchmark4 (1600x900)
***************************************

Heaven


■(HeavenBenchmark(DirectX 11)は、EXTREME設定、1600 x 900で測定)
(Intel HD Graphics 5500)
FPS 7.1
Score 178(3.8~14.9)

*************************
参考値HeavenBenchmark(1376x755)
(当サイトでの参考測定結果)
*************************

○AMD Radeon HD R7 M265 2GB DDR3(7.0)/Score 175
    --Inspiron 15 5000 シリーズ(プラチナ)
○Intel HD Graphics 4400(3.8)/Score 95
    --Inspiron 13 7000シリーズ2 in 1
    --Inspiron 14 3000 (ベーシック)
○Intel HD Graphics 4400(3.7)/Score 93
○Intel HD Graphics (1.4)/Score 35
    --Inspiron 11 2 in 1

*****************************************************
HeavenBenchmark4 FPS(当サイトでの測定結果)
*****************************************************

・・・・NVIDIA® GeForce®GTX680(44.3~46.7)

40*****

30****重いゲームでも快適
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GTX 660(29.1~30.5)※

25‥‥‥‥ELSA GLADIAC GTX 560 Ti mini(24.9)
↓‥‥……玄人志向・GeForce-GTX560-E1GHD/SHORT(22.0)

20****軽いゲームなら快適‥‥玄人志向・RD-HD6870/OC(20.8)※
↓‥‥‥‥SAPPHIRE VAPOR-X HD7770 GHZ EDITION(19.4)
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GT 755M・DDR5(15.1)
15‥‥‥‥玄人志向・GF-GTX650-E1GHD(14.9)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 750M・DDR5(12.5)
10・・・・NVIDIA GeForce GT 750M・DDR3(9.7~10)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 840M・DDR3(8.3)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 740M・DDR3(6.4)

****************************************
Valley Benchmark 1.0 FPS測定結果
****************************************

New_inspiron_15_7000graphic_pro4


設定■
★Direct3D11
★1920×1080 fullscreen
★Extreme HD
------------------------------------------------

AMD Radeon R7 M270 4GB DDR3--(3.1/130/2.0~14.9)

----------------------------------
Valley Benchmark 1.0参考測定値
----------------------------------------
Intel HD Graphics 5500--(2.8/118/1.8~4.9)
(XPS 13 Graphic Pro(9343))

以下、自作機で筆者が所有************
GIGABYTE Geforce GTX660 2GB GV-N660OC-2GD/A---(33.4/1314/16.5~57.7)
ELSA (GeForce)GLADIAC GTX 560 Ti mini---(24/1004/11.3~79.2)
玄人志向・RD-HD6870/OC---(21.7/908/6.0~39.4)

*****************************************************************
■「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」
*****************************************************************

Ff1280max3157

Ff12804028

Ff1280std6125




Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro
AMD Radeon R7 M270 4GB DDR3性能
(1280×720)
最高品質・・・3,157(やや快適)
高品質・・・・4,028(快適)
標準品質・・  6,125(とても快適)

Ff1980


Ff1980_2



(1920×1080)
最高品質・・・
高品質・・・・1,993(設定変更を推奨)
標準品質・・  3,113(やや快適)

Inspiron 15 7000シリーズGraphic Proでは、グラフィックスにAMD Radeon R7 M270 4GB DDR3を使用している。
これは内蔵グラフィックスのIntel HD Graphics 5500より多少良いくらいで、大きく性能が上がるわけではない。

参考値*******************************************
★XPS 13 Graphic Pro

Intel HD Graphics 5500
(1280×720)

最高品質・・・1,796(設定変更を推奨)
高品質・・・・2,292(普通)
標準品質・・  3,499(やや快適)
(1920×1080)
標準品質・・  2,221(普通)

New_inspiron_15_7000graphic_pro10


*****************************************
●モンスターハンター フロンティア
DirectX 9.0cゲームベンチマーク
*****************************************

New_inspiron_15_7000graphic_pro12


(1920×1080)
2,343~2,350

*************************
バイオハザード6
*************************

New_inspiron_15_7000graphic_pro9


ランクC
Score 1,365

*****************************************************
OCCTによるDell Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro
(7548)筐体冷却性能と
インテル Core i7-5500U プロセッサーの動作
*****************************************************

New_inspiron_15_7000graphic_pro5


**************************************
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
**************************************

Occt

2015040515h46temperaturecore0


2015040515h46frequencycpu0



(■OCCT・CPUによる検証は、1時間オートで測定)
Inspiron 15 7000シリーズGraphic Proは、定格動作周波数2.2GHzからインテルターボ・ブーストで2.55GHzを中心に作動している。
省エネ型のCPUであるために、発熱も少なく60℃~62℃程度で終了している。
同様なCPUのXPS 13 Graphic Proでは、筐体が小さく放熱が間に合わなかったようだが、Inspiron 15 7000では余裕でクリアしている。

**************************************
●GPUの負荷テスト(OCCT/GPU 3D)
上限FPS60(1時間)
**************************************

New_inspiron_15_7000graphic_pro6


2015040416h23fpsfps


2015040416h23cpuusagecpuusage


2015040416h23frequencycpu0

2015040416h23memoryusagememoryused


Inspiron 15 7000シリーズGraphic Proは、AMD Radeon R7 M270 4GB DDR3を使っている。
ベンチマークソフトでは、Radeonの場合の挙動がハッキリしないことが多く、内蔵グラフィクスやGeforce系とは違っている。
FPSの値は34程度で、内蔵Intel HD Graphics 5500のFPS13.38(XPS 13 Graphic Pro)に比べて大きくなっている。
このFPS34の値を出すためかCPUは2.9GHzで作動している。
その稼働率は、激しく変化して最大限稼働していたりするがFPS34の変動は少ない。

その一方、CPUの温度は高めで最大77℃程度まで上昇したあとで、周波数も停止程度まで落とし、稼働率では20%くらいに落ちる。
それだからといって、FPSの値は余り変化していない。

このことから、CPUの稼働とFPSの関連性は余り見られない。

2015040416h23temperaturecore0



**********************************************
●GPU 3Dの負荷テスト、FPSについての考察
**********************************************
Radeonであるために考察なし。

**************************************
★カードリーダー
**************************************

New_inspiron_15_7000graphic_pro15


Sdhcspeed


メディアカードスロットは、Inspironのためか速度は低速であった。

Photo

New_inspiron_15_7000graphic_pro18


******************************************
Dell Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro
(7548)を使ってみての感想
******************************************

New Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro(7548)ノートパソコンは、4Kディスプレイ搭載したモデルでシリーズとしては上位機になっている。
このモデルは、アルミニウム製のスリムなスタイルとこの「4Kディスプレイ搭載」が特徴的でもあり、逆に使いにくいところでもある。
従い「15.6-インチ FHD (1920 x 1080) Truelifeモデル」の方が使い勝手が良い気がする。
また、スリムな筐体からインターフェースの制約があり、かつInspironという普及機の扱いからDisplayPortがない。
こういう部分が、普及機ながらデザインや液晶に凝ったという一点豪華主義の様な感じを受ける。
それは「4Kディスプレイ搭載」を搭載していながらSSDではなく、CPUも省エネ型で高性能というわけではない。

★デジタルデリバリーでAdobe Photoshop Elements & Adobe Premiere Elements 13が付属する。
Adobe Photoshop Elements13は何とかなるとは言え、動画編集ではAMD Radeon R7 M270 4GB DDR3ではハードウェアエンコードに対応しない。
一方、動画編集ソフトAdobe Premiere Elements 13でソフトウェアエンコードを使うには、「2コア4スレッド」の省エネ型では力不足である。

ではこのDell Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro(7548)はどんな人に向くのかと言えば、(タッチディスプレイつきの)4Kディスプレイを使った動画や写真の鑑賞。

または、Adobe Photoshop Elements13を使った画像編集などであろう。
後にも先にもこの高性能ディスプレイを使いたい人向きである。


 


-------------------------------------------------------------------
パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点は、★リンク先にて!!!!!!!!!!
--------------------------------------------------------------------

http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/09/reviewsyuun-ae0.html


↓↓↓↓以上のことは、メーカー直販サイトにて再確認していただきたい。


デル株式会社


デル株式会社 デル株式会社

デル株式会社

----------------------------------------------------------------------------------

Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro・レビュー(仕様編)へ
-----------------------------------------------------------------------------------

http://syuun.way-nifty.com/blog/2015/04/inspiron-15-700.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月26日 (日)

Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro・レビュー(仕様編)

New_inspiron_15_7000graphic_pro14


***************************************
Dell Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro
(7548)のレビュー概要と目的
***************************************

New Inspiron 15 7000シリーズGraphic Proノートパソコンは、アルミニウム製で「4Kディスプレイ搭載」を搭載するというスタイリッシュなデザインである。
Inspironシリーズという実用モデルにしては、液晶やデザインに凝った作りをしているNew Inspiron 15 7000シリーズGraphic Proについて、使い勝手を検証してみる。

又、レビュー機は「プラチナ・4Kタッチパネル・大容量メモリ」という上位機になっている。

----------------------------------------------------
尚、Dell New Inspiron 15 7000(7548)は販売店からの借用品である。

又、記事の図表その他の解釈は筆者個人の見解である。

--------------------------------------------------------------------
目次・Dell Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro
(7548)のレビュー
---------------------------------------------------------------------

○概要及びレビューの目的
○主な仕様
○外観・キーボード等
○基本性能
*WIN SCORE SHAREによるスコア
○起動時間測定、Microsoft Assessment Consoleによる
★Boot performance(Fast Startup)
*過去のレビュー機の起動時間とBIOS・Boot performance実測値
★Microsoft Assessment Consoleによる
★Battery run down with energy efficiency diagnostics
(エネルギー効率診断を含むバッテリーの寿命テスト)
★Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro(7548)・レビュー(仕様編)での一言

-------------------------------------------------------------------------
Dell Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro
(7548)のレビュー・機能・性能編
-------------------------------------------------------------------------

New_inspiron_15_7000graphic_pro8


○グラフィックカード性能(AMD Radeon R7 M270 4GB DDR3)

*「HeavenBenchmark4.0」と「Valley Benchmark 1.0」
*HeavenBenchmark4、Valley Benchmark 1.0 FPS(当サイトでの参考測定結果)
*ファイナルファンタジーXIV新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編Benchmark
*モンスターハンター フロンティアDirectX 9.0cゲームベンチマーク
*バイオハザード6 Benchmark
○OCCTによるAMD Radeon R7 M270 4GB DDR3 の3Dゲームの動作
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察

○メディアカードスロット速度測定
○Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro(7548)を使ってみての感想
○パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点

----------------------------------------------------------------
Dell Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro
(7548)のレビュー仕様編・レビュー
----------------------------------------------------------------

**************************************
Dell Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro
(7548)のレビューの仕様
プラチナ・4Kタッチパネル・大容量メモリ
**************************************
仕様は、平成27年4月25日現在のもので変更もありうる。
*************************************************

■オペレーティングシステムWindows 8.1 Update (64bit)
■第5世代インテル Core i7-5500U プロセッサー・2コア4スレッド(Broadwell U/2.4GHz,インテルスマート・キャッシュ4MB/インテルターボ・ブースト2.0/ターボ・ブースト利用時の最大周波数3GHz)
■マザーボード-:DELL 0AM6R0
●メモリ-16GB デュアルチャネル DDR3-1600/PC3-12800 DDR3 SDRAM SO-DIMM
(実機はMicron製)
■1TB SSD(実機はTOSHIBA MQ02ABF100)
●ドライブ--ナシ
●グラフィックス・AMD Radeon R7 M270 4GB DDR3
■15.6-インチ 4K Ultra HD (3840 x 2160) Truelife (LEDバックライト採用) タッチディスプレイ 広視野角付き (IPS)・Corning Gorilla NBT Glass
●カードリーダー :3-in-1カードリーダー(SD、SDHC、SDXC)
●LAN;インテル3160AC + BT4.0 [802.11ac + Bluetooth 4.0, デュアル バンド 2.4&5 GHz, 1x1]
■電源・58 WHr, 4-セルバッテリ (内蔵)
●マカフィーリブセーフ (12ヶ月間更新サービス)
■USB 3.0(PowerShare対応)x 1、USB 3.0 x 1、USB 2.0 x 1、HDMI v1.4a、SDカードリーダー x 1、ヘッドフォン/ マイク入力ジャックコンビネーション、Noble Lock スロット
■日本語 バックライトキーボード
■ノイズキャンセリング機能搭載のデュアルデジタルアレイマイクを備えた内蔵1.0 MPワイドスクリーンHD Webカメラ
■Waves MaxxAudio Pro処理を採用したステレオスピーカ内蔵デジタルマイク)
■Dropbox(容量20GB・1年間)
■Adobe Photoshop Elements & Adobe Premiere Elements 13, デジタルデリバリー
*************
●寸法(仕様書による)19.9mm(厚み) / 377.8 mm(幅) / 261.2mm(奥行き)、2.11 kg
●外部シャーシ素材
アルミニウム素材を削り出し、薄さ1インチ未満のアルミニウム製

*********************************************************************************

System001

Hwinfo64

Gpuz


**************************************
Dell Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro
(7548)のレビューの外観
**************************************

*Dell Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro(7548)の外観

New_inspiron_15_7000graphic_pro24

New_inspiron_15_7000graphic_pro19

New_inspiron_15_7000graphic_pro20


New Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro(7548)は、アルミボディのノート型パソコンである。
特にサイドの外部端子付近は、絞り込まれていて薄さが強調されている。
このスタイルに固執したために外部端子が同種のパソコンに比べて少ない。
DVDドライブがつかないのは当然としても、USB端子も少なく、有線LAN端子、そして4K Ultra HDであるのにDisplayPortがないというInspironという普及機の特徴がある。

New_inspiron_15_7000graphic_pro21


New_inspiron_15_7000graphic_pro26


また、最近の内部にアクセスし難(にく)い構造傾向になっている。
但し本レビュー機の場合、「大容量メモリ」タイプなのでCore i7-5500U プロセッサーのメモリーの上限である16GBを積んでいる。

New_inspiron_15_7000graphic_pro27



New_inspiron_15_7000graphic_pro22

New_inspiron_15_7000graphic_pro1

New_inspiron_15_7000graphic_pro3


---------------------------------
モニターは、15.6-インチ4K Ultra HD (3840 x 2160) という「4Kディスプレイを搭載」している。
最近出始めた4K動画が撮影できるカメラなどを使う場合は有効であろう。

しかし、実務として使用してみると現状の外部モニターが対応していないので4K Ultra HDは使いにくい。その場合は、15.6-インチ FHD (1920 x 1080) Truelifeモデルの選択が叶っている。

New_inspiron_15_7000graphic_pro16


*Dell Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro
(7548)のレビューのキーボード

キーボードにはバックライトが標準搭載されている。
このキーボードが悪いと言うことではないが、筐体(きょうたい)の大きさに比べてキーボードが小さい。
Inspironと言うことで、普及型のために専用のキーボードがなかったのかもしれないが、これもInspiron 15 7000パソコンに見られるちぐはぐの一つである。

****************************************
Dell Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro
(7548)のレビューの基本性能
****************************************

Winscore001


Winscorepro


WIN SCORE SHAREによるスコアでは、AMD Radeon R7 M270 4GB DDR3が認識されず、内蔵グラフィックス・Intel HD Graphics 5500になっているのであまり高い数値を出していない。
また、「機能・性能編」で説明する「AMD Radeon R7 M270 4GB DDR3」の性能も動画編集やゲームをするという用途まで達していない。

その一方、デジタルデリバリーで「Adobe Photoshop Elements & Adobe Premiere Elements 13」がインストールすることが出来るため、Adobe Photoshop Elements13を使えば本格的な画像編集が出来る。

その一方動画編集のAdobe Premiere Elements13はメモリーを多く積んでいるとは言え、「Core i7-5500U プロセッサー・2コア4スレッド」ではつらい面がある。


Txbench_2


Txinfo


*Tx-BENCHによるHDD性能の説明
★シーケンシャル(Sequential Read/Write)
★ランダム4KB QD1(Random4K Read/Write)
★ランダム4KB QD32(Read/Write)
共にHDDであるために早くなく、相応の性能と言える。

Hdd


*************************************
Dell Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro(7548)のレビューの起動時間測定
Microsoft Assessment Consoleによる
★Boot performance(Fast Startup)
*************************************

New_inspiron_15_7000graphic_pro7


New_inspiron_15_7000graphic_pro25


Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro(7548)の初期起動時間は、コールドスタートでおよそ約15秒だった。
最近のパソコンは、起動時間がやたらと早くなっていてこれもその傾向がある。


Assessmentconsolestart001


又、Boot performance(Fast Startup)では、5.344秒、Suspend継続時間は3.705秒であった。

Assessmentconsolesus001


ここでSuspend状態からの復帰は余り早くない。
しかし、重さが2kg以上あるのでモバイルパソコンではなく据え置きであろうから、どうしても早い必要はない。

***********************************************
過去のレビュー機の起動時間とBIOS・Boot performance
***********************************************

■ Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro
(7548)(レビュー機)
●起動時間15秒
●Boot performance(Fast Startup)では、5.344秒
●Suspend継続時間は3.705秒

----------------------------------------------------------------
■XPS 13 Graphic Pro(レビュー機)
●起動時間11秒(SSD・コールドスタート)
●Boot performance(Fast Startup)では、3.153秒
●Suspend継続時間は0.711秒

■Inspiron 3646
●起動時間27.07秒(HDD・コールドスタート)
●Boot performance(Fast Startup)では、6.739秒

■Inspiron 3847
●起動時間18.09秒(HDD・コールドスタート)
●Boot performance(Fast Startup)では、14.113秒

■Inspiron 14 3000 シリーズ(ベーシック)
●起動時間13.92秒(HDD・コールドスタート)
●Boot performance(Fast Startup)では、3.330秒

■Inspiron 15 5000 ・Graphic Proシリーズ(プラチナ)
●起動時間13.5秒(HDD・コールドスタート)
●Boot performance(Fast Startup)では、3.127秒

■Dell Graphic Pro Inspiron 17 5000シリーズ
●起動時間11.92秒(HDD・コールドスタート)
●Boot performance(Fast Startup)では、3.794秒

■Dell Graphic Pro Inspiron 17 7000シリーズ
●起動時間18.581秒(HDD・コールドスタート)
●Boot performance(Fast Startup)では、5.289秒

■Inspiron 14 7000シリーズベーシックモデル
●起動時間21秒(HDD・コールドスタート)
●Boot performance(Fast Startup)では、8.979秒

■XPS 11 プレミアム・タッチパネル
●起動時間11.188秒(SSD・コールドスタート)
●Boot performance(Fast Startup)では、2.245秒

■XPS 13 Ultrabookプレミアム・タッチパネル
●起動時間9.45秒(SSD・コールドスタート)
●Boot performance(Fast Startup)では、2.644秒

■Dell Venue 11 Proタブレット
●起動時間19.65秒(コールドスタート)

**************************************************
Microsoft Assessment Consoleによる
★Battery run down with energy efficiency diagnostics
(エネルギー効率診断を含むバッテリーの寿命テスト)
**************************************************

Batt


Assessmentconsolebatt002


Battery run down with energy efficiency diagnosticsは、ソフトが満充電になったのを確認してから実行される。
そして、電池残量が5%になったところで終了する。
予測連続起動時間は、6時間46分(406分)で省エネ型CPUを使うパソコンらしい値である。
又、エネルギー効率は、95%で全く問題はなかった。

------------------------------------------------------------------
Dell Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro
(7548)のレビュー(仕様編)での一言
-------------------------------------------------------------------




スタイリッシュで「4Kディスプレイ搭載」と言いながら、DisplayPortがなかったり、CPUが省エネ型だったり、キーボードが汎用品だったりとInspironとはいえ、ちぐはぐなところが見られる。


デル株式会社

-------------------------------------------------------------------
パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点は、★リンク先にて!!!!!!!!!!
--------------------------------------------------------------------

http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/09/reviewsyuun-ae0.html


↓↓↓↓以上のことは、メーカー直販サイトにて再確認していただきたい。


デル株式会社


デル株式会社 デル株式会社

デル株式会社

----------------------------------------------------------------------------------
Dell Inspiron 15 7000シリーズGraphic Pro
(7548)のレビュー・機能・性能編へ続く
-----------------------------------------------------------------------------------

http://syuun.way-nifty.com/blog/2015/04/inspiron-15-7-1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月24日 (金)

OMEGA PRO・全自動パルス充電器は効果あるか??

Batt2015_04_221


車のバッテリーを長持ちさせようと、SOLAR BA7(CCAバッテリーテスター)を使いバッテリーの充電点検をしている。
2か月に1回ぐらいは点検できればと思うのだが、昨年と同じ4月24日に記事を書くことになった。
昨年は、OMEGA PRO(OP-0002)という全自動パルス充電器に買い増しした。
元々使っていた、マイコン制御充電器については以前に書いているのでそちらに譲るが、今回はこのパルス充電器の効果を見てみる。

OMEGA PROでは、レビュー記事の通り

平成26年4月22日
平成26年10月7日
平成27年1月05日
平成27年4月22日

と言う具合に、4回充電している。
の経過を見ながら記録として比較してみる。

******************************************************
PanasonicCaoslite 80D23Lの場合-日産スカイライン・V36
*******************************************************

もう旧型になってしまったスカイライン・V36は、「充電制御システム」のために80%ぐらいまでしか充電されない。
そのために、バッテリーの消耗度合いが激しく元々の「55D23L」からPanasonicCaoslite 80D23Lに載せ替えてある。

Batt2015_04_222

参考
「CCAバッテリーテスターDHC DSB-22互換SOLAR BA7(Clore Automotive製)を使う」

http://syuun.way-nifty.com/blog/2013/05/ccadhc-dsb-22so.html

今回、CCAを測定したところ476で正常表示だった。
それで、OMEGA PROで充電したところ
CCA547で改善された。

Batt2015_04_225



Batt2015_04_226


PanasonicCaoslite 80D23(2011年11月購入)は4年目になるがある程度劣化はしたもののたいしたことはなく、突然死しない限りこれならば廃車まで持ちそうな感じがある。

以下の経過-----------------
●2013年5月
CCA498---CCA-558(Meltec(メルテック)PC-200充電後)
●2014年4月22日
CCA487---CCA529(OMEGA PRO充電後)
●2014年10月07日
測定不可---CCA562(OMEGA PRO充電後)
●2015年1月5日
CCA430---→CCA522(OMEGA PRO充電後)
●2015年4月22日
CCA476---CCA547(OMEGA PRO充電後)


*********************経過(再掲)
★2013年5月ではSOLAR BA7で検査すると、12.24V--CCA498と充電不足。
Meltec PC-200を使い、オート充電で12.79V--CCA558であった。
★2014年4月Meltec PC-200で充電してもCCAが500を超えなくなった。
★2014年4月OMEGA PROを買い、充電してみたところCCA487→→CCA529へと改善した。

---------------------------------------------------------------------------------------

この感じから見ると3か月、遅くとも4か月以内に補充電をしてやるとより長持ちするかもしれない感じがある。
いずれにせよ、CCAテスターがないと何も分からないと言うことになる。

OMEGA PRO OP-0002バッテリー充電器でバッテリ-の復活改善を模索

http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/04/omega-proop-000.html

*****************************************
●55D23LのCAA基準値は
320~355(予備バッテリー)
日産スカイライン・V36に標準搭載のもの(平成18年12月-2006年)
*****************************************

55D23Lは、日産スカイライン・V36に標準搭載であったもので1回バッテリーを上げてしまって、その後に出先でエンジンが掛からなくなったというもの。
それでバッテリーの充電不足に気がつき、補充電を始めたのである。

Batt2015_04_223


このバッテリーは予備とはいえ、「空気入れ(電動エアポンプ)」用に使っている程度にものである。
以前の経過は、
●2015年4月22日CCA335---→CCA354(OMEGA PRO充電後)

Batt2015_04_228

 

Batt2015_04_227

 

Batt2015_04_229

 

Batt2015_04_2210


★2013年5月では、CCA349-充電後-→CCA384であった。
★2014年4月OMEGA PROで充電してみた結果→CCA343
★2014年10月OMEGA PROで充電してみた結果CCA285-充電後→CCA385と改善された。
★2015年1月5日CCA340---→CCA339(OMEGA PRO充電後)

まるまる8年以上経過した55D23LがCCA基準値の範囲内に収まっている。
かなり古くなったので、多少劣化はしているもののまだまだ使えるというのは驚き。
但し、元々容量が小さいので、スカイライン・V36に搭載するというのは考え物なのは今まで通り。

Batt2015_04_224

*******************************************
CCAテスターを使ったバッテリー状態の感想
*******************************************

今までは、CCAテスター・SOLAR BA7を使ってバッテリーの状態を見ていると言うことだった。
しかし、1年前にOMEGA PROを買ったためにバッテリー寿命が少し延びた気がする。
廃棄処分だった55D23Lも何とか使えているし、後は劣化が激しいバイク用バッテリー。
今回は、冬場に余り乗っていなかったから少し乗るようになってから充電してみようと思っている。
OMEGA PROだと充電がしっかりできるので、バイク用バッテリーだと過充電気味になってしまう。
こういう部分というのが何とも難しい。


SOLAR BA7 12VバッテリーデジタルCCAテスター&システムテスター(並行輸入品)

OMEGA PRO [ オメガ・プロ ] 12V専用 マイコン制御 [ 全自動パルス充電器 ] [ Intec Power XT3 Technology ] OP-0002

Meltec [ メルテック ] バッテリー充電器定格8ADC-12V用 [品番] PC-200





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月22日 (水)

PowerDVD 15 Ultra ・ハイレゾ音源の取り込み再生機能も・・

Powerdvd152


*****************************************************
サイバーリンク・PowerDVD 15 Ultra レビューの目的と概要
****************************************************

PowerDVDは、DVDドライブが付いたパソコンを買うとCyberLink Media SuiteのOEM版がプリインストールされていることが多い。
この中にPowerDVDのBDくらいまで再生できる簡易版が入っているのでお馴染みかもしれない。
そのフルバージョンの最新版がPowerDVD 15 Ultraである。
OEMのPowerDVD1x版とPowerDVD 15 Ultraなどの大きな違いは、PowerDVD 14 Ultra(Windows7pro・64bit)のレビューの時に紹介した。

●PowerDVD 15 Ultraは、「Blu-ray、DVD、各種メディアファイル再生、3D 立体視対応」というソフトと説明されている。
従って、DVDや動画を見るのに使うというイメージが先行している。
しかし、それ以上の音、音楽に関する機能があり、PowerDVD 15 Ultraでは別の観点で見る必要があろう。
それに従い、PowerDVD 14 UltraとPowerDVD 15 Ultraとを比較しながらレビューをしてみたい。

(PC構成参考・Windows8.1PRO ・CPU Core i7 4770K・ASUS Z87-PRO・TOSHIBA製SSD・CSSD-S6T512NHG5Q)

---------------------------------------------------------------------
尚、このレビュー記事における見解、見方などは筆者個人の感想である。

※当記事は販売店から発売前に「PowerDVD 15 Ultra 」の提供を受けて執筆している。

***************************************
PowerDVD 15 Ultra レビューの目次
***************************************

1)サイバーリンク・PowerDVD 15 Ultra レビューの目的と概要

2)PowerDVD 15 Ultraに新たに加わった新機能
・PowerDVD 15 UltraとPowerDVD 14 Ultraとの比較
●新機能の注目点
■「音声、音楽」
■「動画」・「DVD」映像

3)「サイバーリンククラウド」について

4)PowerDVD 15 Ultraを使って見ての感想

************************************
PowerDVD 15 Ultra レビュー
************************************

***************************************
2)PowerDVD 15 Ultraに新たに加わった新機能
■PowerDVD 15 UltraとPowerDVD 14 Ultraの違いなど
***************************************

●新機能など注目点

・動画補正機能・オーディオ機能
TrueTheater ColorとTrueTheater Sound で色と音声を直観的に補正
・高画質動画再生
H.265/HEVC のハードウェア支援再生 に対応
・オーディオ CD から音楽をAAC(.M4A)、MP3 、FLAC 形式に変換して保存
・ファイル名に番号を加えてライブラリーに追加
・ISO ファイルの再生
------------------------------------------
その他
イコライザーのカスタマイズ
動画ファイルからの音声取出し(音楽取出し機能)
・レジューム機能・ABリピート(動画)・(倍速再生)・
サイバーリンククラウド10GB---->20GB
サイバーリンククラウドからのストリーミング再生
***********************************

************************************
新機能の注目点
************************************

●・動画補正機能・オーディオ機能

TrueTheater ColorとTrueTheater Sound で色と音声を直観的に補正

「動画補正機能・オーディオ機能・ TrueTheater ColorとTrueTheater Sound で色と音声を直観的に補正」は、従来の「TrueTheaterエンハンスメント」が「スマート」と言う形でわかりやすくなっている。

Powerdvd1516


Powerdvd1518

Powerdvd1519


Powerdvd1517


PowerDVD 14 Ultraでも動画と音声の「TrueTheaterエンハンスメント」が設定されていて、通常自動調整を使う。
この部分がPowerDVD 15 Ultraでは「詳細設定」となり、PowerDVD 14 Ultraから見ると大きな変更がないように見える。
又、パソコンのディスプレイにも依存するので、PowerDVD 14 Ultraの様にいわゆる「お任せ設定」で使うことになろう。


Powerdvd144


Powerdvd144_2



●・高画質動画再生・ H.265/HEVC のハードウェア支援再生に対応

4K ビデオカメラや対応するモニターを持っていないので使い勝手は不明。

************************************
■「音声、音楽」
************************************

・イコライザーのカスタマイズ

Powerdvd154


PowerDVD 15 Ultraから視覚的に詳細設定ができるようになったもので、PowerDVD 14 Ultraでは、「プリセットイコライザー」のみになっている。

・動画ファイルからの音声取り出し(音楽取り出し機能)
動画の部分から「音声取り出し」と言うのも必要があれば面白い機能である。
これには、紹介Tutorialビデオもあるので方法等はサイバーリンクWebサイトを参照。

Powerdvd155



●・オーディオ CD から音楽をAAC(.M4A)、MP3 、FLAC 形式に変換して保存

Powerdvd156


PowerDVD 14 Ultraから大きく違ったのは、このCDから「AAC(.M4A)、MP3 、FLAC 形式に変換」と言うことである。
オーディオ CD から高音質・高圧縮のAAC(.M4A)に変換できるものに、「Power2Go 10」がある。
しかし、デジタルオーディオ方式であるPCMのファイル形式、ハイレゾ音源として良く使われるFLAC(フラック、Free Lossless Audio Codec)に変換できるのは最大の特徴でもある。(但しCDは、44.1kHz・16ビット)

FLACは、元の音声データから変換して音質の劣化がない可逆圧縮(再生時に元のデータが復元)であるため、非圧縮であるWAVにもPower2Go 10などを使えば簡単に変換可能である。(必要ないと思われるが)

Powerdvd157


Powerdvd158


Powerdvd1510



PowerDVD 15 Ultraでは、FLACに変換すると共にサイバーリンククラウドにアップロードして、ストリーミング再生が可能である。
但し、PowerDVD 14 Ultraでは、FLACは再生できず圧縮音楽ファイル形式AAC(.M4A)にする必要がある。この場合、非可逆圧縮形式なので元のCDよりも音質が落ちる。

★オーディオ CD から音楽を取り込むときに、専用ソフト並みに「題名」も取り込めるのが有り難い。

Powerdvd1511


Powerdvd1512

サイバーリンク公式オンラインストア

 


***********************************
「動画」・「DVD」映像
***********************************

●・ファイル名に番号を加えてライブラリーに追加
●・ISO ファイルの再生

あまり使う要素がなく、未検証。
動画のISO ファイルは、Blu-rayに書き込むときにISO ファイルでないと再生できないSONYなどのBlu-rayの機器があり対応に苦慮する。
従って、検証していない。

Powerdvd1515



●・レジューム機能・ABリピート(動画)・(倍速再生)
・レジューム機能
レジューム機能は、DVDで「前回停止した位置から再生」するものでDVDを取り出すとこの機能はPowerDVD 14 Ultraでは働かなかった。
それがPowerDVD 15 Ultraでは、DVDを取り出してから再度挿入してもレジューム機能が効くようになり非常に便利である。

・ABリピート
A点からB点の間で繰り返して再生できる機能で、MP4などの動画ファイルで有効に働く。(新機能)
DVDでは画面下の再生パネルから「機能拡張パネル」を呼び出すと、ABリピート機能のボタンが表示。(ABリピート機能のボタンが表示)(PowerDVD 14 Ultraでもあり)

Powerdvd1514


Ab1




・(倍速再生)
倍速再生は、PowerDVD 14 Ultraの時から「1/8 倍から32 倍まで」変えられて変化なし。


**************************************************
4)「サイバーリンククラウド」について
***************************************************

サイバーリンククラウドは従来の10GBから20GBになった。
有効期間は1年間で、その間にサイバーリンククラウドが付いたソフトを買うと有効期間が来ても新しい容量まで使える。
但し、有効期間切れのソフトからもう一度サイバーリンククラウドにアクセスし直す必要がある。
従って、毎年PowerDVDやDirector Suiteを買っているとほとんど更新する必要がない。

Powerdvd143

サイバーリンク

*********************************************
5)PowerDVD 15 Ultra を使って見ての感想
*********************************************

PowerDVD 15 Ultraの使用感は、PowerDVD 14 Ultraを買ったばかりであったのでその比較で違いなどを検証してきた。
このことから言うとDVDや動画に関しては、4K ビデオカメラや対応するモニターを持っていないので、単に直感的にわかりやすくなったTrueTheater ColorとTrueTheater Sound 。それと「レジューム機能・ABリピート」などが便利になった。

  

(DVD版のABリピートは、以前から有り)

 

その一方で、思いもよらなかった「オーディオ CD から音楽をAAC(.M4A)、MP3 、FLAC 形式に変換保存取り込み」には驚いた。
持っているソフトでは、オーディオ CDからMP3やWAV、AACにするものはあったが、PCMのFLACにするものはなかった。
その上、音楽の題名まで取り込めるので、USB-DACを使う人やハイレゾ音源に興味がある人には朗報である。
オーディオ CDからはWAV、又はMP3にしか変換ができないソフトもあり、FLACにできることはかなり価値がある。

 

従い、このオーディオ CDからPCMファイル形式での取り込み、ハイレゾ音源の再生機能だけを見ても、PowerDVD 14 UltraからPowerDVD 15 Ultraに買い換えても良いのではないかと思われる。



サイバーリンク公式オンラインストア

サイバーリンク サイバーリンク Media Suite



当サイト特別の「PowerDVD 15 Ultra版が10%オフとなるクーポンコード」を公開

サイバーリンク公式オンラインストア

今なら
---------クーポンコードなしで10%OFF

---------------------

 

------------------------------------------------------

333_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月20日 (月)

HP 14-r200レビュー

Hp14r229tu3


***************************************
HP 14-r229TU スタンダードモデルのレビュー概要と目的
***************************************

HP 14-r229TU スタンダードモデルは、エントリーノートという格安モデルである。
外観は、「HP Imprint」という光沢のある樹脂製でHPではお馴染みのものである。
レビュー機は、HP 14-r200の中の上位機に当たり、インテルCorei3-4005U プロセッサーを搭載している。
安いノート型パソコンなのに、DVDドライブから「D-sub15ピン」や「ネットワークポート」などを搭載するというレガシーの部分があるというのが特徴でもある。

----------------------------------------------------
尚、今回のレビューにおける図の解説及び見解は、筆者の感想である。

※当記事は販売店からレビュー機を借用して執筆している。


--------------------------------------------------------------------
目次・HP 14-r229TU スタンダードモデルのレビュー
---------------------------------------------------------------------


○概要及びレビューの目的
○主な仕様
○外観・内観等
○基本性能
*WIN SCORE SHAREによるスコア
*HDDのスピード
○起動時間測定、Microsoft Assessment Consoleによる
★Boot performance(Fast Startup)
*過去のレビュー機の起動時間とBIOS・Boot performance実測値
★Microsoft Assessment Consoleによる
★Battery run down with energy efficiency diagnostics
(エネルギー効率診断を含むバッテリーの寿命テスト)

Hp14r229tu15


○グラフィックカード性能(Intel HD Graphics 4400)
*「HeavenBenchmark4.0」と「Valley Benchmark 1.0」
*HeavenBenchmark4、Valley Benchmark 1.0 FPS(当サイトでの参考測定結果)
*ファイナルファンタジーXIV新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編Benchmark
○メディアカードスロット速度測定
○HP 14-r229TU スタンダードモデルを使ってみての感想
○パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)

-------------------------------------------------------
HP 14-r229TU スタンダードモデル・レビュー
-------------------------------------------------------

**************************************
HP 14-r229TU
スタンダードモデルの主要な仕様
**************************************
仕様は、平成27年4月20日現在のもので変更もありうる。
*************************************************

■オペレーティングシステムWindows 8.1 Update (64bit)
■インテルCorei3-4005U プロセッサー
●スパークリングブラック
■14.0インチワイドHDブライトビュー・ディスプレイ(1366×768)光沢
■4GB (4GB×1)2スロット (SO-DIMM)【実機はA-DATA製】
■インテル HDグラフィックス 4400
■500GB ハードドライブ (SATA, 5400回転)【実機は、Seagate ST500LTD012-1DG142】
■DVDスーパーマルチドライブ
■Webカメラ・HP TrueVision HD Webcam (約92万画素)
■DTS Sound+、Realtek High Definition Audio、デュアルスピーカー、内蔵マイク
■LAN・内蔵LAN(10/100)・IEEE802.11b/g/n、Bluetooth4.0オン/オフボタン付
■HDMI出力端子×1、USB3.0×1、USB2.0×2、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート・アナログRGB ミニD-sub15ピン×1、ネットワークポート(RJ45)×1
●OneDrive(15GB)とDropbox(25GB/6か月間)がそれぞれ付属
■バッテリ・約 6 時間
■約345 x 244 x 26 (最薄部) - 28 (最厚部) mm・約 1.94kg
■45WスマートACアダプター(動作電圧:100-240 VAC、動作周波数:50-60 Hz)
■マカフィーリブセーフ (30日版)
■速効!HPパソコンナビ特別版・スマートACアダプター、ウォールマウントプラグ、電源コード、保証書 等
■1年間保証 (引き取り修理サービス、パーツ保証)、使い方サポート(1年間)
*****************************************
詳細は以下HPのPDFへ

http://h50146.www5.hp.com/lib/products/portables/personal/spec_pdf/14_r200.pdf icon


Ststem

Hwinfo64

Hp14r229tu6


**************************************
HP 14-r229TU スタンダードモデルの外観
**************************************

Hp14r229tu4


HP 14-r229TU スタンダードモデルの外観は、最近のHPの一体成形形状ではなく旧来の形をしている。
そのためメモリーへのアクセスも容易でメンテナンス性に優れ、概要で述べたように「DVDドライブ、D-sub15ピン、ネットワークポート」などがある。これは、古いモニターや無線LAN環境がなくても使える利点がある。

Hp14r229tu1


Hp14r229tu2

Hp14r229tu8


Hp14r229tu9


その一方で、キーボードの「Enter」、「Back space」などが端になく一般的なキーボードから見ると違和感がある。

Hp14r229tu7


Hp14r229tu13

Hp14r229tu12

Hp14r229tu10


 

****************************************
HP 14-r229TU スタンダードモデルの基本性能
****************************************

Cpuz

Gpuz



Winscre001


Winscrepro



WIN SCORE SHAREによるスコアでは、低レベルで又内蔵のIntel HD Graphics 4400であるためにベンチマークソフトの値も高くない。
性能は価格相応であると言えるが、製品そのものに安っぽさがないところがHPの特徴でもある。

Hddspeed

Hdd



*******************************************************
起動時間・BIOSの検証・
Microsoft Assessment Consoleによる・BIOSの検証
Startup and Shutdown Experience・Boot performance(Fast Startup)
*******************************************************

Hp14r229tu14


HP 14-r229TU スタンダードモデルのコールドスタートでの起動時間は約23秒(初期状態)。

その他、起動時間は、インストールされるソフトが増えれば遅くなるために、あくまでも参考値である。

Boot performance(Fast Startup)は3.725秒又、Suspend継続時間は、3.309秒であった。

Assessmentconsolest

Assessmentconsole



Hp14r229tu5


***************************************
参考・Boot performance(Fast Startup)
当サイトで借用した又は購入したPC・レビュー機での実測値
****************************************


HP 14-r229TU スタンダードモデル・・・・3.725秒・約23秒

************(レビュー機)

(全て初期状態)
HP ENVY dv7-7200/CT・・・・4.743秒・15.3秒
(OP・インテルCore i7-3720QMプロセッサー搭載)
HP ENVY TouchSmart 15-j000・6.445秒・16.8秒
HP Pavilion g6-2200(AMD)・・4.027秒・起動25~26秒
(2GB搭載メモリー不足)
HP ENVY Ultrabook 4-1100・・2.339秒・起動11.3秒
HP ENVY 17-j000/CT・・・・4.633秒・起動12.4秒
HP 1000-1402TU・・・・・・4.960秒・起動29.8秒
HP ENVY17-j100 Leap Motion SE・・5.658秒・起動17.8~29.5秒
HP ENVY 15-j100・・・・・3.159秒・起動14.94秒
HP Pavilion 15-n200・・・・4.156秒・起動16.70秒
HP Pavilion 15-p000・・・・3.851秒・起動17.77秒
(パフォーマンスモデル・ハイブリッドHDD)
HP Pavilion 15-p000・・・・2.555秒・起動33.49秒
(エントリーモデル)
HP 15-g000・・・・5.723秒・起動35.99.秒
(冬起動)・・・通常23.46秒
HP Stream 14-z000・・・・2.510秒・10.82秒
HP OMEN 15-5000(15-5006TX)・・・・4.989秒・10秒
HP Pavilion 15-p200・・・・7.235秒・約25秒

**************************************************
Microsoft Assessment Consoleによる
★Battery run down with energy efficiency diagnostics
(エネルギー効率診断を含むバッテリーの寿命テスト)
**************************************************

Batt



Battery run down with energy efficiency diagnosticsは、ソフトが満充電になったのを確認してから実行される。そして、電池残量が5%になったところで終了する。

予測連続起動時間は、7時間4分(424分)でカタログデーターの約6時間に比べて多少長くなっている。

又、エネルギー効率は、95%で全く問題はなかった。

Assessmentconsolebatt


***************************************************
○グラフィックカード性能(Intel HD Graphics 4400)
***************************************************

Hp14r229tu19


*「HeavenBenchmark4.0」と「Valley Benchmark 1.0」
「Valley Benchmark 1.0」は、ハイビジョン(1920x1080)で測定出来るのでより実情を表しているところがあるので使用している。
但し、HP 14-r229TU スタンダードモデルでは1372x751で測定するので参考値である。

***************************************
■HeavenBenchmark4 (1600x900)
***************************************

(HeavenBenchmark(DirectX 11)は、EXTREME設定、1600 x 900で測定)
HP 14-r229TU スタンダードモデルでは1372x751で測定のため参考値。

Heaven


FPS -3.4

Score 86/2.3~6.6
Benchmarkは、「カクカク」してやっと動くという数値。

**************************
NVIDIA GeForce GTX 860M・DDR5(HP)(22.4)

NVIDIA GeForce GT 750M・DDR5(12.4)
NVIDIA GeForce GT 750M・DDR3(9.7)
NVIDIA GeForce GT 750M・DDR3(10)
NVIDIA GeForce GT 840M・DDR3(8.3)
NVIDIA GeForce GT 740M・DDR3(6.4)

*****************************************************
HeavenBenchmark4 FPS(当サイトでの測定結果)
*****************************************************

・・・・NVIDIA® GeForce®GTX680(44.3~46.7)

40*****

30****重いゲームでも快適
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GTX 660(29.1~30.5)※

25‥‥‥‥ELSA GLADIAC GTX 560 Ti mini(24.9)
↓‥‥……玄人志向・GeForce-GTX560-E1GHD/SHORT(22.0)

20****軽いゲームなら快適‥‥玄人志向・RD-HD6870/OC(20.8)※
↓‥‥‥‥SAPPHIRE VAPOR-X HD7770 GHZ EDITION(19.4)
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GT 755M・DDR5(15.1)
15‥‥‥‥玄人志向・GF-GTX650-E1GHD(14.9)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 750M・DDR5(12.5)
10・・・・NVIDIA GeForce GT 750M・DDR3(9.7~10)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 840M・DDR3(8.3)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 740M・DDR3(6.4)

Hp14r229tu17


****************************************
Valley Benchmark 1.0 FPS測定結果
****************************************

設定■
★Direct3D11
★1920×1080 fullscreen
★Extreme HD
------------------------------------------------

Hp14r229tu18



HP 14-r229TU スタンダードモデルでは1366x768
Intel HD Graphics 4400--(3.2/134/2.1~5.5)

Valley Benchmark 1.0でもなんとか動く感じ。

----------------------------------
Valley Benchmark 1.0参考測定値
----------------------------------------

NVIDIA GeForce GTX 860M(HP)---(18.8/786/9.0~34.3)(HP OMEN 15-5000)
NVIDIA GeForce GTX 770(HP)---(44.5/1863/4.7~86.5)
以下、自作機で筆者が所有************
GIGABYTE Geforce GTX660 2GB GV-N660OC-2GD/A---(33.4/1314/16.5~57.7)
ELSA (GeForce)GLADIAC GTX 560 Ti mini---(24/1004/11.3~79.2)
玄人志向・RD-HD6870/OC---(21.7/908/6.0~39.4)

Hp14r229tu16


*****************************************************************
■「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」
*****************************************************************

Ff14std


Ff14std2288





インテル HDグラフィックス 4400(内蔵グラフィックス)性能
(1,280×720)
最高品質・・・測定せず
高品質・・・・1,377(設定変更が必要)
標準品質・・・2,288(普通)

(数値としては7,000以上(FPS60相当)であれば「非常に快適」である。)

------------------------------------------------------------------------
参考
------------------------------------------------------------------------
参考(当サイト、2015年4月4-5日エントリー記事)
Intel HD Graphics 5500性能【HP Pavilion 15-p200】
(1280×720)
最高品質・・・測定せず
高品質・・・・1,601(設定変更を推奨)
標準品質・・  2,659(やや快適)

参考(当サイト、2015年2月27日エントリー記事)
NVIDIA GeForce GTX 860M・DDR5性能(HP OMEN 15-5000)
(1,920×1080)
最高品質・・・5,643(とても快適)
高品質・・・・7,590(非常に快適)
標準品質・・ 10,780(非常に快適)

参考(当サイト、2014年2月23日エントリー記事)
HP ENVY 15-j100
NVIDIA GeForce GT 750M
(1,980×1,080)
最高品質・・・2,438(普通)
高品質・・・・3,147(やや快適)
標準品質・・・5,201(とても快適)

参考(当サイト、2013年7月 9日エントリー記事)
HP ENVY TouchSmart 15-j000(j007TX)
NVIDIA GeForce GT 740M グラフィックス
標準品質・・・2,483(普通)

*****************************************
SDカードスロット
*****************************************

Sdhcspeed


メディアカードスロットは、Benchmarkのとおり高速なものでストレスがない。
但し、メーカーではUHS-Iにも対応しないことになっている。

Hp14r229tu11


Speccy


 

***************************************
HP 14-r229TU スタンダードモデルを使ってみての感想
***************************************

HP 14-r229TU スタンダードモデルは、グラフィックカード性能は高くなくCPUもそこそこというレベルにある。
しかし、起動も比較的速くバッテリーの持ちもこのクラスとしてはよい。
液晶モニターが(1366×768)であまり良いとは言えないが、価格から見て相応なところでもある。
動画編集や画像編集などの重い特殊な作業をするのでなければ、汎用性が高く、DVDドライブ、D-sub15ピン(外部モニターへ接続)などが付いていることから、動画やネット閲覧、ワープロとして使うなど問題ないと思われる。


icon icon icon icon

-------------------------------------------------------------------
パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点は、★リンク先にて!!!!!!!!!!
--------------------------------------------------------------------

http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/09/reviewsyuun-ae0.html

↓↓↓↓以上のことは、メーカー直販サイトにて再確認していただきたい。


icon icon




icon icon

*******************************
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)
*******************************

正に、格安エントリーモデル。パソコンに再チャレンジの人にも適か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月17日 (金)

第12回ぐんま女流書道展 開催される。

21


平成27年4月17日より19日まで、ぐんま女流書道協会主催、ぐんま女流書道展が前橋市民文化会館・大展示ホールで開催されている。
(大井美津江 ぐんま女流書道協会会長)
ぐんま女流書道展は、隔年に開催され12回を数える。
出品者は、群馬県書道展(審査)委員の先生方で群馬県内全域にわたる。
部門別では、第1部(漢字)35名、第2部(かな)74名、第3部(墨象)54名、第4部(大字・詩文)20名の総勢183名の作品が並んでいる。

3


1


写真はなるべく多く撮影したつもりであったが、編集してみると多少少なかった。
作品が写っていない場合は、ご容赦願いたい。

2


12


17


6

5_2


4


7


8


9

カメラメーカー: Canon
カメラモデル: Canon EOS M2
レンズ: EF-M11-22mm f/4-5.6 IS STM
撮影日時: 2015-04-17 14:19:45 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 19mm
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.025 秒 (1/40)
ISO 感度: 500
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

15


20


10


13


18


19


14


11


16


22

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: NEX-6
レンズ: E PZ 18-105mm F4 G OSS
撮影日時: 2015-04-17 14:51:19 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 51mm (35mm 換算焦点距離: 76mm)
絞り値: ƒ/8.0
露出時間: 0.0063 秒 (1/160)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

23


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月14日 (火)

XPS 13 Graphic Pro・機能・性能編

Xps_13_graphic_pro6


***************************************
XPS 13 Graphic Pro・機能・性能編のレビュー概要と目的
***************************************

XPS 13 Graphic Proは、インテルCore i5-5200U プロセッサーを使っているためにグラフィックス・Intel HD Graphics 5500である。
(第5世代インテル Core i7-5500U プロセッサー (4M キャッシュ, 最大3.00 GHzまで可能)も選択可)
このIntel HD Graphics 5500もXPS 13 Graphic Proであると多少性能が高い動作をするようで、XPS 13 Graphic Pro特有の性能を調べてみる。

----------------------------------------------------
尚、XPS 13 Graphic Proは販売店からの借用品である。

又、記事の図表その他の解釈は筆者個人の見解である。

--------------------------------------------------------------------
目次・XPS 13 Graphic Proのレビュー
---------------------------------------------------------------------

○概要及びレビューの目的
○主な仕様
○外観・キーボード等
○基本性能
*WIN SCORE SHAREによるスコア
*SSDスピードについての解説
○起動時間測定、Microsoft Assessment Consoleによる
★Boot performance(Fast Startup)
*過去のレビュー機の起動時間とBIOS・Boot performance実測値
★Microsoft Assessment Consoleによる
★Battery run down with energy efficiency diagnostics
(エネルギー効率診断を含むバッテリーの寿命テスト)
★XPS 13 Graphic Pro・レビュー(仕様編)での一言

-------------------------------------------------------------------------
XPS 13 Graphic Pro レビュー・機能・性能編
-------------------------------------------------------------------------

○グラフィックカード性能(Intel HD Graphics 5500)

*「HeavenBenchmark4.0」と「Valley Benchmark 1.0」
*HeavenBenchmark4、Valley Benchmark 1.0 FPS(当サイトでの参考測定結果)
*ファイナルファンタジーXIV新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編Benchmark
*モンスターハンター フロンティアDirectX 9.0cゲームベンチマーク
*バイオハザード6 Benchmark
○OCCTによるXPS 13 Graphic Pro(Intel HD Graphics 5500) の3Dゲームの動作
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察

○メディアカードスロット速度測定
○XPS 13 Graphic Proを使ってみての感想
○パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)

--------------------------------------------
XPS 13 Graphic Pro(9343)機能・性能編・レビュー
--------------------------------------------

**************************************
XPS 13 Graphic Proの仕様(9343)
実機はNew XPS 13 プレミアム・高速起動
**************************************
仕様は、平成27年4月12日現在のもので変更もありうる。
*************************************************

■オペレーティングシステムWindows 8.1 Update (64bit)
■第5世代インテルCore i5-5200U プロセッサー・2コア4スレッド(Launched/2.2GHz,インテルスマート・キャッシュ3MB/ インテルターボ・ブースト2.0ターボ・ブースト利用時の最大周波数2.70 GHz)
■マザーボード-:DELL 0TM99H
●メモリ-8GB デュアルチャネル DDR3L-RS 1600Mhz (オンボード)
■256GB SSD(実機は、SAMSUNG SSD PM851 M.2 2280 256GB)
●ドライブ--ナシ
●グラフィックス・Intel HD Graphics 5500
■13.3-インチ FHD (1920 x 1080) インフィニティ ディスプレイ(IGZO2 液晶を採用)
★世界最小の13インチノート!IGZO2液晶(通常のノートより約2倍の輝度と非光沢液晶)
●カードリーダー :3-in-1カードリーダー(SD、SDHC、SDXC)
●LAN;DW 1560 + BT4.0 [802.11ac + Bluetooth 4.0, デュアル バンド 2.4&5 GHz, 2x2]
■電源・52 WHr, 4-セルバッテリ (内蔵)
●最大約15時間のバッテリ駆動
■ACアダプター・45 W ACアダプタ
●マカフィーリブセーフ (12ヶ月間更新サービス)
■USB 3.0(PowerShare対応)x 2、mini DisplayPort x 1、SDカードリーダー x 1、ヘッドセットジャック x 1、Noble Lock x 1
■バックライト付きのフルサイズ チクレットキーボード、1.3mmトラベル用キーボード
・ボタン一体型の高精度なガラス製タッチパッド
■デュアルアレイデジタルマイク付きワイドスクリーンHD(720 p)Webカメラ
■ステレオスピーカ(Waves MaxxAudio Pro(1 W x 2 = 計2 W)によるプロクオリティの音質)
■Skype、Internet Explorer、My Dell Supportアプリケーション、Dropbox(容量20GB・1年間)
■Adobe Photoshop Elements & Adobe Premiere Elements 13, デジタルデリバリー
*************
●寸法(仕様書による)9~15mm(厚み) / 304 mm(幅) / 200mm(奥行き)
1.18 kg
●外部シャーシ素材
CNC削り出しアルミ素材
カーボンファイバ素材のパームレスト(ソフトタッチペイント仕上げ)
*********************************************************************************
(別売 付属品)
Dell Adapter - USB 3.0 - HDMI/VGA/Ethernet/USB 2.0
Dell 電源コンパニオンPW7015M(最長22時間のバッテリ持続が可能・カタログデータ)
******************************************

Xps_13_graphic_pro9


 

**********************************************
XPS 13 Graphic Pro(9343)
○グラフィックス性能(Intel HD Graphics 5500)
**********************************************



「HeavenBenchmark4.0」と「Valley Benchmark 1.0」

------------------------------------------------------------------------

Xps_13_graphic_pro12


***************************************
■HeavenBenchmark4 (1600x900)
***************************************

Heaven


■(HeavenBenchmark(DirectX 11)は、EXTREME設定、1600 x 900で測定)
(Intel HD Graphics 5500)
FPS 4.6
Score 115(3.1~8.6)

*************************
参考値HeavenBenchmark(1376x755)
(当サイトでの参考測定結果)
*************************

○AMD Radeon HD R7 M265 2GB DDR3(7.0)/Score 175
    --Inspiron 15 5000 シリーズ(プラチナ)
○Intel HD Graphics 4400(3.8)/Score 95
    --Inspiron 13 7000シリーズ2 in 1
    --Inspiron 14 3000 (ベーシック)
○Intel HD Graphics 4400(3.7)/Score 93
○Intel HD Graphics (1.4)/Score 35
    --Inspiron 11 2 in 1

*****************************************************
HeavenBenchmark4 FPS(当サイトでの測定結果)
*****************************************************
・・・・NVIDIA® GeForce®GTX680(44.3~46.7)

40*****

30****重いゲームでも快適
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GTX 660(29.1~30.5)※

25‥‥‥‥ELSA GLADIAC GTX 560 Ti mini(24.9)
↓‥‥……玄人志向・GeForce-GTX560-E1GHD/SHORT(22.0)

20****軽いゲームなら快適‥‥玄人志向・RD-HD6870/OC(20.8)※
↓‥‥‥‥SAPPHIRE VAPOR-X HD7770 GHZ EDITION(19.4)
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GT 755M・DDR5(15.1)
15‥‥‥‥玄人志向・GF-GTX650-E1GHD(14.9)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 750M・DDR5(12.5)
10・・・・NVIDIA GeForce GT 750M・DDR3(9.7~10)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 840M・DDR3(8.3)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 740M・DDR3(6.4)

Xps_13_graphic_pro10


****************************************
Valley Benchmark 1.0 FPS測定結果
****************************************

設定■
★Direct3D11
★1920×1080 fullscreen
★Extreme HD
------------------------------------------------

Xps_13_graphic_pro11


Intel HD Graphics 5500--(2.8/118/1.8~4.9)

----------------------------------
Valley Benchmark 1.0参考測定値
----------------------------------------

以下、自作機で筆者が所有************
GIGABYTE Geforce GTX660 2GB GV-N660OC-2GD/A---(33.4/1314/16.5~57.7)
ELSA (GeForce)GLADIAC GTX 560 Ti mini---(24/1004/11.3~79.2)
玄人志向・RD-HD6870/OC---(21.7/908/6.0~39.4)

*****************************************************************
■「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」
*****************************************************************

Xps_13_graphic_pro4


Intel HD Graphics 5500性能
(1280×720)
最高品質・・・1,796(設定変更を推奨)
高品質・・・・2,292(普通)
標準品質・・  3,499(やや快適)
(1920×1080)
標準品質・・  2,221(普通)

Ff128022292


Ff1280std23499


Ff1980std2221


XPS 13 Graphic Proでは、同じグラフィックスIntel HD Graphics 5500を使いながら総合力で通常の値より高い性能を示している。

(数値としては7,000以上(FPS60相当)であれば「非常に快適」である。)

*****************************************
●モンスターハンター フロンティア
DirectX 9.0cゲームベンチマーク
*****************************************
測定せず

*************************
バイオハザード6
*************************
測定せず

*****************************************************
OCCTによるXPS 13 Graphic Pro(9343)筐体冷却性能と
インテル Core i5-5200U プロセッサーの動作
*****************************************************

Xps_13_graphic_pro7


**************************************
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
**************************************

Occtcpu


(■OCCT・CPUによる検証は、1時間オートで測定)
XPS 13 Graphic Proは、定格動作周波数2.2GHzからインテルターボ・ブーストで2.4~2.5GHzで作動する。
この点従来の省エネ型より性能が良く、その分が災いして測定約40分で設定温度85℃を超えて、Benchmarkは停止している。
これはスリム型のデザインが災いしていることだが、過度の動画編集をしない限り問題はない。

 

2015032912h43temperaturecore0



Xps_13_graphic_pro8

Cpuz


**************************************
●GPUの負荷テスト(OCCT/GPU 3D)
上限FPS60(約31分)
**************************************

2015032913h20fpsfps

2015032913h20cpuusagecpuusage

2015032913h20temperaturecore0_2



XPS 13 Graphic Proは、未知のベンチマークソフトに対してGPUの最適化はされず、FPSの値は13.38程度である。
ここでCPUの稼働率は25%程度でCPUの温度も69℃程度まで上がっているものの平常運転である。

Gpuz


2015032913h20memoryusagememoryused


**********************************************
●GPU 3Dの負荷テスト、FPSについての考察
**********************************************

内蔵Intel HD Graphics 5500、3DにおけるFPSは以前にも測定している。
このIntel HD Graphics 5500の3DにおけるFPSは平凡なものでとはいえ、PCの機種によって違いがある。
特にファイナルファンタジーXIVでは、同じIntel HD Graphics 5500であってもXPS 13 Graphic Proは通常より数値が高い性能を示している。

**************************************
★カードリーダー
**************************************

Sdhcspeed


メディアカードスロットは、Benchmarkの通り高速なものでストレスがない。


Xps_13_graphic_pro14


Xps_13_graphic_pro3

Speccy


******************************************
XPS 13 Graphic Pro((9343)プレミアム・高速起動)
を使ってみての感想
******************************************

XPS 13 Graphic Proは、従来の11インチ型ノートパソコンのサイズで13インチ型ノートパソコンを実現した小型のものである。
液晶もIGZO2 液晶を採用した高輝度で画像編集にも充分耐えうる感じがある。
デジタルデリバリーでAdobe Photoshop Elements & Adobe Premiere Elements 13が付属するので、Photoshop Elements13を使うことが出来る。
但し、動画編集ソフトAdobe Premiere Elements 13を使うには、CPUが「2コア4スレッド」であるために、ハード的にもそして技術的にも荷が重いと思われる。

XPS 13 Graphic Proは、小型で高速起動でストレス無く動き、しかも電池の持ちも良い。その上液晶も綺麗でモバイルパソコンとして申し分ない。

しかし、薄型にした影響でUSBなどのインターフェース(interface)が少ない。
それで便利な別売の「Dell Adapter」が必要になる。
その結果、そこそこの価格になると言うのも欠点ではある。
また内蔵電源で連続約10時間使えるので、モバイルとして別売の「Dell 電源コンパニオンPW7015M」を必要とするほどでもない。

-------------------------------------------------------------------
パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点は、★リンク先にて!!!!!!!!!!
--------------------------------------------------------------------

http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/09/reviewsyuun-ae0.html


----------------------------------------------------------------------------------
XPS 13 Graphic Pro・仕様へ続く

http://syuun.way-nifty.com/blog/2015/04/xps-13-graphic-.html
-----------------------------------------------------------------------------------

↓↓↓↓以上のことは、メーカー直販サイトにて再確認していただきたい。


デル株式会社


デル株式会社 デル株式会社 デル株式会社

----------------------------------------------------------------------------------
XPS 13 Graphic Pro・レビュー
仕様へ続く
-----------------------------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月12日 (日)

XPS 13 Graphic Pro・レビュー(仕様編)

Xps_13_graphic_pro15

***************************************
XPS 13 Graphic Proのレビュー概要と目的
***************************************

XPS 13 Graphic Proは、IGZO2 液晶を採用した高輝度のモバイル用に使えるDell一押しのノート型パソコンである。
重さは実測で1,185gである。またモバイルとして別売の「Dell 電源コンパニオンPW7015M」を使えば1日中電源を気にすることなく使える。
Dellでは、「従来の11インチノートパソコンのサイズ」で「最先端の技術が集結した世界最小13インチノート(2015/3)」と説明しているとおり非常に小型である。
今回は、このモバイルノートパソコンの使い勝手を検証してみる。

----------------------------------------------------
尚、XPS 13 Graphic Proは販売店からの借用品である。

又、記事の図表その他の解釈は筆者個人の見解である。

--------------------------------------------------------------------
目次・XPS 13 Graphic Proのレビュー
---------------------------------------------------------------------


○概要及びレビューの目的
○主な仕様
○外観・キーボード等
○基本性能
*WIN SCORE SHAREによるスコア
*SSDスピードについての解説
○起動時間測定、Microsoft Assessment Consoleによる
★Boot performance(Fast Startup)
*過去のレビュー機の起動時間とBIOS・Boot performance実測値
★Microsoft Assessment Consoleによる
★Battery run down with energy efficiency diagnostics
(エネルギー効率診断を含むバッテリーの寿命テスト)
★XPS 13 Graphic Pro・レビュー(仕様編)での一言

-------------------------------------------------------------------------
XPS 13 Graphic Pro レビュー・機能・性能編
-------------------------------------------------------------------------

○グラフィックカード性能(Intel HD Graphics 5500)

*「HeavenBenchmark4.0」と「Valley Benchmark 1.0」
*HeavenBenchmark4、Valley Benchmark 1.0 FPS(当サイトでの参考測定結果)
*ファイナルファンタジーXIV新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編Benchmark
*モンスターハンター フロンティアDirectX 9.0cゲームベンチマーク
*バイオハザード6 Benchmark
○OCCTによるXPS 13 Graphic Pro(Intel HD Graphics 5500) の3Dゲームの動作
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察

○メディアカードスロット速度測定
○XPS 13 Graphic Proを使ってみての感想
○パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)


XPS 13 Graphic Pro仕様編・レビュー

**************************************
XPS 13 Graphic Proの仕様
実機はNew XPS 13 プレミアム・高速起動
**************************************
仕様は、平成27年4月12日現在のもので変更もありうる。
*************************************************


■オペレーティングシステムWindows 8.1 Update (64bit)
■第5世代インテルCore i5-5200U プロセッサー・2コア4スレッド(Launched/2.2GHz,インテルスマート・キャッシュ3MB/ インテルターボ・ブースト2.0ターボ・ブースト利用時の最大周波数2.70 GHz)
■マザーボード-:DELL 0TM99H
●メモリ-8GB デュアルチャネル DDR3L-RS 1600Mhz (オンボード)
256GB SSD(実機は、SAMSUNG SSD PM851 M.2 2280 256GB)
●ドライブ--ナシ
●グラフィックス・Intel HD Graphics 5500
■13.3-インチ FHD (1920 x 1080) インフィニティ ディスプレイ(IGZO2 液晶を採用)
★世界最小の13インチノート!IGZO2液晶(通常のノートより約2倍の輝度と非光沢液晶)
●カードリーダー :3-in-1カードリーダー(SD、SDHC、SDXC)
●LAN;DW 1560 + BT4.0 [802.11ac + Bluetooth 4.0, デュアル バンド 2.4&5 GHz, 2x2]
■電源・52 WHr, 4-セルバッテリ (内蔵)
最大約15時間のバッテリ駆動
■ACアダプター・45 W ACアダプタ
●マカフィーリブセーフ (12ヶ月間更新サービス)
■USB 3.0(PowerShare対応)x 2、mini DisplayPort x 1、SDカードリーダー x 1、ヘッドセットジャック x 1、Noble Lock x 1
■バックライト付きのフルサイズ チクレットキーボード、1.3mmトラベル用キーボード
・ボタン一体型の高精度なガラス製タッチパッド
■デュアルアレイデジタルマイク付きワイドスクリーンHD(720 p)Webカメラ
■ステレオスピーカ(Waves MaxxAudio Pro(1 W x 2 = 計2 W)によるプロクオリティの音質)
■Skype、Internet Explorer、My Dell Supportアプリケーション、Dropbox(容量20GB・1年間)
■Adobe Photoshop Elements & Adobe Premiere Elements 13, デジタルデリバリー
*************
●寸法(仕様書による)9~15mm(厚み) / 304 mm(幅) / 200mm(奥行き)
1.18 kg
●外部シャーシ素材
CNC削り出しアルミ素材
カーボンファイバ素材のパームレスト(ソフトタッチペイント仕上げ)

*********************************************************************************
(別売 付属品)

Dell Adapter - USB 3.0 - HDMI/VGA/Ethernet/USB 2.0

Dell 電源コンパニオンPW7015M(最長22時間のバッテリ持続が可能・カタログデータ)

Xps13graphicpro16


Xps13graphicpro291

Syste

Hwinfo64


 

**************************************
XPS 13 Graphic Proの外観
**************************************


*XPS 13 Graphic Proのキーボード

キーボードにはバックライトが標準搭載され(暗い環境でも快適なキー入力が可能)、カーボンファイバ素材のパームレストと相まって滑りにくい。
しかし、右端のENTERが小さくなっている。
元々全体が小さいので仕方がないところで、慣れれば打ちにくいと言うこともない。

Xps_13_graphic_pro19


Xps_13_graphic_pro20


*IGZO2 液晶13.3-インチ FHD (1920 x 1080)

外部液晶モニターと色を比べてみても余り変わらず優秀な液晶で、これならば画像編集も可能であると思われる。

Xps_13_graphic_pro13



このXPS 13 Graphic Proには、デジタルデリバリーで「Adobe Photoshop Elements & Adobe Premiere Elements 13」がインストールすることが出来る。
このAdobe Photoshop Elements13を使えば本格的な画像編集が出来る。
その一方Adobe Premiere Elements13 の方の動画編集を使う場合、「Core i5-5200U プロセッサー・2コア4スレッド」、内蔵グラフィックスを使用で、省電力型CPUのために荷が重い。
特に、レンダリングなどを長時間するには機能編で述べるように放熱が追いついていない。

Xps_13_graphic_pro5



*XPS 13 Graphic Proの筐体外観は、質感が高く「削り出しアルミフレーム、カーボンファイバ素材」などか使われている。
その一方で最近のノート型パソコンのありがちな内部へのアクセスは出来ない。
従って、メモリーはオンボードであとから増設も出来ない。

Xps13graphicpro18

Memortcpuz



Xps_13_graphic_pro28


Xps_13_graphic_pro27


Xps_13_graphic_pro26


Xps_13_graphic_pro21


Xps_13_graphic_pro24


Xps_13_graphic_pro22


Xps_13_graphic_pro23


 

****************************************
XPS 13 Graphic Proの基本性能
****************************************

Winscoreshare01

 

Winscoreshare02

WIN SCORE SHAREによるスコアでは、内蔵グラフィックス・Intel HD Graphics 5500が足を引っ張ってあまり高い数値を出していない。
しかし、元々動画編集やゲームをするという用途を想定していないモバイル用なので充分である。

Ssdlifepro

Txbeench



*Tx-BENCHによるSSD性能の説明


★シーケンシャル(Sequential Read/Write)

動画などのまとまったファイルを読み書きする時の指標で、「読み込み」は554.245mB/sで読み出しは早いが、書き込みは264.334mB/sで多少遅い

★ランダム4KB QD1(Random4K Read/Write)

ここの数値が高いとシステムとして使用感が高い。
このSSDは、ほぼ一般的な数値である。但しHDDとでは比較にならない。
(参考 HDDでは、コンマmB/s以下0.7程度)

★ランダム4KB QD32(Read/Write)

ここの数値が高いと、起動が早い。
この数値から見るとおり、起動が爆速であることがわかる。
(参考 HDDでは、2mB/s以下)

Xps_13_graphic_pro1


Ssd



 

*************************************
XPS 13 Graphic Proの起動時間測定
Microsoft Assessment Consoleによる
★Boot performance(Fast Startup)
*************************************

XPS 13 Graphic Proの初期起動時間は、コールドスタートでおよそ約11秒だった。

Xps_13_graphic_pro2

Assessmentconsolestart



又、Boot performance(Fast Startup)では、3.153秒であり、Microsoftが推奨する2秒以下には届かなかったが充分に早い。

 

■Suspend継続時間は0.711秒で、爆速であった。

***********************************************
過去のレビュー機の起動時間とBIOS・Boot performance
***********************************************

■XPS 13 Graphic Pro(レビュー機)
●起動時間11秒(SSD・コールドスタート)
●Boot performance(Fast Startup)では、3.153秒
●Suspend継続時間は0.711秒

----------------------------------------------------------------
■Inspiron 3646
●起動時間27.07秒(HDD・コールドスタート)
●Boot performance(Fast Startup)では、6.739秒

■Inspiron 3847
●起動時間18.09秒(HDD・コールドスタート)
●Boot performance(Fast Startup)では、14.113秒

■Inspiron 14 3000 シリーズ(ベーシック)
●起動時間13.92秒(HDD・コールドスタート)
●Boot performance(Fast Startup)では、3.330秒

■Inspiron 15 5000 ・Graphic Proシリーズ(プラチナ)
●起動時間13.5秒(HDD・コールドスタート)
●Boot performance(Fast Startup)では、3.127秒

■Dell Graphic Pro Inspiron 17 5000シリーズ
●起動時間11.92秒(HDD・コールドスタート)
●Boot performance(Fast Startup)では、3.794秒

■Dell Graphic Pro Inspiron 17 7000シリーズ
●起動時間18.581秒(HDD・コールドスタート)
●Boot performance(Fast Startup)では、5.289秒

■Inspiron 14 7000シリーズベーシックモデル
●起動時間21秒(HDD・コールドスタート)
●Boot performance(Fast Startup)では、8.979秒

■XPS 11 プレミアム・タッチパネル
●起動時間11.188秒(SSD・コールドスタート)
●Boot performance(Fast Startup)では、2.245秒

■XPS 13 Ultrabookプレミアム・タッチパネル
●起動時間9.45秒(SSD・コールドスタート)
●Boot performance(Fast Startup)では、2.644秒

■Dell Venue 11 Proタブレット
●起動時間19.65秒(コールドスタート)

**************************************************
Microsoft Assessment Consoleによる
★Battery run down with energy efficiency diagnostics
(エネルギー効率診断を含むバッテリーの寿命テスト)
**************************************************

Batt


Battery run down with energy efficiency diagnosticsは、ソフトが満充電になったのを確認してから実行される。
そして、電池残量が5%になったところで終了する。
バッテリ(52 WHr, 4-セルバッテリ)が使われている。
予測連続起動時間は、9時間40分(580分)でカタログデーターの15時間に比べて短くなっている。しかし、実情充分な時間である。

又、エネルギー効率は、95%で全く問題はなかった。

Assessmentconsolebatt

------------------------------------------------------------------
XPS 13 Graphic Pro・レビュー(仕様編)での一言
-------------------------------------------------------------------

XPS 13 Graphic Proでは、別売の「Dell Adapter」を使うことによって少ない「ポート、スロット」の不満が一掃される。
問題点は価格面で、13万円を超えると競合する他社製品がたくさんあることである。

Xps_13_graphic_pro17

Xps_13_graphic_pro25

-------------------------------------------------------------------
パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点は、★リンク先にて!!!!!!!!!!
--------------------------------------------------------------------

http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/09/reviewsyuun-ae0.html


----------------------------------------------------------------------------------
XPS 13 Graphic Pro・機能・性能編へ続く

http://syuun.way-nifty.com/blog/2015/04/xps-13-graphi-1.html
-----------------------------------------------------------------------------------

↓↓↓↓以上のことは、メーカー直販サイトにて再確認していただきたい。


デル株式会社


デル株式会社 デル株式会社 デル株式会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 9日 (木)

新井京華展・第17回群馬書道大賞受賞記念・開催される

2015araik4


平成27年4月9日より20日まで、標記の「新井京華展」が妙義山麓美術館で開催されている。
新井京華先生は、(公社)全日本書道連盟参与、毎日書道展審査会員、(公財)書道芸術院常任総務審査会員、群馬県書道展運営委員審査員外の役職をしている先生である。
今回の第17回群馬書道大賞受賞記念・新井京華展は、2014(平成26年)2月5日~4月25日に行われた「群馬書道大賞・奨励賞展」(高崎信金ギャラリー)で、群馬書道大賞を受賞した記念で行われている。
展示されている作品は、大作を含め20点で作品集にはその内の19点が掲載されている。それで作品集に載っていない作品は、展示室の中央にあるのでじっくりと目に焼き付けてくる必要がある。

2015araik3


2015araik2


2015araik9


2015araik13


2015araik6


2015araik16


2015araik8


2015araik12


2015araik10


2015araik7


2015araik11


2015araik15


2015araik14


2015araik5

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: NEX-6
レンズ: E 10-18mm F4 OSS
撮影日時: 2015-04-09 12:43:33 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 400
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

2015araik1


カメラメーカー: Canon
カメラモデル: Canon EOS M2
レンズ: EF-M11-22mm f/4-5.6 IS STM
撮影日時: 2015-04-09 12:28:10 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 16mm
絞り値: ƒ/9.0
露出時間: 0.010 秒 (1/100)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 8日 (水)

江原垂穂席上揮毫・多胡碑 第12回群馬書作家展・PowerDirector13で編集

Photo


PowerDirector13で多胡碑 第12回群馬書作家展の席上揮毫を編集した。
最後は第4部近代詩文の江原垂穂先生で、やっと4人目で完了である。
動画編集も同一シーンであっために、キャプションの使い回しができたのでかなり省力化が出来た。
こういう席上揮毫を編集しても何の反応もないと張り合いがなく以後編集しないか、動画そのものを変更してしまうと言うことがあった。
特に見ず知らずの先生の毎日書道展の席上揮毫の場合などである。
あらかじめ「YouTubeにアップロードします」と断っていながら、どうもパソコンやネットに弱いような先生もいて結構反応が悪い。
それでもこちらとしては、気分次第と言うところか。

サイバーリンク

今年の3月は例年になく超多忙。
展覧会が2つ重なり、祝賀会や個展のようなもので何日かつぶれたりであった。
その上、うちの子は進学で東京のコーポ(?)へ引っ越しなど種々の雑用に追われた。

大学進学というのも今は昔と違って様変わりしていた。大学の偏差値、ランクの違いは分かっていたものの、ここのところの5年くらいで大幅に違っている。
それと予備校が潰れると言うのも、今は「大学浪人」はしなくなったと言うことを実感した。子供の話などを聞いていると、学校の成績に比べて今は「合格安全圏」で止めてしまい、浪人覚悟のチャレンジはしないという。
それと私立では、指定校制度が発達していて80%はその指定校推薦で進学するという。
その中で「特進クラス」は、指定校推薦がなく自分で「推薦」を探すか、一般入試でチャレンジする。
それで結果として、頑張って勉強してきたのに一般クラスの指定校推薦で入学大学ランクで負けるということも多い。
それどころではなく偏差値70の公立高校に入ったのに、大学進学では大半の生徒が偏差値50の高校に負けるという逆転現象も部分として起きているようである。

これから人気のある大学は、一般入試で受かるにはますます難しくなり、あと五年後にはまた様変わりしているかもしれない。


サイバーリンク Media Suite



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 5日 (日)

HP Pavilion 15-p200 レビュー(機能・性能編)

Hp_pavilion_15p200_23


***************************************
HP Pavilion 15-p200 のレビュー機能・性能編・概要と目的
***************************************

HP Pavilion 15-p200は、従来のCPUが「インテル Core i3-5010U プロセッサー」に代わったためにグラフィックスの仕様はIntel HD Graphics 5500になった。
それでこの新しい内蔵グラフィックスIntel HD Graphics 5500の性能を確かめてみることにした。

価格は、セールをしているときもあるので常にチェックが必要である。

----------------------------------------------------
尚、今回のレビューにおける図の解説及び見解は、筆者の感想である。

※当記事は販売店からレビュー機を借用して執筆している。

--------------------------------------------------------------------
目次・HP Pavilion 15-p200のレビュー
---------------------------------------------------------------------

○概要及びレビューの目的
○主な仕様
メモリ仕様など
○外観・内観等
○基本性能
*WIN SCORE SHAREによるスコア
*HDDスピード
○起動時間測定、Microsoft Assessment Consoleによる
★Boot performance(Fast Startup)
*過去のレビュー機の起動時間とBIOS・Boot performance実測値
★Microsoft Assessment Consoleによる
★Battery run down with energy efficiency diagnostics
(エネルギー効率診断を含むバッテリーの寿命テスト)
-------------------------------------------------------------------------
HP Pavilion 15-p200 レビュー・機能・性能編
-------------------------------------------------------------------------

○グラフィックカード性能(Intel HD Graphics 5500)
○グラフィックカード性能
*「HeavenBenchmark4.0」と「Valley Benchmark 1.0」
*HeavenBenchmark4、Valley Benchmark 1.0 FPS(当サイトでの参考測定結果)
*ファイナルファンタジーXIV新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編Benchmark
*モンスターハンター フロンティアDirectX 9.0cゲームベンチマーク
*バイオハザード6 Benchmark
○OCCTによるHP Pavilion 15-p200 の3Dゲームの動作
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察

○メディアカードスロット速度測定
○HP Pavilion 15-p200を使ってみての感想
○パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点
○筆者Syuunの目(ひ
とこと視点)

HP Pavilion 15-p200 ・レビュー

**************************************
HP Pavilion 15-p200の主要な仕様
エントリーモデル(シルバー)15-p218TU
**************************************
仕様は、平成27年4月3日現在のもので変更もありうる。
*************************************************

■オペレーティングシステムWindows 8.1 Update (64bit)
■インテル Core i3-5010U プロセッサー(2.1GHz)2コア4スレット
インテルターボ・ブースト・テクノロジー・非対応
■グラフィックスの仕様 Intel HD Graphics 5500
■Intel Broadwell-U PCH-LP(Platinum)
■15.6インチワイドHDブライトビュー・ディスプレイ(1366×768/最大1677万色)
■4GB(4GB×1)DDR3L-1600MHz (最大4GB)(Micron)
■500GBハードドライブ(SATA, 5400回転) (実機は、Seagate ST500LT012-1DG142)
●DVDスーパーマルチドライブ
■BeatsAudioデュアルスピーカー、IDT HighDefinition Audio準拠、内蔵マイク
■IEEE802.11b/g/n、Bluetooth 4.0、オン/オフボタン付き
■HDMI出力端子×1、USB3.0×2、USB2.0×1、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1、ネットワークポート(RJ45)×1
■SDカードスロット(SDHC・SDXCメモリカードの高速転送規格「UHS-I」非対応)
■バッテリ・約 6 時間 30分
■約385×261×24-27.5mm(最厚部)2.27kg
■45WスマートACアダプター(動作電圧:100-240 VAC、動作周波数:50-60 Hz)
■リチウムイオンバッテリ(4セル)
■マカフィーリブセーフ (30日版)
■速効!HPパソコンナビ特別版・ACアダプター、電源コード、保証書 等
■1年間保証 (引き取り修理サービス、パーツ保証
)、使い方サポート(1年間)
*****************************************
詳細は以下HPのPDFへ

http://h50146.www5.hp.com/lib/products/portables/personal/spec_pdf/pavilion_15_p000.pdf icon

**********************************************
HP Pavilion 15-p200のグラフィックス性能
**********************************************

HP Pavilion 15-p200グラフィックス(内蔵Intel HD Graphics 5500)性能のBenchmark。

「Valley Benchmark 1.0」は、ハイビジョン(1920x1080)で測定出来るのでより実情を表しているところがあるので使用している。但し、HP Pavilion 15-p200では1366x751で測定するので参考値である。

Hp_pavilion_15p200_6


***************************************
■HeavenBenchmark4 (1600x900)
***************************************

Heaven01


(HeavenBenchmark(DirectX 11)は、EXTREME設定、1600 x 900で測定)
HP Pavilion 15-p200では1372x751で測定のため参考値。
FPS -4.4

Score 111/2.9~8.4
Benchmarkが動くだけましという数値。

**************************
NVIDIA GeForce GTX 860M・DDR5(HP)(22.4)

NVIDIA GeForce GT 750M・DDR5(12.4)
NVIDIA GeForce GT 750M・DDR3(9.7)
NVIDIA GeForce GT 750M・DDR3(10)
NVIDIA GeForce GT 840M・DDR3(8.3)
NVIDIA GeForce GT 740M・DDR3(6.4)

*****************************************************
HeavenBenchmark4 FPS(当サイトでの測定結果)
*****************************************************

・・・・NVIDIA® GeForce®GTX680(44.3~46.7)

40*****

30****重いゲームでも快適
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GTX 660(29.1~30.5)※

25‥‥‥‥ELSA GLADIAC GTX 560 Ti mini(24.9)
↓‥‥……玄人志向・GeForce-GTX560-E1GHD/SHORT(22.0)

20****軽いゲームなら快適‥‥玄人志向・RD-HD6870/OC(20.8)※
↓‥‥‥‥SAPPHIRE VAPOR-X HD7770 GHZ EDITION(19.4)
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GT 755M・DDR5(15.1)
15‥‥‥‥玄人志向・GF-GTX650-E1GHD(14.9)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 750M・DDR5(12.5)
10・・・・NVIDIA GeForce GT 750M・DDR3(9.7~10)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 840M・DDR3(8.3)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 740M・DDR3(6.4)

****************************************
Valley Benchmark 1.0 FPS測定結果
****************************************

Hp_pavilion_15p200_3

設定■
★Direct3D11
★1920×1080 fullscreen
★Extreme HD
------------------------------------------------

Hp_pavilion_15p200_4



HP Pavilion 15-p200では1366x751
Intel HD Graphics 5500--(3.6/150/2.4~8.4)

Valley Benchmark 1.0では、動きが「カクカク」してHeavenBenchmark4 並に使用に耐えない感じがある。

----------------------------------
Valley Benchmark 1.0参考測定値
----------------------------------------


NVIDIA GeForce GTX 860M(HP)---(18.8/786/9.0~34.3)(HP OMEN 15-5000)
NVIDIA GeForce GTX 770(HP)---(44.5/1863/4.7~86.5)
以下、自作機で筆者が所有************
GIGABYTE Geforce GTX660 2GB GV-N660OC-2GD/A---(33.4/1314/16.5~57.7)
ELSA (GeForce)GLADIAC GTX 560 Ti mini---(24/1004/11.3~79.2)
玄人志向・RD-HD6870/OC---(21.7/908/6.0~39.4)

*****************************************************************
■「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」
*****************************************************************

Hp_pavilion_15p200_5


Ff1280hi1601


Ff1280std2659


Intel HD Graphics 5500-性能
(1280×720)
最高品質・・・
高品質・・・・1,601(設定変更を推奨)
標準品質・・  2,659(やや快適)

従来の内蔵グラフィックスに比べれば良くなっているが、ゲームをするレベルではない。
(数値としては7,000以上(FPS60相当)であれば「非常に快適」である。)

参考------------------------------------------------------------------------
NVIDIA GeForce GTX 860M・DDR5性能(HP OMEN 15-5000)
(1,920×1080)
最高品質・・・5,643(とても快適)
高品質・・・・7,590(非常に快適)
標準品質・・ 10,780(非常に快適)

参考(当サイト、2014年2月23日エントリー記事)
HP ENVY 15-j100
NVIDIA GeForce GT 750M
(1,980×1,080)
最高品質・・・2,438(普通)
高品質・・・・3,147(やや快適)
標準品質・・・5,201(とても快適)

参考(当サイト、2013年7月 9日エントリー記事)
HP ENVY TouchSmart 15-j000(j007TX)
NVIDIA GeForce GT 740M グラフィックス
標準品質・・・2,483(普通)

*****************************************
●モンスターハンター フロンティア(1280×720)
DirectX 9.0cゲームベンチマーク
*****************************************

Hp_pavilion_15p200_7

Hp_pavilion_15p200_8



(1280×720)
●モンスターハンター フロンティアでは、1,967

----------------------------------------------
参考(当サイト、2013年7月 9日エントリー記事)
HP ENVY TouchSmart 15-j000(j007TX)
NVIDIA GeForce GT 740M グラフィックス
●モンスターハンター フロンティアでは、1,819
(1,980×1,080)

*************************
バイオハザード6(1,360x768)
*************************

Hp_pavilion_15p200_9


Rank D  Score 1,093
(動作に必要な性能を満たしていません。)

*****************************************************
OCCTによるHP Pavilion 15-p200筐体冷却性能と
インテル Core i3-5010U プロセッサーの動作
*****************************************************

Hp_pavilion_15p200_1



●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPUの負荷テスト(OCCT/GPU 3D)
●GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察

**************************************
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
**************************************

2015032017h53temperaturecore0


(■OCCT・CPUによる検証は、1時間オートで測定)

OCCT・CPU負荷テストでは、インテル Core i3-5010U プロセッサー(2.1GHz)は約2.095GHz付近で作動している。
インテルターボ・ブースト・テクノロジー・非対応の省エネ型性能のためCPUの発熱も多くなくCPU温度60℃前後で正常終了。

Cpuz



**************************************
●GPUの負荷テスト(OCCT/GPU 3D)
上限FPS60
**************************************

Hp_pavilion_15p200_2

2015032018h55frequencycpu0


2015032018h55cpuusagecpuusage


2015032018h55temperaturecore0


OCCT/GPU 3Dでは、CPUが定格で稼働しているように見える。
しかし、CPU稼働率は一貫して約20%以下で事実上アイドル状態であることを示している。
FPSの値はFPS27程度でCPUの動作はGPUの支援に余り関与していないと思われる。
そしてCPUの温度もアイドル状態の53~54℃になっている。

**********************************************
●GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察
**********************************************

2015032018h55fpsfps


内蔵Intel HD Graphics 5500の3DにおけるFPSは平凡なものに終わった。
(Intel HD Graphics 5500)性能は、従来の内蔵グラフィックスに比べ大分向上していることが見受けられる。
しかし、「HeavenBenchmark 4.0」や「Valley Benchmark 1.0」の数値から見てもゲームなどに適しないことが確認出来る。

Gpuz



*****************************************
SDカードスロット
*****************************************

Sdhc_speed


メディアカードスロットは、Benchmarkのとおり高速なものでストレスがない。

UHS-II対応SDカード(Ultra-High Speed II)に対応するのか従来のSDカードスロットより高速になった。
但し、メーカーではUHS-Iにも対応しないことになっている。


Hp_pavilion_15p200_17


Speccy


***************************************
HP Pavilion 15-p200を使ってみての感想
***************************************

HP Pavilion 15-p200は、廉価版の省エネモデルのパソコンである。
そのために実測で7時間以上稼働できたりする。起動時間も従来の廉価版のパソコンに比べ不満のない早さになった。
SDカードスロットも高速なものになり、見えないような細かい部分でグレードアップしているところに好感がもてる。
PavilionシリーズとENVYシリーズで違うのは、PavilionシリーズではUSB2.0を残していることである。
USBDACでは、USB2.0しか対応しないのが普通で、デジタルカメラをバージョンアップするときに使えるのがUSB2.0であることが多い。

液晶は、液晶モニターと同時に撮影してある写真を見るとおりかなり「青み」が掛かっていてこれで画像編集などは出来ないことがわかる。

従って、一般的な用途としてフル装備(DVDスーパーマルチドライブがある)パソコンとしては実用的である。

より高度な画像編集や動画編集は、省エネタイプでないCPU搭載のより高性能のパソコンが必要である。
又、ゲームなどをするのであれば純粋に「ゲーミング」パソコンを選択する必要があるとおもわれる。

***********************************************


icon icon icon icon

-------------------------------------------------------------------
パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点は、★リンク先にて!!!!!!!!!!
--------------------------------------------------------------------

http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/09/reviewsyuun-ae0.html

↓↓↓↓以上のことは、メーカー直販サイトにて再確認していただきたい。


icon icon




icon icon

*******************************
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)
*******************************


パソコンビギナー向けなら価格も安く、スタイリッシュの上使い勝手が良い。

 

----------------------------------------------------------------------------------
HP Pavilion 15-p200仕様編へ続く
-----------------------------------------------------------------------------------

http://syuun.way-nifty.com/blog/2015/04/hp-pavilion-15-.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 3日 (金)

HP Pavilion 15-p200 レビュー(仕様編)

Hp_pavilion_15p200_22


***************************************
HP Pavilion 15-p200 のレビュー概要と目的
***************************************

HP Pavilion 15-p200は、「HP Pavilion 15-p」シリーズの最新モデルである。従って、外観は2014年冬モデルとほとんど変わっていない。
しかし2015年になって、より省エネで高性能になり、グラフィックスの仕様もIntel HD Graphics 5500になった。
又、UHS-II対応SDカード(Ultra-High Speed II)が発売されるようになり、SDカードスロットはそれに併せてUHS-II対応になったのではないかと思わせる。但し、メーカーではUHS-Iにも対応しないことになっているし、UHS-II対応のSDカードを持っているわけではないので調べていない。

以上のようにHP Pavilion 15-p200は、細かい変更点とグレードアップが図られた、オールインワンのスタイリッシュノート型パソコンである。
価格は、セールをしているときもあるので常にチェックが必要である。

----------------------------------------------------
尚、今回のレビューにおける図の解説及び見解は、筆者の感想である。

※当記事は販売店からレビュー機を借用して執筆している。

--------------------------------------------------------------------
目次・HP Pavilion 15-p200のレビュー
---------------------------------------------------------------------

○概要及びレビューの目的
○主な仕様
メモリ仕様など
○外観・内観等
○基本性能
*WIN SCORE SHAREによるスコア
*HDDスピード
○起動時間測定、Microsoft Assessment Consoleによる
★Boot performance(Fast Startup)
*過去のレビュー機の起動時間とBIOS・Boot performance実測値
★Microsoft Assessment Consoleによる
★Battery run down with energy efficiency diagnostics
(エネルギー効率診断を含むバッテリーの寿命テスト)

-------------------------------------------------------------------------
HP Pavilion 15-p200 レビュー・機能・性能編
-------------------------------------------------------------------------

○グラフィックカード性能(Intel HD Graphics 5500)
○グラフィックカード性能
*「HeavenBenchmark4.0」と「Valley Benchmark 1.0」
*HeavenBenchmark4、Valley Benchmark 1.0 FPS(当サイトでの参考測定結果)
*ファイナルファンタジーXIV新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編Benchmark
*モンスターハンター フロンティアDirectX 9.0cゲームベンチマーク
*バイオハザード6 Benchmark
○OCCTによるHP Pavilion 15-p200 の3Dゲームの動作
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察

○メディアカードスロット速度測定
○HP Pavilion 15-p200を使ってみての感想
○パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)


HP Pavilion 15-p200 ・レビュー

System


**************************************
HP Pavilion 15-p200の主要な仕様
エントリーモデル(シルバー)15-p218TU
**************************************
仕様は、平成27年4月3日現在のもので変更もありうる。
*************************************************

■オペレーティングシステムWindows 8.1 Update (64bit)
■インテル Core i3-5010U プロセッサー(2.1GHz)2コア4スレット
インテルターボ・ブースト・テクノロジー・非対応
■グラフィックスの仕様 Intel HD Graphics 5500
■Intel Broadwell-U PCH-LP(Platinum)
■15.6インチワイドHDブライトビュー・ディスプレイ(1366×768/最大1677万色)
■4GB(4GB×1)DDR3L-1600MHz (最大4GB)(Micron)
■500GBハードドライブ(SATA, 5400回転) (実機は、Seagate ST500LT012-1DG142)
●DVDスーパーマルチドライブ
■BeatsAudioデュアルスピーカー、IDT HighDefinition Audio準拠、内蔵マイク
■IEEE802.11b/g/n、Bluetooth 4.0、オン/オフボタン付き
■HDMI出力端子×1、USB3.0×2、USB2.0×1、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1、ネットワークポート(RJ45)×1
■SDカードスロット(SDHC・SDXCメモリカードの高速転送規格「UHS-I」非対応)
■バッテリ・約 6 時間 30分
■約385×261×24-27.5mm(最厚部)2.27kg
■45WスマートACアダプター(動作電圧:100-240 VAC、動作周波数:50-60 Hz)
■リチウムイオンバッテリ(4セル)
■マカフィーリブセーフ (30日版)
■速効!HPパソコンナビ特別版・ACアダプター、電源コード、保証書 等
■1年間保証 (引き取り修理サービス、パーツ保証)、使い方サポート(1年間)
*****************************************


詳細は以下HPのPDFへ

http://h50146.www5.hp.com/lib/products/portables/personal/spec_pdf/pavilion_15_p000.pdf icon

Hwinfo


 

**************************************
HP Pavilion 15-p200の外観
**************************************

HP Pavilion 15-p200(15-p218TU)は、樹脂製の一体ボディでメモリーなども簡単に交換できない形状で基本はENVYなどと共通になっている。

出力端子などは、HP Pavilion 15-p000などと同じである。

Hp_pavilion_15p200_14


Hp_pavilion_15p200_10

Hp_pavilion_15p200_12

Hp_pavilion_15p200_19



----------------------------------------------------------------------------------
参考
「HP Pavilion 15-p000実機レビュー・高性能に変身したスタンダードノートPC 」


http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/09/hp-pavilion-15-.html

「HP Pavilion 15-p000(エントリーモデル)レビュー」

http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/12/hp-pavilion-15-.html


http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/12/hp-pavilion-1-1.html

Hp_pavilion_15p200_20


Hppavilion15p200181


Hppavilion15p200161


Hp_pavilion_15p200_13



Hp_pavilion_15p200_21


 

****************************************
HP Pavilion 15-p200の基本性能
****************************************

Winscore001


Winscore002


WIN SCORE SHAREによるスコアでは、平均以下になっている。
レビュー機は、エントリーモデルなのでCPUがターボブーストできない廉価のものである。
内蔵グラフィックスはIntel HD Graphics 4400(旧モデル)からIntel HD Graphics 5500になっている。
この部分は、「機能・性能編」で検討する。(上位機には、NVIDIA GeForce 840M (2GB)を選択できるモデルもある。)

廉価版のパソコンであるために、ディスプレイ解像度は(1366×768)である。
グラフィックスのBenchmarkを取ったり、画像編集ソフトを使うとなると力不足で、CPUの性能と相まってあまり難しいことはさせない用途であろう。

★HDDのスピードは、以前から使われているSeagate製で、余り早くないが旧モデルではより遅いHDDが使われていた。

Txbench001


Txbenchinfo


Hdd



 

*******************************************************
起動時間・BIOSの検証・HP Pavilion 15-p200
Microsoft Assessment Consoleによる・BIOSの検証
Startup and Shutdown Experience・Boot performance(Fast Startup)
*******************************************************

Hp_pavilion_15p200_11

Windowsassessmentconsolest01


HP Pavilion 15-p200(エントリーモデル(シルバー)15-p218TU )のコールドスタートでの起動時間は、約21秒~25秒(初期状態)であった。
これは、HDDによるために気温やその他の条件に影響される可能性が多い。
Boot performance(Fast Startup)は7.235秒であり、又、Suspend継続時間は、3.399秒で廉価版のパソコンを象徴するような低速だった。

しかしながら、旧モデルの「HP Pavilion 15-p000・・・・2.555秒・起動33.49秒」に比べて大幅に起動が速くなっている。但し、BIOSのBoot performanceは遅く、徐々に改善されてゆくと思われる。

その他、起動時間は、インストールされるソフトが増えれば遅くなるために、あくまでも参考値である。

Windowsassessmentconsolesus01


***************************************
参考・Boot performance(Fast Startup)
当サイトで借用した又は購入したPC・レビュー機での実測値
****************************************

HP Pavilion 15-p200・・・・7.235秒・約25秒

************(レビュー機)

(全て初期状態)
HP ENVY dv7-7200/CT・・・・4.743秒・15.3秒
(OP・インテルCore i7-3720QMプロセッサー搭載)
HP ENVY TouchSmart 15-j000・6.445秒・16.8秒
HP Pavilion g6-2200(AMD)・・4.027秒・起動25~26秒
(2GB搭載メモリー不足)
HP ENVY Ultrabook 4-1100・・2.339秒・起動11.3秒
HP ENVY 17-j000/CT・・・・4.633秒・起動12.4秒
HP 1000-1402TU・・・・・・4.960秒・起動29.8秒
HP ENVY17-j100 Leap Motion SE・・5.658秒・起動17.8~29.5秒
HP ENVY 15-j100・・・・・3.159秒・起動14.94秒
HP Pavilion 15-n200・・・・4.156秒・起動16.70秒
HP Pavilion 15-p000・・・・3.851秒・起動17.77秒
(パフォーマンスモデル・ハイブリッドHDD)
HP Pavilion 15-p000・・・・2.555秒・起動33.49秒
(エントリーモデル)

HP 15-g000・・・・5.723秒・起動35.99.秒
(冬起動)・・・通常23.46秒
HP Stream 14-z000・・・・2.510秒・10.82秒(二回目以降起動)
HP OMEN 15-5000(15-5006TX)・・・・4.989秒・10秒

 

**************************************************
Microsoft Assessment Consoleによる
★Battery run down with energy efficiency diagnostics
(エネルギー効率診断を含むバッテリーの寿命テスト)
**************************************************

Batt


Battery run down with energy efficiency diagnosticsは、ソフトが満充電になったのを確認してから実行される。
そして、電池残量が5%になったところで終了する。

Assessmentbatt02


バッテリ(リチウムイオンバッテリ(4セル))が使われている。
予測連続起動時間は、7時間10分(430分)でカタログデーターの約6時間30分に比べて多少長くなっている。

又、エネルギー効率は、95%で全く問題はなかった。
これも旧モデルHP Pavilion 15-p000(エントリーモデル)の4時間58分(当サイト測定値・カタログデータ約6時間30分)に比べ実測値は大幅に伸びている。


icon icon icon icon

-------------------------------------------------------------------
パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点は、★リンク先にて!!!!!!!!!!
--------------------------------------------------------------------

http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/09/reviewsyuun-ae0.html

↓↓↓↓以上のことは、メーカー直販サイトにて再確認していただきたい。


icon icon




icon icon

*******************************
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)
*******************************

機能・性能編 で紹介

http://syuun.way-nifty.com/blog/2015/04/hp-pavilion-1-1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »