« 2015梅雨「カメラ大中古市」で父の日のプレゼント | トップページ | Logicool G602ロジクールオンラインストアから商品到着 »

2015年6月22日 (月)

「15X8140-i7-QTRB」4Kゲーミングノート・レビュー(仕様編)

P650se5


***************************************
パソコン工房iiyama PCブランド
15X8140-i7-QTRBのレビュー概要と目的
***************************************

ゲーミングノート「15X8140-i7-QTRB」は、「4Kディスプレイ搭載」という最近のトレンドのパソコンである。
4Kディスプレイと言うのも今、デジカメからも出てきているものの未だ主流というものでもない。
その一方で、ゲーミングノートとなるとテレビの大画面に写して使うと言うことも可能で、用途は広がる。
今回は、この4Kディスプレイ搭載のゲーミングノート「15X8140-i7-QTRB」の可能性を探って見る。
但し、4Kディスプレイを持っているわけでもないので実の4Kは試していない。

また、発売されて既に半年経過するために当初の価格より多少買いやすくなっている点も注目する必要がある。

----------------------------------------------------
尚、「15X8140-i7-QTRB」は販売店からの借用品である。

又、記事の図表その他の解釈は筆者個人の見解である。

--------------------------------------------------------------------
目次・「15X8140-i7-QTRB」
(パソコン工房iiyama PCブランド)のレビュー
---------------------------------------------------------------------

P650se2



○概要及びレビューの目的
○主な仕様
○外観・キーボード等
○基本性能
*WIN SCORE SHAREによるスコア
○起動時間測定、Microsoft Assessment Consoleによる
★Boot performance(Fast Startup)
*過去のレビュー機の起動時間とBIOS・Boot performance実測値
★Microsoft Assessment Consoleによる
★Battery run down with energy efficiency diagnostics
(エネルギー効率診断を含むバッテリーの寿命テスト)

○OCCTによるNVIDIA(R) GeForce GTX 970M 3GB GDDR5 の3Dゲームの動作
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察

○メディアカードスロット速度測定

★「15X8140-i7-QTRB」・レビュー(仕様編)での一言

-------------------------------------------------------------------------
「15X8140-i7-QTRB」のレビュー・機能・性能編
-------------------------------------------------------------------------

P650se19



○グラフィックカード性能(NVIDIA GeForce GTX 970M 3GB GDDR5)

*「HeavenBenchmark4.0」と「Valley Benchmark 1.0」
*HeavenBenchmark4、Valley Benchmark 1.0 FPS(当サイトでの参考測定結果)
*ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド(Heavensward)DirectX 9.0c・Benchmark(DirectX 11)
(4Kディスプレイ対応)
*モンスターハンター フロンティアDirectX 9.0cゲームベンチマーク
*バイオハザード6 Benchmark・DirectX 9.0c
--------------------------------------------------
○「15X8140-i7-QTRB」を使ってみての感想
○パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)
----------------------------------------------
「15X8140-i7-QTRB」のレビュー仕様編・レビュー
----------------------------------------------

**************************************
「15X8140-i7-QTRB」のレビューの仕様
Notebook P650SE
**************************************
仕様は、平成27年6月22日現在のもので変更もありうる。
*************************************************

■オペレーティングシステム:Windows 8.1 Update (64bit)
■インテルCore i7-4710HQ プロセッサー (Launched・2.5-3.5GHz/4コア/8スレッド/6MBキャッシュ/TDP47W・Intel HD Graphics 4600・ターボブースト2.0)
■マザーボード:インテル HM87 Expressチップセット
●メモリ-:16GB・デュアルチャネルDDR3L-1600 8GB/SO-DIMM×2(計16GB) 低電圧駆動メモリ採用・省電力(実機はKingsTon製)
■ストレージ1:256GB PLEXTOR(R)SSD M6e M.2 2280 シリーズ M.2 PCI Express2.0 [最大転送速度 読込:770MB/s・書込:580MB/s]
■ストレージ2:1TB 2.5インチ Serial-ATA HDD(実機は、HGST製)
●ドライブ:光学ドライブ非搭載
●グラフィックス:NVIDIA(R) GeForce GTX 970M 3GB GDDR5
■ディスプレイ:15.6型 4KウルトラHD(3840×2160ドット)対応 SHARP製「IGZO」光沢[IPS方式]カラー液晶
●カードリーダー :SD(HC/XC)/MMC/MEMORYSTICK対応カードリーダー
●LAN:IEEE802.11 ac/a/b/g/n対応 2×2 Dual Band無線LAN + Bluetooth 4.0 LE
■サウンド:Sound Blaster X-Fi MB3
■電源・バッテリ (内蔵)60,206mWh規格・56,862mWh(実機)
●内蔵PCカメラ:200万画素
■ノートン インターネットセキュリティ
■外部端子:ヘッドフォン/スピーカ出力×1 ,マイク入力×1 ,S/PDIFアウト(ミニプラグ型)×1 ,USB 3.0ポート×3 ,USB 3.0/eSATA兼用ポート×1 ,ディスプレイ出力(HDMI×1/miniDisplayPort 1.2×2)
■日本語:バックライトキーボード
■主な付属品:ACアダプターセット ,日本語マニュアル ,カスタムパソコン1年保証書
*************
●外形寸法:幅 約385mm×奥行271mm×高さ25mm(※最大突起物を含まず)
■重量:約2.6kg(※バッテリーを含む)

*********************************************************************************

System

Hwinf64

P650se1


**************************************
「15X8140-i7-QTRB」の外観
**************************************

P650se6


P650se8


P650se7


P650se3


「15X8140-i7-QTRB」ノートパソコンは、多少プラスチッキーな感じがあるもののごく一般的な形状をしている。
ゲーミングノートの妙にデザインを凝って性能を落とすということも、凝った遊び感というものもなく、その分性能が高いと言うのがメリットである。
それだけでなく、スタイルに固執しないので背面にもインターフェースがついている。
---------------------------------
レビュー機の液晶モニターでは、15.6-インチ 4K Ultra HD (3840 x 2160) という「4Kディスプレイ搭載」している。
しかも「miniDisplayPort 1.2×2」と4K Ultra HD (3840 x 2160)出力に対応するという念の入った作りになっている。

その一方で、あまり関係ないカードリーダー などは、USB2.0時代の低速なものである。

しかし、4K Ultra HD外部モニターを持っていないのでHDMIでFHD (1920 x 1080)モニターに繋ぐと、このパソコンの良さが半減してしまう。


*「15X8140-i7-QTRB」のキーボード

P650se4


キーボードにはバックライトが標準搭載されている。
しかも、完全な日本語仕様なのでキーが変形したりすることなく使いやすいものである。

****************************************
「15X8140-i7-QTRB」の基本性能
****************************************

Winscoreshare001


Winscoreshare001_2



WIN SCORE SHAREによるスコアでは、NVIDIA(R) GeForce GTX 970Mが認識されず、内蔵グラフィックス・Intel HD Graphics 4600になっているのであまり高い数値を出していない。

Ssdlifepro001

Ssdspeed001

Ssdspeed002222


M.2 PCI Express2.0接続のSSDであるので従来型SSDの限界を超える速度が出ている。
又、ディスクの管理を見るとおりrecovery領域は作られていないので再インストール、Refreshには、付属のディスクが必要になる。
この点、デスクトップパソコンなみの上級者の感じがある。

Hddspeed001




*Tx-BENCHによるHDD性能の説明

★シーケンシャル(Sequential Read/Write)
動画などのまとまったファイルを読み書きする時の指標

★ランダム4KB QD1(Random4K Read/Write)
ここの数値が高いとシステムとして使用感が高い。
(参考 HDDでは、コンマmB/s以下0.7程度)

★ランダム4KB QD32(Read/Write)
ここの数値が高いと、起動が早い。
(参考 HDDでは、2mB/s以下)

Disk



*************************************
「15X8140-i7-QTRB」のレビューの起動時間測定
Microsoft Assessment Consoleによる
★Boot performance(Fast Startup)
*************************************

P650se11


Assessmentst



「15X8140-i7-QTRB」の初期起動時間は、コールドスタートでおよそ約18秒だった。
こういう多少重いゲーミングパソコンとしては一般的である。
尚、インストールされているソフトなどによって起動時間は変わるので参考数値である。

又、Boot performance(Fast Startup)では、8.975秒、Suspend継続時間は2.364秒であった。


***********************************************
過去のレビュー機の起動時間とBIOS・Boot performance
***********************************************

■「15X8140-i7-QTRB」(レビュー機)
●起動時間18秒
●Boot performance(Fast Startup)では、8.975秒
●Suspend継続時間は2.364秒

----------------------------------------------------------------
m-Book V シリーズMB-V700S-SH
(マウスコンピューター)
●起動時間16.45秒
●Boot performance(Fast Startup)では、9.380秒
●Suspend継続時間は2.035秒


**************************************************
Microsoft Assessment Consoleによる
★Battery run down with energy efficiency diagnostics
(エネルギー効率診断を含むバッテリーの寿命テスト)
**************************************************

Batterror


Battery run down with energy efficiency diagnosticsは、ソフトが満充電になったのを確認してから実行される。
そして、電池残量が5%になったところで終了する。
しかしながら、Microsoft Assessment Consoleとの相性が悪く測定できなかった。

*****************************************************
OCCTによる「15X8140-i7-QTRB」筐体冷却性能と
インテルCore i7-4710HQ プロセッサーの動作
*****************************************************

Occt


**************************************
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
**************************************

(■OCCT・CPUによる検証は、1時間オートで測定)
「15X8140-i7-QTRB」は、動作周波数はインテルターボ・ブーストで3.0GHzまで上昇。
その後1分35秒でCPUの温度が90℃を超えて終了している。
元々省エネ型のCPUではないので予想通りの発熱であった。

現状テストしたゲーミングパソコン中で、OCCT・CPUを完走したものは見ていない。

2015061815h53frequencycpu0

2015061815h53temperaturecore3



P650se18




**************************************
●GPUの負荷テスト(OCCT/GPU 3D)
上限FPS60(1時間)完走。
**************************************

2015061515h56temperaturecore0




「15X8140-i7-QTRB」は、NVIDIA(R) GeForce GTX 970Mを使っている。
ベンチマークソフトでは、定格動作周波数の2.5GHz~3.3GHzの間で動作している。
CPUの使用率は30%で、CPUの発熱も60℃を中心にしてして必要以上に上昇することはない。
FPSの値は設定の最高値60で、CPUがGPUを支援していることがよく分かる。
実に安定したGPUの動作で何の心配もない。

2015061515h56frequencygpu1



2015061515h56frequencycpu0



**********************************************
●GPU 3Dの負荷テスト、FPSについての考察
NVIDIA(R) GeForce GTX 970M
**********************************************

第四世代NVIDIA Optimus機能もこの「15X8140-i7-QTRB」ではかなり性能が良くなって、OSがGPUの動きを適切に支援している。

FPSの変化などから見ても従来の「グラフィックカードNVIDIA GeForce GTX860M(DDR5)」などに比べて不安定なところは一切ない。

それは、ゲーミングパソコンと言っても、省エネ型CPUを使っているものもあり、液晶画面が消えるなどの動作、他のソフトが起動するとFPSの値が不安定になることである。

従い、ゲーミングパソコンとしては、グラフィックカードの性能を最大限に発揮する優れものであると思われる。


2015061515h56cpuusagecpuusage

2015061515h56fpsfps



**************************************
★カードリーダー
**************************************

メディアカードスロットの速度は低速であった。

Sdhcspeedlow22


------------------------------------------------------------------
「15X8140-i7-QTRB」のレビュー・レビュー(仕様編)での一言
-------------------------------------------------------------------

4Kディスプレイ搭載の高性能ゲーミングパソコンとしてはお買い得価格。

強いて言えば、「15X8140-i7-QTRB」のネーミングは分かりにくいのでなんとかして欲しい。



パソコン工房

-------------------------------------------------------------------
パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点は、★リンク先にて!!!!!!!!!!
--------------------------------------------------------------------

http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/09/reviewsyuun-ae0.html


↓↓↓↓以上のことは、メーカー直販サイトにて再確認していただきたい。


パソコン工房


パソコン工房 パソコン工房

----------------------------------------------------------------------------------
「15X8140-i7-QTRB」のレビュー・機能・性能編へ続く
-----------------------------------------------------------------------------------

|

« 2015梅雨「カメラ大中古市」で父の日のプレゼント | トップページ | Logicool G602ロジクールオンラインストアから商品到着 »

12マウスコンピューター実機レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「15X8140-i7-QTRB」4Kゲーミングノート・レビュー(仕様編):

« 2015梅雨「カメラ大中古市」で父の日のプレゼント | トップページ | Logicool G602ロジクールオンラインストアから商品到着 »