« 2015年高等学校進路実績のウソホント群馬版 | トップページ | 2015梅雨「カメラ大中古市」で父の日のプレゼント »

2015年6月18日 (木)

教育費に苦しむのに外国人には免税

SONYのデジタル一眼カメラα7(ILCE-7)の本体がソフトウェアアップデートされた。
アップデートされたのは、α7、α7R、α7S、α6000だが、α7では起動時間が早くなった。
以前に1回「本体の起動時間を短縮しました」というアップデートがVer1.02の時にあった。
しかし、多少早くなったが今回ほど劇的に早くなったのは驚きである。
デジタルカメラの寿命は1年と言われていて、カタログ落ちになるとソフトウェアのアップデートも止まり買い換えを迫るようなことが多い。
それが1年経ってもアップデートされて少しでも新しい機能が追加されれば買っておいて良かったと言うものである。
しかし、SONYの場合有り難くないのは、5月の下旬にストロボなどの部品などが大幅値上げされたことである。

http://www.sony.jp/ichigan/update/index.html

先日久々クイズ番組を見ていたら、「今年は景気がよいかどうかを感じている人の割合」を当てるものがあった。
出演していた「デビ夫人」が「景気が良いと思う人を40%程度」と回答したが、実際の数値は7%程度であった。
「デビ夫人」などの浮き世離れした人だからどんな感覚でも構わないが、政府が消費税増税による個人消費の落ち込みを隠すために好景気を演出することは御免被る。
大企業が好景気だと言っても、円安による為替差益によるものである。
2014年4月の消費税増税で一挙に景気は逆回転し始め、昨年の消費税再増税延期で逆回転の仕方は遅くなってとはいえアベノミックスの始まる前に戻ったところである。
それで当たり前の話であるデフレの時の消費税増税は「大失敗だ」と言うことが知れ渡ったはずだが、その失敗の責任をとったと言う話は聞いたことがない。
これは「失敗しても年功序列で偉くなる」という戦前の日本海軍高級軍人の提督そのままで、官僚組織の無責任体質というのは70年以上も変わっていない。

しかし、あの「バブル経済」のハードランディングをして大不況になったのに、その推していした人も、実行した人も誰も責任をとらなかったという無責任体質があった。
そういえばあの朝日新聞の他「日経新聞とNHK」はバブル潰しに躍起だった。

それにしても最近では、病院のベッド数を減らすとか、教員の人数を減らすとか、はたまた「定員超過分は助成減額…文科省方針(毎日記事)」も妙なことばかり。
これも
「政府の地方創生策の一環で、学生数を抑制することにより大都市への学生流入に歯止めをかける狙いがある。」とある。
もしそうしたければ、昔の一期校、二期校時代のように地方の国立大学は授業料をタダ同然にすれば良い。
ついでに言えば負担が大きいセンター試験も廃止である。
昔の国立大学の一期校、二期校時代の方が、首都圏集中は少なかったはずだ。
もともとこのセンター試験が国立大学の「難問奇問」を減らすことだったが入学試験を受ける方は負担が多くなったのに間違いない。

これからますます大学に進学する学生数が減るとはいえ、有名大学ではその倍率は変わっていないし、いぜん難関である。
これは定員が減れば、それだけ難易度が上がり浪人が増えたりする。
浪人すれば今では年間約100万円の経済的負担が多くなり、その上私学助成金が減れば授業料が上がるだけである。
そもそも「学部を新設したり定員を増やしたりする場合の認可基準」と言っても、既に大学は短大から4年生になったり、訳の分からない「グローバル○○」という学部がたくさん出来ている。

要するに、政府が規制したりすると言うより自然淘汰の方が正しい。
現に都心から郊外に出て行ってしまった大学は定員に割れに泣き、また元の都心に戻す動きが活発化している。

物価や教育費は上がり、地方から都心に進学させれば私立大で年間300万(授業料100万、アパート100万、生活費活動費100万)近くかかる。
地方だと国公立が多いから、100万円近く安くなるとはいえ負担は多い。
元々、名の知れた大学に通わせるには年間100万円の塾通いがあったりするから学費はいくらでもかかる。

振り返って、今のテレビでは、中国資本のラオックスなどで「爆買い」しているシーンを放映している。
円安の上に、これが消費税免税。
こんな中国の爆買いなどは、格安航空券と安宿を使う単なる買い出しで日本でもバブルの頃にフランスのブランド専門店に買い出しツアーがあった。
それにしても日本国民が消費税増税で苦しんでいるのに、外国人だけが得をするというのも今では「うらやましく」思っている日本人も多いと思う。
そこで身の回りを見てみれば、アベノミックスの始まる前は1ドル70円くらいだった。それで消費という部分ではほとんど外国での生産だったからものが安く買えた。
それが今は1ドル123円弱(122.65 - 122.68円)だから消費税増税もあってものが高くなってしまった。
そんなわけで、教育費に心を痛める中で消耗品が壊れたから安く買おうと言うのが、アウトレットなど。
本当に、外国人に優遇せず日本人にも免税にしてもらいたいものである。


富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

|

« 2015年高等学校進路実績のウソホント群馬版 | トップページ | 2015梅雨「カメラ大中古市」で父の日のプレゼント »

秋葉原他・お買い物事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516355/61761156

この記事へのトラックバック一覧です: 教育費に苦しむのに外国人には免税:

« 2015年高等学校進路実績のウソホント群馬版 | トップページ | 2015梅雨「カメラ大中古市」で父の日のプレゼント »