« 「AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II」の実写・ NIKON 1 J3 | トップページ | 会員賞受賞作家揮毫会・第67回毎日書道展を観覧 »

2015年7月24日 (金)

第29回 高崎書道會展 開催される

Takasaki9


標記展覧会が高崎シティギャラリーの1階全館を使って開かれている。
会期は、平成27年7月24日~29日まで。
出品点数は、225点、200名以上の出品者で、群馬県内最大級の団体である通り会場が作品で埋め尽くされている。

Takasaki24


高崎書道会(会長・天田研石先生)は昭和4年(1929)2月、初代会長友松龍洞先生によって創設されたとある。
その後金澤子卿先生が主宰者になってからは、台湾、中国との書道交流が始まり、半世紀を迎えているという。
又。月刊誌「龍集」は、昭和29年4月に復刊され、現在730号になっている。
平成27年3月27日に上毛新聞社から「上毛芸術文化賞」における初めての団体賞を受賞して、記念コーナーが作られている。

Takasaki2


Takasaki4


Takasaki5


Takasaki6


Takasaki7


Takasaki8



*********************************
「上毛芸術文化賞」における初めての団体賞を受賞して、記念コーナー
*********************************

Takasaki13


Takasaki14

*************************************


Takasaki1

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX7
撮影日時: 2015-07-24 09:52:12 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 4.7mm (35mm 換算焦点距離: 24mm)
絞り値: ƒ/2.8
露出時間: 0.0008 秒 (1/1250)
ISO 感度: 80
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Takasaki25

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: NEX-6
レンズ: E PZ 18-105mm F4 G OSS
撮影日時: 2015-07-24 10:17:54 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 320
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Takasaki12



Takasaki3


Takasaki20


Takasaki17


Takasaki16


Takasaki19


Takasaki18


Takasaki21


Takasaki22


Takasaki23


Takasaki15


Takasaki10

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: NEX-6
レンズ: E 10-18mm F4 OSS
撮影日時: 2015-07-24 10:02:12 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 125
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

|

« 「AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II」の実写・ NIKON 1 J3 | トップページ | 会員賞受賞作家揮毫会・第67回毎日書道展を観覧 »

保存用美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第29回 高崎書道會展 開催される:

« 「AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II」の実写・ NIKON 1 J3 | トップページ | 会員賞受賞作家揮毫会・第67回毎日書道展を観覧 »