« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月28日 (金)

2015年・第30回記念・書泉会展・開催される

Shosen5


平成27年8月27日10時~30日16時まで、前橋市民文化会館大展示ホールで標記の展覧会が開催されている。
主宰は、下谷洋子先生、後援は、毎日新聞社、(一財)毎日書道会、(公財)書道芸術院、(公財)全日本書道連盟、その他上毛新聞社を含めた4団体。
副題は、「拡大臨書と親しめる書」。
出品者は、下谷洋子先生他135名。
作品数は下谷東雲先生の遺墨他、役員による「佐理」と「関戸本古今集」の拡大臨書、第67回毎日書道展受賞作品などを含めて約180点あまりが展示されている。
副題の「親しめる書」ということで主たる役員、毎日、書芸、群馬県展などの審査員以外では、自宅でも飾れるような作品、小品が多く展示されていた。

Shosen2


Shosen3


Shosen4

カメラメーカー: NIKON CORPORATION
カメラモデル: NIKON 1 J3
レンズ: 1 NIKKOR 11-27.5mm f/3.5-5.6
撮影日時: 2015-08-27 11:06:34 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 12mm (35mm 換算焦点距離: 32mm)
絞り値: ƒ/3.8
露出時間: 0.013 秒 (1/80)
ISO 感度: 800
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Shosen19


Shosen20


Shosen7


Shosen8


Shosen15


Shosen1


Shosen12


Shosen13


Shosen23


Shosen24


Shosen14


Shosen25

******************************

Shosen9_2


Shosen17


Shosen18


Shosen6


Shosen21_2


Shosen16


Shosen26


Shosen11


Shosen10


Shosen27

カメラメーカー: OLYMPUS IMAGING CORP.
カメラモデル: E-PM2
レンズ: OLYMPUS M.14-42mm F3.5-5.6 II R
撮影日時: 2015-08-27 11:50:48 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 14mm (35mm 換算焦点距離: 28mm)
絞り値: ƒ/3.5
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 500
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
キャプション: OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Shosen22



Shosen28

カメラメーカー: OLYMPUS IMAGING CORP.
カメラモデル: E-PM2
レンズ: OLYMPUS M.14-42mm F3.5-5.6 II R
撮影日時: 2015-08-27 11:53:01 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 42mm (35mm 換算焦点距離: 84mm)
絞り値: ƒ/8.0
露出時間: 0.0050 秒 (1/200)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
キャプション: OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)


Shosen29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月26日 (水)

SONY NP-FW50 互換カメラバッテリーの不具合

F50w2

*********************************
NP-FW50の互換電池などの概要
*********************************

先日Amazonでどういうわけか「NP-FW50互換カメラバッテリー2個+充電キット」をタイムセールで安く売っていた。
NP-FW50というのは、αILCE-7やα6000、NEX-6などの最新ミラーレスカメラに使えるリチウムイオン電池である。
このNP-FW50やα77などに使われるリチャージャブルバッテリーパックのNP-FM500H
の互換電池はなかなか癖が強く、ほとんど使えないと言うのが実情である。
このうちNP-FM500Hはα700から使われている古いものなので、最近では安定した互換電池も出てきているようだが、使うカメラが少ない。

ミラーレスカメラに使われるこのNP-FW50は容量が少ない一方、カメラ側消費が大きい。
従って、予備電池というものはいつも必要である。
α55の時に初めて使われ、GPSを使うようにしておくと、あっという間に消費してしまうことがあった。
いずれにせよ、SONYやPanasonicなど自社でリチウムイオン電池などの電池を作っているところの互換電池は要注意である。

******************************************
Amazon特売の「DSTE アクセサリーキット」
******************************************

F50w1



Amazonのタイムセールで売られていた電池は、1単位だと1,300円とそこそこだったのだが、「アクセサリーキット」だと充電器もついてかなりお安い。

実を言えば、NP-FW50は純正電池4個と予備で5個電池を持っていて、1台のカメラを持ち出すときは3個の電池の予備がある。
ついでに言えば充電器もα55の時に付いてきたBC-VW1(280mA)を含めて同型のものが2台あって追加の電池も、充電器も必要はなかった。

F50w3


それでも買ってみたのは、買ってみて使えれば儲けものという心理である。

F50w5


内容は、互換品にしては紙ケース入りで多少ご立派である。
充電器は、この手のものとしては汎用品で他社でもほとんど同じようなものが発売されている。

F50w7


SONYの純正と違うのは、形状以外では充電電流が600mAと大きい。
この充電部分は、中国製では汎用品で550~650mAと言うものが多く、PanasonicやNikonの充電器が同様であるからSONYの充電器は多少特殊である。

F50w8


NP-FW50の互換電池の形状は、純正と全く同じで入れにくいと言うものはない。
但し、NP-FW50の純正品はPanasonicと違って日本製である。

F50w6


******************************************
DSTE  NP-FW50 互換カメラバッテリーの充電
******************************************

NP-FW50 互換カメラバッテリーは、1つはNEX-6で測定すると84%と45%。
45%の方が、何となくいやな感じがしたのだが充電してみると・・・・


84%--->>100%
45%--->>>88%という結果になった。

F50w11



この88%にしかならないものをSONY製BC-VW1で補充電してみた。
しかし、一晩経っても充電ランプは消えず充電されなかった。

F50w10


又、付属品のチャージャーだと、充電量が過大だったのか結構発熱していた。

100%になった方は、翌日になっても安定していたのだが88%にしかならない方は、一端45%と表示して、再度入れ直すと88%になったりして安定していない。

F50w12


***********************************
NP-FW50互換カメラバッテリーの結果
***********************************

NP-FW50互換カメラバッテリーは、不具合であるとの予測からAmazonで「交換処理」することにした。
しかし、この手のものは「返品」しかなく返品となった。

Amazon0001

Amazon0002


F50w4


NP-FW50互換カメラバッテリーについて書かれていることを多少読んでみると、2個セットを買った場合、1個が不具合であることが多いとか。

小生はROWA製しか買わないことにしている。
しかし、Nikonの互換バッテリーの2個セットを買って、しばらく使わなくて初めて使おうと思ったら使えなかったことがある。

F50w9

その他ROWA製でもPanasonic用でも同じようなことがあった。
しかし、いずれも保証期間が過ぎていたので、そのままである。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月24日 (月)

HP Pavilion 550-040jp/CTレビュー(機能性能編)

Hppavilion550040jpct12

********************************************
HP Pavilion 550-040jp/CTレビュー機能性能レビューの目的と概要
********************************************

HP Pavilion 550-040jp/CTは、2015年夏モデルになってから新型のケースになった。
この「スタイリッシュに一新されたケース」はどの程度の冷却性能を示しているのかを検証する。
グラフィックス性能は、今となっては旧式な内蔵(インテルHDグラフィックス4600)であるために新しいBenchmarkの参考例ぐらいとして測定してある。

---------------------------------------------------
尚、今回のレビューにおける図の解説及び見解は、筆者の感想である。

※当記事は販売店からレビュー機を借用して執筆している。

--------------------------------------------------------------------
目次・HP Pavilion 550-040jp/CTのレビュー
---------------------------------------------------------------------

○概要及びレビューの目的
○主な仕様
○外観・内観等
*電源、内部部品など
○基本性能
*SSDスピードなど
○起動時間・BIOSの検証(Microsoft Assessment Console)

Hppavilion550040jpct16


-------------------------------------------------------------------------
HP Pavilion 550-040jp/CTレビュー・機能・性能詳細編
-------------------------------------------------------------------------

○グラフィックカード性能
*「Valley Benchmark 1.0」
Valley Benchmark 1.0 FPS(当サイトでの参考測定結果)
**ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド(Heavensward)DirectX 9.0c・Benchmark

○OCCTによるHP Pavilion 550-040jp/CTの放熱動作
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)

○メディアカードスロット速度測定
○HP Pavilion 550-040jp/CTを使ってみての感想
○パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)

**************************************
HP Pavilion 550-040jp/CT・レビュー
**************************************

**************************************
HP Pavilion 550-040jp/CTの主要な仕様
●レビュー機は東京生産カスタムメイド版。
**************************************
仕様は、平成27年8月19日現在のもので変更もありうる。
*************************************************

●OS--Windows 8.1 Update (64bit)
■CPU--インテルCore i7-4790プロセッサー(3.60GHz-4.00GHz,インテルスマート・キャッシュ8MB, 4コア/8スレッド)インテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0
(Haswell Refresh)
■マザーボード-:インテルH87 Expressチップセット
●メモリ-8GB×1(PC3-12800-1600Mhz- DDR3 SDRAM)(実機はHynix製)
■SSD- 512GB SSD(SanDisk製  SD7SB2Q-512G-1006)
●1TB(実機Seagate製 ST1000DM003-1ER162)
●ドライブ--hp  ブルーレイディスクドライブ(BDXL対応、DVDスーパーマルチドライブ機能搭載)(ウルトラスリム)
●グラフィックスカード-内蔵(インテルHDグラフィックス4600)
●カードリーダー : メディアスロット(USB2.0)
●有線LAN:10/100/1000 Mbps オンボードネットワークコネクション
●無線LAN: IEEE802.11a/b/g/n/ac + Bluetooth 4.0
■電源・300W電源 【ATX電源】
●B&O Play、HP Support assistant、リカバリマネージャー (リカバリメディア作成)、CyberLink (DVDムービー再生ソフト)
速効!HPパソコンナビ特別版
その他
*************
■日本語キーボード & 光学スクロールマウス
●縦置き : 約165×378×364mm// 約6.2kg
*********************************************************

その他の詳しい情報はこちらりPDF(HP Webサイト)を参照。

http://h50146.www5.hp.com/lib/jp/ja/products/desktops/personal/spec_pdf/pavilion550_040.pdf icon

Speccy0011


Hppavilion550040jpct7



*********************************************
○グラフィックカード性能(インテルHDグラフィックス4600)
*********************************************

*「Valley Benchmark 1.0」
Valley Benchmark 1.0 FPS(当サイトでの参考測定結果)
**ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド(Heavensward)DirectX 9.0c・Benchmark

インテルHDグラフィックス4600では、高い数値は望めないので参考値である。

****************************************
Valley Benchmark 1.0 FPS測定結果
****************************************

Hppavilion550040jpct19



設定■
★DirectX 11
★1920×1080 fullscreen
★Extreme HD

------------------------------------------------

インテルHDグラフィックス4600
--FPS 2.6
Score 110
最小FPS 1.7 
最大FPS 4.5

----------------------------------------
Valley Benchmark 1.0参考測定値
----------------------------------------

Intel HD Graphics 5500--(2.8/118/1.8~4.9)

以下、自作機で筆者が所有************
GIGABYTE Geforce GTX660 2GB GV-N660OC-2GD/A---(33.4/1314/16.5~57.7)
ELSA (GeForce)GLADIAC GTX 560 Ti mini---(24/1004/11.3~79.2)
玄人志向・RD-HD6870/OC---(21.7/908/6.0~39.4)

*****************************************************************
■ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド(Heavensward)
DirectX 9.0c・Benchmark(DirectX 11)
★新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編
*****************************************************************

Hppavilion550040jpct18_2


Ff1539std19801



○インテルHDグラフィックス4600

(1920×1080)DirectX 9.0c
最高品質・・・
高品質・・・
標準品質・・1,539(設定変更を推奨)

ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド(Heavensward)のベンチマークソフトでも当然のように低い数値である。

参考値(syuun自作パソコン)*******************************************

GIGABYTE Geforce GTX660 2GB GV-N660OC-2GD/A
(1920×1080)DirectX 9.0c
最高品質・・・7,043(非常に快適) 合計タイム27,264

(1920×1080)DirectX 11
最高品質・・・5,096(とても快適)計タイム27,264

ELSA (GeForce)GLADIAC GTX 560 Ti mini
(1920×1080)DirectX 9.0c
最高品質・・・5,744(とても快適)計タイム49,949
(1920×1080)DirectX 11
最高品質・・・3,764(快適) 合計タイム39,373

玄人志向・RD-HD6870/OC
(1920×1080)DirectX 9.0c
最高品質・・・5,589(とても快適)

********************************************
○OCCTによるHP Pavilion 550-040jp/CTの動作
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
★使われているケースの冷却性能を調べる
********************************************

Occtend1


●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)

2015081516h15temperaturecore01

2015081516h15frequencycpu01

2015081516h15memoryusagememoryused1


OCCT・CPU負荷テストでは、CPUインテル Core i7-4790プロセッサーは、定格の約3.6GHz付近で作動している。

CPUの動作温度は大方60℃付近である。
従来のケースが70℃ぐらいだったことから新しいケースの冷却性能がよい。

Cpuzz1

_gpuzz1

**************************************
★メディアカードスロット(15in1)
**************************************

Sdhcspeed1

「15in1メディアスロット」のケーブルがUSB2.0端子に繋がれている。
従来のモデルと同等の速度であった。


Hppavilion550040jpct10_2


 

****************************************
B & O Play のオーディオテクノロジー・その他
****************************************

Hppavilion550040jpct20

Boplay1


Boplay41


_boplay21


Boplay31

B & O Play のオーディオテクノロジーになり多少違ったところがある。

Dropbox1


Hppavilion550040jpct11


**********************************************
HP Pavilion 550-040jp/CTを使ってみての感想
**********************************************

レビュー機HP Pavilion 550-040jp/CTは、CPU・Haswell Refreshタイプの最終モデルらしきものである。
従い、使われているBIOSも「Boot performance(Fast Startup)は1.568秒」と2秒を切るUltrabook並みの最高レベルに最適化されている。
しかも新しいケースの冷却性能も良いようである。
 

しかし、普及機なので電源は300Wであり、外付けGPU補助電源端子もない。
従って、外付けのグラフィックスカードは動作検証してあるHPのものを選ぶ必要がある。
より高度な性能を求めるのなら、電源が500WになるやはりENVYシリーズのほうがよい。

-------------------------------------------------------------
HP Pavilion 550-040jp/CTは、¥59,800(税抜)から購入できる普及版のデスクトップパソコンである。
レビュー機は「プロセッサー(CPU)」、「ストレージに512 GB SSD+1TB ハードドライブ (SATA, 7200rpm)(2nd) 」「無線LAN/Bluetooth」などをグレードアップしたものでトータル金額で高価になる。
しかし、「ワンコインアップグレードキャンペーン」などや「東京生産 GeForce GTX 750 Ti 2GB S.A.Cセットモデル」などを選ぶとそれなりにゲームなどにも対応する。

(キャンペーンは2015/08/24現在)

-------------------------------------------------------------------
パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点は、★リンク先にて!!!!!!!!!!
--------------------------------------------------------------------

http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/09/reviewsyuun-ae0.html

↓↓↓↓以上のことは、メーカー直販サイトにて再確認していただきたい。


icon icon

icon icon


icon icon


icon icon

*******************************

○筆者Syuunの目(ひとこと視点・概略仕様編)

*******************************

カスタムメイドでグレードアップするなら普及機のPavilionより、ENVYシリーズの方がお得か??

********************************

HP Pavilion 550-040jpCTレビュー(概要編)へ続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月22日 (土)

秀水會展・萩露会展「書と華のコラボレーション」を観覧

4


「書と華のコラボレーション」と題して、書道団体の秀水會(大井美津江先生 主宰)と華道団体の萩露会展(佐藤潮雲先生 主宰)の合同展覧会が開催された。
会期は、平成27年8月21日~23日、会場は前橋民文化会館大展示ホール。

秀水會は、テーマ「今・生きる」と題して、36名58点を出品。
萩露会展は、テーマ「夏 響」と題して、18名が出品している。

平面の書の展覧会に対して、立体的な華道展の組み合わせで、多少勝手の違う雰囲気でもある。

1

カメラメーカー: NIKON CORPORATION
カメラモデル: NIKON 1 J3
レンズ: 1 NIKKOR 11-27.5mm f/3.5-5.6
撮影日時: 2015-08-21 13:41:07 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 12.5mm (35mm 換算焦点距離: 33mm)
絞り値: ƒ/3.8
露出時間: 0.013 秒 (1/80)
ISO 感度: 800
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

2


14


21

カメラメーカー: OLYMPUS IMAGING CORP.
カメラモデル: E-PM2
レンズ: OLYMPUS M.14-42mm F3.5-5.6 II R
撮影日時: 2015-08-21 14:11:32 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 14mm (35mm 換算焦点距離: 28mm)
絞り値: ƒ/3.5
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 400
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
キャプション: OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

7


15

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: NEX-6
レンズ: E PZ 18-105mm F4 G OSS
撮影日時: 2015-08-21 13:59:24 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 23mm (35mm 換算焦点距離: 34mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 250
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

8

13


9


3


5


16

カメラメーカー: OLYMPUS IMAGING CORP.
カメラモデル: E-PM2
レンズ: OLYMPUS M.14-42mm F3.5-5.6 II R
撮影日時: 2015-08-21 14:00:01 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 24mm (35mm 換算焦点距離: 48mm)
絞り値: ƒ/4.3
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 500
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
キャプション: OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)


6


10


12


19

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: NEX-6
レンズ: E PZ 18-105mm F4 G OSS
撮影日時: 2015-08-21 14:02:54 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 27mm (35mm 換算焦点距離: 40mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

20

18


11

カメラメーカー: NIKON CORPORATION
カメラモデル: NIKON 1 J3
レンズ: 1 NIKKOR 11-27.5mm f/3.5-5.6
撮影日時: 2015-08-21 13:51:47 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 11mm (35mm 換算焦点距離: 29mm)
絞り値: ƒ/3.5
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 800
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

17

カメラメーカー: OLYMPUS IMAGING CORP.
カメラモデル: E-PM2
レンズ: OLYMPUS M.14-42mm F3.5-5.6 II R
撮影日時: 2015-08-21 14:00:17 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 14mm (35mm 換算焦点距離: 28mm)
絞り値: ƒ/3.5
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 640
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
キャプション: OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

23


24

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: NEX-6
レンズ: E PZ 18-105mm F4 G OSS
撮影日時: 2015-08-21 14:35:13 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 50mm (35mm 換算焦点距離: 75mm)
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.010 秒 (1/100)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月21日 (金)

第24回群馬篆刻協会展 開催される

248


平成27年8月21日より標記の「第24回群馬篆刻協会展」が前橋市民文化会館・小展示ホールで開催された。会期は、8月23日16時まで。
主催は、群馬篆刻協会・会長・計良袖石。
出品者は46名で、課題印のコーナーでは「千字文」を分刻して印材と共に展示。
その他、例年の通り「自分の名前などを刻せる、体験コーナー」もある。

241

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: NEX-6
レンズ: E PZ 18-105mm F4 G OSS
撮影日時: 2015-08-21 14:05:39 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.013 秒 (1/80)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

243


244


246


Imgd113


Imgd114


Imgd115

-------------------------------------

245


242

カメラメーカー: NIKON CORPORATION
カメラモデル: NIKON 1 J3
レンズ: 1 NIKKOR 11-27.5mm f/3.5-5.6
撮影日時: 2015-08-21 14:09:55 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 11mm (35mm 換算焦点距離: 29mm)
絞り値: ƒ/3.5
露出時間: 0.0040 秒 (1/250)
ISO 感度: 400
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

2411

カメラメーカー: OLYMPUS IMAGING CORP.
カメラモデル: E-PM2
レンズ: OLYMPUS M.14-42mm F3.5-5.6 II R
撮影日時: 2015-08-21 14:26:39 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 14mm (35mm 換算焦点距離: 28mm)
絞り値: ƒ/4.5
露出時間: 0.0080 秒 (1/125)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
キャプション: OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

247


249


2410

カメラメーカー: OLYMPUS IMAGING CORP.
カメラモデル: E-PM2
レンズ: OLYMPUS M.14-42mm F3.5-5.6 II R
撮影日時: 2015-08-21 14:49:51 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 42mm (35mm 換算焦点距離: 84mm)
絞り値: ƒ/6.3
露出時間: 0.0080 秒 (1/125)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
キャプション: OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月19日 (水)

HP Pavilion 550-040jpCTレビュー(概要編)

Hppavilion550040jpct1


*****************************************
HP Pavilion 550-040jpCTレビューの目的と概要
*****************************************

HP Pavilion 550-040jp/CTは、2015夏モデルになってスタイリッシュに一新されたケースに入った普及タイプのモデルである。
新型のケースに関しての概略は、以前に紹介しているのでそちらを参照。
今回は、その新しいケースに入った新モデルのケース性能や使い勝手を検証してみたい。

レビュー機は、インテルCore i7-4790プロセッサーというPavilionシリーズとしては分不相応なCPUを積んでいる。
これは、HP期間限定キャンペーンよるものが多くCPUやメモリー、又はグラフィックスカード、Officeソフトなどが格安で購入できるものである。
このキャンペーンを利用して、格安にお気に入りにカスタムメイドできる。

但し、このレビュー機の場合は、グラフィックスカード以外フルカスタムされたものになっている。
その他Windows10アップグレード対象製品になっている。

----------------------------------------------------
尚、今回のレビューにおける図の解説及び見解は、筆者の感想である。

※当記事は販売店からレビュー機を借用して執筆している。

--------------------------------------------------------------------
目次・HP Pavilion 550-040jp/CTのレビュー
---------------------------------------------------------------------

○概要及びレビューの目的
○主な仕様
○外観・内観等
*電源、内部部品など
○基本性能
*SSDスピードなど
○起動時間・BIOSの検証(Microsoft Assessment Console)

-------------------------------------------------------------------------
HP Pavilion 550-040jp/CTレビュー・機能・性能詳細編
-------------------------------------------------------------------------

○グラフィックカード性能
*「Valley Benchmark 1.0」

Valley Benchmark 1.0 FPS(当サイトでの参考測定結果)
**ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド(Heavensward)DirectX 9.0c・Benchmark

○OCCTによるHP Pavilion 550-040jp/CTの放熱動作
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)

○メディアカードスロット速度測定
○HP Pavilion 550-040jp/CTを使ってみての感想
○パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)

**************************************
HP Pavilion 550-040jp/CT・レビュー
**************************************


System1

Hwinfo641


**************************************
HP Pavilion 550-040jp/CTの主要な仕様
●レビュー機は東京生産カスタムメイド版。
**************************************
仕様は、平成27年8月19日現在のもので変更もありうる。
*************************************************

●OS--Windows 8.1 Update (64bit)
■CPU--インテルCore i7-4790プロセッサー(3.60GHz-4.00GHz,インテルスマート・キャッシュ8MB, 4コア/8スレッド)インテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0
(Haswell Refresh)
■マザーボード-:インテルH87 Expressチップセット
●メモリ-8GB×1(PC3-12800-1600Mhz- DDR3 SDRAM)(実機はHynix製)
■SSD- 512GB SSD(SanDisk製  SD7SB2Q-512G-1006)
●1TB(実機Seagate製 ST1000DM003-1ER162)
●ドライブ--hp  ブルーレイディスクドライブ(BDXL対応、DVDスーパーマルチドライブ機能搭載)(ウルトラスリム)
●グラフィックスカード-内蔵(インテルHDグラフィックス4600)
●カードリーダー : メディアスロット(USB2.0)
●有線LAN:10/100/1000 Mbps オンボードネットワークコネクション
●無線LAN: IEEE802.11a/b/g/n/ac + Bluetooth 4.0
■電源・300W電源 【ATX電源】
●B&O Play、HP Support assistant、リカバリマネージャー (リカバリメディア作成)、CyberLink (DVDムービー再生ソフト)
速効!HPパソコンナビ特別版
その他
*************
■日本語キーボード & 光学スクロールマウス
●縦置き : 約165×378×364mm// 約6.2kg

*********************************************************

その他の詳しい情報はこちらりPDF(HP Webサイト)を参照。

http://h50146.www5.hp.com/lib/jp/ja/products/desktops/personal/spec_pdf/pavilion550_040.pdf icon

Winscoreshare011


Winscoreshareprof1

*******************************
HP Pavilion 550-040jp/CT外観、内観
*******************************

Hppavilion550040jpct13

HP Pavilion 550-040jp/CTは、2015年夏モデルの新型ケースである。
外観は、「緻密なドットテクスチャー」と言われているエンボスのあるプラ板である。
USB3.0やカードリーダーがフロント下部にあることから、デスクトップPCを床に置くのではなく机の上に置く仕様と思われる。
そのために従来のデスクトップPCに比べて、スリムで小さくなっている。
この薄くするには5インチドライブという制約があり、スリムタイプでは縦置きにすることによって薄くしたものが多い。
しかし、HP Pavilion 550-040jp/CTは、デスクトップPCのスリムタイプの初期の様に5インチドライブが、ノート型パソコンなどで使われる「ウルトラスリム」のドライブになった。


Hppavilion550040jpct2

Hppavilion550040jpct14

Hppavilion550040jpct3


-----------------------------------
内部はドライブが小さくなり、グラフィックスカードなどがないためにかなり軽くシンプルである。
このレビュー機には、SSDとHDDが搭載されているために多少配線が多く、SATAの予備端子もふさがっている。

マザーボードを見ると外部接続用のUSB3.0端子は一つで、フロント部の3.0USB端子に接続。従って、カードリーダーはUSB2.0になっているというPavilionシリーズ特有の安価な部分がある。

Hppavilion550040jpct4_2


Hppavilion550040jpct6


Hppavilion550040jpct8


 

------------------------
*電源などの問題点
*****************

Hppavilion550040jpct5

電源は、300Wの電源になっている。
近年のパソコンは省エネになっていて、高性能グラフィックスカードも補助電源が一つになっていたりしている。
それで使われる電源は小さくなりつつある。
HP Pavilion 550-040jp/CTは、スリムタイプのドライブを使うためにより省電力である。
しかし、内部を見てみると分かるように300Wの電源からは補助のケーブルなど一切なくてカスタムメイドがかなり難しいことが推定される。

そのためにグラフィックスカードなどは、補助電源を必要としない最新の省エネモデルなどに限定される。
(2015/08/19現在、グラフィックスELSA GeForce GTX 750 Ti 2GB S.A.Cを搭載したモデルがある。)

従って、より高性能にカスタムメイドしたい場合は、HP ENVY シリーズを選択するのがよい。

Hppavilion550040jpct15

********************************************
基本性能*SSDスピード
********************************************



Sdlife1_2

Crystaldiskmark1_2


1_2


Hddspeed1_2


HP Pavilion 550-040jp/CTのカスタムメイド版のモデルでは、512GBのSSDを使っている。
近年自作パソコンでは、512GBのSSDを使うのが普通になりつつあって、このモデルもSSDに「カスタムメイド」されている。
それで、高速起動する。

Xbenchssd1_2

Txbenchhdd1_2


*******************************************************
起動時間・BIOSの検証・
Microsoft Assessment Consoleによる・BIOSの検証
Startup and Shutdown Experience・Boot performance(Fast Startup)
*******************************************************

Hppavilion550040jpct17



HP Pavilion 550-040jp/CTのコールドスタートでの起動時間は約26秒(初期状態)。

その他、起動時間は、インストールされるソフトが増えれば遅くなるために、あくまでも参考値である。

Boot performance(Fast Startup)は1.568秒又、Suspend継続時間は、2.403秒であった。

Boot performanceは、今まで計測した中で最速でありBIOSの最適化がほぼ完了した熟成した製品のように思われる。

Suspend継続時間は、2.403秒で全く問題なく快適動作であった。

Winassessmentconsole011

***************************************
参考・Boot performance(Fast Startup)
当サイトで借用した又は購入したPC・レビュー機での実測値
****************************************

ノート型パソコン(全て初期状態)

HP ENVY dv7-7200/CT・・・・4.743秒・15.3秒
(OP・インテルCore i7-3720QMプロセッサー搭載)
HP ENVY TouchSmart 15-j000・6.445秒・16.8秒
HP Pavilion g6-2200(AMD)・・4.027秒・起動25~26秒
(2GB搭載メモリー不足)
HP ENVY Ultrabook 4-1100・・2.339秒・起動11.3秒
HP ENVY 17-j000/CT・・・・4.633秒・起動12.4秒
HP 1000-1402TU・・・・・・4.960秒・起動29.8秒
HP ENVY17-j100 Leap Motion SE・・5.658秒・起動17.8~29.5秒
HP ENVY 15-j100・・・・・3.159秒・起動14.94秒
HP Pavilion 15-n200・・・・4.156秒・起動16.70秒
HP Pavilion 15-p000・・・・3.851秒・起動17.77秒
(パフォーマンスモデル・ハイブリッドHDD)
HP Pavilion 15-p000・・・・2.555秒・起動33.49秒
(エントリーモデル)
HP 15-g000・・・・5.723秒・起動35.99.秒
(冬起動)・・・通常23.46秒
HP Stream 14-z000・・・・2.510秒・10.82秒
HP OMEN 15-5000(15-5006TX)・・・・4.989秒・10秒
HP Pavilion 15-p200・・・・7.235秒・約25秒
HP 14-r229TU スタンダードモデル・・・・3.725秒・約23秒
HP Stream Mini 200-020jp ・・・・1.986秒・約22秒
HP Stream 11-d012TU ・・・・7.181秒・/1.991約24秒

デスクトップ機
HP ENVY h8-1560jp・・・・・14.79秒・起動時間22.4秒(SSD)
HP ENVY Phoenix h9-1490jp・・・11.327秒・起動時間20.3秒(SSD)
HP ENVY Phoenix 810-180jp/CT・12.074秒・起動時間18.4秒(HDD+キャッシュドライブ)
HP ENVY Phoenix 800-090jp・ ・・6.036秒・起動時間14.7秒
HP ENVY Phoenix 810-190jp/CT・・9.014秒・起動時間13.6秒(SSD)7.022秒
HP Pavilion 500-340jp/CT・・・・・3.592秒・起動時間15.42秒(HDD)4.359秒
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT・・8.678秒・起動時間10.58秒(SSD)5.822秒
HP ENVY 700-360jp/CT・・・・・・8.238秒・起動時間 未検証(SSD)4.718秒
HP ENVY 700-460jp/CT・・・・・・4.735秒・起動時間25秒(SSD)6.634秒
HP Pavilion 500-430jp/CT(AMD)・・5.757秒・起動時間22秒(HDD)5.757秒
HP ENVY Phoenix 810-380jp/CT・・7.165秒・起動時間26秒(SSD)5.995秒
HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT・・7.525秒・起動時間14秒(SSD)3.032秒


icon icon

-------------------------------------------------------------------
パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点は、★リンク先にて!!!!!!!!!!
--------------------------------------------------------------------

http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/09/reviewsyuun-ae0.html

↓↓↓↓以上のことは、メーカー直販サイトにて再確認していただきたい。


icon icon




icon icon

*******************************

○筆者Syuunの目(ひとこと視点・概略仕様編)

*******************************

電源問題だけ解決できれば、ハードに使える優れもの。

********************************


HP Pavilion 550-040jp/CTレビュー・機能・性能詳細編へ続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月17日 (月)

USB 3.0ポータブルHDD・Silicon Power・SP020TBPHDS03S3KTV

Phdd1


********************************
USB 3.0ポータブルHDDの概要
********************************

手持ちの2.5インチのHDDが多少心配になってきたので、新しいUSB 3.0ポータブルHDDを買ってみた。
この2.5インチのポータブルHDDは、元々2.5インチのHDDを作っているところが限られているので結構曰わく因縁つきのものが多い。
今使っているADATA製のAHV620-2TU3-CBKは、旧式の東芝2.5インチHDD(MQ01ABB200 [2TB 15mm])なので厚みが厚い。
最近の薄いHDD仕様を探してみたところSilicon Power・SP020TBPHDS03S3KTVに行き着いた。

Hdd21



Phdd31


Phdd4



とにかく、USB 3.0ポータブルHDDの中で一番安いと思われたSilicon Power・SP020TBPHDS03S3KTVを買ってみた。
ADATA製のAHV620-2TU3-CBKは、「PC DEPOT」でバーゲンをしていたときに買ったもので8,800円(税抜)だった。
それから随分と物価が上がって2TBのポータブルHDDは、13,000円(税込) 位するようになった。
パソコン部品で従来からあるようなものは値段が上がって、あまり安くならない。
安くなってくるのは、非常に高価だった大容量のストレージが技術の進歩で安くなると言うことぐらいである。
だから、ADATA製AHV620も買ったときより2割以上高い状態になった。
それでこのSilicon Power・SP020TBPHDS03S3KTVを買ったのは、最新の薄型でADATA製AHV620の現在の価格(12,000円弱・税込)とほとんど変わらなかったからである。

但し、これも同じPC DEPOTで買ったのであるが、こちらは店頭製品ではなく通販のみの製品。多分仕入れロットが少なく、余り売る気がない製品のようにも思える。


***************************************
Silicon Power・SP020TBPHDS03S3KTVの使用感
***************************************

Phdd2_2



製品は、薄くて持ち運びにかなり便利。
付属のケーブルもAHV620が30センチ程度なのに対して、50センチ近くある。
USB2.0とUSB3.0との識別LEDも、多少よいかなと言う部分もある。

Phdd6



接続すると、USB2.0では認識しなかったと言うよりHDDドライブが回らない。
USB3.0では全く問題なしであった。

Phdd7


Phdd8



それで中身を見てみたら「Samsung(Seagate)ST2000LM003 [2TB 9.5mm]」であった。
ST2000LM003のAmazonのレビューを見てみると「カタログスペック上で稼働時0.85A、スピンアップ時には1.0A近く」とあった。
仕様書を見るとスピンアップ時に最大1,000mAとあり、AmazonのレビューのようにUSB2.0ではセルフパワーのUSBハブを使って電源供給をしてやる必要がありそうだ。

Stream032tbinfo1_2

icon icon

シリコンパワー SP020TBPHDS03S3KTV [マットブラック] (USB3.0/USB2.0接続 ポータブルHDD 2TB) icon

それにしてもUSB 3.0ポータブルHDDよりも中身のバルク品のHDDの方が大分高価。
Benchmarkソフト「CrystalDiskMark 5」ではVer3との互換性がないので分かりにくいところである。

Stream03_2tb

Phdd5


実際の使用感は、AHV620を大分使い込んだ感じの速度で、とりあえずの問題点はなさそう。
いずれにせよ、あまり大事なものは入れておけないかもしれない。

次回のUSB 3.0ポータブルHDDは何にするのかは考え中である。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月16日 (日)

第67回毎日書道展・会員賞受賞作家揮毫会 前衛書・松本昴星 先生

6701

会員賞受賞作家揮毫会の編集も最後になった。
近代詩文書部の映像もしっかり撮ってあるので、それなりの要望があれば編集してアップロードすることはできる。
とりあえず今回は、これで終わりとする。
元々面識もない先生の動画編集なので、写真もとっていないから動画編集のコンテンツに限りがある。それで静止画像の代わりに表彰式の映像を入れてみた。
この動画を作ったあとで、DVDやBD(ブルーレイ)に書き出す編集をする。
このときに表彰式のシーンを入れてみるかと思いついたりもした。

DVDに書き出すというのは、サイバーリンクの「紹介ビデオ」で紹介している。
この再編集には、キャプションや字幕の追加とチャプターの追加など思いも寄らない部分の編集が必要である。
こういう編集というのは、ハードウェアエンコードのブルーレイレコーダーの方が実際はやりやすいかもしれない。
それでは、細かい自由な編集ができないのでPCで行う訳である。
***************************
今回の前衛書の編集では、書き上がった作品を見ることが難しい。
元々書き上げるのに時間がかからないので、編集では多少「お遊び」をしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月15日 (土)

第67回毎日書道展・会員賞受賞作家揮毫会 かな・鷹野理芳

67



会員賞受賞作家揮毫会の第二弾、かな・鷹野理芳先生です。
今回の編集に当たり、席上揮毫を見ていると飽きてしまうので不要の部分をカットして短くしました。お陰で、結構時間がかかってと言ってもたいしたことはないものの手間がかかりました。
それで、キャプションは全てテンプレートを使っての省力化です。
従来揮毫者の写真等がない場合が多いのですが、村田先生(毎日書道展会員)から写真を撮ってと言われた写真が偶然あったので入れ込んでみました。

普通こういう揮毫の写真をアップロードしても、知らない人だと全く反応がないので今回はエフェクトを2カ所入れてみました。

今回多少余っていた写真を使ってしまったので、次回の揮毫者の分がなくなりそう。
近代詩文の先生の揮毫は、以前の経験から何やら書き込みなどの要望があれば編集するとして申し出がなければアップロードしない予定。
書道芸術院展の表彰式も後半は編集していないし、群馬県展の部分はほとんどしていない状態。
そうこうしているうちに毎日書道展群馬展が始まるし、またマーチングパレードの時期になります。
このマーチングパレードの動画は、かなり評判が良くて記念になったという書き込みも多い。
反響のないような動画編集はしないと言うのがやはり心情ですかね。


icon icon




サイバーリンク公式オンラインストア


サイバーリンク Media Suite

シリコンパワー SP020TBPHDS03S3KTV [マットブラック] (USB3.0/USB2.0接続 ポータブルHDD 2TB) icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木)

松村くに子席上揮毫・第67回毎日書道展 会員賞受賞作家席上揮毫会

67


毎日書道展席上揮毫会は、国立新美術館に毎日書道展が移ってから毎年行われている。
昨年は写真がないので揮毫会に参加していないようなのだが、今年は諸般の事情で参加することにした。
実を言えば、2年前の席上揮毫会を撮影してYouTubeにアップロードしたところ、ほとんど反応なしだったので翌年は面倒になったと言うのが真相。
だから動画をYouTubeに上げるといったものの、編集を止めてしまったものが多い。

書道をやっている人は、未だにアナログの世界で実は今時メールも打てない人がほとんどである。

第67回毎日書道展 会員賞受賞作家席上揮毫会は、前期、後期と分かれて行われている。
今年は、後期の席上揮毫会に参加してみた。
席上揮毫会の参加記は、別のエントリーがあるのでそちらに譲るとして編集について述べたい。
使用しているソフトは、サイバーリンクPowerDirector13という動画編集ソフトである。
この中で動画編集を主としてするものだから、PowerDirectorの統合ソフトのDirector Suite 3を使っている。
動画編集は、元々AdobePremiereElementsという製品を使っていたのだが編集に時間がかかったり、フリーズ多発で止めてしまった。
元々AdobePremiereの簡易版という位置づけのオマケソフトのようなものだから、仕方がないという部分もある。

今回編集したPowerDirector13では、今まで使ったキャプションなどは全てテンプレート化して、省力化をしている。
この省力化によって、従来よりかなり早くできるだけでなく種々の安定化をもたらしている。
PowerDirector13になってから、書き出しがかなり早いのでストレスは少ない。

動画は、WMVで書き出していても一時期やっていたMP4と変わらなくなった。
ここで編集したものをBDやDVDに書き出すというのは、実は全く別の作業でもういっぺん編集し直すという感じになる。


サイバーリンク Media Suite

シリコンパワー SP020TBPHDS03S3KTV [マットブラック] (USB3.0/USB2.0接続 ポータブルHDD 2TB) icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月10日 (月)

CyberLink PowerDirector 13で編集する「第67回毎日書道展・表彰式」

2015


平成27年7月19日「第67回毎日書道展・表彰式」が芝のザ・プリンスパークタワー東京で開催された。
毎年表彰式の動画を撮ることにしている。
そこでいつも考えるのは、どんな機種を持っていったら良いかと言うことであった。
マルチカムというのは、混み合った表彰式会場では現実的ではないので1台は動画用、もう一台を写真用としての二台体制である。
昨年はPanasonic LUMIX DMC-G6というマイクロフォーサーズカメラであったため、静止画像も同じ記録できたがSONY製ではできない。
同じSONYでもα7であると動画の容量が大きすぎ編集し難(にく)い。
α77、α55だと長時間撮影できないなどいろいろな問題点がある。
Panasonic LUMIX DMC-GX7がカタログ落ちして安くなっているものの、マイク端子がないので購入はしない。
その点SONYは、マルチインターフェースシュー&マルチ端子なのでマイクが接続できるのが良い点。

今年は、Nikon1 J3に「AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II」を付けて撮影したが、画素数が少ないので動画上では枠が出てしまっている。
この点は次回の課題である。

***************************************
こんな風に苦労して撮影してきたのだが、パソコンに保存してただ日付のファイルに入れておくだけだとそれで終わりである。
そこで動画編集をして、YouTubeなどにアップするとようやく陽の目をみると言う具合である。
この動画編集というのも慣れないと全く手が付かないところがある。
それが最近では、CyberLinkの方でチュートリアルビデオを公開したりして割合わかりやすくなった。
小生なども長年動画編集をしていると、特定のソフトに依存しない編集をしてしまうことが多く、楽な使い方を学ばないことが多い。
それが、こういうオンラインセミナーなどを聞いてみると「目から鱗」ということもある。お陰で、少し編集がやりやすくなっている。

今回の編集では、以前に作ったキャプションテンプレートを手直しすることでかなりの省力化ができている。
それで思ったより時間がかかっていない。
別の言い方をすると難しい編集はしていない。
よく考えてみれば、余り難しいことをすると映像が汚くなってかえって見にくいことも多い。


P_dvd2

Windows 10 アップグレード応援セール実施中 icon

icon icon


サイバーリンク Media Suite

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 9日 (日)

神風特攻隊記事・空母バンカーヒルを大破させた戦果

Book1


8月になると未だに70年前の記事が出て来たりする。
2015/08/08の読売新聞地方版には、特攻隊で戦死した高崎(旧碓氷郡、八幡村)出身の小川清少尉(特進で大尉)の記事が載っていた。
端的に言うと遺品が米国から戻ってきたという記事なのだが、実は2001年の話である。
この小川清少尉と昭和隊第3小隊長の安則盛三(中尉?)は、1945年5月11日「菊水6号作戦」で沖縄侵攻中の米国の最新正式空母バンカーヒルを大破させた戦果。
これは、特攻末期の戦果としては最大級のものであった。
その戦闘状況がかなり良く分かっているので、ある意味有名なことで、実際「特攻」という700ページくらいある著書に詳しい。
この遺品は、バンカーヒル乗員の一人ロバート・ショックによって保管されたらしいことも著書にある。(日本語版p395・第23章敵空母 見ユ、その他)
実は詳細な記事も後半に掲載されている。

この新聞記事を見ると後半妙な記述がある。
この部分はあとで述べることにして概略を説明しよう。

Pc0051


時は米軍が沖縄戦でこの空母バンカーヒル、エンタープライズから攻撃隊を出撃させていた。
沖縄周辺では「海上レーダーサイト」と言ってレーダーを搭載した駆逐艦を、ぐるりと配置して日本軍機を警戒していた。
従って、米海軍を攻撃するためにはこのレーダーを持った駆逐艦を破壊しないと全く近づけない状態であった。
夜間攻撃でもレーダー搭載の夜間戦闘機が存在したために偵察機さえ近づけない状況であった。
その間この空母バンカーヒルからは、地上部隊支援のためにアベンジャー(TBF雷撃機・小型爆弾・ロケット弾・ナパーム弾を翼下に搭載)が常時発艦していた。
戦艦「大和」(1945年4月7日沈没)、「武蔵」や空母「瑞鶴」を撃沈するなどの日本艦隊に甚大な損害を与えた疫病神の雷撃機であった。
実際に戦艦「大和」への攻撃には、この空母バンカーヒルからのアベンジャー雷撃機が大挙参加している。

この戦艦「大和」への攻撃では、大和他軽巡洋艦一隻、駆逐艦四隻が撃沈され、米国側は、航空機10機、搭乗員12名だけだったという。
その後日本の「菊水1号作戦」が発令され、空母バンカーヒルに殺到するのだが40機の特攻機が撃墜されている。

***************************************
「菊水6号作戦」昭和隊第3小隊
***************************************

1945年5月11日午前6時45分頃鹿屋基地を発進。(全9小隊)
昭和隊第3小隊・指揮官・安則盛三
一番機(101)安則盛三(師範学校・満州)
三番機(33)小川清(早稲田)
二、四番機・石崎健三(立教)、篠原惟則(立教)

琉球諸島沿いを飛行し、午前8時過ぎに沖永良部島上空。
レーダーピケット駆逐艦を探して、進路を南へ。
その一方、沖縄南方の空母バンカーヒルでは、攻撃機の収納と次の沖縄攻撃準備に余念がない。
バンカーヒルの飛行甲板には、整備済みの攻撃機が所狭しと並べられていた。
その艦載機には、30口径、50口径の銃弾や爆弾、ナパーム弾が搭載され、燃料は満載。

上空には、空母群護衛の戦闘空中哨戒(CAP)の艦載機が飛行していて、特攻機と見ると撃墜したりしていた。実際沖縄付近上空で一式陸攻とそれに積まれた桜花をその日に撃墜していた。

これら攻撃機は、燃料不足のために空母バンカーヒルに帰還。
バンカーヒルでは、次の攻撃機の発艦準備中で着艦の余地が出るまで、その他の偵察機などもバンカーヒルへ着艦するために上空で旋回しながら待つと言う状況であった。

午前10時の時点でも約20機が上空を旋回中である。
その直後3機の特攻機が雲間から現れ、3時の方角から150m間隔で連なってバンカーヒルへ向かってくる。


********************************
一番機(101)安則盛三
********************************

10時2分、上空旋回中の米攻撃機(CAP)が2キロ先で急降下を続けている特攻機を発見。
米攻撃機がバンカーヒルへ警告をする間に安則盛三一番機が爆弾を投下。

投下された500Kg爆弾は、飛行甲板を貫き、第3エレベーターよりわずか後方の地点を貫通、格納庫の天井を突き破り左舷測壁に穴をあけ、バンカーヒルから6mほど離れた海上で爆発した。
爆弾の破片は、格納庫に飛散し格納庫内の航空機燃料タンクが誘発。

安則盛三の零戦52型機は、機銃掃射をしながら急降下から緩降下に移り、着艦するような体制で甲板上の航空機に激突。
混み合った飛行甲板は炎上し、安則機は飛行甲板を一掃すると共に炎上する1機のコルセア機と共に海中に落下。


******************************
三番機(33)小川清
******************************

小川機は、バンカーヒルの後方で急旋回し約70度の角度でバンカーヒルの中央に突入した。
突入の途中、左翼先端に40mm機関砲の直撃を受けかなり吹き飛んだが翼はそのままだった。激突の直前炎に包まれたが、そのまま激突。
小川機自体の激突による被害はそれほど大きくなかった。
その零戦の突入に先駆けて500kg爆弾を投下。
バンカーヒルの甲板で最も脆弱な場所、アイランドと飛行甲板の交点に投下された。
小川の爆弾は、直径15m程度、深さで言えば三階層にも及ぶ部分を破壊した。飛行甲板には巨大な穴が空いた、


********************************
その他の特攻機
********************************

小川の突入があった30分後、右舷側を高速で低空飛行している。
零戦は、バンカーヒルの飛行甲板より低い位置に向かって突進。
全艦(約10隻程度の艦)がこの零戦に向かって一斉射撃。
曳光弾が命中を示す火花を散らし、20mm機銃による攻撃で搭載の爆弾が爆発。
これはバンカーヒルにダメージを与えることなく撃墜された。

*****************************
5月14日26機の特攻機が艦隊に接近。
その内19機がCAP機(Combat air patrol・戦闘空中哨戒)に撃墜。
6機が対空砲火で撃墜されたものの富安俊助中尉の1機だけ突入に成功。
空母エンタープライズの全部エレベーター付近に突入して、甲板をねじ曲げ空母の艦載機が全て破壊されて戦線離脱。

ドキュメンタリーの「特攻」に書かれている記述によると
特攻で17隻の艦船が沈み、198隻が損傷した。そして、空母エンタープライズ、イントレピット、バンカーヒルのように損傷を受けた艦船の多くは二度と戦場に戻らなかった。

米国の戦略爆撃調査報告書では、
1945年4月6日~6月22日の78日間に、日本軍の特攻によって艦船26隻が沈み、164隻が損傷したと記録されている。
全期間を通じた被害は、空母36隻(内正規空母16隻)を含む288隻に及び、34隻が沈没した。

Pc0061


********************************
新聞記事でおかしな点は、「清さんのゼロ戦に搭載された爆弾が不発弾だった可能性が考えられる。」という部分。

史実としては、「特攻」で述べられているとおり500kg爆弾は不発弾ではなく大穴を開けている。

どうも特攻機というのは、爆弾を積んだまま空母などに突撃するとでも思っているのだろうか。
信管の先端には風車が取り付けられていて、爆弾が投下されるとこの風車が風圧を受けて回転し、安全装置が解除される仕組み」と調べると書かれている。

従って、爆弾は投下されないと不発弾になる可能性が高い。

そもそも特攻機は撃墜される可能性がある、しかし投下された爆弾を撃墜すると言うことはあり得ない。
小川清機は、爆弾を投下後に突っ込んだのであって、激突死はしているもののバラバラに吹き飛んでいるわけではない。

記事を書く人も少しは、当時の武器の性能ぐらい知ってほしいものである。
そして、特攻は実はかなり戦果を上げていて海軍とすれは戦艦大和一隻の乗員より多い程度の犠牲者だった。
世の中で思われている「特攻攻撃は戦果があがらなかった」という常識とは随分と違うものである。


Pc0041


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 7日 (金)

第53回妙墨会書展を観覧

Myoboku201513


妙墨会書展は、8月に展覧会をしていて第52回展は8月1日からだったが、2015年は8月7日から高崎シティギャラリー(第1展示室)で開催されている。
会期は、平成27年8月7日~8月10日まで。
主催は、妙墨会、
会長・鈴木龍峰先生(毎日書道展審査会員・(一社)群馬県書道協会・業務執行理事)。

出品者は、約130名130点余の作品が展示されている。
妙墨会は、師・徳野大空(安中市出身)の門下生により「古典に立脚した現代書の創造」を掲げ、昭和25年に創立されたとある。
また、妙墨会は毎日書道展系の玄潮会と関係がある。

Myoboku20152


Myoboku20158


Myoboku20157


Myoboku20156


Myoboku201518


Myoboku201519


Myoboku201521

カメラメーカー: Canon
カメラモデル: Canon EOS M2
レンズ: EF-M22mm f/2 STM
撮影日時: 2015-08-07 11:23:43 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 22mm
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Myoboku201511

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: ILCE-7
レンズ: FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
撮影日時: 2015-08-07 11:29:26 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 30mm (35mm 換算焦点距離: 30mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Myoboku20151

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: ILCE-7
レンズ: FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
撮影日時: 2015-08-07 11:15:52 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 28mm (35mm 換算焦点距離: 28mm)
絞り値: ƒ/4.5
露出時間: 0.013 秒 (1/80)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Myoboku20155


Myoboku20153



Myoboku201516


Myoboku201510


Myoboku20154


Myoboku20159


Myoboku201517


Myoboku201515


Myoboku201514


Myoboku201520

カメラメーカー: Canon
カメラモデル: Canon EOS M2
レンズ: EF-M22mm f/2 STM
撮影日時: 2015-08-07 11:23:29 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 22mm
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 6日 (木)

Intel第6世代Core CPU「Skylake-S」発売でPCどうなる

Pc20151


先のエントリーで、2015年の夏に組む自作パソコン計画について書くと述べていた。
例年は5月頃に新型のCPUが発売され、それに伴って新しい機能が備わったマザーボードが発売された。
そのCPUとマザーボードの価格が落ち着いてくるのが8月に入ってからと言う理由があった。
しかし昨年2014年は、自作パソコンの組み替えはしたもののパソコンは作っていない。
これは筆者だけというわけではなく、PCライターという人でさえ組まなかったという記事があった。それで、PCケースや電源その他が余ってしまっていると言うのが現状である。
それでも今年はWindows10が出たので、余っている部品やOSを使って一つ組んでみようかと思い1年分の雑誌をめくってみた。
ここで驚くべきことは、この1年間自作PCの世界では時間が止まってしまったようなものである。
それは半年前の雑誌記事なら今でも通用するような自作パソコンの構成例を示しているからである。しかも今同じ構成でパソコンを組むと今では割高という落ちが付く。

2015年6月に発売されたCPU・Broadwellも内蔵グラフィックス(Iris Pro Graphics 6200)の強化が中心で、CPU自体としての魅力は少なかったりする。
それで何回か買ったことがあるソフマップのCPUとマザーボードのお買い得セットと言うものが今年は出ていなかった。
その一方でツクモの「CPUとマザーボード」のセットでは、8月はじめで昨年の在庫処分を思わせるものであった。
ASUSでは、中心が未だにZ97 PROというそろそろ見かけなくなってきた1年前のマザーボードであり、GIGABYTEでは、GA-Z97X-UD3Hであった。

**************************************
それがSkylake-Sの「Core i7-6700K」と「Core i5-6600K」が8月5日に発売されて、以後当然のように全部消えてしまった。

Skylake-SはLGA1151というソケットになったものの、メモリはDDR4-2133とDDR3L-1600の2規格であり、CPUクーラーを固定するための穴の位置はLGA1150と同じなので手持ちの部品も流用できる。

こんな訳でHaswell RefreshからBroadwellまでのCPUやマザーボードが大幅に下がれば多少考えようもある。

Pcbuhin2


*********************************
メーカー製のBTOパソコンはどうか
**********************************


第6世代Core CPU搭載PCは、BTOパソコンを中心にするメーカーがいち早く発売している。
これはOSをWindows10にしたものも同様である。

発売元は、
「サイコム」の「Radiant GZ2500Z170」、「G-Master Spear Z170」など。


Radiant GZ2500Z170

サイコムは自作代行と言うべきメーカーで、市販のPCケースその他を使うので届いたPCは自作したと言っても見分けが付かない。

TSUKUMO(ツクモ)は、「G-GEAR GA7J-H63/ZT」など。

ツクモの製品は、ASUSのマザーボードを選べたりするBTOメーカーとしてはマザーボード(ATXマザーボード)を選択できたりするところ。
PCケースは一見CoolerMasterのCM 690を思わせるが、電源が上部に有りツクモオリジナル。

Skylake搭載限定モデル G-GEAR GA7J-H63/ZT

 

ドスパラは、「GALLERIA ZI」、「Monarch LD-K」、「Raytrek-V XK」など

ドスパラは、お馴染みのゲーミングで有名なメーカーでマザーボード(ATXマザーボード)は、ASRockが中心。
マザーボードの仕様が選べないのは、マウスコンピューターやユニットコムと同じ。
自作経験者でもこれだけは欲しいという部分を網羅していて、自作機並な豪華仕様。
基本的にATXマザーボードを使っている。

マウスコンピューターは、「MDV-GZ7700B」、「MDV-GZ7700X-SH」、「NEXTGEAR i650GA1」、「NEXTGEAR i650PA1」、「NEXTGEAR i650PA1-SP」など

NEXTGEAR i650 シリーズ (Z170/デスクトップPC) icon

マウスコンピューターは、オリジナルのケースでマザーボードは、MSIのOEMなどを使うことが多かったが機種によって不明。
G-Tune(ゲームPC)のNEXTGEARとビジネス系のPCでは傾向が違い、割合と安定志向のPCが多い。

Level∞(レベル インフィニティ・ユニットコム)は、「Lev-R017-LCi7K-XMV」、「Lev-R017-i7K-TM」、「Lev-R017-i5K-RM」など。

Lev-R007-i7-TM [Windows 8.1 Update] icon

パソコン工房のPCは今iiyamaブランドになっていて、ゲーミングPCがLEVEL∞シリーズ。
レベル インフィニティというのは、PCケースを市販品OEMのものを使っていてわかりやすいのと、元々がパソコン工房なのでドスパラ的にBTOの範囲が広い。
自作代行の「サイコム」の様にはならないもののある程度選択余地がある。
マウスコンピューターと大きな違いは、送料が2,000円(税別)でマウスより1,000円安い。


*********************************************
HP・デル・NEC・富士通・・・・などはどうか
*********************************************

現状Windows10のパソコンも出ていないため、9月~10月の秋モデルでWindows10にようやくなると言うところであろう。
Web状だと、多少の仕様変更は出来る場合がある。
しかし、純粋のBTOメーカーではないのでマザーボードやCPUがなかなか切り替わらないと言うのが普通。
近年ノート型パソコンが中心になっていて、デスクトップ機の場合小型のためにマザーボードはマイクロATXマザーボードのことが多い。

これから秋にかけて、Windows7搭載のパソコンは多少併売されるとは思うものの、Windows8.1搭載のPCはどれだけ残るかどうか分からない。
Windows10は、Windows8.1の延長線上にあるので廃番予測で夏モデルはかなり安くなるのではないかと思っている。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 2日 (日)

Windows10記念・PCメンテナンスでHDD増設

Maintenance20153


*******************************
メンテナンスの目的
*******************************

ASUS Z87-PROのマザーボードを使った自作PCを組み直して半年。
そろそろメンテナンスの時期になった。
今回の目的は、データーを集約したために3TBのHDDの容量が足りなくなったことから、HDDの増設。
テスト用に載せておいた「グラフィックカードGIGABYTE Geforce GTX660 2GB PCI-E GV-N660OC-2GD/A」を予備のGeforce GTX560へ換装すること。
グラフィックカードなどは、大した負荷をかけなくとも寿命があって、みすみす大して使いもしないグラフィックカードを消費してしまう。
それで使っていない古いグラフィックカードに置き換えてしまうことにした。
ドライバーは、Geforce系なのでそのまま使えると言うのがミソ。

もう一つの自作PC「GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3」で組んだものは、グラフィックカードがへたってきたのではないかという疑惑があり、次回に手持ちの7770と換装予定。
その次は、HDDをクローンして換装ということも考えている。

Maintenance20152



Maintenance20151


********************************************************
WESTERN DIGITAL WD50EZRX [5TB SATA600]を買う
********************************************************

Windows10が公開されて、アップデートしたという報告も多い。
今使っているPCは、Windows8.1pro、Windows8.1、Windows7proが二台という体制。
このうちのWindows8.1が入っているのがHPのノート型パソコンで、この暑い夏ではかなり熱くなっている。
アルミの放熱板の上に載せているとはいえ、毎日使っていると相当に傷みが早い。
従い早々と自作のデスクトップ機に置き換えてやらないと心配である。
それとは関係なく上述の目的のためにPC用WESTERN DIGITAL WD50EZRX [5TB SATA600]を買った。
近くのPC DEPOTで買ったから、ネットで買うより500円ほど高い。それでも20,000円で少しおつりが来た。

Hdd20151


Hdd20152



近年自作パソコンという分野が消滅しそうになっていて、車で行けるところにあるパソコン工房の店は撤退。PC DEPOTでも一時期より部品が減った。
秋葉のPCショップも同じようだからPC DEPOTだけの話ではない。

例年夏になるとPCを一台組み立てる。
昨年は消費税アップとめぼしい性能アップがになかったために、前年に作りかけて放置してあったPCを実用化した。
これは、元々メインで使っていたPCが駄目になったという理由でもある。
実はそうなる前にHDDをクローン化して交換すれば良かったと思うが後の祭りである。

この買った増設用5TBのHDD。
3TBのHDD二台の方が安全性と価格面でもお得とはいえ、単に5TBを買ってみただけ。

自作パソコンを作ると言っても、従来のようにある程度上位のマザーボードやCPUを使うとそれだけで楽々10万を超してしまう。
円安なのでこういう部品はかなり高くなった。
それで自作PCで買ったマザーボードをどの様に活用したかと言えば、CPUのオーバークロックの実験では余り効果はなかったし、「NVIDIA SLI、AMD CrossFireX」を行おうと思ったが、同種の2枚のビデオカードが買えなかった。
少し前のPCでは、電源やCPUクーラーをケチったのでNVIDIA SLIを作動させる基本性能が足りなかったりすることもあった。

その一方、今使ってこの記事を書いている自作PCには、必要でもないのにGeForce GTX 660 というビデオカードが載っていたりする。(今回換装)
これは全てパソコンの記事を書くための実験用だとはいえ、オーバースペック。
しかし、結構ハードに使っても壊れにくいという利点は大いにある。
AcerのPCはHDDもビデオカードも壊れないのに、どこかが壊れて4年も持たないし、
古いタイプのHDDは寿命が短い。

次回の新PCには、CPU、マザーボード、SSDなどを買えばその他の部品は全て揃っている。その話は次回。

Pcbuhin1


*******************************************
ASUS Z87-PROのPC Maintenanceメンテナンス
*******************************************

追加のWD50EZRXを取り付けることによって、SSDとHDDなどの位置やケーブルなどを全て見直した。
元々SSDだけで組んで、あとから「TOSHIBA DT01ACA300(3GB)」を取り付けているのでそのときに都合通いところに取り付けてあった。
しかし、それでは3個のストレージに電源が回せなかったし、元々ケースのCoolerMaster・CM Storm Scout 2 Gun Metalは多少薄手で配線の制約がある。

Maintenance20154


結果としては、結構すっきりとした配線になった。

Western1


Hdd20151_2


Toshuba30t20151


Maintenance20155



そして、起動してHDDを認識させて次にビデオカードの換装(GeForce GTX 660--560)。
古いGeForce GTX 560は、電源ケーブルの追加となり最新のモデルとは違いかなり電気を食う感じがある。
しかし、形状はショートなので多少すっきりとした。

Maintenance20156


Maintenance20157


Maintenance20158

Gtx560



これもPCを起動させて、確認して完了。

こんなふうにして、今までの作りかけのPCを多少手直しして使って行くのが自作PCの長持ちさせる秘訣でもある。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 1日 (土)

サイバーリンク・Windows 10 アップグレード応援セール実施

P_dvd2

Windows 10 アップグレード応援セール実施中 icon


------------------------------------------------------------

サイバーリンクでは、最新のPowerDVD 15をはじめとして5種類のソフトの割引セールをしている。
最新のPowerDVD 15は、レビュー記事で紹介したとおり単に映像の再生だけでなく、「オーディオ CD から音楽をAAC(.M4A)、MP3 、FLAC 形式に変換保存取り込み、ハイレゾ音源の再生機能」に対応したものである。
従って、FLAC 形式に変換保存、再生ソフトとしても注目製品であった。

それで安くなっている統合ソフトのMeia Suite 12(最終セール)では、 PowerDVD 14 となり全て最新バージョンの一つ前のものである。

PowerDirector13は、通常の販売サイクルによれば秋にはPowerDirector14が発売それる予定でそろそろ最終になる。
筆者が所有しているその統合ソフトがDirector Suite3であり、写真編集ソフトがPhotoDirector6である。
(詳細は、Director Suite 3 (ディレクタースイート 3)を買った)
http://syuun.way-nifty.com/blog/2015/02/director-suite-.html

サイバーリンクでは、PowerDirector13とPhotoDirector6では、チュートリアルブックを配布しているので本などを買う必要がない。

icon icon


icon icon

詳細は、以下のリンクへ--------------------------------------------

サイバーリンク・サマーセールで最大30%OFF icon



写真編集ソフトとしては、Adobeが有名でAdobe Photoshop Lightroomなどがある。
しかし、パッケージ版の「Lightroom6」があるとはいえ、Lightroom CCというサブスクリプション(期間契約)製品になっていてかなり使いにくくなっている。


サイバーリンク公式オンラインストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »