« HP Pavilion 15-ab000 パフォーマンスモデル レビュー(仕様編) | トップページ | HP Pavilion 15-ab000 パフォーマンスモデル レビュー(機能・性能編) »

2015年9月 3日 (木)

Intel SSD破損でIntel SSD 330をCrucial CT250MX200SSD1に

Pcssdout1

*************************************************
マザーボード「ASUS P8Z77-V」で組み立てたPC起動せず
*************************************************

2012年夏に組み立てた自作パソコンが突然ポスト画面になり、BIOSから勧めなくなった。
要するに「OSがない状態」。

このマザーボード「ASUS P8Z77-V」で組み立てたPCは、3年経っているとはいえ余り使っていなかった。
Windows10のアップデートのアイコンが出なかったので、7月頃から頻繁に起動させ最近では作業マシンとして使っていた。
データー用として、Seagate ST2000DM001が繋いであるからデーターの実損はない。

こういう故障はどんな場合でも、壊れる前に何かしらの予兆がある。
それは2015年5-6月頃にWindowsが立ち上がって起動したのに、デスクトップが真っ暗という事態が何回か発生した。
これは再起動させると直る場合が多く、何故だろうという疑問があった。
「グラフィックカードELSA GLADIAC GTX 560 Ti mini」の故障の疑いを抱くが、これが故障するには早すぎる。
それでその後にCyberLink PowerDVD 13をバージョンアップのパッチを当てたら、この現象はなくなった。

その後も何か不自然なことが発生したが、原因は分からず。
それが8月になると何も操作していないのに、PCが認識したことをしめすウェーブ音「ボコ」が連発していた。
これは何かなぁ!!と思っていたのだが、最終的に起動しなくなった。

構成は、以下の通り

*************************************************************
●OS--Windows7  Pro 64ビット
●CPU--Intel Core i7-3770K
■ASUS P8Z77-V
●メモリ-8GB (4GB×2) W3U1600HQ-4G (PC3-12800-4GBx2)
●HDD/SSD-
★Intel SSD 330 Series SSDSC2CT120A3K5 RESELLER BOX品×2
RAID(Redundant Array of Inexpensive Disks) 0-ストライピング
★データー用・Seagate ST2000DM001  (2TB/SATA)
●CPUクーラーZALMAN CNPS10X Optima+Arctic Cooling 絶縁タイプ熱伝導グリース
●ドライブ--SonyOptiarc DVD-RAM/±R(1層/2層)/±RW対応 SATA接続 5inchベイ DVDドライブ AD-7280S+S
●グラフィックカード-ELSA GLADIAC GTX 560 Ti mini
●電源--ZALMAN ZM500-GT 500W80PLUS認証取得電源
●PCケース・ZALMAN Z9 U3
●その他、追加ケースファン、CoolerMaster 3.5インチベイUSB3.0アダプター RA-USB-3035-JP (USB3.0 Adapter)、マザーボード用スピーカー
●プラネックス製USB3.0PCI Expressボード「PL-US3IF02PE」
(ルネサス エレクトロニクス(NEC)製 μPD720200)

Pcssdout7


Pcssdout6


*********************************************************

****************************************************
起動しない原因を調べる
****************************************************

表題に「Intel SSD 330」破損と書いてしまっているので興ざめだが、経緯を紹介する。


Pcssdout8


Pcssdout9


マザーボードがおかしいときの原因を確かめるために「マザーボード用スピーカー」を付けていたので、起動時に「ピッ」と起動して正常にBIOSが出ていたので問題はなさそう。

OSを認識しないからと、SSDを接続しているシリアルケーブルが破損と言うこともほとんどない。
しかし、一応交換しても変化なし。

それでやはりRAID0設定してあるIntel SSD 330が原因とほぼ断定して、SSDを確かめる。

こんな時のために買っていたわけではないが、HDD、SSDをUSB接続のするためのケーブルが買ってあった。
これで一つのSSDを他のパソコンに繋いでみると、認識するとともに「フォーマットしますか」という表示が出て正常。
もう一つのSSDは、「ボコ」という認識音を繰り返して結局認識しなかった。

これで機器認識のウェーブ音を繰り返していた原因がわかった。
RAID0設定してあったので、今まで何とか動いていたと言うのが感想である。


Pcssdout10



Pcssdout3


Ssd_crucialmx2004


****************************************************
ASUS P8Z77-Vの復帰とOSの選択
****************************************************

取りあえずHDDを買って間に合わせようと思ったものの、3TBを起動ディスクにするというのも今時流行っていない。
それゆえAmazonで「Crucial CT250MX200SSD1」(3年保証)を購入した。
本当は500GBのほうが長持ち+安定性でよかったのだが、急な出費だったので250GBで我慢した。
実際使ってみたところでは、今まで250GBでも支障はなくデーターはHDDに保存しておけば良い感じがある。
又、OSはWindows8.1か10にしようと思ったところ、ASUS P8Z77-VのBIOSが更新されないのと既にドライバーはWindows7の頃のものである。
OS Windows7の頃のUSB3.0は、Windows8.1と違うドライバーで動いているのでUSB3.0が使えなくなる。
そんなわけで、いままでのWindows7にすることにした。
SSDなら、起動はWindows8.1と余り変わらない感覚である。

換装は次回で・・・・


Ssd_crucialmx2003


Ssd_crucialmx2002


|

« HP Pavilion 15-ab000 パフォーマンスモデル レビュー(仕様編) | トップページ | HP Pavilion 15-ab000 パフォーマンスモデル レビュー(機能・性能編) »

06.自作パソコンを作る・問題点を探る?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Intel SSD破損でIntel SSD 330をCrucial CT250MX200SSD1に:

« HP Pavilion 15-ab000 パフォーマンスモデル レビュー(仕様編) | トップページ | HP Pavilion 15-ab000 パフォーマンスモデル レビュー(機能・性能編) »