« 木村東舟先生 席上揮毫をPowerDirectorで編集 | トップページ | 4月になるといろいろと騒がしくなる。 »

2016年4月 9日 (土)

大川清子展(第18回群馬書道大賞受賞記念)を観覧

13

平成28年4月7日~18日まで、安中市松井田町の妙義山麓美術館で標記の展覧会が開催されている。
大川先生は毎日書道展審査会員で、あきつ会(監事・運営理事)所属のかな作家である。
今回は「妙義山麓美術館」で開催されることにちなんでの「妙義、榛名」の作品、他27点が展示されている。
作品個々については、かな書道特有の料紙の紙質、デザインその他など、額のアクリルガラス越しの作品では分からないことが聞けて有意義であった。

2

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2016-04-07 12:53:49 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 10.9mm (35mm 換算焦点距離: 24mm)
絞り値: ƒ/2.0
露出時間: 0.0080 秒 (1/125)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

1


3

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2016-04-07 13:15:25 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 10.9mm (35mm 換算焦点距離: 24mm)
絞り値: ƒ/1.7
露出時間: 0.0080 秒 (1/125)
ISO 感度: 200
露出補正値: +0.33 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
光源: フラッシュ
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

4


19


10


11


8


9


17


12

メラメーカー: NIKON CORPORATION
カメラモデル: NIKON 1 J5
レンズ: 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM
撮影日時: 2016-04-07 13:39:14 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 10mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/3.5
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 1100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

18_2

カメラメーカー: NIKON CORPORATION
カメラモデル: NIKON 1 J5
レンズ: 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM
撮影日時: 2016-04-07 13:39:45 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 10mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/3.5
露出時間: 0.0080 秒 (1/125)
ISO 感度: 720
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

6


5


7

***********************
例年のこの時期、不思議なことに毎年雨である。今年は、高速・上信越道沿線の桜が満開で山間部との気温差を感じるものであった。
上信越道は、山間道路でかなり急勾配である。運転が難しいということでもないのだが雨だったので、女房殿の小型のFF車を借りていった。
安定性は抜群だったが、車のパワーがなくて坂道は思ったより道路状況に合わなかった。

今回使ったカメラは、PanasonicLX100+DMW-FL360L。
Panasonicのカメラは、暗所になると突然豹変するような傾向がある。GX1やG6でも室内やストロボを使う環境になると何となくボロが見える。
Programでストロボ同調させたら、F値が開放の1.7や2.0になってピンぼけ連発。
ストロボが効いているのだから、F4ぐらいになれば良いがそうならない。
こういう特性をうっかりしていると忘れるので、中々難しいというところである。

こういうミスは、NikonやSONYでは絶対に起こさないからPanasonicのカメラはまだまだ発展途上とはがっかりした。
失敗できないときはPanasonicやOLYMPUSは絶対使わない上、その場合でも予備のカメラを持って行くので実は失敗はない。

14


15

カメラメーカー: NIKON CORPORATION
カメラモデル: NIKON 1 J5
レンズ: 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM
撮影日時: 2016-04-07 14:13:09 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 23.1mm (35mm 換算焦点距離: 62mm)
絞り値: ƒ/5.0
露出時間: 0.0025 秒 (1/400)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

16

------------------------------------------

詳細はこちらを参照 icon

Photo




サイバーリンク Media Suite

サイバーリンク公式オンラインストア

|

« 木村東舟先生 席上揮毫をPowerDirectorで編集 | トップページ | 4月になるといろいろと騒がしくなる。 »

保存用美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大川清子展(第18回群馬書道大賞受賞記念)を観覧:

« 木村東舟先生 席上揮毫をPowerDirectorで編集 | トップページ | 4月になるといろいろと騒がしくなる。 »