« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

平成28年度一社・群馬県書道協会通常総会・顕彰祝賀会をLUMIX LX100で撮る

28soukai1


平成28年4月29日例年開催される「一社・群馬県書道協会通常総会・顕彰祝賀会」が14時から群馬県農協ビルで開催された。
一社・群馬県書道協会も一般社団法人になってから、会計報告が難解になって説明などで2時間ほどかかる総会になっている。その後17時から顕彰祝賀会なのだがこの頃には疲れ切ってしまうのである。

28soukai6

カメラメーカー: NIKON CORPORATION
カメラモデル: NIKON 1 J5
レンズ: 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM
撮影日時: 2016-04-29 17:03:10 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 21mm (35mm 換算焦点距離: 56mm)
絞り値: ƒ/4.8
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 800
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

この顕彰祝賀会も宴会料理は、お弁当の具をテーブルに並べたタイプのものなので、冷たくて真冬には勘弁してというもの。
今回は、この群馬県書道協会通常総会・顕彰祝賀会の説明ではなく、Panasonic LUMIX LX100や比較のための持っていったカメラについてである。

28soukai2

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2016-04-29 14:34:58 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 34mm (35mm 換算焦点距離: 75mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.0080 秒 (1/125)
ISO 感度: 500
露出補正値: +0.66 EV
測光方式: マトリックス
露出: 絞り優先 (セミオート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

28soukai3


28soukai4

カメラメーカー: Sony
カメラモデル: 501SO
撮影日時: 2016-04-29 14:39:06 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 4.23mm
デジタルズーム: 1.620x
絞り値: ƒ/2.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 43
露出補正値: なし
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

28soukai5

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2016-04-29 16:05:29 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 34mm (35mm 換算焦点距離: 75mm)
絞り値: ƒ/2.8
露出時間: 0.0080 秒 (1/125)
ISO 感度: 250
露出補正値: +1.00 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

*****************************
Panasonic LUMIX LX100を使って見る。
*****************************

28soukai7

カメラメーカー: NIKON CORPORATION
カメラモデル: NIKON 1 J5
レンズ: 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8
撮影日時: 2016-04-29 17:04:18 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18.5mm (35mm 換算焦点距離: 49mm)
絞り値: ƒ/1.8
露出時間: 0.0040 秒 (1/250)
ISO 感度: 720
露出補正値: +0.67 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

デジタルカメラを買って、調べるのは「プログラムオート(P又はAの印)」でどのくらいよく撮れるかである。
作品制作として、撮影者の意図を反映させるという時間の掛かった撮影は取りあえず置くとして、「何も考えずに」シャッターを切ってどれだけ意図とした「絵」が撮れるかである。
それで色々とテストしていて、「P」のプログラムオートでもそこそこ撮れるというのはカメラの種類による個体差はあるものの大体見当が付いている。
それは、SONY、Nikon、Canonのミラーレスカメラでコニカミノルタを継承したSONYを含めて昔からデジタル一眼レフを作っているメーカーである。

その一方のものはPENTAX、OLYMPUS、Panasonicである。
●PENTAXというのは、HOYA傘下、RICOH傘下になったりした時に多少仕様が変わったり、時々のレンズによって「プログラムオート」の仕様が変わったりして統一性がない。
それで今のRICOH傘下では、RICOH GRの様な仕様になって癖をつかむのに苦労すると考えている。
●OLYMPUSは、実のところ1台しか持っていないので何とも言えないが、使い易いとは言えない。
●Panasonicは、今回のコンデジのLUMIX LX100である。
このLXシリーズは、LX5、LX7ときて、LX100の3台になっている。その他はGX1、G6である。
結論を言うと、LUMIXのミラーレスはさっぱりよく分からないという感じ。
コンデジのLX100に至っては、マニュアル露出が一番よいという妙な結果になった。


28soukai8

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2016-04-29 17:09:06 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 34mm (35mm 換算焦点距離: 75mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.010 秒 (1/100)
ISO 感度: 1600
露出補正値: +0.33 EV
測光方式: マトリックス
露出: 絞り優先 (セミオート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

28soukai9

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2016-04-29 17:13:11 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 34mm (35mm 換算焦点距離: 75mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.013 秒 (1/80)
ISO 感度: 1600
露出補正値: +0.33 EV
測光方式: マトリックス
露出: 絞り優先 (セミオート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

28soukai10


28soukai11

カメラメーカー: NIKON CORPORATION
カメラモデル: NIKON 1 J5
レンズ: 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM
撮影日時: 2016-04-29 17:21:33 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 30mm (35mm 換算焦点距離: 81mm)
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 1600
露出補正値: +0.33 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

28soukai12

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2016-04-29 17:34:29 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 34mm (35mm 換算焦点距離: 75mm)
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.067 秒 (1/15)
ISO 感度: 500
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: マニュアル
露出モード: マニュアル

ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

28soukai13

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2016-04-29 17:36:01 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 34mm (35mm 換算焦点距離: 75mm)
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.100 秒 (1/10)
ISO 感度: 250
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: マニュアル
露出モード: マニュアル

ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

28soukai14

カメラメーカー: NIKON CORPORATION
カメラモデル: NIKON 1 J5
レンズ: 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM
撮影日時: 2016-04-29 17:37:54 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 19.7mm (35mm 換算焦点距離: 53mm)
絞り値: ƒ/4.5
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 900
露出補正値: +0.33 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)



詳細リンクはこちらを参照 icon


2015gw

20162gw


パソコン工房

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月25日 (月)

HP EliteBook 725 G3 Notebook PC レビュー

Elitebook_725_g312


***************************************
HP EliteBook 725 G3 Notebook PC のレビュー概要と目的
***************************************

HP EliteBook 725 G3 Notebook PC は、法人(個人事業主)向けのノート型パソコンである。個人事業主であれば購入できるが、個人では購入できない。
法人用のノート型パソコンは、廉価版が多く個人向けのパソコンに比べて性能やインターフェース等など見劣りして使いにくいと言う場合が多い。
そういう従来からの概念を払拭したのが、今回レビューをするHP EliteBook 725 G3である。
従い、個人向けのノート型パソコンとはかなり違った趣や、モバイル向けPCなのに外部インターフェースが充実していたりする。

----------------------------------------------------
尚、今回のレビューにおける図の解説及び見解は、筆者の感想である。

※当記事は販売店からレビュー機を借用して執筆している。

--------------------------------------------------------------------
目次・のレビューHP EliteBook 725 G3 Notebook PC
(HP EliteBook 725 G3 A8 256GB Windows 10 Homeモデル)
---------------------------------------------------------------------

○概要及びレビューの目的
○主な仕様
メモリ仕様など
○外観・内観等
○基本性能
*WIN SCORE SHAREによるスコア
*SSD HDDスピード
○メディアカードスロット速度測定

Elitebook_725_g31



○グラフィックカード性能(AMD Radeon R6 グラフィックス)
*ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド(Heavensward)DirectX 9.0c・Benchmark
○HP EliteBook 725 G3 Notebook PCを使ってみての感想
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)

******************************************
HP EliteBook 725 G3 Notebook PCレビュー
******************************************

System

Hwinfo64

**************************************
HP EliteBook 725 G3 Notebook PC の主要な仕様

 

HP EliteBook 725 G3 A8 256GB Windows 10 Home
**************************************
仕様は、平成28年4月17日現在のもので変更もありうる。
*************************************************


■OS;Windows 10 home(64bit)(Threshold1・build 10240)
■AMD A8 Pro-8600B  APU(An Accelerated Processing Unit)
(10論理コア (4 CPU + 6 GPU)、2MBキャッシュ、1.6-3.0GH
■グラフィックスの仕様AMD  Radeon R6 グラフィックス 
■Intel 8084
■ 12.5インチワイド(16:9)HD(1366×768ドット)TFTカラー(最大1677万色)、LEDバック
■アナログRGB ミニD-sub15ピン:最大1920×1200 最大1677万色、60Hzリフレッシュレート
DisplayPort :最大4096×2160 最大1677万色、60Hzリフレッシュレー
■4GB(4GB×1)SO-DIMM DDR3L-1600 PC3L-12800、最大16G (Samsung)
■256GB M.2 2280 SSD(SATA III)(実機はSanDisk SD75N65)
■Bang & Olufsen 内蔵ステレオスピーカー、DTS Studio Sound(ノイズキャンセル機能搭載)、内蔵マイク)
■インテルDual Band Wireless-AC 7265 802.11 a/b/g/n/ac + Bluetooth 4.0(アンテナ数:送信2、受信2)(Wi-Fi準拠、CCX準拠)
■USB3.0ポート×1、USB3.0ポート(パワーオフUSB充電対応)×1、USB Type-C x1、DisplayPort ×1、
外部ディスプレイポート(アナログRGB ミニD-sub15ピン×1)、コンボステレオヘッドフォン/マイクジャック x 1、ネットワークポート(RJ45)×1、拡張コネクター×
■スマートカードリーダー(PC/SC 2.0、ISO 7816準拠)、メディアカードリーダー×1(SD/SDHC/SDXC対応)
■バッテリ・最大約 8時間 30分
■約310×219×18.9mm  1.26kg
■HP45WスマートACアダプター(動作電圧90-265 VAC、動作周波数:50-60 Hz・185g)
■リチウムイオンバッテリ(3セル、44WHr、高耐久性)
■Windows 10用リカバリメディア(OS DVD、ドライバDVD)、Windows 7 Professional 32bit用 OS DVD、Windows 7 Professional 64bit用 OS  DVD、Windows 7 Professional (32bit/64bit)共通ドライバDV
■1年間保証 (引き取り修理サービス、パーツ保証)、電話サポート(1年間)

*****************************************
詳細は以下HPのPDFへ

http://h50146.www5.hp.com/lib/jp/ja/products/portables/specs/725g3_bto.pdf

参考
HP Pavilion 15-p200 レビュー(仕様編・)
http://syuun.way-nifty.com/blog/2015/04/hp-pavilion-15-.html
http://syuun.way-nifty.com/blog/2015/04/hp-pavilion-1-1.html

「HP Pavilion 15-p000実機レビュー・高性能に変身したスタンダードノートPC 」
http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/09/hp-pavilion-15-.html
「HP Pavilion 15-p000(エントリーモデル)レビュー」
http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/12/hp-pavilion-15-.html
http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/12/hp-pavilion-1-1.html

**************************************
HP EliteBook 725 G3 Notebook PC の外観
**************************************

Elitebook_725_g310


Elitebook_725_g34


Elitebook_725_g35


Elitebook_725_g36


Elitebook_725_g311

HP EliteBook 725 G3 Notebook PC の外観は、シルバーの薄型でいかにもモバイルパソコンを思わせる。
個人向けのpavilionやENVYとは違い、底面は一体成形ではなくサービス性をよくするためにEliteBook特有の底面パネルが簡単に外せそうだが現状分からない。
キーボードは、従来型の浮き石型だが防滴でしかも「トラックポイント」が付いていて作業性が良い。

Elitebook_725_g39


Elitebook_725_g316


Elitebook_725_g317


Elitebook_725_g318


「ACケーブルは日本専用のアース線のない2ピン形状」でDCコネクタ形状もL字型のタイプを採用している。
ソフトやACアダプターなどのBTOは出来るが本体の構成変更は出来ない。
その代わり「HP UltraSlim ドッキングステーション2013」を使うことが出来たりする。

Elitebook_725_g37


Elitebook_725_g38

****************************************
HP EliteBook 725 G3 Notebook PC の基本性能
(HP EliteBook 725 G3 A8 256GB Windows 10 Home)
****************************************

Winscoresher

Ssdlife

Ssd_speed

Txbench


WIN SCORE SHAREによるスコアでは、AMD Radeon R6 グラフィックスの数値が低く全体の数値が低くなっている。
又、メモリも4GB積んでいるが、3.42GBしか使えないのでメモリーを多く使うようなソフトは使いにくいかもしれない。
しかし、SSDを使うことで実際の使い勝手では、全く支障なくしかも高速起動する。
Intel AMD Radeon R6 グラフィックスもゲームBenchmarkのところで述べるがオンボードグラフィックスとしてはそこそこの動作をする。
従って、思ったより快適である。

Elitebook_725_g315

Bang & Olufsen 内蔵ステレオスピーカーは、今まで使ったことがあるものに比べて何か音がよいような気がする。ファイナルファンタジーXIVのBenchmarkではかなり伸びやかな音が出たのにビックリした。
しかし、何となく「熱」の発生が多いようでBenchmarkで警告が出たが、実際にファイナルファンタジーXIVのBenchmarkを動かしたときはさほど温度は上がっていなかった。

Saninfo


Photo

*****************************************
SDカードスロット
*****************************************

Sdhcspeed_2

メディアカードスロットは、Benchmarkのとおり高速なものでストレスがない。

Elitebook_725_g319


**********************************************
HP EliteBook 725 G3 Notebook PC のグラフィックス性能
**********************************************


HP EliteBook 725 G3 Notebook PC のグラフィックカード性能(AMD Radeon R6 グラフィックス)性能のBenchmark。

Elitebook_725_g33

*****************************************************************
■「ファイナルファンタジーXIV
:蒼天のイシュガルド(Heavensward)DirectX 9.0c・DirectX 11・Benchmark」
*****************************************************************

AMD Radeon R6 グラフィックス-性能
(1920x1080)DirectX 9.0c
最高品質・・・測定せず
高品質・・・・1,694(設定変更を推奨)
標準品質・・  2,823(やや快適)

Ff1412801694


Ff14std12802823



解像度を落として軽いゲームなら使えるという程度でIntel HD Graphics 5500より多少よい。

Gpuz

Cpuz


参考
インテル HDグラフィックス(内蔵グラフィックス)性能
標準品質・・・2,288(設定変更が必要)

 

Intel HD Graphics 5500-性能
(1280×720)
最高品質・・・
高品質・・・・1,601(設定変更を推奨)
標準品質・・  2,659(やや快適)

Elitebook_725_g32

Speccy001

***************************************
HP EliteBook 725 G3 Notebook PC を使ってみての感想
***************************************



HP EliteBook 725 G3 Notebook PC は、法人(個人事業主)向けのノート型パソコンであるものの、個人向けのPC並に性能が良いことに驚いた。
法人向けと言うだけあって、外部インターフェースが豊富の上、キーボードに「トラックポイント」が付いて非常に操作性が良い。
BTOと言う部分では、ほとんどできないので個人が使う趣味性という部分では拡張性がない。しかし、性能に不足があるわけではない。
こういう法人モデルはその分価格もこなれているところが良い。
又、OSのバージョンは、Threshold1なので最新のWindows 10 home(64bit)とは違うもので検証している。


Elitebook_725_g314

***********************************************

↓↓↓↓以上のことは、メーカー直販サイトにて再確認していただきたい。


icon icon icon icon

*******************************

○筆者Syuunの目(ひとこと視点)

*******************************

法人向けも高性能モデルがあるのに驚いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月20日 (水)

Dropboxを使って見た

Dropbox006

********************************
ドロップボックスの概要と目的
********************************

近年クラウドサービスというものは、いろいろなソフトやPC本体と抱き合わせに付いてくるものが多い。そういう種類のものは動画や写真、音楽に限ったものであったり、ソフトの特殊バックアップだったりする。
又、Windows8.1に統合されたクラウドサービスもある。
こういうクラウドサービスの内、一番シンプルと言われるドロップボックス(Dropbox Pro)の使い勝手を探ってみた。

----------------------------------------------------
尚、今回のレビューにおける写真その他の解説及び見解は、筆者の感想である。

※当記事は販売店から「Dropbox Pro」の提供を受けて執筆している。

**********************************
目次・Dropbox Proのレビュー
**********************************

○概要と目的
○使って見た
●スマホ編
●PC編
○Dropboxの導入
○Dropboxの総合的な感想

*****************************************************
Dropbox Proのレビュー
****************************************************

Dp

Drop11


****************************************************
○Dropbox Proを使って見た
****************************************************

Drop2


********************************
●スマホ編
********************************

Drop31


スマホでDropboxを使う場合、「play ストア(Google Play)」などから「Dropbox」をダウンロードして自分のアカウントIDでログインする。
スマホで特に注目するのが「カメラアップロード」である。 この「カメラアップロード」の設定をしておくと、カメラで撮った写真や動画を瞬時にDropboxの「カメラアップロード」フォルダーに転送してくれる。
これでいちいちパソコンに写真や動画を転送する必要がない。

Drop4


Drop5


Photo_3


Drop61


****************************
●PC編
****************************

Dropbox0015


●Dropboxのオンラインストレージは、パソコン上では通常のフォルダとして認識される。
この「Dropbox」フォルダは、他のパソコンやスマホなどと共有のものとなりファイルの同期ができる。
従って、スマホで撮った写真などもクラウド上に保存しておけばパソコンで閲覧も出来る。
それだけでなく今まで写真や動画を送る手段としては、特別なソフトを使う以外にメールに添付して送るしかなかった。
送れるのは10MBぐらいが限度である。
それでフルサイズカメラの写真は容量としては無理で、縮小してなんとか送れても限度があった。
ところが、写真や動画のURLをメールに添付して送ることによって簡単に送ることも出来る。

Photo

Photo_5


https://www.dropbox.com/s/6p83swxopw0mv38/2015-11-23%2006.54.02.mp4?dl=0

●注意点は、ネット上とリンクするこの「Dropbox」フォルダにファイルを移すとコピーではなく移動になる。
感じとしては外付けHDDに移すのではなく、HDD内の移動と同じ感じである。
こういうところは、他社製のクラウドサービスと同じだが「同期」が非常に早いのが特徴である。
昔から使っているソフトを立ち上げるタイプのクラウドサービスだと、専用ソフトが立ち上がるまで時間が掛かったり反応が悪かったりと使い勝手は悪い。
●その他として、「Dropbox」ではWeb上での文書編集は出来ず、パソコン上でインストールされているアプリを使うことになる。
要するに、単純な「置き場所」に徹していることである。

Dropbox Pro

****************************
○Dropboxの導入
****************************

Photo_4







パソコン上での導入は単純に「Dropbox」を検索して、ダウンロードしてそのまま進めれば良い。
完了すると「Dropbox」というフォルダがパソコン上に出来ていて、そこにアップロードしたいファイルを保存するだけである。

Dropbox001

Dropbox004

Dropbox005

**********************************
○Dropboxの総合的な感想
**********************************

●Dropboxを使って見ての感想で一番感動したのが「カメラアップロード」というスマホの写真、動画のアップデート機能である。
今使っているスマホのXperia Z5は、なぜかUSBケーブルで繋がらなくてパソコンへの写真の転送はBluetooth(ブルートゥース) を使っていた。
このBluetoothで写真を転送するというのも面倒で、何とかならないのかというのが課題でもあったのである。
これが一挙に解決してしまった。
Xperia Zシリーズは突然起動しなくなるトラブルがあり、撮った写真や動画は常に安心で気軽に修理に出せるものである。



 

●パソコン上で使うDropboxは、1GBを超える動画を保存する場合はさすがに同期に時間が掛かるが、普通の写真やファイルとうの同期には大して時間が掛からない。
特に、デスクトップパソコンとノート型パソコンでデータを共有したり、受け渡しをする際に非常に便利である。
近距離の場合、NAS仕様の外付けHDDを使うと言う方法もあるものの、HDDの故障があれば一挙にデータが飛んでしまう。
又、NASというのも何か不安定な場合もあって、パソコンを取り替えると設定し直しとか面倒でもある。
その点Dropboxなら全て解決である。但し、Dropbox Proの場合それなりの投資が必要である。


Dropboxの製品情報参照 icon


●その契約期間が終わった場合は
「期間が終わると新たなファイルの追加や上書きはできなくなりますが、サーバー上にアップロードされたファイルは削除されず残り、参照やダウンロードはできます。」
●継続の手続き
「再度購入頂き、利用開始のページからライセンスキーを入力いただくことで、また Dropbox Pro をご利用頂けます。」


と言うように安心して使える。

 


Dropbox Pro

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月14日 (木)

4月になるといろいろと騒がしくなる。

Cat1

4月になるといろいろと騒がしくなる。それは新しい事業を始めるというか新入社員が入ってきて何やら営業させるとか、そういうことかもしれない。
その上年会費の支払いの通知やら、税金だとか金の動きも活発でみるみる通帳の数値が減ってきてどうしようかとも考えるものである。
Amazonも4月から送料を取るようになった。それでAmazonプライム会員になって年会費¥3,900(税込)を納めないと欲しいものが安く買えないことになりそうである。
14年の消費税増税からますます生活が厳しくなるのは困ったものである。
それでPCをふと見るとファンコントロールのクーリングファンの回転数が表示されていない。温度ならセンサーが剥がれた可能性があるが、ファンだと故障である。
これはPCケース天板に設置した「1年前に壊れた」ドスパラで買った赤色LEDの「シャークファン」の片割れ。
同じ製品が2基も壊れ、残るはフロントの1基のみ。
もう一台のPCは既にMaintenanceの時期に入り、グラフィックスカードを手持ちのものと換装の予定。
そうしたら作業用マシンのPCの立ち上がりが悪い。
グラフィックスカードのエラーかと思い、グラフィックスカードを購入しなければならないかと思い悩んでいたところ、不具合だったのは2回だけでその後は全く問題なし。
こちらもドライブの換装の予定でまたもメンテの予定。
とにかく、1台組んでその上2台を修理して使えるようにしたから、プリンターサーバーとして使う32bit版を含めて整理しなくてはならない時期になっている。
種々の交換部品は、増税前の多少景気の良かったときに買い溜めてあった在庫部品で何とか間に合うので特に出費はない予定。

Cat6

カメラメーカー: Canon
カメラモデル: Canon EOS M2
レンズ: EF-M55-200mm f/4.5-6.3 IS STM
撮影日時: 2016-04-14 09:52:58 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 200mm
絞り値: ƒ/6.3
露出時間: 0.0040 秒 (1/250)
ISO 感度: 250
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)



ブログを始めて何年になるのかと考えてみたら10年以上になるらしい。しかし、ブローチというぷららが提供していたブログが閉鎖されて、ニフティに移ってからは3年に満たない。
10年前は時事問題を扱っていた。そういう時事問題に関しては今では人気の専門ブログがあって出る幕はないというか、読む方になってしまっている。
新聞ラジオ、TVで報じない事柄がネット上で瞬時に報じられ、時事解説が配信動画でされる。
読売新聞の12日夕刊に「東大生よ、新聞を読もう 入学式で五神学長」というのがあった。これは違和感があると思ったのだが13日朝刊では社会面の方に「新聞を読む重要性訴え」と小さく写真入り出ていた。
http://www.j-cast.com/2016/04/13264013.html?p=all
こちらでは
「新聞を読みますか。新聞よりもインターネットやテレビでニュースに触れることが多いのではないでしょうか。ヘッドラインだけでなく、記事の本文もきちんと読む習慣を身に着けるべきです。」とあった。
新聞などというのは、正確に物事を伝えるのではなく一捻りあると言うことがよく分かる報道でもあった。


Cat4

Cat5

カメラメーカー: Canon
カメラモデル: Canon EOS M2
レンズ: EF-M55-200mm f/4.5-6.3 IS STM
撮影日時: 2016-04-14 09:52:48 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 200mm
絞り値: ƒ/6.3
露出時間: 0.0040 秒 (1/250)
ISO 感度: 320
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)



詳細はこちらを参照 icon

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 9日 (土)

大川清子展(第18回群馬書道大賞受賞記念)を観覧

13

平成28年4月7日~18日まで、安中市松井田町の妙義山麓美術館で標記の展覧会が開催されている。
大川先生は毎日書道展審査会員で、あきつ会(監事・運営理事)所属のかな作家である。
今回は「妙義山麓美術館」で開催されることにちなんでの「妙義、榛名」の作品、他27点が展示されている。
作品個々については、かな書道特有の料紙の紙質、デザインその他など、額のアクリルガラス越しの作品では分からないことが聞けて有意義であった。

2

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2016-04-07 12:53:49 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 10.9mm (35mm 換算焦点距離: 24mm)
絞り値: ƒ/2.0
露出時間: 0.0080 秒 (1/125)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

1


3

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2016-04-07 13:15:25 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 10.9mm (35mm 換算焦点距離: 24mm)
絞り値: ƒ/1.7
露出時間: 0.0080 秒 (1/125)
ISO 感度: 200
露出補正値: +0.33 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
光源: フラッシュ
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

4


19


10


11


8


9


17


12

メラメーカー: NIKON CORPORATION
カメラモデル: NIKON 1 J5
レンズ: 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM
撮影日時: 2016-04-07 13:39:14 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 10mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/3.5
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 1100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

18_2

カメラメーカー: NIKON CORPORATION
カメラモデル: NIKON 1 J5
レンズ: 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM
撮影日時: 2016-04-07 13:39:45 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 10mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/3.5
露出時間: 0.0080 秒 (1/125)
ISO 感度: 720
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

6


5


7

***********************
例年のこの時期、不思議なことに毎年雨である。今年は、高速・上信越道沿線の桜が満開で山間部との気温差を感じるものであった。
上信越道は、山間道路でかなり急勾配である。運転が難しいということでもないのだが雨だったので、女房殿の小型のFF車を借りていった。
安定性は抜群だったが、車のパワーがなくて坂道は思ったより道路状況に合わなかった。

今回使ったカメラは、PanasonicLX100+DMW-FL360L。
Panasonicのカメラは、暗所になると突然豹変するような傾向がある。GX1やG6でも室内やストロボを使う環境になると何となくボロが見える。
Programでストロボ同調させたら、F値が開放の1.7や2.0になってピンぼけ連発。
ストロボが効いているのだから、F4ぐらいになれば良いがそうならない。
こういう特性をうっかりしていると忘れるので、中々難しいというところである。

こういうミスは、NikonやSONYでは絶対に起こさないからPanasonicのカメラはまだまだ発展途上とはがっかりした。
失敗できないときはPanasonicやOLYMPUSは絶対使わない上、その場合でも予備のカメラを持って行くので実は失敗はない。

14


15

カメラメーカー: NIKON CORPORATION
カメラモデル: NIKON 1 J5
レンズ: 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM
撮影日時: 2016-04-07 14:13:09 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 23.1mm (35mm 換算焦点距離: 62mm)
絞り値: ƒ/5.0
露出時間: 0.0025 秒 (1/400)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

16

------------------------------------------

詳細はこちらを参照 icon

Photo




サイバーリンク Media Suite

サイバーリンク公式オンラインストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 5日 (火)

木村東舟先生 席上揮毫をPowerDirectorで編集

13_2



修理に出していた足裏マッサージ器が戻ってきた。
購入して2年半で最近もみ玉から異音がすると思ったら、もみ玉が折れてしまった。
これが3年保証だったので工場に送り10日ほどで戻ったきた。起動して見ると随分音がちがうと言うかベアリングも壊れていたことがよく分かる。こういう医療器具は3年保証というのが多いようだがやはり使い方にあるのかもしれない。
カメラなどは、1年保証でNikonやCanon、SONYなどのカメラで1年以内に壊れたことはない。初期のPENTAX ist*Dは壊れたことがあったがその後はない。
しかし、CASIOは全く駄目である。半年ばかり使ってどうも使いにくいので仕舞っておいて、点検のために出してみたらモードダイヤルが使えなかった。それが丁度1年を過ぎたころというものである。Programモードで写真は撮れるがそれ以上はできない。それでそのまま使うことはなかった。

そんな古いカメラになりつつあるSONYのNEX-6で動画を撮っている。このNEX-6は室内の映像がよく撮れるもので、Panasonic、Nikonなどの新しい機種ではそうもゆかない。それで「木村東舟先生」の映像は、マルチカムでPanasonic LX100というカメラも使っている。
実際の映像は、Panasonic LX100の方の「絵」に近いのだが、NEX-6の方が補正がよく効いて鮮やかになっている。
これが屋外だとまた違った印象になるので、いろいろと試してみないと分からないことが多い。
**************************
第13回群馬書作家展の席上揮毫も最終である。
それで第4番目「木村東舟先生」の揮毫映像では、天田研石先生の講評も収録して編集してあるので参考に。

サイバーリンク Media Suite


詳細はこちらを参照 icon

Photo


サイバーリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 3日 (日)

大貫八生先生 席上揮毫をPowerDirectorで編集

Photo


あっという間に4月になった。今年は桜が遅いのかと思ったら3月末に一斉に満開になった。3月末というのは、小生などが欲しがる(最近はそうではないが)PC部品などのネット店の年度末でタイムセールの様なものをやって買わせるようにせかしていた。
例年3月30日の午後に投げ売りをすると言うこともあったが、今年は見当たらず。
それどころか4月1日になってもAprilFoolのようにそのまま継続していた。
お陰で、3月中旬に黄色く変色してしまった液晶モニターに気づいて、買い換えることが出来た。
それで取りあえず4月になって何かがあるかと思えば、カタログ通販の冊子が届くのに紛れて高額な請求書が来た。
とりもなおさず子供の学費で、教育ローンのような案内も入っていて何か思いやられる。それでここのところやたらと忙しい。
お金が忙しいのはいつも通りだが、最近撮りためた動画を編集なしにDVDビデオにすることを思いついた。いつもDVDにするにはPowerDirectorという高度な編集も出来る編集ソフトを使っている。
しかし、これを使うには時間もかかるし細かい設定などの多少の知恵もいる。
そんなソフトで大量の動画をDVDにするというのは現実的ではない。
そんなわけで思いついたのがPower2Goであった。これには「DVDメニューオーサリング」という動画をDVDにする機能がある。
オーサリングソフトには、フリーソフトなど多くある。
しかし、Power2Goは安定性と高速オーサリングができる。
実を言えば「CyberLink Media Suite 13 Ultimate」を買ったので、PowerProducer 6という高性能オーサリングソフトを持っている。
しかし、違うパソコンに入っているから使えないのでPower2Go9 Premiumで実行している。(その他はPower2Go10 デラックス、Power2Go 10・Media Suite 13版 )

Powe2go

それでハイビジョンなのでDVD-Rを大量に消費する。
少し前は、太陽誘電のDVD-Rが安く売っていたのでこれを利用していた。
ところが太陽誘電がDVD-Rの生産から撤退して、最近では一時期の2倍に上がってしまった。
そんな高いDVD-Rは買えないので、安くてそこそこ品質の良いものを探すとして電気屋やPCショップを何軒か回ってみた。しかし、安くてスピンドル版50枚で1,600円程度もする。1枚30円強である。
今1枚20円以下で売っているものは、どこの製品か分からないようなもの。
結局Amazonが一番安いという結論になった。

******************************
それで大貫八生先生の席上揮毫は、Power2Goで編集してしまえば簡単とはいうもののマルチカムも使ったので、いつも通りPowerDirector14 Ultraで編集した。
単純にオーサリングするのではなく、細かい編集はPowerDirectorが得意なのである程度やりやすい。
切り貼りをするには、他の編集ソフトを使わなければならないのでPower2Goのみだとそれなりの結果かとなる。

サイバーリンク Media Suite



詳細はこちらを参照 icon

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 1日 (金)

HP Stream 11-r000レビュー

Stream_11r0002

***************************************
HP Stream 11-r000のレビュー概要と目的
***************************************


HP Stream 11-r000は、従来からあるHP Stream 11シリーズのモデルである。
この11.6インチワイド液晶の「クラウド」を中心にしたノート型パソコンで、スマホやタブレットでは用途を足せないという場合に使われるように思われる。
最小価格 ¥27,700(税抜)という安価なもので、ストレージが32GB(eMMC)である。
それもMicrosoft OneDrive 100GB (2年間)が使うことである程度の利便性を確保している。
----------------------------------------------------
尚、今回のレビューにおける図の解説及び見解は、筆者の感想である。

※当記事は販売店からレビュー機を借用して執筆している。

--------------------------------------------------------------------
目次・HP Stream 11-r000のレビュー
---------------------------------------------------------------------

○概要及びレビューの目的
○主な仕様
○外観等
○基本性能
*WIN SCORE SHAREによるスコア
*MMCのスピードなど
○グラフィックカード性能(Intel HD Graphics)

*ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド
(Heavensward)DirectX 9.0c・Benchmark
○メディアカードスロット速度測定
○HP Stream 11-d012TUを使ってみての感想
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)

**************************************************
HP Stream 11-r000(HP Stream 11-r016TU)・レビュー
**************************************************


System

 

Wiinfo

**************************************
HP Stream 11-r016TUの主要な仕様
(HP Stream 11-r000)
**************************************
仕様は、平成28 年3月22日現在のもので変更もありうる。
*************************************************
>
■オペレーティングシステムWindows 10 HOME (64bit)
■モデル・HP Stream 11-r016TU
■インテルCeleronプロセッサー N2840 ( 2.16GHz-2.58GHz(バースト周波数)L2キャッシュ1M, 2コア/2スレッド)
■2GB・オンボード (1333MHz,DDR3L SDRAM)
■インテル HDグラフィックス
■11.6インチワイドHD非光沢・ディスプレイ(1366×768/最大1677万色)
■32GB (eMMC)【実機は、SanDisk SDW32G】
■LAN・IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth4.0
■USB 3.0×1、USB 2.0×1、HDMI出力端子×1、メディアカードリーダー、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1、セキュリティロックケーブル用スロット
●Microsoft OneDrive 100GB (2年間)
■約300 × 206 × 18.4mm・約1.18kg
■45W スマートACアダプター(動作電圧:100-240 VAC、動作周波数:50-60 Hz)
■約10時間30分
■マカフィーリブセーフ (30日版)
■速効!HPパソコンナビ特別版・スマートACアダプター、電源コード、ウォールマウントプラグ、保証書 等
■1年間保証 (引き取り修理サービス、パーツ保証)、使い方サポート(1年間)

*****************************************
詳細は以下HPのPDFへ

http://h50146.www5.hp.com/lib/jp/ja/products/portables/personal/spec_pdf/stream_11_r000.pdf

**************************************
HP Stream 11-r016TUの外観
**************************************

Stream_11r0007


Stream_11r00011


Stream_11r00012


Stream_11r0005


Stream_11r00010

HP Stream 11-r016TUの外観は、コバルトブルーでHPではお馴染みのものである。
11.6インチワイドHD液晶は、価格相応で余り見やすいというわけではない。
しかし、無線LANなど細かいところを従来モデルよりグレードアップしている。
インターフェースが「USB 3.0×1、USB 2.0×1、HDMI出力端子×1」の部分は変更がない。
又、「Microsoft Office Home and Business Premium」が付属したモデルも有り、取りあえずOfficeだけでも使いたいのであればワープロ代わりとして使える。
そういうシーンを予想しているのか、キーボードは見た目余り高級化はないが割合と打ちやすい感じがした。

Stream_11r0003


Stream_11r0004


Stream_11r00013


Stream_11r0009

****************************************
HP Stream 11-r016TUの基本性能
****************************************

Winscore

WIN SCORE SHAREによるスコアでは、低性能の見本のような数値を示している。
低価格のネットブック、ワープロと見ればこんなものであろう。
eMMCのスピードもSSDに比べて遅いがHDDより大分起動が速い。

Mmcspeed


Photo


Photo_2


Txbench

ランダム4KB QD32(Read/Write)、ランダム4KB QD32(Read/Write)の数値が何とか出ているのでCeleronプロセッサー、メモリー2GBでも起動などが早い。

---------------------------------------------------------------------------------
Tx-BENCHによるHDD性能の説明
★シーケンシャル(Sequential Read/Write)
動画などのまとまったファイルを読み書きする時の指標
★ランダム4KB QD1(Random4K Read/Write)
ここの数値が高いとシステムとして使用感が高い。
(参考 HDDでは、コンマmB/s以下0.7程度)
★ランダム4KB QD32(Read/Write)
ここの数値が高いと、起動が早い。
(参考 HDDでは、2mB/s以下)
--------------------------------------------------------------------------------------

Stream_11r0001

Cpuz


***************************************************
○グラフィックカード性能(Intel HD Graphics)
***************************************************

*****************************************************************
■ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド
(Heavensward)DirectX 9.0c・Benchmark
*****************************************************************

Ff640


インテル HDグラフィックス (内蔵グラフィックス)性能
(1366×768)
最高品質・・・測定せず
高品質・・・・測定せず
標準品質・・・634(動作困難)

グラフィックカード性能は、Intel HD Graphicsなので性能は期待できない。

Gpuz


*****************************************
SDカードスロット
*****************************************

Sdhcspeed_2


メディアカードスロットは、microSDカードしか使えないが、UHS-IIカードを使ったところ高速な伝送ができた。


Stream_11r0006


Stream_11r0008


Speccy

***************************************
HP Stream 11-r000を使ってみての感想
***************************************

HP Stream 11-r000は、スマホやタブレットではどうしても使いにくかったり、Officeを使うときに気軽に使えるものである。
そして、必要な文書や写真などは「クラウド」を中心にしたして保存しておけるので安全性が高い。
従って、高価な重いパソコンは取りあえず必要ないとして、Webや当面のことが出来れば良いと言う人向け。
動画編集やDTMで作曲など高度な作業をするには、あとからゆっくり考えて高性能パソコンを買えばという感じがある。

↓↓↓↓以上のことは、メーカー直販サイトにて再確認していただきたい。


icon icon

icon icon icon icon


icon icon icon icon

*******************************

○筆者Syuunの目(ひとこと視点)

*******************************

取りあえず、スマホでなく緊急にパソコンが欲しい人向けのPC。
外部モニターを使えば、普通のデスクトップパソコンのように使える。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »