« HP Spectre 13 x360 Limited Editionレビュー | トップページ | 独立書人団・2016独立選抜書展に行ってみた »

2016年6月13日 (月)

HP Pavilion 550-240jp/CT レビュー

Hp_pavilion_550240jp8


********************************************
HP Pavilion 550-240jpレビューの目的と概要
********************************************

HP Pavilion 550-240jpは、従来からある「緻密なドットテクスチャー」の外面を持った
デスクトップパソコンの普及機である。
近年SSDが安価になって起動ディスクにSSDを使うモデルが増えている傾向を示して、カスタマイズでSSDを搭載している。
今回は、SSDとSkylakeのインテルCore i5-6400プロセッサー、最新版のTH3となったWindows 10との動作について検討してみたい。

----------------------------------------------------
尚、今回のレビューにおける図の解説及び見解は、筆者の感想である。

※当記事は販売店からレビュー機を借用して執筆している。

--------------------------------------------------------------------
目次・HP Pavilion 550-240jp のレビュー
---------------------------------------------------------------------

○概要及びレビューの目的
○主な仕様
○外観・内観等
*電源、内部部品など
○基本性能
*WIN SCORE SHAREなどによるスコア等
*SSDスピード・HDDスピードなど
○メディアカードリーダ速度測定

○グラフィックカード性能(内蔵インテルHD グラフィックス 530)
*「Valley Benchmark 1.0」
*Valley Benchmark 1.0 FPS(当サイトでの参考測定結果)

Hp_pavilion_550240jp4

 

Hp_pavilion_550240jp3



*ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド(Heavensward)DirectX 9.0c・Benchmark
●OCCT(Ver4.4.2)によるHP Pavilion 550-240jp
筐体冷却性能とインテルCore i5-6400プロセッサーの動作

○HP Pavilion 550-240jp を使ってみての感想
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)

**********************************
HP Pavilion 550-240jp ・レビュー
**********************************

System

Wimver

Hwinfo64

**************************************
HP Pavilion 550-240jpの主要な仕様
**************************************
仕様は、平成28年6月1日現在のもので変更もありうる。
*************************************************

●OS--Windows 10 Home (64bit)Ver.10586
■ブリザードホワイト
■CPU--インテルCore i5-6400 プロセッサー(2.70GHz-3.30GHz,インテルスマート・キャッシュ6MB, 4コア/4スレッド)インテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0
■マザーボード-:Intel H110 Express(Skylake PCH-H)
●メモリ-8GB(PC3-12800 (1600MHz) DDR3 SDRAM)(実機はSamsung製・シングル)
■SSD- 512GB SSD(実機SAMSUNG製 MZ7LN512HCHP)(カスタマイズ)
●グラフィックスカード-内蔵インテルHD グラフィックス 530
●ドライブ--DVDスーパーマルチドライブ(ウルトラスリム)
●カードリーダー : メディアカードリーダ
●有線LAN:10/100/1000 Mbps オンボードネットワークコネクション
●無線LAN:IEEE 802.11a/b/g/n/ac + Bluetooth 4.0(カスタマイズ)
■電源・300W電源 【ATX電源・Active PFC搭載・80PLUS BRONZE】
●Bang & Olufsen、HP Support assistant、リカバリマネージャ (リカバリメディア作成)、速効!HPパソコンナビ特別版その他

*************

■USB日本語(109A)キーボードコンパクトタイプ & USB光学スクロールマウス

ワイヤレス日本語(109A)キーボード コンパクトタイプ& ワイヤレス光学スクロールマウス(オプション)
●縦置き : 約165×378×364mm / 約6.2kg

*********************************************************

その他の詳しい情報はこちらりPDF(HP Webサイト)を参照。

http://h50146.www5.hp.com/lib/jp/ja/products/desktops/personal/spec_pdf/pavilion550_240.pdf icon

*******************************
HP Pavilion 550-240jp の外観、内観
*******************************

Hp_pavilion_550240jp14


Hp_pavilion_550240jp10

HP Pavilion 550-240jpの外観は、シンプルなもので映像出力もオンボードだとHDMIしかない。そこでグラフィックスカードを「NVIDIA(R)GeForce(R)GT730(4GB/DDR3)」などにカスタマイズすれば普通のパソコンらしくなる。(2016年6月13日現在500円ワンコインキャンペーン)

Hp_pavilion_550240jp9


Hp_pavilion_550240jp16


内部は、非常にシンプルでCPUクーラーもリテールクーラーのようなものがついている。
これで大丈夫かという懸念もあるが、OCCTで確かめたところ全く問題ない。

又、シンプルなマザーボードと言うだけでなく、発熱するCPU回りは個体コンデンサーが使われていて安定性をましている。そうかといってCPUの電源回りはゲーミングパソコン並には強化されていない。

Hp_pavilion_550240jp13


Hp_pavilion_550240jp12



その他電源は、300Wなのでグラフィックスカードは、カスタマイズされたもの以外の搭載は難しい。

Hp_pavilion_550240jp11


 

********************************************
基本性能*SSD・HDDスピード
********************************************

Hp_pavilion_550240jp15


Winscoreshare

Winscoreshare002


Ssdlife

Cystalinfo


Ssdspeed


HP Pavilion 550-240jpでは、カスタマイズされて512GB SSDを起動ドライブとして使っている。
こういうふうにSSDを使うことによって、普及型のパソコンも非常に早く快適である。

Photo

Txbench


**************************************
★メディアカードリーダ
**************************************

Sdhcspeed



「メディアカードリーダ」のケーブルがUSB2.0端子に繋がれているので、従来のモデル同様の速度になっている。

*********************************************
○グラフィックカード性能(内蔵インテルHD グラフィックス 530)

*********************************************

****************************************
Valley Benchmark 1.0 FPS測定結果
****************************************
設定■
★Direct3D11
★1920×1080 fullscreen
★Extreme HD

Hp_pavilion_550240jp7


Hp_pavilion_550240jp6


------------------------------------------------
Intel HD Graphics 530--(1.9/80/1.4~2.9)

Valley Benchmark 1.0では、「カクカク」とした動作でまともに動かなかった。

----------------------------------------
Valley Benchmark 1.0参考測定値
FPS(当サイトでの参考測定結果)
----------------------------------------

NVIDIA GeForce GTX 980Ti(6GB / GDDR5)--(88.1/3685/30.6~174.76)
(HP ENVY 750-170jp/CT)

NVIDIA GeForce GTX 980(4GB / GDDR5)--(66.1/2764/17.6~127.6)
(HP ENVY 750-080jp/CT)

以下、自作機で筆者が所有************
GIGABYTE Geforce GTX660 2GB GV-N660OC-2GD/A---(33.4/1314/16.5~57.7)
ELSA (GeForce)GLADIAC GTX 560 Ti mini---(24/1004/11.3~79.2)
玄人志向・RD-HD6870/OC---(21.7/908/6.0~39.4)

*****************************************************************
■「ファイナルファンタジーXIV
:蒼天のイシュガルド(Heavensward)DirectX 9.0c・Benchmark」
*****************************************************************

Hp_pavilion_550240jp5

Ff141980_



Intel HD Graphics 530-性能
(1920x1080)DirectX 9.0c
最高品質・・・・・・測定せず
デスクトップ高品質・・・・928(動作困難)


Ff141980_std2003



デスクトップ標準品質・・ ・2003 (普通)

(数値としては7,000以上(FPS60相当)であれば「非常に快適」である。)

*****************************************************
OCCT(Ver4.4.2)によるHP Pavilion 550-240jp
筐体冷却性能とインテルCore i5-6400プロセッサーの動作
*****************************************************

薄型設計のHP Pavilion 550-240jpの放熱性能について検討してみた。
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPUの負荷テスト(OCCT/GPU 3D)

Cpuz

Hp_pavilion_550240jp1


**************************************
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
**************************************

(■OCCT・CPUによる検証は、1時間オートで測定)


2016053017h15frequencycpu0


2016053017h15temperaturecore0

2016053017h15cpuusagecpuusage

OCCT・CPU負荷テストでは、インテルCore i5-6400プロセッサーはインテルターボ・ブーストによって3.0GHz付近で動作して測定を終了している。

この周波数は変化しない。

又、CPUの温度上昇は、45℃を中心として最大50℃程度にしかなっていない。

この温度は通常のアイドリング状態なので非常に低発熱であることが分かる。

Gpuz

Hp_pavilion_550240jp2


**************************************
●GPUの負荷テスト(OCCT/GPU 3D)
**************************************

2016053018h34fpsfps

2016053018h34cpuusagecpuusage

2016053018h34temperaturecore0

2016053018h34frequencycpu0


Intel HD Graphics 530でのFPSは、18.5程度で数値は低い。

又、CPUの使用率は10%なのでCPUはアイドリング状態である。

インテルCore i5-6400プロセッサーは、インテルターボ・ブーストで最大値3.3GHzまで上昇しているがGPU支援にはなっていない。

温度上昇もほぼ稼働していない状態。


従い、多少なりともゲーミングなどのパフォーマンスを求めるなら、グラフィックカードは必要である。


Speccy_2



 

**********************************************
HP Pavilion 550-240jp を使ってみての感想
**********************************************

HP Pavilion 550-240jpは、標準仕様からSSDと無線LANをカスタマイズしたものである。

そのために従来のパソコンのような「トロ」さはなくきびきびとして動く。

しかも、OCCTに見るようにかなり負荷を掛けても大した発熱をするというものではなく安心して使える。

グラフィックカードの強化では、カスタマイズでNVIDIA(R)GeForce(R)GT730(4GB/DDR3)やNVIDIA(R)GeForce(R)GTX960(2GB/GDDR5)を選択できるが電源が貧弱である。

より高性能を求めるのであれば、上位機の方に選択の余地がある。

SSD程度のカスタマイズで、余り変更せずにそのまま使うのであれば、かなり安定して長期に使える思われる。



↓↓↓↓以上のことは、メーカー直販サイトにて再確認していただきたい。


icon icon

icon icon


icon icon

*******************************

○筆者Syuunの目(ひとこと視点)

*******************************

HP Pavilion 550-240jpの発熱の低さには驚いた。

|

« HP Spectre 13 x360 Limited Editionレビュー | トップページ | 独立書人団・2016独立選抜書展に行ってみた »

01.HPパソコン実機レビュー・ノート・デスク他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HP Pavilion 550-240jp/CT レビュー:

« HP Spectre 13 x360 Limited Editionレビュー | トップページ | 独立書人団・2016独立選抜書展に行ってみた »