« パソコンの新製品の出ない初夏の初め | トップページ | HP Pavilion 550-240jp/CT レビュー »

2016年6月 6日 (月)

HP Spectre 13 x360 Limited Editionレビュー

Hp_spectre_1320


***************************************
HP Spectre 13 x360 Limited Editionのレビュー概要と目的
***************************************

プレミアムブランド“SPECTRE”(スペクトル)シリーズの事実上の第1弾、タブレットモードなどの4つのモードに変更可能な「2 in 1 PC」モバイルパソコンである。
レビュー機はHP Spectre 13-4129TU x360というモデルで、「Bang & Olufsenの創業90周年を祝した限定モデル」と言うことである。
しかし、夏モデルとしては、プレミアムブランドとしてSpectre「13.3インチワイドディスプレイ」のより軽いモバイルパソコンが発売されている。
従って、多少重いHP Spectre 13 x360 Limited Editionではモバイルパソコンとしては、タブレットモードなどになる「2 in 1 PC」が必要かが重点となる。

Hp_spectre_1330


----------------------------------------------------
尚、今回のレビューにおける図の解説及び見解は、筆者の感想である。

※当記事は販売店からレビュー機を借用して執筆している。

--------------------------------------------------------------------
目次・のレビューHP Spectre 13 x360 Limited Edition
(HP Spectre 13-4129TU x360)
---------------------------------------------------------------------

○概要及びレビューの目的
○主な仕様
○外観・内観等
○基本性能
*WIN SCORE SHAREによるスコア
*SSD HDDスピード
○メディアカードスロット速度測定

Hp_spectre_1332



○グラフィックカード性能(Intel HD Graphics 520)
*「Valley Benchmark 1.0」
*Valley Benchmark 1.0 FPS(当サイトでの参考測定結果)
*ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド(Heavensward)DirectX 9.0c・Benchmark

●OCCTによるHP Spectre 13-4100 x360筐体冷却性能と
インテルCore i5-6200Uプロセッサーの動作
○OCCTによるHP Spectre 13-4100 x360 の3Dゲームの動作

Hp_spectre_1333



●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPUの負荷テスト(OCCT/GPU 3D)
●OCCTによるHP Spectre 13-4100 x360筐体冷却性能検証

○HP Spectre 13-4100 x360を使ってみての感想
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)

************************************
HP Spectre 13-4129TU x360レビュー
************************************

System


Hwiinfo

Hp_spectre_1315

**************************************
HP Spectre 13 x360 Limited Edition
HP Spectre 13-4129TU x360の主要な仕様
**************************************
仕様は、平成28年5月24日現在のもので変更もありうる。
*************************************************

■OS;Windows 10 home(64bit)(Threshold2・build 10586)
■インテルCore i5-6200U プロセッサー(2.30GHz-2.80GHz, インテルスマート・キャッシュ 3MB/ インテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0)
■グラフィックスの仕様Intel HD Graphics 520 (プロセッサーに内蔵)
■13.3インチワイド・フルHDラディエンス・ディスプレイ (1920×1080/最大1,677万色、IPS方式・タッチ対応)
■8GB オンボード (1600MHz,LPDDR3 SDRAM)
■256GB SSD(SATA M.2接続)(実機はADATA製SSD、AXNS381E)
■Webカメラ・HP TrueVision フルHD Webcam (約200万画素)
■Bang & Olufsen デュアルスピーカー、内蔵デュアルマイク
■IEEE802.11a/b/g/n/ac 、 Bluetooth 4.0
■SDカードスロット
■バックライトキーボード
■HDMI出力端子×1、USB3.0×3 (電源オフUSBチャージ機能対応) 、Mini DisplayPort×1、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
■センサー・加速度センサー、デジタルコンパス、ジャイロセンサー
■バッテリ・約 12時間 45分
■約326×219×15.5-17.0mm(最厚部)約1.45kg
■45WスマートACアダプター(動作電圧:100-240 VAC、動作周波数:50-60 Hz)
■リチウムイオンバッテリ(3セル実測558414mWh)
■マカフィーリブセーフ (30日版)
■専用スリーブケース、速効!HPパソコンナビ特別版・ACアダプター、電源コード、保証書 等
■Cyberlink YouCam  等
■1年間保証 (引き取り修理サービス、パーツ保証)、使い方サポート(1年間)
*****************************************
詳細は以下HPのPDFへ

http://h50146.www5.hp.com/lib/jp/ja/products/portables/personal/spec_pdf/spectre13_4100_x360.pdf icon


参考
HP Pavilion 15-p200 レビュー(仕様編・)
http://syuun.way-nifty.com/blog/2015/04/hp-pavilion-15-.html
http://syuun.way-nifty.com/blog/2015/04/hp-pavilion-1-1.html

「HP Pavilion 15-p000実機レビュー・高性能に変身したスタンダードノートPC 」
http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/09/hp-pavilion-15-.html
「HP Pavilion 15-p000(エントリーモデル)レビュー」
http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/12/hp-pavilion-15-.html
http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/12/hp-pavilion-1-1.html

**************************************
HP Spectre 13-4100 x360の外観
**************************************

 

Hp_spectre_1321

Hp_spectre_135


Hp_spectre_137

Hp_spectre_1310


Hp_spectre_1313

Hp_spectre_1323


Hp_spectre_1311

Hp_spectre_1314


HP Spectre 13-4100 x360の外観は、ブロンズゴールドのアクセントが美しいデザインである。ダークトーンの天板は、CNC削り出しのアルミニウムボディで天面加圧試験300kgfをクリアという。
タブレットモードなどの4つのモードにしても、「削りだし」成型によるアルミニウムボディである高い質感とゴールドのカッパーのアクセントが光る。
「Windows 10のContinuumに対応して、利用シーンに応じて、Spectre x360をノートブックモードから他のモードに可変させると、Windowsも自動でタブレットモードに変更される。」

Hpspectre135

筐体実測として1491g


Hp_spectre_1325


Hp_spectre_1326


キーボードは、バックライトキーボードで「薄暗いカフェや飛行機の中などで重宝する、視認性に優れたバックライトキーボード。」と説明にある。
しかし、キーの文字自体が光るわけではない、従来型の浮き石型である。
最近は、小さめのPCでもテンキーボードがついていたりするので、モバイル型のキーボードのシンプルさに戸惑うこともあるが平均的なもので特に問題はない。

Hp_spectre_139

Hp_spectre_1319



Hpspectre13181


Hpspectre13291

Hp_spectre_138



****************************************
HP Spectre 13-4100 x360の基本性能
****************************************


Winver


Winscoreshare

 

Winscoresharepro

 

 

Cystalssdinfo


Ssdinfo

 

Photo

WIN SCORE SHAREによるスコアでは、「Intel HD Graphics 520」なので平均以下になっている。
起動ディスクはSSDを用いるために、起動も動作も機敏で全くストレスを感じない。

Ssdspeed001

Txbench

*****************************************
SDカードスロット
*****************************************

Hp_spectre_1334


Sdh1speed_2

Sdhc_2



メディアカードスロットは、UHS-Iのカードに対応しているようである。UHS-IIでも大した差はなかった。

**********************************************
HP Spectre 13-4100 x360のグラフィックス性能
**********************************************


HP Spectre 13-4100 x360の内蔵グラフィックカードIntel HD Graphics 530のBenchmark。

「Valley Benchmark 1.0」は、フルハイビジョン(1920x1080)で測定できるのでより実情を表しているところがあるので使用している。


****************************************
Valley Benchmark 1.0 FPS測定結果
****************************************
設定■
★Direct3D11
★1920×1080 fullscreen
★Extreme HD

------------------------------------------------

Hp_spectre_132


Hp_spectre_133



Intel HD Graphics 520--(2.6/108/1.8~4.1)

Valley Benchmark 1.0では、カクカクとした動作でまともに動かなかった。

----------------------------------Valley Benchmark 1.0参考測定値----------------------------------------
NVIDIA GeForce GT 950M・DDR3--(12.6/527/7.2~23.4)(HP)
NVIDIA GeForce GTX 860M(HP)---(18.8/786/9.0~34.3)(HP OMEN 15-5000)
NVIDIA GeForce GTX 770(HP)---(44.5/1863/4.7~86.5)

以下、自作機で筆者が所有************
GIGABYTE Geforce GTX660 2GB GV-N660OC-2GD/A---(33.4/1314/16.5~57.7)
ELSA (GeForce)GLADIAC GTX 560 Ti mini---(24/1004/11.3~79.2)
玄人志向・RD-HD6870/OC---(21.7/908/6.0~39.4)
NVIDIA GeForce GT 740M・DDR3--(6.3/263/4.3~11.2)
NVIDIA GeForce GT 950M・DDR3--(12.7/529/8.3~23.2)

*****************************************************************
■「ファイナルファンタジーXIV
:蒼天のイシュガルド(Heavensward)DirectX 9.0c・Benchmark」
*****************************************************************

Hp_spectre_1331

Ff14_2196std1980

Intel HD Graphics 520-性能

(1920x1080)DirectX 9.0c
最高品質・・・・・・測定せず
ノート高品質・・・・測定せず
ノート標準品質・・ ・2196 (普通)

Ff14_4131_1280


(1280x720)DirectX 9.0c
ノート標準品質・・ ・4131 (快適)

解像度を落とせばゲーミングマシンとして使えるが、重めのゲームは当然無理である。
(数値としては7,000以上(FPS60相当)であれば「非常に快適」である。)

*****************************************************
OCCT(Ver4.4.2)によるHP Spectre 13-4100 x360
筐体冷却性能とインテルCore i5-6200Uプロセッサーの動作
*****************************************************



Occt


薄型設計のHP Spectre 13-4100 x360の放熱性能について検討してみた。
通常では、こういうハードなテストでは放熱が間に合わず測定出来ないというのが一般的である。
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPUの負荷テスト(OCCT/GPU 3D)

Cpu_z

**************************************
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
**************************************


(■OCCT・CPUによる検証は、1時間オートで測定)

2016052319h28frequencycpu0

 

2016052319h28temperaturecore0

OCCT・CPU負荷テストでは、インテルCore i5-6200Uプロセッサーは非常に特徴的な動作をする。
まず、テストから6分程度(エージング1分の後)まで、インテルターボ・ブーストによって2.7GHz付近から始まり、2.4GHz程度まで落ち8分で最終的に2.0GHz付近で安定して稼働して測定を終了している。
理由は、CPUの温度上昇から見れば分かるとおり測定開始から80℃に達している。
その後は、CPUが71℃付近で安定している。

 

40分あたりでCPUの温度が67℃程度まで低下して70℃以上に上昇していないのは、底面に薄い放熱シートを入れてみた結果である。
このことから、夏場の重作業をさせるときは放熱シートなどの上に置いた方が安定するようである。

**************************************
●GPUの負荷テスト(OCCT/GPU 3D)
**************************************

Hp_spectre_131

Gpu_z

2016052410h46cpuusagecpuusage

2016052410h46fpsfps

2016052410h46frequencycpu0

2016052410h46frequencygpu0

2016052410h46temperaturecore0




OCCT/GPU 3Dでは、効果があった薄い放熱シートを敷いた状態で測定した。
20分までの初期の状態で2つの山ができてしまっている。
最初の山は、OCCT CPUと同じ傾向が見られたようにCPUの温度が低いうちは、CPUが作動してFPSがあがっている。
しかし、FPS21程度なのでたいしたことはなく、最終的にFPS16.5である。

 

2つ目の山は、何かのソフトが稼働してCPUの支援や稼働が止まったからである。
ソフトが終了して再びCPUの温度上昇が限界に達するまでCPUの稼働が高まり、FPSが多少あがっているということである。

*************************************
OCCT(Ver4.4.2)による
HP Spectre 13-4100 x360筐体冷却性能と
インテルCore i5-6200Uプロセッサーの動作検証
**************************************


HP Spectre 13-4100 x360の筐体の放熱は、アルミ筐体に放熱させて保っているようである。
OCCT CPUによって分かることは、5分程度の重作業はインテルターボ・ブーストによって快適に動くと言うことである。
動画編集による長時間のレンダリングやエンコードは無理でも、RAW現像や書き出し程度のものは難なくこなすことが予想される。
そして、そう言う重作業を行うときは放熱シートが有効であろう。

Spccy

Hp_spectre_1312

Hp_spectre_1316

Hp_spectre_1324

***************************************
HP Spectre 13-4100 x360
(HP Spectre 13-4129TU x360)を使ってみての感想
***************************************



HP Spectre 13-4100 x360は、今までにない豪華な筐体のしっかりしたパソコンである印象を持つ。人に見せたりするときには、いかにも豪華な感じである。

いわゆる見た目重視の2 in 1 パソコンでキラキラした薄型パソコンに似合わず、OCCTによる筐体テストに見るように、結構重い作業もこなすことができる強靱さは驚きであった。


又、放熱は筐体全体で放熱するようなので、夏場に重作業させるときは放熱シートが有効であるようだ。

しかしアルミ筐体を奢っているために、モバイルパソコンとしては、筐体そのものが実測として1491gもありACアダプターなどを加えるとかなり重い。


重いと感じる人は、2 in 1 パソコンにならないものの夏モデルのHP Spectreが良いかもしれない。

***********************************************


icon icon icon icon

*******************************

○筆者Syuunの目(ひとこと視点)

*******************************

 OCCTによる筐体性能検証により、単なる豪華な形状だけでなく結構動作が強靱だったことには驚いた。

*******************************

icon icon

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

|

« パソコンの新製品の出ない初夏の初め | トップページ | HP Pavilion 550-240jp/CT レビュー »

01.HPパソコン実機レビュー・ノート・デスク他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HP Spectre 13 x360 Limited Editionレビュー:

« パソコンの新製品の出ない初夏の初め | トップページ | HP Pavilion 550-240jp/CT レビュー »