« ポップアップストロボデュフューザーで見るAWB | トップページ | HP Pavilion x2 10-n100を使って見る »

2016年6月24日 (金)

Panasonic LUMIX DMC-LX100を使って見た

Lumixlx1005


************************
LUMIX DMC-LX100の概要
*************************

LUMIX DMC-LX100は、Panasonicが長年作り続けてきたLXシリーズというコンパクトデジタルカメラの最新版である。
最新版と言っても、発売されて1年半経過するので次期モデルの噂がある。
LXシリーズは、2年サイクルなので今年の秋口にはLX-200??というの後継機が出るかもしれない。
LXシリーズは、LX-5、LX-7と持っていて共に 1/1.7型のセンサーである。
LX-5がCCD、LX-7がCMOSでどういうわけか共に時代に乗り遅れた製品であった。
というのは、
LX-5は、読み出しの早いCMOSの時代にCCDを搭載。
LX-7は、CMOSセンサーが大型化している傾向なのに1/1.7型のセンサー。

Panasonicのカメラに関しては周回遅れである。


Lumixlx1004



それで満を持して投入されたのが、4/3型高感度MOSセンサー(LEICA DC VARIO-SUMMILUXレンズ)を搭載したコンパクトデジタルカメラLUMIX DMC-LX100。
デジタル一眼レフカメラ用のセンサーを載せたコンパクトデジタルカメラの流れに乗った一台である。
他社は、単焦点で画質にこだわった作りをしているのに、24-75mm(35mmカメラ換算)相当の3倍ズームという変わり種。
パナソニックでは当然のはずのタッチパネルなどは、1.0型20.1M 高感度MOSセンサー使用のDMC-TX1で登場している。

***********************************
LUMIX DMC-LX100購入経緯
***********************************

Lumixlx1001


Lumixlx1002


LX100が発売された後の2015年1月時点で、ネット価格最安値で85,000円程度、カメラ屋店頭価格で95,000円程度ととても買える価格ではなかった。
LXシリーズは買い続けているとはいうものの、そうはゆかない。
最近重いカメラを持つのが嫌になって、アナログ感覚の作りの良さを見てそれで安くなるのを待っていた。
それから1年経過した2016年2月に買える価格になったのでつい購入してしまったと言う代物。

***********************************
LUMIX DMC-LX100を使って見て
***********************************

4/3系のカメラというのは、使いこなすのに苦労するというのは毎回思っていることである。
パナソニックのLUMIX系デジタル一眼レフカメラは、癖があってお抱えカメラマンの様には上手く撮れない。
逆に言えば、プロの様なライティングをすればそれなりに撮れるという代物である。
しかし、仕事として写真を撮るわけではないので、というより仕事でプロが4/3系のカメラを使うと言うのはあまり聞かないから妙なものである。

●A-AのAUTO(Program)で使って見ると屋外の明るいところは「それなり」なのだが、
明るい室内だとF2.8-1/125(ISO200)とか、開放に近いF値と早いシャッタースピードというものになる。
1.0型センサーやRICOH GRIIIの1/1.7型センサーのように小さなセンサーだと、被写体深度が深いので開放でもシャープに撮れる。
しかし、4/3系のカメラだと真ん中周辺だけピントが合って、後はボケるということになる。


Lumixlx1003


それなので、最終的にM(マニュアル)で露出を決めていると言うことになった。
実際にそのように作られているから、そう言う意図なのかもしれない。

●ストロボは外部ストロボを使用して、いかにもストロボが効いたと言う写り。
しかし、うっかり設定を変えるとストロボが発光しないから妙なものである。

Lumixlx1006

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2016-02-21 13:02:18 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 10.9mm (35mm 換算焦点距離: 24mm)
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.0020 秒 (1/500)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

Lumixlx10013

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2016-02-28 14:48:15 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 19.3mm (35mm 換算焦点距離: 43mm)
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.0025 秒 (1/400)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)


●良い点
良い点は、妙なエンジンでカメラの中で加工しすぎないことであろうか。
逆に言えば、その時の色合いそのままに写る。
暗いシーンは暗く、明るいシーンは明るくである。
あとからAdobeLightroomで割合扱いやすい。

Lumixlx1007

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2016-02-21 13:48:06 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 10.9mm (35mm 換算焦点距離: 24mm)
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.0013 秒 (1/800)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

Lumixlx1008

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2016-02-21 14:12:31 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 10.9mm (35mm 換算焦点距離: 24mm)
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.0020 秒 (1/500)
ISO 感度: 200
露出補正値: +0.33 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)



その他、Q&Aで「逆光で暗く写る」
の答えは、「iA・インテリジェントオート」で撮るという

「カメラが自動で逆光を判別して、画像を明るくして、被写体が暗く写ってしまうことを防ぎます。被写体が人の場合は瞳・顔認識AFが働き、被写体の顔の明るさに合わせて露出を調節します。」

あとはマニュアル操作というわけである。

これで何とか撮って行くのだが、いつまで興味が持つのかは分からない。


Lumixlx1009

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2016-06-17 17:39:23 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 10.9mm (35mm 換算焦点距離: 24mm)
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.0040 秒 (1/250)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)


Lumixlx10010

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2016-06-17 17:40:14 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 12.5mm (35mm 換算焦点距離: 28mm)
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.0063 秒 (1/160)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

Lumixlx10011

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2016-06-17 21:40:17 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 15.9mm (35mm 換算焦点距離: 35mm)
絞り値: ƒ/2.3
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 1600
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

Lumixlx10012

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2016-06-17 21:43:32 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 10.9mm (35mm 換算焦点距離: 24mm)
絞り値: ƒ/1.7
露出時間: 0.020 秒 (1/50)
ISO 感度: 1600
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

詳細は、こちらを参照 icon

Photo

NEC Direct(NECダイレクト)

|

« ポップアップストロボデュフューザーで見るAWB | トップページ | HP Pavilion x2 10-n100を使って見る »

08デジタル一眼レフの世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Panasonic LUMIX DMC-LX100を使って見た:

« ポップアップストロボデュフューザーで見るAWB | トップページ | HP Pavilion x2 10-n100を使って見る »