« Windows10 USBインストーラーを作る | トップページ | HP Spectre 13 x360 Limited Editionレビュー »

2016年6月 2日 (木)

パソコンの新製品の出ない初夏の初め

Book1


昨今、6月だというのに5月か初夏のような天気が続いている。
その6月1日と言えば、その昔の学生時代では開学祭で休みだった。当時はなぜ6月1日なのか分からなかったが今はパソコンで調べると大学の沿革が載っていて直ぐに分かる。
ことは簡単で1949年(昭和24年)5月31日に新制大学として設置が認められ、翌6月1日に発足と言うことだった。
この6月1日というのは、休みだったのだが1-2年の教養時代は前述の開学祭だったから覚えているものの学部時代は、休みだったことさえ覚えていない。
実際は、「休みではなかったかもしれない」と思ったりもしている。

しかし、今は5月31日までに毎日書道展の作品を仕上げて表具屋に持って行くと言うことに集中して、「やっと終わった」と一息つくのが6月1日である。

書も今年はどんな紙(二双か三双紙か)を使うかと選んで紙を出してきたときに、作品の傾向が決まってしまうから、そのときのいろいろな気まぐれがある。

しかし、月末までの仕事を間に合わせた代わりにあと幾つかの仕事が手つかずで頭が痛い。


そして、余りよく見ていないパソコン雑誌も見てみると何だこれはという企画。
確かに少し前までは、5月頃に新型CPUが発売され、それに従ってマザーボードなどが並ぶから「新テクノロジー」とかいって話題に事欠かない。
しかし、2-3年前からこういうサイクルはなくなった。
現に年末年始に組み立てたPCのCPUは、現行製品が6シリーズになっているのに「Intel Core i7-4790Kプロセッサー」という4シリーズ。
従って、マザーボードのチップセットもMemoryも1世代前のものになるし、OSも評判の悪いWindows10ではなく何とか使えるようになった8.1。
時代に取り残されたのではなく、わざと旧世代で現状を維持しているという笑えないことである。



それでPC雑誌の企画は、「自作PC再生計画」。


読んでみれば、CPUが2シリーズくらいの製品ざっと言えば5年前くらいの製品の部品交換してと言うことである。
それでどんなものを交換するのかと言えば、


最新CPU+マザーボード+Memory+OS(Windows10)。

HDDの換装、SSD化、電源はどうするの?・・・と考えれば5年経つとHDDが何時壊れても不思議はないし、電源もへたっている。
残るはPCケースだけではないかという馬鹿なことになる。
それなら初めからPCを組んだ方がより効率的だろうと思う。

 

小生などは、HDDをSSDにして、その時代に合ったOSを組み合わせて再生しているのは以前に紹介したとおり。
実際に使って見て、充分早いしビデオカードもまだまだ使えるものを使用しているから結構最近のノートに比べれば高性能に仕上がっている。


多少Windows10の悪口を言っているのだが、Ver.TH2+Skylakeの組み合わせでテストしてみたところ
------未だレビュー記事は書いていない------ノート型とデスクトップ型とでは動作が違い、結構高負荷をかけても何ともない。
かなり省エネで発熱が少ない感じがする。


---------------------------------------------


サイバーリンクの詳細はこちらを参照!!!!! icon

2016_06_07


|

« Windows10 USBインストーラーを作る | トップページ | HP Spectre 13 x360 Limited Editionレビュー »

06.自作パソコンを作る・問題点を探る?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パソコンの新製品の出ない初夏の初め:

« Windows10 USBインストーラーを作る | トップページ | HP Spectre 13 x360 Limited Editionレビュー »