« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

GW2.5TL-U3/BK玄人志向ハードディスクケースを使って見た

Ssd_box1


梅雨明けの7月30日にヤマハMT-25が届いたので、慣らし運転のためにあちこち行ってみた。それで驚くのは、少し見ないうちに店がなくなったり全く違う風景になっていることである。
どんな店舗、商売でも何十年も続けるのは難しい。
実際最初の50CCバイクのストリーム、250CCバイクのスズキGF250S、ホンダリード90を買った店3店舗も個人の店舗だったから全てなくなった。
企業寿命は30年と言われていて、30年経つと代替わりするからそこで止めるか続けるかと言う選択に迫られる。
それでなくとも30年も経つとなにがしらの「垢」や「塵」が積もるもので、何の責任もなくても妙な問題が起こったりもすることがある。

いずれにせよ、125ccバイクでヨタヨタ行くようなところ、さすが250CCバイクだとあっという間に着いてしまう。

Ssd_box2


Ssd_box3


その着いた先がPCデポ。
土曜日だったので広告が入っているはずと思うが、バイクだからバッグに入るものしか買えない。
そこで買ったのが広告の品「玄人志向 2.5インチ USB3.0接続 ハードディスクケース GW2.5TL-U3/BK 」。
1,200円+消費税だからPC用品としては大きな買い物ではない。
それでRAIDに組んであった片割れのSSDをケースに入れて使って見た。
元々余り早くないSSDなのだが、普通に使えてしまう。
このSSDは、少し古いPC・2008年製ASUS P5Q-Eマザーボードでは何故か認識できなかったもの。
それでSamsung SSD 250GB 850 EVOを購入して再生したという曰く付き。

Ssd_box4


Ssd_box_2



しかし、ハードディスクケースに入れてみたら外付けSSDとして使えるから外付けストレージが増えてしまったことになる。
考えてみたら、250GBのTLC SSDは今や7-8,000円なので、ハードディスクケースに入れれば10,000円くらいの外付けSSDになるわけである。

Ssd_box5


****************
Windows10の無償アップグレードも29日で終了して、パソコンのツールバーの「Win」マークが消えている。
今にして思えば、この一年間のWindows10騒動は何だったのだろうかと思う。
Microsoftとしては、多くのOSのサポートが面倒だったからWindows10に統一させて経費削減を図ろうと思ったのかどうかは分からない。
しかし、Windows10は今までインストールされているMicrosoft製品を紐付けしたり、情報を取ったりと何やら胡散臭かった。
単純に言えば、有無を言わさずにWindows10にしてもらった方が都合が良いと言うわけである。
自作パソコン派としては、まだ使い切っていなかった残りのWindows8.1ProとWindows7のOSは持っていて、次回どれにしようかと思っている。
これでWindows8やWindows7のパソコンが増えてしまえば、Microsoftとしては具合が悪いわけで今後どうなるのかは全く未知数である。
自作パソコンでは、密かにWindows8やWindows7からWindows10に以前のようにアップグレードできるのではないかと何やら考えているが、その結果はいずれ分かるであろうと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月30日 (土)

YAMAHA MT-25を買ってみた

Mt251

***********************
買うまでの道のり
***********************

休止してあった自動車保険の期限が29年3月までと迫り、7月上旬から自動二輪を物色していた。
7月10日には、足があがらないのに試乗会に行って10年振りにバイクに乗ったりしていた。スポーツバイクの運転というのも身体が覚えていて、バイクにまたがると自然と運転できてしまう。
この試乗会では、カワサキのZ250SL(単気筒)やKTM(オーストリア)デューク250(単気筒)などに試乗したのだが、YAMAHA製は昔のイメージで毛嫌いして乗らなかった。

最近は、250CCクラスの安い軽二輪はほとんど東南アジア製で、今乗っているスズキ、アドレスV125G(GK7・排ガス規制前)キャンディホワイト(特別色)は、台湾製。
単気筒のNinja250SLのネイキッド版がZ250SLで、タイ製。
Ninja250の二気筒版は日本製で、海外製は単気筒が多い。
KTMデューク250も単気筒だからインド製で、ヨーロッパ製といいながら海外生産なので日本車と値段は変わらない。

昔乗っていたスズキGF250Sは4気筒という豪華な仕様で、単気筒のバイクというのは、乗ったことがない。
それでKAWASAKI Z250SLに乗ってみたのだが、どうも単気筒の作りが良くない。
軽く軽快だが値段が安いからかNinja250に比べて全体にコストダウンが目立つ。
完全デジタルのスピードメーターは、小さいし見にくい。

それに比べて、KTMデューク250は多少大柄で単気筒という癖が少ない。
ABSも標準でかなり効きが良い。
これは欲しいなと思ったが多少高め。

それで意を決して、7月23日の雨の降りそうな土曜日にアドレスV125Gのエンジンオイル交換をしにバイク屋に行ったついでに5軒ほどバイク屋を廻ってみた。(SOXとウイングは回り忘れた。)

廻った店は、今大人気のKAWASAKI製のバイクが多く「Ninja 250 ABS Special Edition」キャンディプラズマブルー×メタリックグラファイトグレーなどの展示車はかなり格好良かったのであるが・・・

Z250 ABSもNinja 250 ABSと変わらないし、中古車も結構高い。
KTMに行ってみると、展示車のデューク250が売約済み。

YAMAHA MT-25は、マットシルバー1(シルバー/ブルー)が展示してあるところがあった。
これでよいかと思ってアドレスV125Gを買ったところに戻って購入した。

初めは、展示車のシルバー/ブルーと思っていたのだが、お店の人が「レッドメタリック7」の方が良いですよというので、こちらにした。

Mt255


 

**************************
YAMAHA MT-25を買う決め手
**************************

Mt257



○クラッチがホンダ並に軽い。
○足つきが良い
○二気筒
○ライダー寄りのアップライトなポジション
○メーター類が安っぽくない。多機能。
○その他のヤマハ特有のデザイン
○それほど高価ではない。
○インドネシア製にしては、作りが良い。

Mt252

**************************
YAMAHA MT-25を乗ってみて
**************************


Mt253

 

Mt256

ヤマハのバイクは、昔何となく乗りづらい感じがあって敬遠していたのだが今回買ってしまった。
運転してみては、予想より快適で足つきも良く普通に乗れるのが驚く。
慣らし運転中なので高回転は回せないが、高回転のエンジンで昔の250CCに比べて馬力がない。
それなので7000~8000回転ぐらい回してやらないと昔の250CCの感じがない。
要するに昔の125CCのデカいヤツと言うところか。
それでMT-03の320CCの方が乗ってみて扱いやすいというのが良く分かる。

ギヤは、まだ堅くて慣らしているところだが段々癖が分かってきた感がある。
昔のスポーツバイクに比べて、いろいろと違いがあって取説を読んだりする必要がある。

アドレスV125Gに普段乗っているのだが、スピード感の違いに驚く感じがある。
昔からヤマハのバイクはデザインが良いので好きだったのだがなかなか買えなかったのは述べてきたとおり。

これで、漸くユーザーになれたというものであった。


Mt254

-------------------------
サイバーリンクの詳細はこちら icon

Cyber_2016_08_15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月29日 (金)

XPS 13・(9350)レビュー

Xps13_93508

***************************************
XPS 13(9350)のレビュー概要と目的
***************************************

XPS 13(9350)は、従来から「11インチノートパソコンのサイズ」で、「最先端の技術が集結した世界最小13インチノート(2015/3)」という説明がありこのXPS 13(9350)もその大きさを踏襲している。
このところは「世界最小の13インチ フレームレスパソコン、縁がわずか5.2mm。世界初となるフレームレスディスプレイを搭載。性能も外観も、驚異的。」と説明している。

今回レビューする機種は2015年秋に発表されたモデルで、機種としては冬モデルと思われるXPS 13プラチナである。
従い現行モデルとの違いは、CPU(内蔵グラフィックス)などが更新されている。

----------------------------------------------------
尚、XPS 13(9350)は販売店からの借用品である。

又、記事の図表その他の解釈は筆者個人の見解である。

--------------------------------------------------------------------
目次・XPS 13(9350)のレビュー
---------------------------------------------------------------------

○概要及びレビューの目的
○主な仕様
○外観・キーボード等
○基本性能
*WIN SCORE SHAREによるスコア
*SSDスピードについての解説

Xps13_93503


○グラフィックカード性能(Intel HD Graphics 5500)

*「HeavenBenchmark4.0」と「Valley Benchmark 1.0」
*HeavenBenchmark4、Valley Benchmark 1.0 FPS(当サイトでの参考測定結果)

○メディアカードスロット速度測定
○XPS 13(9350)を使ってみての感想

*************************************
XPS 13 XPS 13(9350)・レビュー
**************************************

Sysem

Hwinfo

**************************************
XPS 13(9350)の仕様実機は XPS 13 プラチナ
主要な仕様
*************************************************

■オペレーティングシステムWindows10Home (64bit)10586
■第6世代インテルCore i7-6500U, プロセッサー・2コア4スレッド(Launched/2.5GHz,インテルスマート・キャッシュ4MB/ ターボ・ブースト利用時の最大周波数3.1 GHz)
■マザーボード-:DELL 04HR02
●メモリ-8GB デュアルチャネル(8GB LPDDR3 1866MHz)
■PCIe接続の256GB NVMe PM951 NVMe SAMSU(RAID)
●グラフィックス・Intel HD Graphics 520
■13.3インチ型QHD+(3200x1800)のタッチパネル光沢液晶
○USB 3.0 x 2(1つはPowerShare対応)、メディアカードリーダー、ヘッドセットポート x 1、セキュリティケーブルスロット x 1、Thunderbolt 3/USB 3.1 Type-Cポート(兼用) x 1
○CNC削り出しアルミ加工、Corning Gorilla Glass NBT(QHD+タッチパネルのみ)
カーボンファイバ製のコンポジットパームレスト、ソフトタッチペイント仕上げ

*********************************************************************************

Xps13_935013


**************************************
XPS 13(9350)の外観
**************************************

*XPS 13(9350)のキーボード

Xps13_93507

キーボードは「フルサイズのキーボードの採用」してバックライトが標準搭載され(暗い環境でも快適なキー入力が可能)ている。
また、カーボンファイバ素材のパームレストと相まって滑りにくい。
元々全体が小さいので仕方がないところで、慣れれば打ちにくいと言うこともない。

Xps13_935018


*XPS 13(9350)の筐体外観は、質感が高く「削り出しアルミフレーム」、カーボンファイバの縒(よ)り素材でよく分かる、カーボンファイバ素材などか使われている。
また、パソコンは一体型になっていて、アクセスはできずメモリーはオンボードである。

Xps13_935015


Xps13_935014


Xps13_935016


Xps13_935012


Photo_2



Xps13_93509


Xps13_935010


Xps13_935011


Xps13_935017


 

****************************************
XPS 13(9350)の基本性能
****************************************

Winscore001


WIN SCORE SHAREによるスコアでは、内蔵グラフィックス・Intel HD Graphics 520が足を引っ張ってあまり高い数値を出していない。
しかし、元々動画編集やゲームをするという用途を想定していないモバイル用なので充分である。

Winscore002


Txbench


*Tx-BENCHによるSSD性能の説明

★シーケンシャル(Sequential Read/Write)
動画などのまとまったファイルを読み書きする時の指標で、「読み込み」は1535.913mB/sで読み出しは早いが、書き込みは312.660mB/sで多少遅い

★ランダム4KB QD1(Random4K Read/Write)
ここの数値が高いとシステムとして使用感が高い。
(参考 HDDでは、コンマmB/s以下0.7程度)

★ランダム4KB QD32(Read/Write)
ここの数値が高いと、起動が早い。
この数値から見るとおり、起動が爆速であることがわかる。
(参考 HDDでは、2mB/s以下)


Cystalssdspeed


この「PCIe接続の256GB NVMe PM951 NVMe SAMSU(RAID)」は、読み込みは早いが書き込みは高速なsATAのSSDには多少劣るようだが、実感としてはそういうことはない。

Photo

Xps13_93506

**********************************************
XPS 13(9350)
○グラフィックス性能(Intel HD Graphics 520)
**********************************************
「HeavenBenchmark4.0」と「Valley Benchmark 1.0」

------------------------------------------------------------------------

Cpuz

Gpuz



***************************************
■HeavenBenchmark4 (1600x900)
***************************************

Xps13_93501


■(HeavenBenchmark(DirectX 11)は、EXTREME設定、1600 x 900で測定)
(Intel HD Graphics 520)
FPS 5.3
Score 135(3.3~10.8)


Heaven

*************************
参考値HeavenBenchmark(当サイトでの参考測定結果)
*************************

○AMD Radeon HD R7 M265 2GB DDR3(7.0)/Score 175
    --Inspiron 15 5000 シリーズ(プラチナ)
○Intel HD Graphics 4400(3.8)/Score 95
    --Inspiron 13 7000シリーズ2 in 1
    --Inspiron 14 3000 (ベーシック)
○Intel HD Graphics 4400(3.7)/Score 93
○Intel HD Graphics (1.4)/Score 35
    --Inspiron 11 2 in 1

*****************************************************
HeavenBenchmark4 FPS(当サイトでの測定結果)
*****************************************************
・・・・NVIDIA® GeForceGTX680(44.3~46.7)

40*****

30****重いゲームでも快適
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GTX 660(29.1~30.5)※

25‥‥‥‥ELSA GLADIAC GTX 560 Ti mini(24.9)
↓‥‥……玄人志向・GeForce-GTX560-E1GHD/SHORT(22.0)

20****軽いゲームなら快適‥‥玄人志向・RD-HD6870/OC(20.8)※
↓‥‥‥‥SAPPHIRE VAPOR-X HD7770 GHZ EDITION(19.4)
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GT 755M・DDR5(15.1)
15‥‥‥‥玄人志向・GF-GTX650-E1GHD(14.9)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 750M・DDR5(12.5)
10・・・・NVIDIA GeForce GT 750M・DDR3(9.7~10)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 840M・DDR3(8.3)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 740M・DDR3(6.4)

****************************************
Valley Benchmark 1.0 FPS測定結果
****************************************

Xps13_93505



設定■
★Direct3D11
★1920×1080 fullscreen
★Extreme HD

------------------------------------------------
Intel HD Graphics 520--(3.9/164/2.5~7.2)

Xps13_93504



----------------------------------
Valley Benchmark 1.0参考測定値
----------------------------------------

以下、自作機で筆者が所有************
GIGABYTE Geforce GTX660 2GB GV-N660OC-2GD/A---(33.4/1314/16.5~57.7)
ELSA (GeForce)GLADIAC GTX 560 Ti mini---(24/1004/11.3~79.2)
玄人志向・RD-HD6870/OC---(21.7/908/6.0~39.4)
Intel HD Graphics 5500--(3.9/164/2.5~7.2)

**************************************
★カードリーダー
**************************************

メディアカードスロットは、Benchmarkの通り高速なものでストレスがない。

Ssduhs1


Sdhc3


Xps13_935013_2

Spccy



******************************************
XPS 13(9350)を使ってみての感想
******************************************

XPS13は、従来の11インチ型ノートパソコンのサイズで13インチ型ノートパソコンを実現した小型のものということをXPS13(9350)でも踏襲している。
そして、従来からのカーボンファイバ素材だけでなく、新しい機能を取れ入れている。
レビュー機のXPS13(9350)プラチナは、PCIe接続の256GBSSDを搭載してより使い易くなっている。

 

堅牢で、小型のモバイルパソコンを狙っているのなら一つの選択肢になると思われる。
特に、セールをしているときだと安く買えることがある。


デル株式会社 デル株式会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月26日 (火)

飯沼恵鳳先生の揮毫 第68回毎日書道展・会員賞受賞作家揮毫会をCyberLink PowerDirector 14で編集4

Photo


「今週末は丑の日」というメルマガがスマホから飛び込んでくる。
「鰻重」「うな丼」はどこかと思ったら某外食チェーン。
しかし、そのウナギは中国産だと思って、テレビで放映された養殖映像を思い出してげっそりする。
思えば、今でも福新漬けやラッキョウは中国野菜を使っているから年中、毒を喰っているのかと嫌な気がする。
その「うな丼」に関しては、なぜか幾つかの思い出ある。
その初めは、中学二年の時に法事を家でやってそのときの会食用にうな重を家で取ったことである。
今ではお寺で法事をやってホテルのレストランなどで会食をするのだが昔はみんな自宅でやったものである。
実を言えばその時自分の「うな丼」は食べなかった。
何となく食べたくなかったというか、お腹が空いていなかったというか食べる気がしなかったのである。
それでも何も食べなければお腹が空くもので、何か食べようと思ったら喰われていた。
それでうな丼にはトラウマがあるようで、上手(うま)いうな丼というのは2-3回ぐらいしかであったことがない。
それは単に自分で金を出してまで食べなかったということにつきるが、いつも思い出すものである。

それにしてもここのところ物入りで、家族があれこれと要求してくるからストレスはたまるいっぽう。
それで「欲しいものがあったら今のうちに買っておけ--老い先は分からない」と友人は言うが先立つものはなけなしの分。
困ったものである。

***************************
それで今回は、書道芸術院というのとで標記の飯沼先生の揮毫風景を編集した。
実は、同じ書道芸術院だといっても東北在住らしいので全く知らない。
第68回毎日書道展会員賞は、共に東北なので同様である。

動画は、17分。
揮毫風景が長いのと、映像のホワイトバランスを多少変更したので書き出しにかなり時間が掛かった。--と言っても今のパソコンは高性能なので40分ぐらいである。

-------------------------
サイバーリンクの詳細はこちら icon

Cyber_2016_08_15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月21日 (木)

そ右津安輝子先生の揮毫 第68回毎日書道展・会員賞受賞作家揮毫会をCyberLink PowerDirector 14で編集3

Photo


会員賞受賞作家揮毫会の動画編集は、マルチカム(二台以上のカメラで同時撮影)になった部分から編集している。
実のところ動画を撮れる人が別の角度で撮ってくれると良い映像になるのだが、そうも行かない。
しかもカメラの性能でも、ビデオカメラが良いのかデジタルカメラの動画映像が良いのかよく分からない。デジタル一眼レフのCanonEOS5だと、実際にプロが映画を撮っているくらいだからデジタルミラーレスカメラでも遜色ないはずなのだけれど。

今回は、前衛部門でいつもの通り奎星会(けいせいかい)の先生。
前衛部門ではこの奎星会と書道芸術院しか団体がないから必ずどちらかの先生になるのだが、奎星会の先生の方が受賞者が多いのでほとんど奎星会になっている。
こういう前衛の揮毫会では、普段見せないテクニックや「企業秘密」を明かしたりするので必見である。


動画の最後に、司会者である奎星会の丸尾先生が「墨ではないでよね」と質問している。(12分9秒)

しかし、映像では墨が飛ばないようにした保護紙を片付ける音にかき消されてよく分からない。
丸尾先生補足で「ペンキ、絵の具のようなもの」と発言していた。
奎星会では、こういう真っ黒な作品を作るときには「墨にポスターカラー」を混ぜると聞いたことがあり、そんなものであろうと思われる。

 

墨を使うと黒くならなかったり、乾きが悪くて実用にならないとか滲(にじ)んでしまうとか色々とあるのだろうと想像する。

尚「そ右津安輝子」先生の「そ右津」の「そ」の文字はないので平仮名で表現している。


サイバーリンクの詳細はこちらを参照!!!!! icon

2016_7_30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月19日 (火)

Portable SSD Z2 256GB [NC Z2-256GB-G3] を買ってみた

Netac7


2016年春に小型ポータブルSSDがNetac Technology(China)から発売されていた。
こういうゲテモノの輸入業者は、上海問屋かと思ったら(株)磁気研究所であった。
近年パソコンに組み込むSSDが大幅に値下がりして、以前は安価なハードディスクでパソコンを再生すると言うことをしていた。
しかし、高速なSSDが安価になったから一挙に換装して古いパソコンが蘇ったりする。
特に最近では、「16nm TLC NANDのフラッシュメモリー」などが使われて一挙に半値になったりしている。
このPortable SSD Z2シリーズの256GBモデル「NC Z2-256GB-G3」は、NANDフラッシュのMLC NANDが使われている(コントローラはSMI製)といい、ある程度の信頼性を確保している。

Netac1_2



Netac2

Netac3

Netac4

Netac_f01


Netac_f02


Netac_back


それで「公称転送速度はリードが420MB/s、ライトが370MB/s」となっているのでテストしてみた。
実際の測定数値と、公称転送速度との互換性がないので正確な比較はできないが公称転送速度は出ているようである。
これもWindows8.1とWindows7などでは、USB3.0のControllerの性能に依存するので違った数値が出る。
Windows7の方が個別のドライバーを使っているので遅いと言うことが分かる。

Netac_win7

磁気研究所Netac Z2 USB3.0 外付SSD 256GB NC Z2-256GB-G3


逆に言えば、Windows7のUSB3.0は遅いと言うことが分かった。
筐体はアルミ製で実測値は、53g、ケーブルを入れて64g(67.4×67.4×9.8mm)。

Netac5


Netac6

実際にBenchmarkソフトを動かしてみると、USBメモリーの様に結構発熱をする。
しかし、普段USBに挿しておいた時は、USB3.0のメモリーほど発熱するものではないようだ。


Netac Z2 USB3.0 外付SSD 256GB NC Z2-256GB-G3 icon icon icon

ひかりTVショッピング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月17日 (日)

佐藤節子先生の揮毫 第68回毎日書道展・会員賞受賞作家揮毫会をCyberLink PowerDirector 14で編集2

68_02


本日平成28年7月17日(日)は、第68回毎日書道展の表彰式・祝賀会である。
陳列部の委員を外れてから毎年参加していたのだが、今年は身体の具合が悪いので欠席することにした。それで賞に関係しているわけではないので、欠席したからと言ってどうと言うことはない。
普通は、自分の社中のお弟子さんが入賞しているのでその関係から出席していると言うわけである。
ところが今年は、うちの方は間違って落選させてしまったので表彰式すらない。
そんなわけで、表彰式祝賀会の写真も動画もないことになった。

CyberLink PowerDirector 14で編集1は、席上揮毫も無かったので2で「かな部門」の佐藤節子先生の揮毫風景である。
今回は、何故か二台のカメラで撮っていたのでマルチカムという方法で編集出来た。
但し、二台目が+0.7補正になっていたらしく露出オーバーでノイズが多い。
とにかく、ぶっつけ本番なので仕方がない。

それと、6月にパソコンのメモリーを16GBにした。
動画編集でどのくらい影響があるかと言えば、エンコードやレンダリングなどが多少早くなったかという感じがするところである。
この辺の実証的な検証は中々出来ないと言うところでもある。


サイバーリンクの詳細はこちら icon

7_16


パソコン工房 2016 SUPER SUMMER FESTA

パソコン工房 CrioSmartLock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月16日 (土)

于右任先生遺墨展並びに高崎書道会役員展・開催される

18


平成28年7月1日~6日まで、高崎シティギャラリーにおいて標記の書展が開催された。
主催・高崎書道会・会長 天田研石。
平成28年6月27日~7月29日まで、高崎信用金庫本店ギャラリーにおいて「金澤子卿遺作展」が開催されているのに呼応している。
作品は、高崎書道会役員作品51点他、2開場で開催された。


1

カメラメーカー: NIKON CORPORATION
カメラモデル: NIKON 1 J5
レンズ: 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM
撮影日時: 2016-07-03 12:16:58 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 10mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/5.0
露出時間: 0.033 秒 (1/30)
ISO 感度: 1600
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: 絞り優先 (セミオート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

17


19


20


3


4


5

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2016-07-03 12:24:25 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 14.4mm (35mm 換算焦点距離: 32mm)
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.050 秒 (1/20)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: マニュアル
露出モード: マニュアル
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

6


8


9


10


11

12


13


14

16

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2016-07-03 12:31:06 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 34mm (35mm 換算焦点距離: 75mm)
絞り値: ƒ/2.8
露出時間: 0.0080 秒 (1/125)
ISO 感度: 1600
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

15


2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月15日 (金)

第68回毎日書道展・会員賞受賞作家揮毫会をCyberLink PowerDirector 14で編集1

68_01


先日Blu-rayレコーダーの調子が悪くなったので、買い換えてくれという話が突然家族からあった。それはどうもHDDから異音がするというような話で、寿命が近いらしいとネットで調べたという。
買い換え機種は、使い方が分かっている今のSONY製のBlu-rayレコーダーが良いとの注文。
それでネット上でどんなものがあるのかと探してみると、平成28年4月発売の最新型    
SONY BDZ-ZW1000~は何と「悪評」ばかり。
価格コムのレビューは工作員が入っているので、注意しないとならないところもあるものの、レビューは、Amazon、ヨドバシカメラ(実際の購入者)と調べてみたがどれも同じ。

それで価格は、この秋にモデルチェンジするPanasonic製と同じぐらいまで落ちているように人気がない。

要するにUI(ユーザーインターフェイス)という使い方を全く変えてしまったことによるようである。
それだけでなく操作方法の簡素化による編集機能の制限や、情報を多く取り込むためによる操作の遅延など色々あるようである。

旧型のSONY BDZ-EW1200やSONY BDZ-EW520は「売れ筋ランキング」1位、2位を分け合っていたのに不思議なものである。

そんなわけで旧型のSONY BDZ-EW1200を買うことにしたのだが、今や逆に人気が出て新製品同様の価格になっているのがつらいところ。
PanasonicだとB-CASカードの形から操作方法ので全く違うので次回までの課題とした。
それにしても、Web上でSONYのBlu-rayレコーダーのバナー広告が数多く見られるというのは、そういうことだったのかと納得するものである。

**********************
それはそうと標記の「第68回毎日書道展・会員賞受賞作家揮毫会」9日土曜日には足が痛くてびっこを引きながら何とか行ってきた。
帰ってきて、足全体が腫れてかなり酷くなった。6月末ぐらいには直るかと思い、7月7日の七夕の写真を撮りに行った後から痛みが再発してこの有様であった。
そんなことで席上揮毫会の動画編集も滞り気味で、何とか少しずつである。
それから一週間経(た)ち、足の感じが随分と違う。今まで違うように何かを庇(かば)って歩いていたようなところがあったのだろう。
だから、17日の講演会、表彰式、レセプション、他の展覧会の観覧は中止することにした。
行ってくれば、また症状が再発して1-2週間治療が長引くというものである。

今年の会員賞受賞作家揮毫会は、1作品の制作で解説の方が長い。
伝統書系では、会員賞を取った作品を再現するという方法をとるので何十枚も書いた作品だからお手の物であろう。
しかし、近代詩文や前衛だと毎回違うから結構大変なところがあるという感じである。

まずは、揮毫者紹介から


サイバーリンクの詳細はこちら icon

7_16


パソコン工房 2016 SUPER SUMMER FESTA

パソコン工房 CrioSmartLock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月10日 (日)

第68回毎日書道展・席上揮毫会等観覧

686


第68回毎日書道展 国立新美術館・前期展が始まった。
7月6日より始まったので9日土曜日は、会員賞受賞作家席上揮毫会もあって一つのピークである。しかし、梅雨とはいうものの割合と雨脚が強い日でもあった。
1階ではルノワール展も開催されていたのでそれなりの賑わいであった。

「会員賞受賞作家席上揮毫会」は、12時40分開場で12時過ぎに並んだのでほぼ一番で開場に入れた。
しかし、驚いたのは、席上揮毫会の前の席全てに物が置いてあって場所取りされていたことである。
それで後から入ってきた人たちがそこに座るというのは、揮毫の関係者だからといっても異常なことである。
それでも2~3席ほど空いた(物を退かした)ので何とか撮影位置に座れたのは良かった。
14時30分頃に終了。
銀座で行われている展覧会に都合によれば寄ろうかと思った。
ところが雨が強かったのと、足が痛いのでやめにした。
それにしても今年の書芸院の会員賞は大方東北地方の先生だったので、面識のない全く知らない人だった。

6812


684


6815


683


685

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2016-07-09 11:19:52 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 10.9mm (35mm 換算焦点距離: 24mm)
絞り値: ƒ/3.5
露出時間: 0.0080 秒 (1/125)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

681


682

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2016-07-09 11:09:08 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 22.7mm (35mm 換算焦点距離: 50mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.010 秒 (1/100)
ISO 感度: 320
露出補正値: +0.33 EV
測光方式: マトリックス
露出: 絞り優先 (セミオート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)


6813


687


688


6814

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-G6
レンズ: LUMIX G VARIO PZ 45-175/F4.0-5.6
撮影日時: 2016-07-09 13:33:47 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 59mm (35mm 換算焦点距離: 128mm)
絞り値: ƒ/4.5
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 1250
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)


689


6810


6811

サイバーリンクの詳細はこちらを参照 icon

Neccoupon1

パソコン工房 2016 SUPER SUMMER FESTA

パソコン工房 CrioSmartLock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 7日 (木)

前橋七夕まつりをLUMIX G 25mm F1.7 ASPHで撮る。

20168


平成28年7月7日~10日まで前橋市の三大祭りの一つである七夕祭りが始まった。
その昔は盛大だったのだが、中央商店街もシャッター通りになったためになんとかやっているという感じになっている。
本日7日では、まだ制作中であるとか飾り付けの真っ最中だったりしているので、かなり寂しい雰囲気である。
今回は、最近購入したカメラレンズのテストとして撮ってみた。
使ったレンズは、

●LUMIX G 25mm F1.7 ASPH. H-H025-K

●HD PENTAX-DA 16-85mm F3.5-5.6 WR

これらのレンズは、アウトレットでレンズキットをバラしたレンズなのでかなり安い。

ここのところ良いレンズがないと思っていた矢先に、八百富写真機店のアウトレットをのぞいていたらペンタックス HD PENTAX-DA 16-85mm F3.5-5.6 WR というPENTAXのレンズキットをバラしたレンズが売っていた。
履歴を調べてみると約1年前からこのアウトレットが出ていたらしく、59,800円(送料なし)から1年掛けて50,800円~52,800円(税込・送料込)程度まで下がってきたようだ。

PENTAXでは、良くやることがあるもので何年か前にPENTAX K-5のレンズキットのレンズなしアウトレットを購入したことがある。
その後同じアウトレットで、入っていなかったレンズを買ったりしてこれなら初めからレンズキットを買えば良かったと言うものであった。

このPENTAXの件は後にすることにして、同じ八百富写真機店のアウトレットで「LUMIX G 25mm F1.7」が20,000円弱で売られていた。
それがボーナスサンデーを過ぎると15,000円台に下がっているからビックリ。
但し、アウトレットだから「白箱」というキットレンズのばらしかメーカーから促販用にでて来たようなもの。
実際に、ビックカメラ.comやヨドバシカメラ.comでは、正規品が¥19,260(税込)の1,926ポイント(10%還元)なのでこちらの方が安心できるかもしれない。
しかし、どこも在庫なし。

そう言う中で「荻窪さくらや」で15,000円を切って売っていたので安さにつられて買ってしまった。送料が1,050円付いたから15,000円で多少おつりが出た程度である。

実際に写真を撮ってみると、LUMIX G 25mm F1.7ではカメラ背面の液晶画面でハッキリわかるくらいの違い。
PENTAXの方は、元々smc PENTAX-DA 18-270mmF3.5-6.3ED SDMがそこそこ良かったのでは現状差異は分からず。


●LUMIX G 25mm F1.7 ASPH. H-H025-Kで撮る


20162


カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-G6
レンズ: LUMIX G 25/F1.7
撮影日時: 2016-07-07 11:51:27 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 25mm (35mm 換算焦点距離: 50mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.0020 秒 (1/500)
ISO 感度: 160
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

20165


20169


20168_2

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-G6
レンズ: LUMIX G 25/F1.7
撮影日時: 2016-07-07 11:52:46 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 25mm (35mm 換算焦点距離: 50mm)
絞り値: ƒ/3.5
露出時間: 0.0025 秒 (1/400)
ISO 感度: 160
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

201610


201611


201612


201614


201615


20161

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-G6
レンズ: LUMIX G 25/F1.7
撮影日時: 2016-07-07 11:51:22 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 25mm (35mm 換算焦点距離: 50mm)
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.0008 秒 (1/1250)
ISO 感度: 160
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)



●HD PENTAX-DA 16-85mm F3.5-5.6 WR


20163


カメラメーカー: RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
カメラモデル: PENTAX K-3
撮影日時: 2016-07-07 11:51:36 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 21mm (35mm 換算焦点距離: 31mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.0020 秒 (1/500)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: 絞り優先 (セミオート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

20164

カメラメーカー: RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
カメラモデル: PENTAX K-3
撮影日時: 2016-07-07 11:52:19 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.0040 秒 (1/250)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: 絞り優先 (セミオート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

20166

カメラメーカー: RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
カメラモデル: PENTAX K-3
撮影日時: 2016-07-07 11:52:36 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 16mm (35mm 換算焦点距離: 24mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.0025 秒 (1/400)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: 絞り優先 (セミオート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

20167


201613

カメラメーカー: RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
カメラモデル: PENTAX K-3
撮影日時: 2016-07-07 11:56:36 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 85mm (35mm 換算焦点距離: 127mm)
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.0080 秒 (1/125)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: 絞り優先 (セミオート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)


201616

サイバーリンクの詳細はこちらを参照 icon

2016_07_01

サイバーリンクの詳細はこちらを参照 icon

2016_07_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 6日 (水)

金澤子卿遺作展「逆境に負けず、至高の境地を拓いた文人書家」

1


平成28年6月27日~7月29日まで、高崎信用金庫本店ギャラリーで標記の金澤子卿遺作展が開催されている。

遺作展では、前期(右手)・後期(左手)の作品を左右の展示会場に分けて展示されている。

ここで左手とは、病魔によって右手がきかなくなった後に左手で作品を仕上げたものである。

右手作品18点、左手作品24点。

又同時期の7月1日より6日まで、高崎シティギャラリーにおいて、「于右任先生遺墨展並びに高崎書道会役員展」が開催された。

★右展示室・右手作品


2


3


4


5


6


7


8


9


10

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: ILCE-7
レンズ: FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
撮影日時: 2016-07-04 11:25:54 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 28mm (35mm 換算焦点距離: 28mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 640
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

12


13


14


11



★左展示室・左手作品

1_2


2_2


4_2


3_2


5_2


6_2


7_2


8_2


9_2


10_2


11_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 5日 (火)

LAVIE Direct HZのWindows7モデルもあと僅か

Nec1

<<<<7 月8日coupon更新

Windows10の無料アップグレード終了まであと一か月を切るような時期になった。
最近では、Win10のポップアップがうるさいが無視である。
その一方でWindows7をインストールして再生したパソコンが今年になって2台。Windows10まで、まだまだたどり着けない状況である。
メーカー製パソコンのWindows7モデルも少なくなりつつある。
それは、基本的に第5世代インテルプロセッサーを使っているモデルにWindows7モデルが多くて、第6世代になるとWindows10になってしまう。

そこで以前からチャックしているLAVIE Direct HZを見ると

「2015年秋冬モデル LAVIE Direct HZ WQHD液晶モデル (Core i5搭載) Windows7 インストールサービス」というのが残っていた。

Nec_hz_win764

NEC Direct(NECダイレクト)

********************************************************************
2015年秋冬モデル LAVIE Direct HZ WQHD液晶モデル (Core i5搭載) 
*********************************************************************

■CPU:第5世代 インテルCore i5-5200U プロセッサー
2.20GHz(インテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0に対応:最大2.70GHz)
■OS     Windows 7pro SP1(Windows10proからダウングレード)

メーカー説明
「再セットアップ用メディアについて
 Windows 10 Pro (ベースOS)と、Windows 7 Professional(インストールOS)の、それぞれの再セットアップ用メディアを標準添付しています。ご購入後に、Windows7 Professional から Windows 10 Pro へ再セットアップを行い使用することができます。」
 

■ディスプレイ     13.3型ワイド LED液晶 (WQHD 2560×1440ドット)
■ボディカラー     ストームブラック
■メモリ : 4GB(DDR3L SDRAM/オンボード 4GB、PC3L-12800対応)/4GB
■グラフィックス : インテルHD グラフィックス 5500(CPUに内蔵)
■★SSD 約128GB SSD (Serial ATA接続)
■光学ドライブ :なし
■高速データ転送のUHS-II対応SDカードスロット
■高音質で楽しめるヤマハ AudioEngine™を標準搭載
■319(W)×217(D)×16.9(H)mm
■バッテリ リチウムポリマーバッテリ (標準)
■ワイヤレス通信 11ac(867Mbps)対応ワイヤレスLAN (IEEE802.11ac/a/b/g/n) + Bluetooth® Ver4.0
■カメラ Webカメラ
■保証     1年間保証
上記までがパソコン本体を対象としたクーポンの適用範囲。

■★ キャンペーン商品
トランセンド USB3.0対応USBメモリ 64GB 「JetFlash」 700
TS64GJF700

Nechzwin764001

*************************************
商品合計     \114,600
(内クーポン値引き\-36,200)
送料     \0
小計     \114,600
消費税(8%)     \9,168
合計金額     \123,768
***************************************


SSDが128GBしか選べないのがつらいが、売れ残り品だから仕方がない。
それにしても
Windows10 Pro と、Windows7 ProfessionalのOSが付いてくるというのは結構お得な気がする。

*************************************


NEC Direct(NECダイレクト)LAVIE Direct HZ NEC Direct(NECダイレクト)



Windows10+SSD512GBが良いのならOUTLETか夏モデルになる。
アウトレットだと、
<2015年秋冬モデル LAVIE Direct HZ WQHD液晶モデル (Core™ i7搭載)>

7_7nec40002



Necout

インテル® Core™ i7-5500U プロセッサー (2.40GHz)
8GB(オンボード・デュアルチャネル対応)
Office Home & Business Premium プラス Office365サービス
約512GB SSD (PCIe接続)

これで早い者勝ち。

**************************************

▼ パソコン全モデル
クーポン 有効期限: 7月14日(木)15時まで

NAK-355-654-WBHC

春モデルだと

Neccoupon




********************************************************************
2016年春モデル LAVIE Direct HZ WQHD液晶モデル (Core i5搭載) 
*********************************************************************

Nec_hz_2


■CPU:第6世代 インテルCore i5-6200U プロセッサー2.30GHz
■OS    Windows10 Home

■ディスプレイ     13.3型ワイド LED液晶 (WQHD 2560×1440ドット)
■ボディカラー     ストームブラック
■メモリ : 4GB(DDR3L SDRAM/オンボード 4GB、PC3L-12800対応)/4GB
■グラフィックス : インテルHD グラフィックス 5500(CPUに内蔵)
■★SSD 約256GB SSD (Serial ATA接続)+14,000
■光学ドライブ :なし
■高速データ転送のUHS-II対応SDカードスロット
■高音質で楽しめるヤマハ AudioEngine™を標準搭載
■319(W)×217(D)×16.9(H)mm
■バッテリ リチウムポリマーバッテリ (標準)
■ワイヤレス通信 11ac(867Mbps)対応ワイヤレスLAN (IEEE802.11ac/a/b/g/n) + Bluetooth® Ver4.0
■カメラ Webカメラ
■保証     1年間保証
上記までがパソコン本体を対象としたクーポンの適用範囲。

■★ キャンペーン商品 その他

Nechz2


商品合計     \138,200
内クーポン値引き\-22,600

 

送料     \0
小計     \138,200
消費税(8%)     \11,056
合計金額     \149,256

*******************************************

Nec_hz

*****************************************

2016年2月では

*****************************************

2015年秋冬モデル LAVIE Direct HZ WQHD液晶モデル (Core™ i5搭載) 
145,692円であった。
違うのは、大きくはCPUとチップセットの違いである。


Nec0011

*******************************************************
NEC Direct価格: 158,800 円(税別) (送料)
税込****171,504円
*******************************************************


16%Off

***********************************
145,692円になる。
***********************************


NEC Direct(NECダイレクト)LAVIE Direct NS(e)

NEC Direct(NECダイレクト)

Nec0031

Lavez07

LAVIE Direct HZ [Hybrid ZERO]

NEC Direct(NECダイレクト)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 4日 (月)

第33回榛陽会かな展を観覧

201623


7月初旬は、多くの展覧会が開催されて花盛りである。
榛陽会(代表・石原春香、事務局・武井汀舟)では、恒例の「榛陽会かな展」が高崎シティギャラリーで開催された。
会期は、平成28年7月1日(金)~4日(月)
出品者は、62名で約130点の作品が展示されている。

201624


「第30回記念榛陽会かな展」、「第32回榛陽会かな展」の記事を見てみると展覧会の変遷がよく分かるように、毎年特別企画をしている。
第33回展では、短冊ではなく色紙に
郷土の代表歌人であり、万葉学者の土屋文明の短歌を課題として約60点を展示している。

201618

201620


第30回記念 榛陽会かな展 を観覧する(榛陽会会長 石原春香)

http://syuun.way-nifty.com/blog/2013/06/30-3ec0.html

第32回榛陽会かな展・高崎シティギャラリーで開催

http://syuun.way-nifty.com/blog/2015/07/32-bd0e.html


201625


20167


201630


20169


20168


201626


201621


20166


201614


20164


20165


201612


201613


201610


201611


201616


201617


201619_2


201627


201628


201622


20163


20162

カメラメーカー: NIKON CORPORATION
カメラモデル: NIKON 1 J5
レンズ: 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM
撮影日時: 2016-07-03 11:29:19 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 10mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/3.5
露出時間: 0.0013 秒 (1/800)
ISO 感度: 160
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)


会場に到着したのは日曜日の午前中だったのだが、高崎フリーライブが高崎音楽センターの前の高崎・もてなし広場(旧市役所跡)で開催されており大混雑であった。
高崎市出身の布袋寅泰氏のフリーライブを行ったので、25,000人の大観衆だったとか(上毛新聞記事)。


20161


201629

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2016-07-03 12:53:02 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 22mm (35mm 換算焦点距離: 49mm)
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.0010 秒 (1/1000)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: 風景
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)


NEC Direct(NECダイレクト)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 2日 (土)

荒井徳峰先生遺墨展を観覧

3


前橋市のベイシア文化ホール(県民会館)で、標記の遺墨展が開催されている。

会期は、平成28年7月1日~3日まで。

主催は、「赤城書の友会」(会長・実行委員長・星野紫山)。

作品は、86点もの多くの作品で屏風から軸物まで数多く展示されている。

荒井徳峰先生は、旧富士見村(前橋市)の出身で長年小学校の教諭を務める傍ら、赤城書の友会を創設(1956年)したとある。

群馬県で書道を習ったことがある人は、「赤城書の友会」の競書誌は見たことはあるはずであるし、群馬県書道展などの重鎮として活躍した。

会場は、多くの花で埋め尽くされて大変華やかな感じがある。

筆者の師承、横堀艸風先生の遺墨展の時は、富士見のプレハブ倉庫にあった作品の大半にカビが出でほとんど使えなかったと記憶する。
こういう作品群を良く管理するというのも中々大変なものだと感心するものでもあった。

15


7


8


5


13

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2016-07-02 16:06:30 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 13.9mm (35mm 換算焦点距離: 31mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.033 秒 (1/30)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: マニュアル
露出モード: マニュアル
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

6


12

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2016-07-02 16:04:24 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 12.1mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.025 秒 (1/40)
ISO 感度: 500
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: マニュアル
露出モード: マニュアル
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

10


11

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2016-07-02 16:04:07 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 10.9mm (35mm 換算焦点距離: 24mm)
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.025 秒 (1/40)
ISO 感度: 500
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: マニュアル
露出モード: マニュアル
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

16


18


19


20


22


9

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2016-07-02 16:02:28 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 21.3mm (35mm 換算焦点距離: 47mm)
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.025 秒 (1/40)
ISO 感度: 500
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: マニュアル
露出モード: マニュアル
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

17

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X10
撮影日時: 2016-07-02
焦点距離: 7.1mm
絞り値: ƒ/2.0
露出時間: 0.0083 秒 (1/120)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

21


14


4


2


1

サイバーリンクの詳細はこちらを参照 icon

2016_07_01

サイバーリンクの詳細はこちらを参照 icon

2016_07_02


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »