« 金澤子卿遺作展「逆境に負けず、至高の境地を拓いた文人書家」 | トップページ | 第68回毎日書道展・席上揮毫会等観覧 »

2016年7月 7日 (木)

前橋七夕まつりをLUMIX G 25mm F1.7 ASPHで撮る。

20168


平成28年7月7日~10日まで前橋市の三大祭りの一つである七夕祭りが始まった。
その昔は盛大だったのだが、中央商店街もシャッター通りになったためになんとかやっているという感じになっている。
本日7日では、まだ制作中であるとか飾り付けの真っ最中だったりしているので、かなり寂しい雰囲気である。
今回は、最近購入したカメラレンズのテストとして撮ってみた。
使ったレンズは、

●LUMIX G 25mm F1.7 ASPH. H-H025-K

●HD PENTAX-DA 16-85mm F3.5-5.6 WR

これらのレンズは、アウトレットでレンズキットをバラしたレンズなのでかなり安い。

ここのところ良いレンズがないと思っていた矢先に、八百富写真機店のアウトレットをのぞいていたらペンタックス HD PENTAX-DA 16-85mm F3.5-5.6 WR というPENTAXのレンズキットをバラしたレンズが売っていた。
履歴を調べてみると約1年前からこのアウトレットが出ていたらしく、59,800円(送料なし)から1年掛けて50,800円~52,800円(税込・送料込)程度まで下がってきたようだ。

PENTAXでは、良くやることがあるもので何年か前にPENTAX K-5のレンズキットのレンズなしアウトレットを購入したことがある。
その後同じアウトレットで、入っていなかったレンズを買ったりしてこれなら初めからレンズキットを買えば良かったと言うものであった。

このPENTAXの件は後にすることにして、同じ八百富写真機店のアウトレットで「LUMIX G 25mm F1.7」が20,000円弱で売られていた。
それがボーナスサンデーを過ぎると15,000円台に下がっているからビックリ。
但し、アウトレットだから「白箱」というキットレンズのばらしかメーカーから促販用にでて来たようなもの。
実際に、ビックカメラ.comやヨドバシカメラ.comでは、正規品が¥19,260(税込)の1,926ポイント(10%還元)なのでこちらの方が安心できるかもしれない。
しかし、どこも在庫なし。

そう言う中で「荻窪さくらや」で15,000円を切って売っていたので安さにつられて買ってしまった。送料が1,050円付いたから15,000円で多少おつりが出た程度である。

実際に写真を撮ってみると、LUMIX G 25mm F1.7ではカメラ背面の液晶画面でハッキリわかるくらいの違い。
PENTAXの方は、元々smc PENTAX-DA 18-270mmF3.5-6.3ED SDMがそこそこ良かったのでは現状差異は分からず。


●LUMIX G 25mm F1.7 ASPH. H-H025-Kで撮る


20162


カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-G6
レンズ: LUMIX G 25/F1.7
撮影日時: 2016-07-07 11:51:27 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 25mm (35mm 換算焦点距離: 50mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.0020 秒 (1/500)
ISO 感度: 160
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

20165


20169


20168_2

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-G6
レンズ: LUMIX G 25/F1.7
撮影日時: 2016-07-07 11:52:46 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 25mm (35mm 換算焦点距離: 50mm)
絞り値: ƒ/3.5
露出時間: 0.0025 秒 (1/400)
ISO 感度: 160
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

201610


201611


201612


201614


201615


20161

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-G6
レンズ: LUMIX G 25/F1.7
撮影日時: 2016-07-07 11:51:22 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 25mm (35mm 換算焦点距離: 50mm)
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.0008 秒 (1/1250)
ISO 感度: 160
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)



●HD PENTAX-DA 16-85mm F3.5-5.6 WR


20163


カメラメーカー: RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
カメラモデル: PENTAX K-3
撮影日時: 2016-07-07 11:51:36 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 21mm (35mm 換算焦点距離: 31mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.0020 秒 (1/500)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: 絞り優先 (セミオート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

20164

カメラメーカー: RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
カメラモデル: PENTAX K-3
撮影日時: 2016-07-07 11:52:19 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.0040 秒 (1/250)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: 絞り優先 (セミオート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

20166

カメラメーカー: RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
カメラモデル: PENTAX K-3
撮影日時: 2016-07-07 11:52:36 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 16mm (35mm 換算焦点距離: 24mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.0025 秒 (1/400)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: 絞り優先 (セミオート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

20167


201613

カメラメーカー: RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
カメラモデル: PENTAX K-3
撮影日時: 2016-07-07 11:56:36 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 85mm (35mm 換算焦点距離: 127mm)
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.0080 秒 (1/125)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: 絞り優先 (セミオート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)


201616

サイバーリンクの詳細はこちらを参照 icon

2016_07_01

サイバーリンクの詳細はこちらを参照 icon

2016_07_02

|

« 金澤子卿遺作展「逆境に負けず、至高の境地を拓いた文人書家」 | トップページ | 第68回毎日書道展・席上揮毫会等観覧 »

08デジタル一眼レフの世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前橋七夕まつりをLUMIX G 25mm F1.7 ASPHで撮る。:

« 金澤子卿遺作展「逆境に負けず、至高の境地を拓いた文人書家」 | トップページ | 第68回毎日書道展・席上揮毫会等観覧 »