« YAMAHA MT-25と「VOIDプレミアムT-396」新ヘルメット | トップページ | いつも「後ろ向きの」視線でいると存亡の危機を迎える??? »

2016年8月20日 (土)

第25回記念・群馬篆刻協会展・日本印人の書画篆刻を観覧

20163


平成28年8月18日~23日まで、標記の展覧会が高崎シティギャラリー2階第6展示室で開催されている。主催は群馬篆刻協会(会長・計良袖石)
会員44人が、約90点の作品を展示している。
千字文の分刻作品と役員による「上野三碑をテーマに」の作品もあり、上野三碑の多胡碑の模刻も見られ興味深い。

201611

20164


20165

20168


20166



20169


20167


201618


201610


201612


201613


201614


201615



201619


201616


20161


第25回記念として「日本印人の書画篆刻」が展示されている。
初世中村蘭台、松丸東魚、保多孝三、二世中村蘭台、小林斗盦 他など必見の興味深い篆刻などが展示されている。

201617


201620


20162




サイバーリンクの詳細はこちらを参照 icon

新規インストール出来ます。

2016_08_20pd_2

2016_08_20pd2

|

« YAMAHA MT-25と「VOIDプレミアムT-396」新ヘルメット | トップページ | いつも「後ろ向きの」視線でいると存亡の危機を迎える??? »

保存用美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第25回記念・群馬篆刻協会展・日本印人の書画篆刻を観覧:

« YAMAHA MT-25と「VOIDプレミアムT-396」新ヘルメット | トップページ | いつも「後ろ向きの」視線でいると存亡の危機を迎える??? »