« HDD・6TB・MD04ACA600をASUS Z87-PROに追加 | トップページ | 第25回記念・群馬篆刻協会展・日本印人の書画篆刻を観覧 »

2016年8月18日 (木)

YAMAHA MT-25と「VOIDプレミアムT-396」新ヘルメット

Globe11


今年の夏はお盆までは猛暑だったが、迎え盆になったら和らいで花を追加しないで済んだ。バイクMT-25も暑いときは乗れないし、寒いときも同様、そしてスギ花粉が舞う時期も多少控えないとならない時期というのがある。
考えてみれば、バイクに乗れる期間というのは短いものである。
従い、バイクが売れる時期というのも春先と秋口ということになる。しかし、春はスギ花粉が舞う時期が重なるから秋に買うことが多い。
そういうことから見ると、今回7月中旬から末というのはかなり早めである。
実のところバイクを注文して、実車が来て注文品まで着装できるとなると2週間かかる。
8月は、お盆休みと重なるから8月注文だと9月になってしまったりする。
それで少なくとも9月10月には、バイクに乗れるように考えたわけである。
しかし、新しいバイクというのはその特性になれるまで、なかなかに慣れない。
正直言ってまだまだ乗れていないと感じるものである。
出だしの1速で大したこともなく「コトコト」と走り出すから、軽いし高回転型エンジンにしては粘りもある。
ネイキッドなので、やたらと視界のガソリンタンクがどこかで見たように気になるなと思ったら、大昔教習所でCB400に乗ったときに感じたことだった。
とにかく、視界が広いので前をよく見ながら運転できるというのは新鮮な気がする。
しかし、高回転型エンジンと言うのが災いして街乗り、渋滞では乗りにくいことも多い。
単気筒やホンダ、スズキのバイクというのは余りエンジンを廻してということはなく、ある意味乗りやすい。しかし面白みのないと言うのも事実。
だから、以前乗っていた4気筒のスズキの250CC(GF250S)は、5,000回転も廻してやればシフトアップ出来たのだが、MT-25だと7,000回転ぐらい廻さないとシフトショックがある。
こういうのも慣れというもので、癖を掴んで見るしかない。

そのGF250Sは、YouTubeに結構映像があるのに驚くと共に古いバイクだったなと感じる。
フロントフォーク「フロントオイルシール」のオイル抜け(ブレーキにオイルが・・・)、キャブレターの腐食による詰まりで10年ほど前に廃棄処分。
このGF250Sは、取り回しがやりにくくハンドルが切れないので小回りがきかない。
今思えば、随分と乗りにくいバイクでもあった。

**********************************
ジェット型ヘルメットを買う
**********************************

Jethelmet5


このMT-25を買うに当たって、フルフェイスヘルメットVF-140を買ったのは以前のエントリーで述べた。
そのついでにスクーター用にジェット型ヘルメットを買ってみた。
スクーターとは、スズキ・アドレスV125GというGK7(2008・リミテッド エディション)(11.4PS/7,500rpm)。現行のアドレスV125が(7.3kW〈9.9PS〉/7,500rpm)

http://www.suzuki.co.jp/release/b/2007/0806/

いつもの「【はとやオリジナルヘルメット】Void(ボイド)ジェットヘルメット」なのだが、高い方の「VOIDプレミアムT-396」にしてみた。(【安心のSG規格適合品で原付から大型バイクまで対応】)
安い方のT-386インナーサンシェード搭載モデルとは、1,000円強の差でどれだけ違うのかと言うところもある。

Jethelmet2


実を言うと、「VOIDプレミアム T-396」はWebページトップからアクセスできたのに、安い方のT-386が見つからなかったということ。
常識的に、宣伝しているというのはそれだけ売れない証拠か???
VOIDプレミアム T-396は、6月頃に追加されたようだ。
しかし、レビューがほとんどないということはやはり余り売れないのかもしれないという証拠?

Jethelmet6


それで買ってみたのがXL(61~62cm未満)サイズ。
帽子は59cmぐらいなので大体このくらいで丁度良い。
使って見た感じでは、インナーサンシェードは必要な長さまで下り、これならサングラスは必要ない。
メガネをして被っても、耳のまわりに空間があって全く違和感がない。
内装も作りが良く非常に綺麗。
メーカーは台湾メーカーだった。

Jethelmet3


T-386で不満点のインナーサンシェードが短いとか、眼鏡が掛けられないとかということは一切なし。

Jethelmet4


しかし、アドレスV125GではなくMT-25で使うと結構風切り音がつよい。
前回買ったVOID(ボイド)フルフェイスヘルメットVF-140だと、風切り音は気にならなかったから、このジェット型ヘルメットだと高速道路では乗れないと感じるものであった。
ちなみに、VF-140だとメガネが挿しにくい。

次回は、「オージーケーカブト(OGK KABUTO)バイクヘルメットフルフェイス KAMUI-2」にすれば、「開閉可能インナーサンシェード」「眼鏡対応スリット付き内装」なので使い易いかと考えている。



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。



サイバーリンクの詳細はこちらを参照 icon

新規インストール出来ます。

2016_08_20pd_2

2016_08_20pd2

|

« HDD・6TB・MD04ACA600をASUS Z87-PROに追加 | トップページ | 第25回記念・群馬篆刻協会展・日本印人の書画篆刻を観覧 »

車、バイク、カーナビ、警報機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: YAMAHA MT-25と「VOIDプレミアムT-396」新ヘルメット:

« HDD・6TB・MD04ACA600をASUS Z87-PROに追加 | トップページ | 第25回記念・群馬篆刻協会展・日本印人の書画篆刻を観覧 »