« HP Spectre 13レビュー | トップページ | MT-25(ヤマハ)、バイク初回点検が迫る »

2016年9月 7日 (水)

本城亮俊、三島安亀・漢字・かな・二人展を観覧

Honmishi21


平成28年9月5日~10月7日まで、「群馬書道大賞&奨励賞選考委員・本城亮俊、三島安亀・漢字・かな・二人展」が高崎信用金庫本店ギャラリーで開催されている。
展覧会場では、右側の部屋が本城亮俊先生の展示室、右側が三島安亀先生の展示室になっている。合計点数35点。
高崎信用金庫本店ギャラリーは、高崎信用金庫の営業時間帯の開館で、土日、祭日は休館のために週末に見に行けないのが難しいところである。

Honmishi23


本城亮俊先生の「般若心経」などの紺紙金泥の紺紙は、市販の紺紙ではなく日本画用の顔料を塗り込んだ自作の紺紙で、純金の金が映える。
又、大作は「北魏龍門」の臨書である。

Honmishi1


Honmishi2


Honmishi3


Honmishi4


Honmishi5


Honmishi6


Honmishi7


Honmishi8


Honmishi9


Honmishi10

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: ILCE-7
レンズ: FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
撮影日時: 2016-09-06 15:01:14 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 32mm (35mm 換算焦点距離: 32mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 640
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined

ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

------------------------------------------------


Honmishi11



一方、三島安亀先生の「かな」は、石川啄木や山上憶良、伊藤佐千代。
臨書作品として、「関戸本古今集」「十五番歌合」など。
大字では、万葉集などの作品になっている。

Honmishi12


Honmishi13


Honmishi14


Honmishi15


Honmishi16


Honmishi17


Honmishi18


Honmishi20


Honmishi19

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: ILCE-7
レンズ: FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
撮影日時: 2016-09-06 15:03:51 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 28mm (35mm 換算焦点距離: 28mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 640
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)




サイバーリンクの詳細はこちらを参照!!!!! icon

9_13


|

« HP Spectre 13レビュー | トップページ | MT-25(ヤマハ)、バイク初回点検が迫る »

保存用美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本城亮俊、三島安亀・漢字・かな・二人展を観覧:

« HP Spectre 13レビュー | トップページ | MT-25(ヤマハ)、バイク初回点検が迫る »