« 突然BIOS起動で驚く旅の帰途からの続き | トップページ | 鼓笛吹奏楽パレードPART5他PowerDirector15で編集 »

2016年10月27日 (木)

FUJIFILM フジノンXF18-55mm F2.8-4 R LM OISを買う

Xf1855mm8


九州から帰ってきて、勢いで買ってしまったFUJIFILM X-T1だったが、標準ズームレンズは「XC16-50mmF3.5-5.6 OIS・シルバー(2013年製)」というXA-1のキットレンズである。
これがシルバーではなければ良いかと思って、マップカメラの中古品(16,800円)を見たら日曜日の段階で売り切れ。(毎回出品されるが1-2日で売り切れ)
その代わりXF18-55mm F2.8-4 R LM OIS(31,800円・新品¥62,060(税込))の良品があった。
これも月曜日には売り切れていたので、どうしようかと思っていたものである。
それが月曜日に「レンズフード」に擦れキズがある美品が2点と良品が出てきた。

Xf1855mm1

Xf1855mm21


Xf1855mm4


ここぞばかりに56A*****という2015年の第6ロットの物を買った。
送られてきた物を見たら、ほぼ新同品だった。

Xf1855mm3


Xf1855mm5


XF18-55mm F2.8-4 R LM OISは、2012年から作られているので古い物は2012製の24A4967031(マップカメラ出品品)というものもある。
最新の交換レンズは67A11474(参考)と言うようなもので2016年第7ロットだったりする。
4年も前のFUJIFILM X-Pro1かX-E1 のキットレンズを買うというのも余り気持ちが良いわけではない。
レンズというのは、(防湿庫保存は別として)長期保存状態によって悪くなることが多いからである。

Xf1855mm6


Xf1855mm7

★本来中古のレンズなどはたとえ箱付き新同品でも買わない方が良い。

その理由は、カメラ本体と違って新品との差が少ないからである。
その価格差は場合によっては、200~300円だったりすることもあり大方10%程度しか違わない。
この件は別の記事で書く。

FUJIFILM X-T1を買ったときも述べたのだが、中古品というのは「全て訳あり品」である。


だから、性能は良くても高価で重い交換レンズなどが時々出ていたりする。
新製品は金融商品だったりもするからよく分からないものである。
それでXF18-55mm F2.8-4 R LM OISは、先に述べたように元々FUJIFILM X-T1その他のカメラのキットレンズである。
要するに持っている人が非常に多く、しかもキットレンズであるが故に中古で出くる可能性が高い。

Xf1855mm9_2


事実CanonEOS Mのキットレンズ(CanonEF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM)は2本も持っている。----買い取り価格2,900円なのでそのまま。

こういうキットレンズというのは程度の良い中古が非常に安い。
それで今回特別に中古でよしとしたのである。

今FUJIFILM X-T1の中古品は60点以上も出品されていて価格は値下がり傾向にあるが、新同品というような中古品は少なくなった。


それもFUJIFILM X-T1のシリアル番号41*****・・という初期ロットばかりで、2015年生の物は余りお目にかからない。

XF18-55mm F2.8-4 R LM OISも、出品されたそばから売れていくのでどんな製品に出会うかは運次第である。
しかも買ってみて、傷がこんなところに付いていたと言っても元々中古品はそんな物だからクレームすらならない。
だから再度言うように運次第である。
しかも買い取り価格というのは製品の良否に関係なく一定なので、程度の問題で余り差がない。
そして、マップカメラでの評価もカメラやレンズはそれなりによく見るが、備品は当てにならないこともある。
これは写真で確認するしかない。

それで今回失敗したのが


FUJIFILM メタルハンドグリップ MHG-XT

Xf1855mm14



新同品と言いながら結構擦り傷があって、後から写真で確認したらそのままでマップカメラの評価が間違っていたというものであった。
(価格も多少も高かった。)
それが今1割下がって、もっと綺麗な製品が出ているから今後の注意点として考えておかなければならないと反省する次第である。

Xf1855mm12


Xf1855mm13


002l0001


Xf1855mm161

Xf1855mm10


Xf1855mm11



それにしても「XC16-50mmF3.5-5.6 OIS」はプラスチッキーだから軽くて何も問題はなかったが、XF18-55mm F2.8-4 R LM OISに代えたらかなりバランスが悪い。
Amazonの商品レビューに「ハンドグリップ」が「使い易い」との話があって、今回無理して
「メタルハンドグリップ MHG-XT」を取り付けてみた。

Xf1855mm17


Xf1855mm15


Xf1855mm18




デザイン上は格好良くないが、非常に使い易い。
初めからこういうデザインにするのがやはり正解だったのかもしれない。

|

« 突然BIOS起動で驚く旅の帰途からの続き | トップページ | 鼓笛吹奏楽パレードPART5他PowerDirector15で編集 »

08デジタル一眼レフの世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FUJIFILM フジノンXF18-55mm F2.8-4 R LM OISを買う:

« 突然BIOS起動で驚く旅の帰途からの続き | トップページ | 鼓笛吹奏楽パレードPART5他PowerDirector15で編集 »