« PENTAX K-3、FUJIFILM X-T1で紅葉を撮る | トップページ | マップカメラで中古カメラを買って思うこと »

2016年11月17日 (木)

CyberLink PowerDirector 15で編集した2016毎日書道審査会員・会員群馬展

Dvd


平成28年9月16日から開催された「2016毎日書道審査会員・会員群馬展」の作品集を兼ねたDVDがやっと出来上がった。
約53分。
制作日数2か月と言っても毎日編集をしているわけではない。
かなり細かい編集なので、長大な映像からどこの部分を入れるかと言うことで気が長くなるような時間が掛かった。
53分編集するには、3-5時間は映像を見ないと編集出来ない。
こういうビデオの編集は、映像が並んだ時点で終わったのも同然でそこからはある意味単純作業である。
DVDを焼いても外周に近くなるとエラーが出るので、なるべく45分程度にしたかった。
しかし、ギャラリートーク、作品集、祝賀会(来賓紹介、来賓挨拶、テーブルトーク、乾杯、締め、閉会)、写真スライドショーと並べてゆくと限界が見えてくる。
面倒なのが作品集の字幕で、作者名を入れていったら1映像が抜けていた。
並んでいる動画に映像を挟み込むとなると、それ以降の映像、キャプション全てが動いてしまう。
結果としては、キャプションの位置などの再考と言うことになった。

完成してからDVDを作ることになるので、チャプターの設定をしなければならない。
ここから字幕は、固定で焼き込むのではなく選択できるようにしてメニューを作成する。

Fujifilm_test20


DVDなど余り作らないから結構面倒。
書き出しは、多くDVDを作るので「フォルダー」の作成を選択。
BDだと「ディスクイメージとして保存」として「isoファイル」にしないと読み込めない。
書き出しに30分。
DVD焼いて、まともに写るかの点検が必要である。


icon icon

|

« PENTAX K-3、FUJIFILM X-T1で紅葉を撮る | トップページ | マップカメラで中古カメラを買って思うこと »

02.Director Suite5 ・PowerDirector 15 Ultraで作る簡単ビデオ編集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CyberLink PowerDirector 15で編集した2016毎日書道審査会員・会員群馬展:

« PENTAX K-3、FUJIFILM X-T1で紅葉を撮る | トップページ | マップカメラで中古カメラを買って思うこと »