« BALMUDA The Potを買った | トップページ | PENTAX K-3、FUJIFILM X-T1で紅葉を撮る »

2016年11月15日 (火)

FUJIFILM X30・中古・美品をやっと買う

Fujifilm_x307


****************************
FUJIFILM X30を買う経緯
****************************

マップカメラの中古品で出品されると、その日の夕方には無くなってしまう人気のFUJIFILM X30・X-Trans CMOS II(1200万画素、ローパスフィルターレス)というコンパクトカメラを買った。
FUJIFILM X30は、FUJIFILM X70というAPS-C単焦点のカメラが2016年の春に発売される頃に密かに消えてしまったカメラである。
後継機のX40は発売されず、他社が1型センサーの高級コンパクトカメラを出す中で、その時代の波に乗れなくて消えたものである。
他社のCanon、Nikon、RICOHの1型センサーはSONY製で、FUJIFILMの独自のX-Trans CMOS IIがコスト面から開発されなかったというだけである。
その一方でFUJIFILM X70に使われる「X-Trans CMOS II & EXR Processor II」はX-T1で使われなくなった余り物である。
こういう事情とはいえ、2年前では中々手が届かなかったFUJIFILM X30である。

Fujifilm_x301


元々FUJIFILM X10、X20、X30というカメラはそれほど売れたカメラというわけではなく、中古品としても球数が多くない。その上、小生が持っているFUJIFILM X10ぐらい古い物になると2011年発売なのでかなり程度が悪いものが多い。
(持っているFUJIFILM X10は2013年製)

Fujifilm_x3010


FUJIFILM X20になると多少マシなものも多くなるものの、価格的に33,000円程度もするのにFUJIFILM X10からの進歩が見られないと感じている。
それが2014年9月発売のFUJIFILM X30になると、「美品」という種類のものが多く時として「新同品」という箱付きの優良品にも出会える。
この「新同品」は美品より5%高いが本当に新同品なのかは怪しいものである。
新品同様ならカメラのストラップ取り付けリングが塡(は)まっているはずはなく、ストラップもあるはずだからである。
こういう余り出て来ないFUJIFILM X30というのは、いつも高めで買うのを躊躇(ちゅうちょ)しているうちになくなってしまう中古品である。

Fujifilm_x302


Fujifilm_x303


*************
今回買ったFUJIFILM X30だが、どういうわけかひっそりと出品されていた。
製品は中古の「美品」と言う中古第2ランクで、「程度の良いもの」という。
しかし、欠点は、「元箱」なし、「底にキズ」ありと、人気のブラックではなくシルバーと言うことである。
これを一応「欲しいものリスト」に入れておいたら翌日には5%下がった。
24時間でバーゲン商品になると言うわけだが、正直翌日まで残っていると思わなかったものであった。

Fujifilm_x304


Fujifilm_x305


Fujifilm_x306


それで「底にキズ」とはどんなものか、写真で繰り返し確認したところ気がつかないほどの「擦り傷」だった。
角度によっては、全く分からないレベルである。
これで新同品とは、10%安くなり買い頃になったので買ってしまった。

*******************************
FUJIFILM X30を使って見て
*******************************

Fujifilm_x309

Fujifilm_x308


FUJIFILM X30のシルバーは、その膨張色と何となく「ノッペラボー」の形状で結構大きく見えた。
しかし、FUJIFILM X10と比べるとひと回り大きいくらいであった。
FUJIFILM X30とはいうものの、FUJIFILM X10と外観上では余り見分けが付かないFUJIFILM X20とは全く別物であった。                                    
そもそも「リアルタイム・ビューファインダー」搭載というミラーレスカメラのX-T1に非常に近い作りになっている。
はっきり言ってこのビューファインダーはお金が掛かっていて、X-T1のビューファインダーのダウンサイジングのようなもの。
操作性は、X-A1などのミラーレスカメラと共通でビューファインダー当たりはX-T1と同じ。

Fujifilm_x3011


***********************
時間もないので、FUJIFILM X10と10月に中古で買ったばかりのX-T1で撮り比べてみた。

結果は、X-T1がダントツに良いのは確かだが、FUJIFILM X30はX-T1に非常によく似た絵作りでX-T1のサブ機という位置づけだろう。
その一方でFUJIFILM X10は、何やら色のりが悪く明るめの発色で進歩の差を感じさせる物だった。
結果、FUJIFILM X10は今後使わないだろうから、下取りに出しても良いかなと真剣に考えたりするものである。

|

« BALMUDA The Potを買った | トップページ | PENTAX K-3、FUJIFILM X-T1で紅葉を撮る »

08デジタル一眼レフの世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FUJIFILM X30・中古・美品をやっと買う:

« BALMUDA The Potを買った | トップページ | PENTAX K-3、FUJIFILM X-T1で紅葉を撮る »