« 1か月早い忘年会・あの「高畑」ホテルで開催 | トップページ | 「高齢者ドライバー」問題とくるまの自動運転技術 »

2016年11月21日 (月)

「銀行員が買わない投信・金融商品、保険会社の社員が買わない保険」週刊現代

Photo


2016年11月21日発売の「週刊現代」の広告冒頭記事は表題のようなものだった。
こんな「銀行員が買わない投信」とかは何か既読感がある。
それで記事の紹介を見てみると

「あなたの老後資金を狙っている
巧みな口車にダマされるな

マイナス金利で儲からないから、ますますアコギになっている
『元本割れない』『必ず儲かる』
彼らは甘い言葉を掛けてくる
だが、その営業トークを一皮るめくってよみよう
ズラリと並ぶのはリスクが詰まった商品ばかり

・・・・・・・・・・・・・
http://wgen.kodansha.ne.jp/book-list/

この記事で「元本割れない・必ず儲かる」これはウソである。
バブル景気から急降下でデフレに向かっていたときにこういう言葉で誘われて、大損害を被った投資家が裁判に訴えて勝訴している。
今は「元本割れない・必ず儲かる」ではなく、そんなことは説明しないのである。
説明は、重要事項説明書に書いてあるからそこを読めとか、確認しろとか言う。
薦められる方は、そんなものは初めから読みはしないからそれで承認すると説明したことになる。
こういうのは、今マスコミ報道で問題になっている知る権利や報道の自由ではなく、「報道しない」問題である。
要するにマスコミの主張に都合が悪いことは報道しない「報道の自由」。
それと同じようにこういう投資に関しても、都合の悪いことは「説明しない」と言うことを駆使する。

それでそういうことをするのは都市銀行だったりすることが多い。
都市銀行というのは地方で預金集めをして、その預金は全部吸い上げて本部で使うと言うのが昔からの伝統だと言われている。
それが投資だと都心で売れない投資信託を地方の支店にノルマを与えて売りさばかせる。担当者は2-3年で転勤だから、悪さをしても「はいさよなら」である。
こういう大企業というのはたちが悪いのは常識である。
なぜなら「悪さ」をしても担当者は転勤してしまえば「全て知りません」で逃げられるし会社も潰れることはない。
これが個人企業なら信用をなくしてその場で倒産の憂き目に遭う。

金融にしろ、保険にしろその担当者が会社か預金者又は、保険加入者のどちらの立場にいるのかと言うことはいつもしっかり確認しておかなくてはならないだろう。
銀行や証券などは、所詮「金貸し」「相場師」だからお客の立場に立つはずがない。

バブル崩壊後に証券会社の窓口の女性担当者が明らかに損をすると思われる投資信託を「ご老人」に儲かると売って、「私は天国に行けない」などという逸話の記事がその昔に書かれていた。

とにかく金融に絡むと常に酷いことになることが多い。
「投資はしないから大丈夫」と高をくくっていると突然「○○土地です」という電話があったりする。
「あなたの事務所用地を売ってくれませんか?」などと突拍子もないことをいう。
これが事務所用地だか事業用地だが知らないが少し良い場所にあったら万事休す。
こんなところは、そこで事業をしていて収益を上げているなら売るわけに行かないから当然断る。
その内に「ちょっとお会いしたいので逢ってくれませんかと」「猫なで声」で、もう一度電話を掛けてる時はその不動産屋側に「腹案」があると言うことである。
もし会ったら最終的に売らなくてはならない羽目になる。
なぜならその「○○土地」「○○不動産」とは銀行の不動産部だからである。
もしその銀行から融資でもされていたら、いろいろなことがおきる。

それでその土地を売ってしまえば不動産屋は、膨大な手数料を両手(買い主、売り主両方から取る)で得る。
銀行は大口融資が行えるし、場合によっては不良債権になりそうな融資を減らすことができる。
これこそ銀行が儲(もう)かって、融資先を搾取する手段でもある。

いずれにせよ、銀行が猫なで声で迫ってきたら会わないのが身のためである。
但し、「○○土地」「○○不動産」が来そうになったら、早めに融資先を乗り換えないと大損をすることになる。

ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

|

« 1か月早い忘年会・あの「高畑」ホテルで開催 | トップページ | 「高齢者ドライバー」問題とくるまの自動運転技術 »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「銀行員が買わない投信・金融商品、保険会社の社員が買わない保険」週刊現代:

« 1か月早い忘年会・あの「高畑」ホテルで開催 | トップページ | 「高齢者ドライバー」問題とくるまの自動運転技術 »