« 老人は変化を嫌い、自然を好む | トップページ | 天皇陛下譲位の誰も語らない問題点 »

2017年1月19日 (木)

新聞・マスコミの週刊誌化とGHQ維持思想に驚く

6000102


昨日18日、自動車学校へ申し込みに行ってきた。
二種免許を取るということではなく、子供が春休みに免許を取るのでその早期申し込みである。
早期申込みだと講習料が安くなったりといろいろな特典がある。
それに学生だと1割程度講習料が安い。
AT限定免許で300,000円強。
その昔250,000円位かかると聞いていたので、それほど高くなっていない。
東京にでも住んでいると車など駐車場に困ったり、いろいろと不便なことがあり逆に必要を感じない。
しかし、ここ群馬に来たら車の免許を持っていない、車に乗れないというと「変人」扱いである。

実際のところ免許証は、いま身分証明書と同じ意味があって銀行の口座も作れるし、保証人なしに印鑑証明も作れる。
これが今度は「個人番号カード」になる。その内に銀行でも「個人番号カード」を持って行かないとお金が下ろせなくなると言われている。
それはともかく、小生など免許を取ったのは19歳で大学の暇なときを利用して免許を取った。

昔だからこのときに自動二輪もとっておけば「大型免許」だったが後の祭り。
それを言うなら高校1年の時に軽免許を取っていれば、大型自動二輪は付いてきた。
子供の場合、大学に入学して一年目の夏休みは部活だったり、春休みはコールセンターのオペレーターのバイトをしたりと訳の分からないことをしていた。
二年目になっての夏はアパートの引っ越しが入って、やっと今年になったというものである。

この時期に自動車学校へ行くと教習車が沢山駐車していて動いていないというか、閑散としている。
申込みに訪れる高校生らしき人たちが、事務室に見られるものである。
この人たちが就職組か、AOか推薦で大学に受かった口なのかは全く分からない。
いずれにせよ暇にならないと自動車学校などには来られないというものである。

6000103


ここのところ毎日のように新聞のことを書いている。
なぜかというと、書かれていることが腑に落ちないからである。
その理由は「馬渕睦夫先生の解説の概略を文字起こししてみた」で明らかであるとはいえ、新聞が「週刊誌」なみの記事に終始しているというのは世も末を思わせる。
特に、読売新聞の「編集手帳」など明らかに世論誘導記事である。
それでこの読売新聞朝刊にある「編集手帳」はWeb板に掲載されているかと思ったら、紙面だけだった。

ここに書かれている「トランプ次期大統領」の悪口は
「就任直前の支持率で、40%は歴史的な低水準という。米国のドナルド・トランプ次期大統領である。◆批判めいた指摘を受けるや、闘争本能むき出しでツイッター攻撃に走る。
狭量と短慮が招いた数値だろう。・・・・・」「編集手帳」2017.1.19より引用。

 

それで読売新聞2017.1.19、13版1面から世論調査の部分を拾ってみると。

「米CNNテレビは17日、12~15日に全米で実施した世論調査の結果を発表し、トランプ氏を『支持する』の回答は40%にとどまり、『支持しない』は52%に上がった。」


このCNNは、大統領選の時に「クリントン・ニュース・ネットワーク(Clinton New Network)」と揶揄されたように、反トランプで記者会見でも相手にされなかったところである。
読売新聞では、他の世論調査を出しているとは言えほぼ横並びで、全て反トランプ陣営だったところで根は同根だと言うことが分かる。
大統領選の時の世論調査でトランプ氏が勝つとはどこも出していなかったはずだ。

だから「トランプ氏「いかさまだ」…」と反論している記事がある。

「民主党の議員が大統領就任式に欠席する」というのもどこかで、大統領に就任すれば民主党、共和党もこぞって応援すると大統領選挙の時に言っていたのが嘘であったことがよく分かる。
そして、ハリウッドの女優や歌手が支持しないとあるのが、元々ハリウッドというのは民主党支持であり、パンダハガーである。

冒頭のDVDは、「THE MAJESTIC」という映画でマッカーシー上院議員の批判を背景にしている。
ハリウッドが如何にグローバリズム(共産主義と同根)に席巻しているかというあらわれである。
ここで「編集手帳」に戻ってみると、トランプ氏は既にマスコミを含むグローバリズム勢力との戦争状態にある。
そうであれば、ツイッターで反論しなければ負けである。
「編集手帳」氏の感覚を疑うと言うより、こうして日本の戦後体制維持に奔走する姿がな日本のマスコミの本質であると認識を新たにすべきであった。

1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

|

« 老人は変化を嫌い、自然を好む | トップページ | 天皇陛下譲位の誰も語らない問題点 »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新聞・マスコミの週刊誌化とGHQ維持思想に驚く:

« 老人は変化を嫌い、自然を好む | トップページ | 天皇陛下譲位の誰も語らない問題点 »