« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

「JINSオンラインショップ」で散財

Pc2


「JINSオンラインショップ」で【お年玉スロット○○%OFFクーポン】があったので、ついついまた買ってしまった。

★━━━━━━━━━━━━━┓
<<お急ぎください!>>
クーポン期限は【2017-1-31】まで!
─────────────

 

メガネのフレームは、JINSの店舗で見てきて「品番」を控えてそれを探して購入というヤツである。
実のところ実店舗の品番と「JINSオンラインショップ」の品番とは多少違うのだが、共通部分がある。
前回は、アウトレットだったのでフレームの保証はなく、レンズ保証だけだった。
しかし、今回は割引率が大きかったのでアウトレットは使っていないと言うか、「セール・アウトレット・予約品・一部対象商品には、クーポンをご利用いただけません。」なので使えない。

クーポンコードが送られてきていたメールが見つからない。
どこに行ったのかメール検索して探し出した。
しかし、よくよくメールをみたら
「お持ちのクーポン一覧からクーポンをお選びください。」で探す必要はなかった。

「JINSオンラインショップ」で買うことになって、昨年から幾つも買ってしまった。

それでレンズの度数は変わらないので、どれを掛けても目の負担にならない。
しかし、その前まで使っていた古いメガネだと度数が違うので事実上使えないことになっている。
・・・とはいうものの、もうすぐ花粉メガネの次期だと思うと憂鬱になる。

以前に1月20日頃になると2017年がどんな年になるのかが「聞こえてくる」と述べたことがある。

しかし、最近「耳が遠くなって」さっぱり聞こえてこない。

その内にインフルエンザで寝込んでしまったから余計に駄目である。

昨年は「過去に戻ってお仕置きを!!!!」だったので勘弁して欲しかった年だったが、少なくとも運勢に寄れば「守銭奴」の年である。

少なくとも昨年から金を使いすぎて困っている現状なので、入ってくるものが入って来て欲しいと望んでいる。

それでも今年来年に感じることは、何かものごとが早くなっている。
最低でも1~2か月以上ものごとが前倒しになりつつある。
これが何なのか分からないが、多少嫌な予感がしてやるべきこと早くやっておかないと思い始めている。

それが何か?

そんなことが分かれば、今頃大もうけをして都心の真ん中に億ションでも買っている。
しかし、臆病で貧乏性だからまずはそんなことはあり得ない。

また今日も無理せず、「お体」を大切に布団の中に潜り込むことにするか・・・

・・・とは言うものの、ここに布団などないんだよね。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ



ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月30日 (月)

日本でも蔓延している「ポリコレ」のGHQ支配

Pc1


1月の一番寒い頃にパソコンの電源を入れるとパソコンが起動しなかった。
原因はBIOSが出て、CPU FANが動いていないというもの。

これは電源を何度か入れ直す「汗かき作業」で漸く起動するのである。
単純には、側板を外して手でFANを回して補助してやればよいが、面倒なのでこの作業はしない。

電源投入2回目で回り出すこともあれば、3-4回ということもあって全く気まぐれ。
振動でも与えてやれば動くだろうと叩いたりもしている。
原因は、へたってきたFANコントローラーで次回のメンテナンスでは取り外してしまえば解決する。

現に同じデュアルファンCPUクーラーを使っているPCは、全く温度などには影響を受けていない。

予備のFANコントローラーが3台もあって、付けているのは単にデザイン上のことで趣味の分野で今後どうするか思案である。

自作パソコンも以前は、毎年自作していたが最近は2-3年おきになりそうである。

パソコンを修理するときに手持ちのOSを使ってしまい、今は手持ちはWin7、Win8proだけ。
次に自作するのにWin8proと言うわけにもゆかないのでWin10を買っておこうかと最近これも思案中である。

Win8の時のようにアップグレート板を安く提供すれば良かったのに、無料アップデートなどにしたから結構面倒なことになった。

前エントリで「日本人の顔をした米国人が上から目線で新聞を書く」と書いたのだが、このことに気がついたのはこの本を読んだからである。

アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史」 マックス・フォン・シュラー (著)
この本は全く知らずに他の本を買おうと思って、Amazonで1位になっていたので買ってみたもの。
これから米国人の「建前論」というのが良く理解できたというものである。

それから投射して新聞の社説を見ると「ポリコレ(ポリティカル・コレクトネス)」そのもので、社説氏が米国人にでもなったような立ち位置で書いている。

これは何なのかなと思うと「東京裁判史観」というかGHQのプレスコードそのままだと言うことに気がついた。

要するにGHQが行った「悪事」は全て報道せず「うわべの綺麗事」を報道する。
戦後、特別高等警察(特高)を直ぐに解散させたのは、GHQ占領軍の悪事を隈無く記録したからであった。

今や日本国民は、市井の一般庶民と「いわゆる」知識層という官界、学会、実業界という「有識者」と称する人たちとの乖離が起きている。
学生時代優秀で、一生懸命勉強して東大とかに入って「有識者」と称する人になった人たちというのは、単純には戦後教育の「洗脳」を受けてしまった人たちである。
その上にわざわざ米国に留学して、洗脳の仕上げまでしたと言う人たちである。

その一方で、「市井の一般庶民」は学校で先生の言うことを良く聞いて勉強したわけではないから、日本の歴史は祖父や父親から聞いた。
どちらが正常な感覚を持っているかは、自ずと分かる。
幸い、日本は民主主義国家なので多少は融通が利く。
しかし、地方でも「ポリコレ」重視の役人があちこちにいて、庶民の邪魔をすると言うのが困りものである。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

サイバーリンクの詳細はこちらを参照!!!!! icon

 

2017_1_29


ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日)

日本人の顔をした米国人が上から目線で新聞を書く惨状

今日いつも購読している雑誌が届いて、何か薄くなっているとぺらぺらになっていた。
その昔のアマチュア無線雑誌など、厚みが4センチもあってこれは凄いと中身を見たらほとんど宣伝広告だった。
そのアマチュア無線雑誌など、今やパンフレットなみで誰が買うのかと思っている。
確かに最近は、車にこれ見よがしのアンテナやコールサインが貼っているなどと言うのは見たことがない。
先般の雑誌のページを見たら20ページほど減っていた。
何やら世の中が変わって行くと言うのを、「幽霊見たかではないが」1月の末に何となく見たような気がした。

その論壇誌なのだが、なぜ薄いのかというと「トランプ大統領」の出現に何やら右往左往していて論旨がまとまらないという感じが内容を全部を読む前に何となくしている。

読売新聞では「地球を読む」で毎回「逆噴射」してくれて「だから何なのだ」という憤懣が湧いてくる変な新聞である。

こんなところで「トランプ大統領」にたいしてブツクサ述べたところで何の影響もないだろう。
強いて言えば編集者の溜飲が多少下がる位なものであろう。

平成29年1月29日(日)の「地球を読む」は、あの消費税増税賛成の吉田洋元東大大学院教授。小泉内閣からの御用学者として有名とWebにあった。

そして題は「『内向き』歴史は繰り返す」、「『自由貿易』のゆえ米国輝く」

ここで延々と経済史を述べて、アダムスミスや「モンロー主義」まで持ち出している。
ところがこの経済史で、日本の立ち位置が少しも見えていない。

目線は、米国に立ち位置を置いて「上から目線のしかも『白人の目』」そのままである。

要するに元東大教授の日本人が書いた文章ではなく、米国の反トランプの経済学者が書いたならこんな風にも書くと思うと実に合致する。

そこで最後に結論部分としてこんなことを書いている。

**********************************

「『米国第一主義』は、突然生まれたものではない。しかし、保護主義は、どこの国にも恵みをもたらさない。すべての国に経済的な打撃を与える。これこそが歴史の教訓である。その教訓に学び、自由貿易の旗手になったのが他ならぬ米国だ。それが輝いた時代の米国であり、世界に愛された米国であった。」

************************

 

こんなことを日本人の経済学者が言うというのは、余程自分は米国人と思っているのではないか。
米国が「自由貿易の旗手」などではない。

少し前には繊維交渉という自主規制させたものがあったし、日本の自動車会社が米国に生産工場を持っているのもそうである。
ローカル・コンテント法と言うのもあったはずで、今では部品工場まで進出している。
トラックの輸出には、関税率が25%かかる。自動車も2.5%かかる。
日本はゼロである。

こう言うインチキを言うのが米国人で、吉田洋先生も顔は東洋人だが言うことは米国人なみである。
だから日本経済が分からないのかと実に納得がいく。

*****************************************
読売新聞社説 Web板

トランプ外交 威嚇では国際秩序は保てない
2017年01月29日 06時24分

 「米国第一」を外交に持ち込み、身勝手な主張を通せると思っているのか。威嚇や排除では国際政治が機能しないことを認識せねばならない。

 トランプ米大統領が、米国とメキシコの国境に壁を建設するよう命じる大統領令を出した。「メキシコに費用を全額負担させる」という持論を貫いた。両国関係は急激に悪化し、予定されていた首脳会談が中止になった。

 両首脳は電話会談を行い、修復に動いたが、メキシコのペニャニエト大統領は負担を拒否する立場を明確にしている。一致点を見いだすのは容易ではあるまい。

 外交でも、トランプ氏はツイッターでの発信で圧力をかけ、交渉を優位に進めようとする。メキシコ政府が「壁の費用負担を巡る公の議論を控えるのが望ましい」と表明したのは、こうした手法への異議申し立てと言えよう。

 トランプ氏は、入国審査の厳格化や、難民受け入れの120日間停止を柱とする大統領令にも署名した。シリア難民は当面受け入れないことになった。テロの危険がある国を対象に、入国ビザ発給を制限する方針も盛り込まれた。

 「米国民を深く愛する人しか入国させたくない」というトランプ氏の政策は、危険な排外主義だ。人権を重視する米外交の伝統にも背こう。イスラム教徒が多い国々の反発と中東情勢のさらなる不安定化を招くだけである。

 トランプ氏は、就任後初の首脳会談をメイ英首相と行い、長い歴史に根ざした両国の「特別な関係」を確認した。英国の欧州連合(EU)離脱を見据え、将来の貿易協定の締結に向けて、高官級対話を開始することで合意した。

 トランプ政権は、米国の貿易協定の枠組みを「多国間」から「2国間」に移す方針だ。メイ政権は米国を後ろ盾に、EU離脱交渉の主導権を握ることを目論む。双方の利害が一致した結果だろう。

 懸念されるのは、トランプ氏の独善的な外交に、英国が引きずられる事態だ。米英が支えてきた自由貿易体制と国際秩序が揺らぎかねない。EU加盟国間でも、米国との距離を巡って、亀裂が生まれる可能性がある。

 ロシアに対する制裁の解除問題は、その試金石となろう。

 メイ氏は、ウクライナの停戦合意が完全に履行されるまで、「制裁は続けるべきだ」と述べた。トランプ氏は、プーチン露大統領との友好関係構築に改めて意欲を示した。米露の過度の接近を警戒し続けることが欠かせない。
2017年01月29日

***********************************************************

 

さて、社説では全部否定的にトランプ大統領の政策を見ている。

●米国とメキシコの国境に壁を建設するよう命じる大統領令を出した。「メキシコに費用を全額負担させる」という持論を貫いた。

米国とメキシコとの間の国境に柵のないところがあって、そこを超えて米国に入り込むと言うのはそもそも問題である。
そういうことをさせないというのは、メキシコの責任でもあるからそう言うことは理解できるのではないか。

それで壁を作れば米国としても公共事業として雇用対策になる。

しかし、壁をつくる元になるセメント会社がメキシコ企業一社というのが笑える。

●「米国民を深く愛する人しか入国させたくない」というトランプ氏の政策は、危険な排外主義だ。人権を重視する米外交の伝統にも背こう。

米国が「人権を重視する米外交の伝統」だって、そんなことはご都合主義だろう。

米国がチベットやウィグルの人権について何か言った、行動したと言うことは聞いたことがない。

今でも人種差別は無くならないし、日本との戦争だって人種差別が一つの原因である。
二次大戦が始まる直前に、米国はユダヤ人にビザを出さなかった。

あのアンネの日記で有名なアンネも米国ビザを申請したが却下されたのは有名な話である。ユダヤ人が船を借り切って米国までゆく、追い返された実話の映画もあった。

二次大戦のTV映画で「サンダース軍曹」というのがあった。
ここで小隊が道を進んでゆくと、ドイツ軍の機関銃の音がして一斉に伏せて誰も撃たれていない。
こんなことは嘘で、実際は黒人分隊を先に行かせて当然全滅する。
それで敵がいたとそこに大砲または、航空機で攻撃するというパターンである。
TV映画の用に白人が先頭に立って戦争なんかしないと言うのが当たり前である。

日本の新聞、社説というのは、「見た目東洋人で日本人みたいな顔」をした米国人が上から目線で日本人にご託宣を述べるものとはね。

 


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

サイバーリンクの詳細はこちらを参照!!!!! icon

 

2017_1_29


ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

OMEN by HP Desktop 870・ゲームPC実機レビュー

Omen_by_hp_desktop_87015


********************************************
OMEN by HP Desktop 870 レビューの目的と概要
********************************************

OMEN by HP Desktop 870は、従来からあったゲーミングシリーズのHP ENVY Phoenix800に、水冷CPUクーラーを搭載しOMENシリーズに加わったものである。

従来のHP ENVY Phoenixに使われていたCPUクーラー他の「レッドイルミネーション」が無くなり、フロントパネルのイルミネーションになっている。

----------------------------------------------------
尚、今回のレビューにおける図の解説及び見解は、筆者の感想である。

※当記事は販売店からレビュー機を借用して執筆している。

Omen_by_hp_desktop_87016


--------------------------------------------------------------------
目次・OMEN by HP Desktop 870 のレビュー
---------------------------------------------------------------------

 

○概要及びレビューの目的
○主な仕様
○外観・内観等
*電源、内部部品など
○基本性能
*WIN SCORE SHAREによるスコア
*SSDスピード・HDDスピードなど

○概要及びレビューの目的

○メディアカードリーダ速度測定
○グラフィックカード性能(NVIDIA GeForce GTX 1080(8GB GDDR5X))
*「HeavenBenchmark4.0」と「Valley Benchmark 1.0」
*HeavenBenchmark4、Valley Benchmark 1.0 FPS(当サイトでの参考測定結果)

Omen_by_hp_desktop_8703


*ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド(Heavensward)DirectX 9.0c・・DirectX 11・Benchmark
○3DMARK
Fire Strike、Time Spy

○OCCTによるOMEN by HP Desktop 870の3Dゲームの動作と筐体性能
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●CPUの負荷テスト(OCCT GPU)
●GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察
********************************
○OMEN by HP Desktop 870を使ってみての感想

 

**********************************
OMEN by HP Desktop 870・レビュー
**********************************

Sydstem


Hwifo64



**************************************
OMEN by HP Desktop 870の主要な仕様
(870-072jp)の概略
**************************************

●OS--Windows 10 Home (64bit)(RS1)
■CPU--インテルCorei7-6700Kクアッドコアプロセッサー(4.00GHz-4.20GHz, インテルスマート・キャッシュ 8MB, 4コア/8スレッド)インテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0
■マザーボード-:インテルZ170 チップセット
●CPU冷却装置-水冷式
●メモリ-8GB(8GB×1) PC4-17000 (2133MHz) (最大64GB)(実機はSamsung製)
■SSD-512GB SSD SATA3 TLC×1(実機はSamsung製)
●データ用 2TB HDD (3.5インチ SATA, 7200回転)×2
(実機Seagate製ST2000DM001-1ER164)
●グラフィックスカード-NVIDIA GeForce GTX 1080(8GB GDDR5X)
●ドライブ--ブルーレイディスクドライブ
(BDXL対応、DVDスーパーマルチドライブ機能搭載)(ウルトラスリム)
●カードリーダー : メディアカードリーダ
●有線LAN:10/100/1000 Mbps オンボードネットワークコネクション
●無線LAN:IEEE 802.11a/b/g/n/ac + Bluetooth 4.0
■電源・500W電源 【ATX電源・Active PFC搭載・80PLUS BRONZE】
●マカフィーリブセーフ (30日版 他)
*************
●縦置き : 約165×415×405mm / 約9.9kg
*********************************************************

その他の詳しい情報はこちらりPDF(HP Webサイト)を参照。

http://h50146.www5.hp.com/lib/jp/ja/products/desktops/personal/spec_pdf/omen_870_000.pdf icon

 

*******************************
OMEN by HP Desktop 870外観、内観
*******************************


Omen_by_hp_desktop_8702



外観で印象に残るのは、「標準搭載のアプリケーション“OMEN Control”により、フロントパネルのイルミネーションの設定」などで、その他のいわゆる「光り物」というのはない。
従って、サイドパネルの空気孔もHDD側に寄っていて従来のようにグラフィックスカードの発光した文字が見えると言うことはない。
フロント部にヘアライン加工したアルミ素材、ウルトラスリムドライブを配しているのは最近の傾向である。
ケースとしては、床に置いて使用することを基本としているためにフロント部分に操作盤などはなく、ケース上面(本体天面)に集中しいる。
また、OMENマークも配してあるとは言え比較的シンプルなケースである。

Omen_by_hp_desktop_87017



Omen_by_hp_desktop_8709


Omen_by_hp_desktop_8708


Omen_by_hp_desktop_87011


Omen_by_hp_desktop_87013


Omen_by_hp_desktop_87014


-------------------------
*電源
*****************

Omen_by_hp_desktop_87010



電源は、従来のモデルと同じ500W80PLUS BRONZEの電源になっている。
但し、12V-420W(MAX500W)である。

********************************************
基本性能*SSD・HDDスピード
********************************************



Winscore001

Winscore002

Photo


Ssdlife001

Ssdinfo

Ssdspeed001

Txbenchssd



OMEN by HP Desktop 870では、当然のように SSDを起動ドライブとして使っているので、何のストレスもない。

Hddinfo

Hddspeed


Txbenchhd




**************************************
★メディアカードリーダ
**************************************

Omen_by_hp_desktop_87012_2


Sdhcspeed


「メディアカードリーダ」のケーブルがUSB2.0端子に繋がれているので、従来のモデル同様の速度になっている。

*********************************************
○グラフィックカード性能(NVIDIA GeForce GTX 1080(8GB GDDR5X))
*********************************************

***************************************
■HeavenBenchmark4 (1600x900)
***************************************

Omen_by_hp_desktop_8706


Heaven


(HeavenBenchmark(DirectX 11)は、EXTREME設定、1600 x 900で測定)
FPS -135.9

 

Score 3423/9.3~264.2

*****************************************************
HeavenBenchmark4 FPS(当サイトでの測定結果)
*****************************************************
★NVIDIA GeForce GTX 1080(8GB GDDR5X)※
FPS -135.9------Score 3423/9.3~264.2

★NVIDIA GeForce GTX 1060(3GB / GDDR5)
GeForce GTX 1060 G1 Gaming 3G
FPS -80.7-----Score 2033/8.8~185.0

・・・・NVIDIA GeForceGTX680(44.3~46.7)

40*****

30****重いゲームでも快適
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GTX 660(29.1~30.5)※

25‥‥‥‥ELSA GLADIAC GTX 560 Ti mini(24.9)※
↓‥‥……玄人志向・GeForce-GTX560-E1GHD/SHORT(22.0)※

20****軽いゲームなら快適‥‥玄人志向・RD-HD6870/OC(20.8)※
↓‥‥‥‥SAPPHIRE VAPOR-X HD7770 GHZ EDITION(19.4)※
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GT 755M・DDR5(15.1)
15‥‥‥‥玄人志向・GF-GTX650-E1GHD(14.9)※
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 750M・DDR5(12.5)
10・・・・NVIDIA GeForce GT 750M・DDR3(9.7~10)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 840M・DDR3(8.3)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 740M・DDR3(6.4)

※デスクトップ用

****************************************
Valley Benchmark 1.0 FPS測定結果
****************************************

設定■
★DirectX 11
★1920×1080 fullscreen
★Extreme HD
------------------------------------------------

Omen_by_hp_desktop_8707




NVIDIA GeForce GTX 1080(8GB GDDR5X)
--FPS 101.6
Score4249
最小FPS 40.1
最大FPS 200.9

 

NVIDIA GeForce GTX 1080(8GB GDDR5X)(HP)---(101.6/4249/40.1~200.9)
(レビュー機)

----------------------------------Valley Benchmark 1.0参考測定値----------------------------------------

NVIDIA GeForce GTX 960M・DDR5---(20.8/870/7.0~37.2)(HP OMEN 15-5100)
NVIDIA GeForce GTX 860M・DDR5---(18.8/786/9.0~34.3)(HP OMEN 15-5000)
NVIDIA GeForce GT 740M・DDR3--(6.3/263/4.3~11.2)(HP Pavilion 15-ab000)
-------------------------------------------

以下、自作機で筆者が所有************
★NVIDIA GeForce GTX 1060(3GB / GDDR5)GIGABYTE GTX 1060 G1 Gaming 3G
--FPS 64.2 Score2687/最小FPS 6.1/最大FPS 120.8
GIGABYTE Geforce GTX660 2GB GV-N660OC-2GD/A---(33.4/1314/16.5~57.7)
ELSA (GeForce)GLADIAC GTX 560 Ti mini---(24/1004/11.3~79.2)
玄人志向・RD-HD6870/OC---(21.7/908/6.0~39.4)
*****************************************************************
■ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド(Heavensward)
DirectX 9.0c・Benchmark(DirectX 11)

*****************************************************************

○NVIDIA GeForce GTX 1080(8GB GDDR5X)

Ff1418469


(1920×1080)DirectX 9.0c
最高品質・・・18,469(非常に快適)

Ff1411


(1920×1080)DirectX 11
最高品質・・・16,702(非常に快適)

参考値(syuun自作パソコン)*******************************************

GeForce GTX 1060 G1 Gaming 3G
(1920×1080)DirectX 9.0c
最高品質・・・14,850(非常に快適)
(1920×1080)DirectX 11
最高品質・・・12,390(非常に快適)

GIGABYTE Geforce GTX660 2GB GV-N660OC-2GD/A
(1920×1080)DirectX 11
最高品質・・・5,096(とても快適)計タイム27,264

ELSA (GeForce)GLADIAC GTX 560 Ti mini
(1920×1080)DirectX 11
最高品質・・・3,764(快適) 合計タイム39,373


*********************************
○3DMARK
Fire Strike、Time Spy
******************************

Omen_by_hp_desktop_8705


Firestrike16774


Timespy6269




********************************************
○OCCTによるの3Dゲームの動作と筐体性能
NVIDIA GeForce GTX 980(4GB / GDDR5)
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●CPUの負荷テスト(OCCT GPU)
●GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察
********************************************

Omen_by_hp_desktop_8701

 

Occt



●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)

2017010319h16temperaturecore0


OCCT・CPU負荷テストでは、CPUインテルCorei7-6700Kクアッドコアプロセッサーは、定格の約4.0GHz(3.798~3.999)付近で作動している。
水冷CPUクーラーであるために、CPUの動作温度が大方55℃付近で安定している。
余裕のCPU温度である。

Cpuz

●GPUの負荷テスト(GPU 3D)とNVIDIA GeForce GTX 1080(8GB GDDR5X)の挙動

Omen_by_hp_desktop_8704


Occtgpu


2017010411h24cpuusagecpuusage

2017010411h24fpsfps

2017010411h24frequencycpu0



FPSは当然のように設定最大値のFPS60に張り付いたままになっている。

このときにCPUの稼働率は30%程度でCPUは、アイドル状態である。
またCPUが4GHz程度まで稼働しているとはいえ、CPUの温度もほとんど稼働してないような温度である。

2017010411h24temperaturecore_0

Gpuz


●GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察

高性能なNVIDIA GeForce GTX 1080(8GB GDDR5X)を使っているために考察ナシ。

Speccy


**********************************************
OMEN by HP Desktop 870を使ってみての感想
**********************************************

OMEN by HP Desktop 870は、グラフィックカードがNVIDIA GeForce GTX 1080(8GB GDDR5X)のモデルである。


過不足ないCPU、ストレージそしてOC(オーバークロック)対応の水冷クーラーなど盛りだくさんである。


グラフィックカードだけでも、市販品では8万円~10万円もする高価なもので、普通に遊ぶゲームではこれほど高性能のものは必要ない。


しかし、4Kゲーム映像を見れば別世界であると感じるとすればこれくらいのグラフィックカードは欲しい。

これほどのものは必要ないとすれば、「GeForce GTX 1070」のモデルもある。

 

今現在では、「<通常より¥69,800オフ!>」というセールをやっていてかなりお買い得である。

これならNVIDIA GeForce GTX 1080を導入してみようかという気になるものである。

 


icon icon


icon icon icon icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

イナビルで回復?、インフルエンザA型

Omen_by_hp_desktop_870101


インフルエンザA型に罹(かか)って寝込んでいたのはかねてから述べていたとおり。
今回イナビルという吸入薬を使った。
この吸入薬というのは、2010年ころに出てきたというので全く知らなかった。
吸入薬というのがどんなものかと、検索してみると症状経過が同じようなのには驚いた。
それで、後年の参考のために経過を書いてみる。

感染したのは、平成29年1月20日(金)だったというのは潜伏期間から推定できる。

平成29年1月23日(月)

発病したのは23日で、朝から咳が止まらず何となく憂鬱。
夜になって体温を測ると37.8℃

平成29年1月24日(火)

よく寝て多少気分が良いところで8時で体温37.4℃

医院に9時に行き医院計測体温37℃
インフルエンザだと、もっと熱が出るのだがと先生は言いながら、処方してもらったのが

イナビル×2(4回吸引)   ※発病48時間以内が原則。
解熱剤カロナール
+咳止めメジコン。

薬局で使い方をくどいくらい説明してもらって、薬をもらって帰ってきたのが10時すぎ。

※ネット上では、医院で看護師さんが吸引の仕方を説明しながらそこで吸引してもらうという例が多いようだ。(時間制限があるので)
(「薬局で薬を購入したときに、薬剤師に使用方法を聞きながらその場で使用することもあります。」という記載もあり。)

しかし、この医院では薬局の薬剤師さんに説明してもらえば充分となにもしてくれないところに不安がいっぱい。

イナビルを吸引するのだが、吸引したあとでどの部分で息を吐けば良いのか中々見当が付かない。

※上手く行かなかったのではないかと訝(いぶか)っていたが、ネット上で処方を確認したら何とかセーフのレベルだった。(あとから調べたことでこの時点では分からず)

夜中体温 37.1℃

平成29年1月25日(水)

朝8時、体温37.9℃
咳は相変わらず。
これ以上体温が上がったら解熱剤カロナールを・・・

昼、体温37.1℃
夕方になって、多少汗をかき始めた。

夕食をとると何やら汗が出る。
夜中の1時30分に目覚め、汗をかいていたので体温測定36℃
熱が下がった。

平成29年1月26日(木)

朝8時 体温36.6℃

朝食をとって昼 体温36.3℃

一応平熱に戻った。

夕方6時 体温36.2℃

イナビルの効果は、2-3日で熱が下がると言われていて、その通りになった。

今は良い薬があって非常に助かる。

それでもインフルエンザに罹ってからは、家では「隔離状態」で要件は「メール」でやりとりする始末である。
小さい頃は、非常に大きな平屋の家に住んでいて寝室と居間台所が東西両端にあった。
そんなときは、大声を張り上げても母親に聞こえなかったから今は、わざわざ呼びに行かなくても良いのは便利になった。


但し、今は貧乏になったから、ウナギの寝床とも思われるマンションの納戸部屋での隔離部屋住まいである。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ





ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月25日 (水)

TPP批准の失敗を今頃述べる新聞

Omen_by_hp_desktop_870200


病気で寝込んだことがあると言うのは、よくよく考えてみたら1年に1度くらいあった。
2015年では、ベイシヤの納豆巻き弁当に当たって3日間寝込んだ。
それ以前では、上野精養軒で出た貝に当たって寝込んだこともあった。
大方、食あたりでインフルエンザというのは何十年振りである。
実際のところ、毎年予防注射はしていたので罹っていたかもしれないが発症しなかったのかもしれない。
それはともかくも、寝込んでいると良からぬことを考えたりする。
昔のこと、忘れられないことはいつも頭の片隅にある。
だからなんだと言うものでもある。
単に父親が自分の年齢だったときどうだったのだろうかとか、兄が生き続けて自分の年齢に達したらどんなことを言ったかと想像してみたりする。
しかし、こんなことを考えるのは元気の良かった時で、寝込んでいるときにこんなことを考えていたら「うつ病」に近くなってしまう。
それで寝ているのだからいつも読み切らない本でも読んだらと思うと、最近電子書籍ばかりだから結構面倒である。
何か楽しいことなどを考えて寝たらと思っても、最近「『楽しいこと』なんてなかったなぁ!!」と思う。
子供と遊んだときの遠い昔、しかも子供もいつまでも子供ではない。
確かに、子供がいるというのは子供をだしにして親が楽しむということでその昔言われたことは事実だった。
但し、小学生までである。
中学、高校にもなると親と出かけることもないし6年間受験の話ばかり。
高校を卒業したと思ったら、上京して東京の子になってしまった。
それはそれで覚悟はしていたものの、実際そうなると唖然とする。
そのほか楽しいこと・・・・・「歳をとるとやはり楽しいことなんかないんだよなあ」と思う。
こんなことを考えてうつらうつらしていると、1日の経つのがこんなに遅いのかと思う。

読売新聞第一面では「米、TPP『永久離脱』」という記事が踊っている。
TPPに関しては、元々反対論も根強くある一方、ここのところの論調では「TPPが発効」しなくて残念だという議論が再燃している。
しかし、TPP文書は英文で和訳されていなかったときに採決した。
それが今は「首相官邸」のWebページから見られる。

「TPP(環太平洋パートナーシップ)協定」
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/tpp2015.html#c013

http://www.cas.go.jp/jp/tpp/naiyou/tpp_text_yakubun.html

この訳文が全文かどうかは知らないが、よく見るとEUに繋がるようなところがある。
要するに経済に関するグローバル化である。
ヒラリーも離脱と宣言していて、日本政府はオバマ元大統領に媚びを売った形になっている。
TPPは、対中国であるというのも「嘘」であったこことは既にばれていた。
そして日本がTPPを批准してしまったことによってTPP合意事項が最低ラインになってしまったことは大きな失敗である。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ





ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月24日 (火)

トランプ大統領就任演説の馬渕睦夫先生のポイント

Omen_by_hp_desktop_870100



とうとうインフルエンザに罹(かか)ってしまった。
A型である。但し、不思議なことに熱は余りない。
A型インフルエンザの潜伏期間というのは2-3日なので、20日のDellの新製品発表会で感染したとしか思えない。
その他の時は、ほとんどマスクをしていたのである。
医者でもらってきたのは、口から吸引するヤツで「時々失敗するのだよ」と先生が言っていた。
薬局でやり方を教えてもらい4回やったのだが、後半気分が緩んだか鼻から息を吐いてしまった。
これで上手く行くと良いのだが取りあえず1週間、人と接触禁止である。
実に困ったものである。

先週「味噌」を買ってきてくれといわれて、ベイシアに行った。
買ってくる味噌というのが群馬の名産で、ベイシアとイオンでしか売っていない。
ところが、ベイシアというのはかなり郊外にあってどこでも往復10㎞もある。
その中で比較的近いところを見つけたので行って見たら、中高一貫校の前を通ってゆく。

その辺は市街化調整地域なので、10年経ってロードサイトの店ができるものの大きく変わらない。
この学校を見るたびに実は毎回昔の記憶として嫌な思い出がよぎる。
まだ卒業生が出ていない頃にうちの娘が受験した。
予備校の専門課程にかよい、模擬試験も受けたりして高校受験なみの体制。

受験に当たって、親が学校まで送りに行き、帰りは指定された時間に校庭にしつらえてある駐車スペースで待つという一家総出の事業である。

当然落ちたのであるが、それも難しい問題ができて誰でもできる易しい問題を落としているから受かるはずがない。
こういうところは、小さい頃から学習塾でしっかり勉強していなかった報いである。
それでも紆余曲折があったとは言え、結果は第一志望の大学へ受かったから良しとするのだが、嫌な思いというのは今でも続く。
今から考えれば、この中高一貫校に進学できたとしても、落ちこぼれていわゆるFラン(フリーランク)という大学にしか進めなかっただろうと思うと人の人生の不思議さと言うものを感じる。

それで昨日の「【Front Japan 桜】馬渕睦夫先生の解説」(トランプ大統領就任式の感想)
を見ると、就任演説で
(産経新聞の要約の中で抜けている部分・全文にはある。)
「世界中の国に友情と善意を求めていく。しかし、自国の利益を最優先することは、あらゆる国家の権利だという考え方に基づいていて、だ。」

★アメリカは、アメリカファーストでやるけれども、我々のやり方を押しつけるようなことをしない。

★内政干渉はしない。

・・・・ということで、今までアメリカ式のやり方を押しつけるようなことはしないという。
新聞論調と就任演説とは違うのはいつもながら妙なものだ。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ





ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月)

欧州の反トランプデモ、何に関係あるのか?

Omen_by_hp_desktop_87020


今日は朝から咳が止まらず、風邪を引いたかと訝(いぶか)っている。
今年は何十年振りかで、インフルエンザの予防接種をしなかったので心配でもある。
金曜日は、上京したとは言え帰ってきたのは23時40分頃。
それからデータをパソコンに移したりして、帰宅したのは1時を廻っていた。
翌日は、町内の新年会で新年会は直ぐに終わったが、市民展の搬入処理を忘れていて帰宅したのは11時30分。
長時間労働とは言うけれど、趣味で物事をやっていることは含まれないから単に身体を大切にしなければならない。

新聞報道やテレビの報道番組をみると、米国の反トランプデモの同じシーンの写真、映像が角度を変えて写っていたりする。
しかも、よく見れば回りにカメラマンが集まって映像を撮っている。
カメラをズ-と引いた全体像が写っていないから、本当のところはよく分からない。
海外でも反トランプデモがあったという写真が新聞に出ていた。
しかし、欧州での「反トランプデモ」などやったとしても直接関係ないので何のためなのかと疑問に思う。

それで、こう言うデモというのはデモを組織するところが必要であり、お金も掛かる。
1960年安保の頃は、TVなどなかったし安保闘争の映像は「映画ニュース」だった。

その頃は当然小生が一人で映画を見に行ったと言うことではない。
単に、母親が昼寝している小生を負(お)ぶって気がついてみたら映画館だったと言うことが度々あった。
幼稚園に上がる前の頃だから、映画内容というのはほとんど覚えていない。
但し、1960年安保以降の頃は怪獣映画が流行っている頃でこれを見に行って、「映画ニュース」を見たと言うものである。
この映画ニュースというのは、割合更新されていなくて古い映像が何回も同じものということも多い。

その安保闘争では、当時の学生はエリート層でその後に東大の教授になった先生がいるようにかなり効果があった。
しかし、今の日本でのデモでは、新聞その他を見ても老人ばかり。
これでは影響力など持たないわけである。

それで米国の「反トランプデモ」の破壊映像を見るとISのような覆面をしている。
初めから写真を撮られても良いような服装である。
何か妙なものを見たという気がしてならない。
こう言う純粋なテロリストのような格好をしていると言うのが、多分米国の暗部であると思う。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

詳しくはこちらを参照 icon

2017_1_201

2017_1_202






ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月22日 (日)

Canon EOS M3・新品も中古価格になったので・・・・

M35


平成29年1月22日(日)の読売新聞一面は、トランプ米大統領というか地方紙でも同じだった。
大統領就任式で、前の記事では200人デモがあったとかと伝えているものの何十万人が集まり、何万人もの警察官が見守るわけだから比較としてはたいしたことがない。
それだけでなく、反トランプ米大統領派デモというのは暴力的なのだなと不思議に思う。
また、オバマ大統領の時は80人だったと書かれているとはいえ、オバマの時は報道したのかと思う。

オバマ大統領は、「チェンジ」と今までと違う変革をイメージして当選した。
しかし、結果としては「事なかれ主義」に徹して、米国を弱くした最低線の大統領という評価が付いた。
しかも民主党だったから、中国重視で中国と仲良くすれば米国は上手く行くと言う政策をとった。
いわゆる「パンダハガー」である。

そう言う政策は、中国の前近代的な帝国主義による海洋進出や膨張を招き、それを防ぐことも出来なかった。

その一方で、大統領選で敗れたクリントン氏は、国務長官時代にCIAを使って内紛を中東で起こさせたし、財団を通じて中国から金をかなり貢いでもらうようなことだった。
それで今度のトランプ米大統領は、オバマ大統領のやったやり方の全て逆にやるという単純手法に打って出た。

それに対して、新聞報道やテレビでは反トランプ思想が強く、まだ政権として始まってもいないのに妙なコメントを羅列している。
それならオバマ前大統領のやり方を継承するのが良かったのかとは誰も言っていない。
メキシコ系住民が多いカリフォルニアでは、反トランプデモにみんな出かけて行ってしまったとかあった。

トランプ大統領は、就任前に「犯罪を犯すような不法移民」・「犯罪歴ある不法移民」を排除するようなことを言っていた。
しかし、こう言うデモがある以上トランプ大統領の言ったことは、ある意味図星を付いていたことになる。

それで「白人至上主義だ」という記事などもある。
それなら初の黒人大統領というオバマ前大統領は本当に「黒人」だったのか?
オバマ前大統領は、白人との混血である。


高山正行氏の本によれば、白人によって征服されたどこの国でも「混血」の人たちは、現地の元黒人奴隷だった人の上に立つ。
要するに「混血」というのは、白人と同等だと述べている。
事実として、オバマ時代で黒人が白人警官に撃ち殺されるという事件が随分と新聞紙面などを賑わした。

そういう対策は余り打てずに、人種差別が助長されたともいわれているのである。
この問題は、新聞が喧伝する黒人大統領表現も実は眉唾だった可能性が強い。

やはりマスコミの情報操作に乗ってしまうのは危い。
現にNHKも
アパホテル、札幌冬季アジア大会中は書籍撤去か 組織委が「快適な空間の提供」を要請 中国からの批判受けての措置は否定

*************************************************
2017.1.20 20:17
【歴史戦】アパホテル、札幌冬季アジア大会中は書籍撤去か 組織委が「快適な空間の提供」を要請 中国からの批判受けての措置は否定

アパホテルの客室に置かれている「理論 近現代史学II」

 「南京大虐殺」などを否定する書籍を客室に備えたとして、中国外務省が日本のアパホテルを批判した問題で、2月19日に開幕する札幌冬季アジア大会の組織委員会が、選手村となっているアパホテルに「選手が快適に過ごせる空間の提供」を要請していることが20日、分かった。

 組織委によると、選手村になるのは札幌市南区のアパホテルと中央区の別のホテル。2月16~27日は組織委がアパホテルを借り上げ、31カ国・地域の選手ら約1500~1600人が滞在する。

 NHKは19日、組織委が中国側に配慮して、ホテル側に問題となっている書籍の撤去を要請したと報道。組織委は具体的な要請はしていないと主張し、NHKに抗議したことを明らかにした。

 ただ、かねて「偏見や差別がないよう宗教、文化、民族に配慮した対応をすること」を申し入れていることは認めた。最終的には、大会を主催するアジア・オリンピック評議会(OCA)と協議するとしている。

 高橋はるみ知事は20日の定例会見で、「冬季アジア大会、観光立国・北海道という立場からすると、それぞれの国々の方々に気持ちよく泊まっていただきたい。あまり不快な思いを持ってもらうのはどうなのかなと率直に思う」と述べ、アパホテルの今後の対応を見守る考えを示した。

 一方、ホテルを運営するアパグループは、選手村としての打診があった段階で、組織委の担当者から口頭で「客室内すべての情報物の撤去」を要請されたと説明した。

 その上で、「言論の自由があり、批判されたことで書籍を撤去することは考えていないが、ホテルとして利用者の要望にできるだけ添うようにするのは当然のため、組織委の意向に従うことになると考える」と書籍の撤去を示唆した。
************************************************************

 
この記事からNHKはねつ造記事を報道をしていたことがわかる。

それで表題の「Canon EOS M3・新品も中古価格になった」

M36


初代 EOS Mを値段の安さから買ってしまい、その後にEOS M2トリプルレンズキットを買ってしまっていた。
ところがある程度システムが揃ったところで、EOS M2が使い難くてほとんど使えない状態であって思案していた。

EOS M5が発売されて、不人気だったEOS M3の「美品」の中古品がたくさん並んでいる。これで中古品でもよいかと思ったのだが、Yahoo!ポイントが高いときに見たら中古品と価格は変わらなかった。

Eosm3


それだけでなく、「GOING2020!キャンペーン」に間に合えば3,000円のキャッシュバックだった。
今回は、間が悪くてキャンペーンに間に合わなかったが、間に合えば9月末の最安値で買えたわけである。
それはともかく、EOS M3は現行商品なのでやはりそれなりのポテンシャルを持ったカメラだった。

M31

カメラメーカー: Canon
カメラモデル: Canon EOS M3
レンズ: EF-M18-55mm f/3.5-5.6 IS STM
撮影日時: 2017-01-20 16:26:01 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm
絞り値: ƒ/3.5
露出時間: 0.020 秒 (1/50)
ISO 感度: 1600
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

M32


M33


M34


M37


M38

カメラメーカー: Canon
カメラモデル: Canon EOS M3
レンズ: EF-M18-55mm f/3.5-5.6 IS STM
撮影日時: 2017-01-20 16:53:16 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm
絞り値: ƒ/3.5
露出時間: 0.025 秒 (1/40)
ISO 感度: 2500
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

M39



EOS M2では、詳細な設定が出来にくかったり詳細設定をしても電源を消すと元にもとっていたりであった。
それが何とか使えるようになっていた。
それでもこのカメラ一台だけ持って行くのはまだ不安で、SONYα6000のように万能となるまでにはまだまだである。
しかし、取りあえずレンズ資産その他が生きたのは良しとする。


M310

カメラメーカー: Canon
カメラモデル: Canon EOS M3
レンズ: EF-M18-55mm f/3.5-5.6 IS STM
撮影日時: 2017-01-20 17:22:20 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 32mm
絞り値: ƒ/4.5
露出時間: 0.025 秒 (1/40)
ISO 感度: 1600
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

M311


M312


M313




1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

詳しくはこちらを参照 icon

2017_1_201

2017_1_202






ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月21日 (土)

独立書展(第65回記念)を観覧する

19


平成29年1月20日(金)は、夜半になって雪が降ると言われた日であった。
こんな時に上京するというのも余り気が乗らないと言うのも宜(むべ)なるかなである。
今回は六本木でイベントがあったので、公財・独立書人団の「独立展」を国立新美術館で見てきた。
「独立展」の記憶は、東京都美術館だったが近年から国立新美術館になったようである。
それで六本木と言えば「六本木ヒルズ」だが、「六本木ヒルズ」というのはほとんど縁がない。
少しは通りすがりに見るというのがミッドタウンで、今回は「FUJIFILM SQURE」へ行ってみた。

17


フジフイルム スクエアでは写真展がほとんどとはいえ、最新のカメラも先んじておいてある。
今回見てきたのは、

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition
FUJIFILM X-T20
FUJIFILM X100F

でいずれも2月下旬発売でカメラ屋の店頭にはなく、まだ予約販売である。
X100FのFはFourthの4なので4台目で何と約15万円。
X-T2 Graphite Silver Editionは、「『薄膜多層コート技術』によるグラファイトシルバー塗装。」という手の込んだもので19万円もする高級品。
それでX-T20というX-T2の廉価版は、ネットのカメラ店で101,580円と横並びの予約の受付中。
FUJIFILM SQUREで現物を見たところ、カタログを見て分かるようにX-T10とX-T20は見た目ではロゴ以外見分けが付かない。

21


何だか知らないが、最近のカメラは一声10万、高い方で15万とデフレにかかわらず高額なのは薄利多売から少量で利益をだすようになったからであろう。

18


2


1

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X30
撮影日時: 2017-01-20 16:04:49 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 7.1mm
絞り値: ƒ/2.0
露出時間: 0.0059 秒 (1/170)
ISO 感度: 100
露出補正値: +0.33 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

元の第65回記念独立書展は、1階、2階、3階まである大展覧会だった。
会期は、平成29年1月11日~23日まで。
東京都美術館で開催されるのとは違い、何となくスッキリした感があるのはやはり広いと言うことに尽きるかもしれない。
国立新美術館は、最低2週間の借り切りなので中々大変である。


4


20


3


5


6


7


8


9


10


16


15


11


12


13


14

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X30
撮影日時: 2017-01-20 16:48:05 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 8.3mm
絞り値: ƒ/2.2
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 100
露出補正値: +0.33 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

詳しくはこちらを参照 icon

2017_1_201

2017_1_202






ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月20日 (金)

天皇陛下譲位の誰も語らない問題点

6000104


天皇陛下の譲位問題に関して、読売新聞は未だに「退位」「生前退位」と頑なに記載している。
この「退位」と言う言葉は、NHKが敢えて「譲位」と言う言葉を避けて使ってその後追いとして新聞各社(産経以外)が使っているという不思議な現象である。
(詳細記事・http://bylines.news.yahoo.co.jp/yanaihitofumi/20161022-00063507/)

NHKは、
「国会の答弁等でも『生前退位』『退位』という言葉が使われており、視聴者に意味が伝わりやすいよう、この表現を使っています。ニュースの文脈に応じて、『譲位』という言葉も含め、適宜使い分けています」
と述べているのだが、
記事には
「いずれも国会議員が質問するときに使ったもので、政府側答弁では皆無だった。
「生前の退位」という表現も国会議員の質問で2回、政府側答弁で2回、使われたことがあるにすぎなかった(昭和59年4月17日内閣委員会・山本悟宮内庁次長、平成3年3月11日予算委員会第一分科会・宮尾盤宮内庁次長)」

とあって、かなり限定的で一般論ではないと言うことが分かる。
このNHKの言い回しは、以前に「人間動物園」のくだりで同じ口調をしていたことがあり、ある意味「意図的」に用いたと言うものであろう。

そう言う日本の皇室を良く思わないようなメディアなどが散在する現在、なぜか「退位法整備」(読売新聞)などいわゆる短絡思考で行われているようだ。
それでもし、今の天皇陛下が譲位されて例えば上皇陛下になられたとしてどう言う状況になるのか考えた議論は余り聞こえてこない。

その時は、今の皇太子殿下が天皇陛下に即位(仮に新天皇陛下と略)された時、秋篠宮殿下が皇太子待遇になるらしい。
それで、新天皇陛下は、前天皇陛下(仮に上皇陛下と略)と当然比べられることになる。
今年新年の歌会始には、秋篠宮家は出席されていた一方、雅子皇太子妃殿下は欠席である。

このことから考えて、例えば上皇陛下の用に被災地などに「頻繁に行幸なされない」とかという批判は絶対に起きる。
それが嵩じれば、新天皇陛下が「譲位」するという自体もありうる。
皇室典範の改正ではなく一回限りの「退位法」だとしても前例主義だからこのときになって、「駄目だ」と言い切れるかどうか今の国会をみれば何となく不安であろう。

そしてもしもう一度「退位法」が出来て代わったとすれば、国民意識とは関係なく「皇室不要論」が出てくるだろうし、その前に「女性宮家」「女性天皇」という議論が活発になる。

そうなったときは、どうなるのかは全く分からない。

従って、今生天皇は譲位せずに過大な公務は代わってもらい、祭祀だけを行っていただければ良いのではないかと思う。

そうして、過度な被災地への行幸などを控えてもらえば、新天皇陛下に代わったときでも大きな問題は起きにくいという感じはある。
しかし、戦後にGHQが皇族制度を廃止してその問題点は以前と残る。
他の国に皇室の制度を変えられて、未だに何も変えられないというのはまだ日本はGHQ支配下にあるとしか言えない現実である。

1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月19日 (木)

新聞・マスコミの週刊誌化とGHQ維持思想に驚く

6000102


昨日18日、自動車学校へ申し込みに行ってきた。
二種免許を取るということではなく、子供が春休みに免許を取るのでその早期申し込みである。
早期申込みだと講習料が安くなったりといろいろな特典がある。
それに学生だと1割程度講習料が安い。
AT限定免許で300,000円強。
その昔250,000円位かかると聞いていたので、それほど高くなっていない。
東京にでも住んでいると車など駐車場に困ったり、いろいろと不便なことがあり逆に必要を感じない。
しかし、ここ群馬に来たら車の免許を持っていない、車に乗れないというと「変人」扱いである。

実際のところ免許証は、いま身分証明書と同じ意味があって銀行の口座も作れるし、保証人なしに印鑑証明も作れる。
これが今度は「個人番号カード」になる。その内に銀行でも「個人番号カード」を持って行かないとお金が下ろせなくなると言われている。
それはともかく、小生など免許を取ったのは19歳で大学の暇なときを利用して免許を取った。

昔だからこのときに自動二輪もとっておけば「大型免許」だったが後の祭り。
それを言うなら高校1年の時に軽免許を取っていれば、大型自動二輪は付いてきた。
子供の場合、大学に入学して一年目の夏休みは部活だったり、春休みはコールセンターのオペレーターのバイトをしたりと訳の分からないことをしていた。
二年目になっての夏はアパートの引っ越しが入って、やっと今年になったというものである。

この時期に自動車学校へ行くと教習車が沢山駐車していて動いていないというか、閑散としている。
申込みに訪れる高校生らしき人たちが、事務室に見られるものである。
この人たちが就職組か、AOか推薦で大学に受かった口なのかは全く分からない。
いずれにせよ暇にならないと自動車学校などには来られないというものである。

6000103


ここのところ毎日のように新聞のことを書いている。
なぜかというと、書かれていることが腑に落ちないからである。
その理由は「馬渕睦夫先生の解説の概略を文字起こししてみた」で明らかであるとはいえ、新聞が「週刊誌」なみの記事に終始しているというのは世も末を思わせる。
特に、読売新聞の「編集手帳」など明らかに世論誘導記事である。
それでこの読売新聞朝刊にある「編集手帳」はWeb板に掲載されているかと思ったら、紙面だけだった。

ここに書かれている「トランプ次期大統領」の悪口は
「就任直前の支持率で、40%は歴史的な低水準という。米国のドナルド・トランプ次期大統領である。◆批判めいた指摘を受けるや、闘争本能むき出しでツイッター攻撃に走る。
狭量と短慮が招いた数値だろう。・・・・・」「編集手帳」2017.1.19より引用。

 

それで読売新聞2017.1.19、13版1面から世論調査の部分を拾ってみると。

「米CNNテレビは17日、12~15日に全米で実施した世論調査の結果を発表し、トランプ氏を『支持する』の回答は40%にとどまり、『支持しない』は52%に上がった。」


このCNNは、大統領選の時に「クリントン・ニュース・ネットワーク(Clinton New Network)」と揶揄されたように、反トランプで記者会見でも相手にされなかったところである。
読売新聞では、他の世論調査を出しているとは言えほぼ横並びで、全て反トランプ陣営だったところで根は同根だと言うことが分かる。
大統領選の時の世論調査でトランプ氏が勝つとはどこも出していなかったはずだ。

だから「トランプ氏「いかさまだ」…」と反論している記事がある。

「民主党の議員が大統領就任式に欠席する」というのもどこかで、大統領に就任すれば民主党、共和党もこぞって応援すると大統領選挙の時に言っていたのが嘘であったことがよく分かる。
そして、ハリウッドの女優や歌手が支持しないとあるのが、元々ハリウッドというのは民主党支持であり、パンダハガーである。

冒頭のDVDは、「THE MAJESTIC」という映画でマッカーシー上院議員の批判を背景にしている。
ハリウッドが如何にグローバリズム(共産主義と同根)に席巻しているかというあらわれである。
ここで「編集手帳」に戻ってみると、トランプ氏は既にマスコミを含むグローバリズム勢力との戦争状態にある。
そうであれば、ツイッターで反論しなければ負けである。
「編集手帳」氏の感覚を疑うと言うより、こうして日本の戦後体制維持に奔走する姿がな日本のマスコミの本質であると認識を新たにすべきであった。

1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月18日 (水)

老人は変化を嫌い、自然を好む

6000101

平成29年1月18日(水)の地方紙、上毛新聞をみたら「高校再編 新校名決まる」という見出しが一面トップである。

再編されて、「中之条+吾妻」は吾妻中央高校、「富岡+富岡東」は富岡高校となり2018年度に開校するという。
記事では「『学校余り』が加速」と「14年度の中学卒業生が19,000人だったのが、29年度は15,000人に減少」という理由を付けている。

しかし、群馬県は大昔の学区制とは違って、全県一区になったためにより進学率の高い有名高校に生徒が流れると言うことに尽きるのではないか。
それだけでなく、そのトップ高に落ちても今は私立高校に「特進クラス」というのが多くできて、「トップ高校」同等の授業又は手厚い進路指導もあって進路実績を伸ばしている。
従って、進路実績の良くない周辺校には学生が集まらないという結果であろう。

その高校のOB、OGにとっては、昔は前高(前橋高校)、前女(前橋女子高校)、高高、高女に進学したくとも学区外で進学できなかった頃とは大違いである。
それはそれで、大学進学というのがかっての高校進学と同じようになってしまった現在。
より少ない有名校に生徒が集中するだけでなく、大学側でもより真面目に勉強をする学生を入学させたがっている。

それは特別入学という推薦入学が、徐々に入試の中心になりつつあることを物語っている。
それにしたがって、一斉授業を行っていた浪人生のための予備校は潰れ、補習授業中心だった塾もネットアプリによって淘汰されようとしている。
だから予備校の先生がテレビのバラエティ番組に出てMCをするような時代になった。

それと同様に街を車で走っていると瀟洒な店舗や事務所ビルがなくなって更地になっているのに気がつくことである。
思い起こせば、その昔に「おじさん」が一生懸命に商品を並べていたのが目に浮かんだりする。

通り過ぎたビルの店舗には、シャッターが閉まっていたり、窓ガラス一杯に布で目張りがしてあったりと潰れてしまったような店も多い。
こう言う時代の移り変わりは仕方がないとはいえ、歳をとると身近になればなるほど非常に嫌な気分になる。
歳を取れば取るほど周囲の環境の変化に対応できなくなり、木々を見て毎年の季節の移り変わりを振り返っている。

これが何を拒むのかというと、東京などの住宅街での「保育園建設反対」である。

小さいときから隣に幼稚園や保育園、小学校があっても何も気がつかないし、幼児期なら近くに学校があって良かったという感覚しか持たない。
ところが、環境の変化を拒む老人期になれば保育園であれ、何であれ今までの環境を壊すものには反対したくなる。
しかし、年寄りというのは自然環境を不思議と好むもので、殺風景な都市空間よりも木々の多い環境で毎年の季節の変化が楽しめると多少嫌な思いが和らぐものである。

テレビで見た「保育園」というのは、子供の声がうるさいというので殺風景な塀や防音壁だったり、より周囲の環境を壊すものだったのはその想像を堅くする。

それにしても新聞を見たら(産経新聞 Web板)

「【主張】竹島に慰安婦像 韓国の恥をさらす暴挙だ」という記事があった。
http://www.sankei.com/column/news/170118/clm1701180002-n1.html
李承晩ラインによって、勝手に韓国が不法占拠している「竹島」。
そもそもこの事実から目をそらせるために「慰安婦問題」を持ち出したと聞いたことがある。
韓国にとっての最大の負い目で、絶対に勝つことができない「竹島問題」を「慰安婦問題」に矮小化する。

国民に真実を知らせないようにすると言うのが元々だと言われていた。
それが「竹島と慰安婦」をくっつけたら、その意味がなくなってしまう。
案の定、
http://www.sankei.com/world/news/170118/wor1701180037-n1.html
「韓国知事、竹島への慰安婦像設置は「不適切」 領有権は強調も「場所は慎重に」と火消しに入っているという馬脚が出ている。

やはり韓国問題に関しては、筑波大学の古田博司先生の言に従うのが正しいようだ。

1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

馬渕睦夫先生の解説の概略を文字起こししてみた

60006


ヨドバシカメラに注文しておいたSONY「FDA-EP10 [アイピースカップ]」が届いたのでSONYα6000に着装した。
これで元に戻って何となくホットした感がある。
SONYα6000の使用感と言っても発売されて2年経ち、今や6500まで進化しているのに今更なので差して述べない。
写真では、SONYα6000のボディよりレンズの方が高いという逆転現象が起きているのは、カメラボディは消耗品という理由からである。
それで昨年末に何とかSONYα6000をやっと買ったのである。

600022


60003

60004


60001


もともと昨年の10月にSONYα6300を買おうと思ったら、α6500が発売されて中止した。
その後、代わりにFUJIFILM XT-1の諸々を買ってしまったのでα6500を買う資金が底をついた。
しかし、キャッシュバックキャンペーンがあり、昨年は65,000円でも安いと言われていたSONYα6000である。
しかも写真雑誌では、SONYα6300は悪評で部分的にSONYα6000の方が良いか同等という記事があった。
値段も末期価格になり、11月11日のYahoo!ポイント20倍という時にカメラのキタムラYahoo!店で購入した。
実際には、16倍(8,878Tポイント)ぐらいにしかならなかったが、キャッシュバックキャンペーンも含めて41,000円程度になる予定だった。
しかし、翌日のYahoo!キャンペーンが終わるとに3,820円値下がりしてこういうのは心臓に悪い。

60005


但し、最終的な買値というのは余り変わらなかったから良しとした。
以前に動画に期待してSONYα7 ILCE-7を買った。
しかし、動画画質は余り良くなくてしかも編集では重く使いにくい。
それでSONYα6000の動画はSONY NEX-6と比べてみると明らかに良かった。
しかし、PanasonicLUMIX G6と比べて性格が違うのでなんとも言えないが、やっと追いついて追い越したという程度であった。
多分G7(現行品G8)だとその方が良いだろうと想像する。
静止画も画素数が増したことからSONY NEX-6に勝っている。
しかし、FUJIFILM XT-1と比べて色合いは別として画質はよく似ている。
画素数の少ないSONY NEX-6と比べて非常によく写るのだが何となく階調が落ちる感じがある。
それはローパスフィルタの影響だろうと推察できて、FUJIFILM XT-1の優秀さが矢張り際立つ。
質感は、マグネシューム合金ボディのSONY NEX-6が勝り、動画中の熱暴走を考えればNEX-6も予備としておくかと言う気になっている。
それでSONYα6000で驚いたのは、1秒間に11枚連写であった。
ニューイヤー駅伝で、連写してみてこんなに撮れるかと本当に驚いた。

さて、表題の「馬渕睦夫先生の解説を文字起こししてみた」
この記事は、「【Front Japan 桜】早くも始まったトランプ大統領降ろし」[桜H29/1/16] 放映・SakuraSoTVで産経新聞社説1月13日の記事についてである。

https://www.youtube.com/watch?v=A36ZAnPtIiQ&t=1202s

----------------------------------
産経新聞(Web)板(印刷ページを引用)

http://www.sankei.com/column/print/170113/clm1701130002-c.html

【主張】トランプ氏会見 保護主義加速を懸念する
***********************************************
「米国第一」の看板を掲げて乱暴な物言いを繰り返す。トランプ次期米大統領による当選後初めての記者会見に、自らの政策への理解を国内外に求める真摯(しんし)さが見られなかったのは残念だ。

 特に心配されるのは経済である。1週間後には正式就任するというのに、保護主義的な言動を改める変化はみられない。むしろその傾向に拍車がかかっているようにも映る。

 世界の自由貿易を牽引(けんいん)する。そうした米国の責務を果たす気があるのか。全世界の懸念にトランプ氏は明確に答えてほしい。

 会見では、米国に巨額の損失を与える貿易相手国として、中国やメキシコとともに日本を名指しで挙げた。貿易摩擦が深刻化した1980年代から90年代の発想に凝り固まっているかのようだ。

 輸入は損で輸出は得-といった単純な構図で貿易を捉えるのは、明らかに時代錯誤だ。海外からの質の高い製品の流入が、米国民の生活を豊かにしている面をどう考えているのだろう。

 各国経済の相互依存が強まっているのに、そこには目を向けずに貿易上の軋轢(あつれき)が生じていると強調する。それが、米経済に資するとは到底思えない。

 海外に生産拠点を移す企業への強硬姿勢も相変わらずだ。

 フォード・モーターがメキシコでの新工場建設を撤回したのを成果と捉えてか、「最大の雇用創出者になる」と胸を張った。だが企業経営への不当な介入を前提とした政策など、受け入れられるものではない。

 極めておかしいのは、トランプ氏が自由貿易の意義を認めないまま、損得勘定による「取引」を進めようとしている点である。民主主義などの普遍的価値や国際秩序の維持よりも、近視眼的な実利を優先させていないか。真の「得」になるとも思えない。

 トランプ氏が中国について「南シナ海の要塞化」を批判したのは妥当だが、中国やロシアとの関係をどう構想し、世界の平和と安定にどう寄与していくかについて、はっきりした考えは見えない。

 ツイッターを通じて一方的な情報発信を繰り返し、ほぼ半年ぶりの会見となった。気に入らない報道機関の質問は無視する。大国の指導者にふさわしい態度でないのはもちろん、資質に疑いを抱かせかねないことに気付くべきだ。
-------------------------------------------------------------

概略で

「早くも始まったトランプ大統領降ろし」
○メディアがトランプを降ろすと決めたのでしょう。
○第2のウォータゲイト事件が始まったという。
○メディアの既得権益の崩壊を防ぐためで、世界のメディア、日本のメディアも戦々恐々としている。

■「トランプ次期米大統領による当選後初めての記者会見に、自らの政策への理解を国内外に求める真摯(しんし)さが見られなかったのは残念だ。」

○この部分では、日本の新聞も米国の新聞と「根」が一つであると解説。

■「保護主義的な言動を改める変化はみられない。むしろその傾向に拍車がかかっているようにも映る。」
「世界の自由貿易を牽引(けんいん)する。そうした米国の責務を果たす気があるのか。全世界の懸念にトランプ氏は明確に答えてほしい。」

○この部分は、ポリティカルコレクトそのもの。
○トランプは保護主義を加速すると決めつけている。
○世界を自由貿易という名の下に、アメリカ流のビジネスルールを押しつけてきたのがアメリカである。(グローバリズム)
「全世界の懸念」とあるが、全世界は懸念していない。ロシアなど。

■「海外からの質の高い製品の流入が、米国民の生活を豊かにしている面をどう考えているのだろう。」

○「質の高い製品」は日本のもので、中国の製品は粗悪でも安いから流入しているだけである。

■「民主主義などの普遍的価値や国際秩序の維持よりも、近視眼的な実利を優先させていないか。真の「得」になるとも思えない。」


○今の0.1%の人のため利益であり、民主主義であり普遍的価値、国際秩序である。
○0.1%の人のための新聞。
○70年前のプレスコードから抜け切れていない。
○これらのことをトランプが破ろうとしていることに対して、破らないでくれと言っている。
○第2のウォータゲイト事件と見て、これからメディアが引きずり下ろしにかかる。

*******************************
今まで感じていた違和感を説明してくれて、メディアが嘘を言うのが何となく読めてくる感じがある。
小生などの庶民から見れば、守ってくれる会社もないわけで常に先を読んで自己防衛しなければどんなことに陥るか分からない。
以前には、NHKが「こういうふうなことが良い」と宣伝し始めたら逆をいけと言うのが常識だった。
しかし、最近ではNHKは当然としてテレビも見ないので、新たな指標を探す時に来たというのかもしれない。

1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月16日 (月)

今年は、何か忘れたものが出てくる年か??

2


朝、机の下を見ると「アイピースカップ」というカメラのファインダーの補助具が落ちていた。
最近は、ミラーレスカメラばかり使っているので「ファインダー」があるカメラは限られている。
その上アイピースカップが簡単に外れるというのはSONYのα6000だろうと思って付けようとしたらサイズが合わない。
最近「アイピースカップ」が簡単に外れるようなデジタル一眼レフなど使ったことがないから途方に暮れていた。
PENTAXもコニカミノルタ時代を含めてのSONYのデジ一も違う。

1


3



しかし、PENTAX K-3と言うのが上からスライドして填めるのに気がついて探してみた。
・・・・というか、こういう風にアイピースカップが外れた記憶がどこかにあった。
それで見つけたのがPENTAX *istD。
フィルムカメラのユニットを使った非常にお金の掛かったカメラだった。
しかし、写りは「真っ暗」で600万画素で今では全く使い物にならない。
防湿庫にも入れずに別の場所にそのまま置いてあったから、いつからアイピースカップが外れていたのかは不明という実に妙なことであった。

4


5


6


それだからSONYα6000の「アイピースカップ」は、なくしていたわけである。
ところが、最近気がついていなかったので、何処でなくしたのかは分からない。
さしずめ元旦のNewYear駅伝の時ぐらいしか思いつかない。
今年の元旦は、大きな金額ではないものの幾つか落とし物をしていて非常に縁起が悪かった。

ともかく、Amazonとヨドバシカメラで同一価格で売っていたので、送料無料、即日発送のポイントが付くヨドバシカメラで注文した。
何か妙なことと言うことはあるものだ。

ここのところ読売新聞では、夕刊の「よみうり寸評」で米国次期大統領のトランプ氏の悪口ばかり書いている。
夕刊の記事はWebにも載らないし、夕刊まで取っている家は少ないだろうから書きたい放題である。
読売新聞というのは今でも「ヒラリー」の陰を追っているのか不思議なものである。
トランプ氏の記者会見での話。
選挙戦で「ヒラリー」支持のCNNは、嘘記事を書いたという理由で質問に指名されなかった。
大統領になれば報道官が対応するとはいえ、もし読売新聞もCNNと同じ二の足を踏んだら「キャンキャン」と泣いて泣きつくのだろうかと思ったりしている。

**********************************

ここで産経新聞Web板平成29年1月16日(月)

【日の蔭りの中で】「トランプ氏のポピュリズム=「大衆迎合主義」の何が危険なのか 京都大学名誉教授・佐伯啓思」http://www.sankei.com/column/news/170116/clm1701160005-n1.html
と言う記事があった。
ここで
「もともとの『ポピュリズム』とは『大衆迎合』ではなく『人民主義』なのであった。」
最後の結論は、
「民主主義とは、多数の人民に支持される政治であるから、それが「大衆の評判」の獲得を目的にするのは当然であろう。つまり大衆迎合主義は、もともと民主政治の本質である、とまずは理解しておかねばならない。皮肉を込めていえば、米国はやはり民主主義の本場なのである。」
と締めている。

*****************************

 

読売新聞の登場する識者が『ポピュリズム』と連呼して、トランプ氏を批判していた違和感というのは矢張りここにある。

『ポピュリズム』を連呼する識者というのは、小生などの市井の人間から見れば「私は凄いんです」「優秀なんです」と顔に書いてあるような気がする。
それで『ポピュリズム』と叫んで、誰に褒めてもらうのかと勘ぐってみると何かに思い当たる。
要するにそういうことを叫ぶことによって、「褒めてくれる」ところがある。
なんだ、例の学校秀才の慣れの果てかと考えてみたりする。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

サイバーリンクの詳細はこちらを参照!!!!! icon

Pd15uu_2



ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月15日 (日)

受験シーズン・朝起きたら「雪だった」

Snow2


新聞の天気予報は曇りのち晴れで、雪が降るという記載はなかった。
テレビでは、北関東山沿いでは大雪と報道されていたとはいえ、普通は渋川以北である。しかし、ここまで下りてきたと言うわけだ
午後には雪も止んで、良い天気になったからこの部分は新聞通りである。

Snow6

カメラメーカー: Canon
カメラモデル: Canon EOS M2
レンズ: EF-M18-55mm f/3.5-5.6 IS STM
撮影日時: 2017-01-15 11:32:50 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 22mm
絞り値: ƒ/8.0
露出時間: 0.0063 秒 (1/160)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

Snow5_2

それで昨日買っておいた「アルミ整地板」が大活躍した。
あっという間に少しの雪かきができてしまった。
これで1日中降り続いてい大雪にでもなったら大事になるところ、そういうことにはならなかったのでホットしたものである。

Snow7


Snow8

カメラメーカー: Canon
カメラモデル: Canon EOS M2
レンズ: EF-M18-55mm f/3.5-5.6 IS STM
撮影日時: 2017-01-15 12:57:45 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 20mm
絞り値: ƒ/7.1
露出時間: 0.0080 秒 (1/125)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

Snow1


平成29年1月15日(日)の新聞はセンター試験の回答が載っているせいか、大学のイメージ広告が目立つ。
その昔は有名大学の宣伝など新聞広告は見たことがなかった。それが12月頃には専門学校の広告なみに多くの私立大学の広告が載っていた。
そういう10センチ角ぐらいの大学広告の書き始めは、「何年に開校して、これだけ伝統があります。」みたいなことでほとんど始まる。
しかし、一大学、法政大学だけは、学長のことばとして今後受験する高校生に「LGBT」なんて書かれている。
なるほどリベラルの牙城とかしている法政大学、そして学長である。

我が家と大学受験とは一切関係ないもののこれから2か月ぐらい何やら世間が騒がしい。

産経新聞Web板(2017.1.15 14:00)


「【受験ドキュメント】東大に入るよりも難しい中学校! 密着・灘中入試(1)」という記事があった。

これはよくテレビなどがやる有名中学一貫校のお受験の話である。
「灘中の定員約180人」に全国の進学塾に通っている受験生が受験をすると言う話。
確かTVでは、ラサール、麻布や開成、その他有名中学一貫校へ次々と受験先を変えて移動する様が放映していた。
こう言う人たちが当然の如く東大や有名大学の合格者の中核をなしてゆくとなると何やら末寂しい気がする。
今の大学入試は、なるべく小さいときから先へ先へと勉強してゆく。


新聞記事には
「灘中入試では特に重要とされるが、これもまた大人でも簡単には解けそうにない問題ばかりだ。倍数と約数、図形の相似、立体の体積など、重要項目の解説が行われる。」

 

ここで見る「図形の相似」は中学で習う数学で算数ではない。
だからこう言う中高一貫校では、中学生になった途端に中学の科目は半分終わっている感じになる。
普通どんな石頭でも中学3年の15歳までに多くを詰め込むと、一生忘れない。
この忘れないと言うのが功罪あって、大学受験では忘れないから二度勉強施しなくてもよい。


その一方で「忘れない」と言うことが災いして、ある一定の観念が出来てしまうことである。
こういうふうに幼年期から先へ先へと勉強してゆく勉強方法は、あの歌手の「小椋佳」氏が暴露していた。
昔は塾も発達していなかった頃で、そういう小学校時代に中学の勉強を終わらせてしまうと言うのは余り多くなかった。
だから時々田舎の誰も知らないような高校から突然東大法学部に入ったなどということもあったが今はあり得ない。

近年の理化学分野でのノーベル賞が続いているのだが、よく見れば「老人」ばかりである。
「一期校、二期校」という国立大学の区分があった古い戦後教育を受けた人たちである。
小さい頃からある一定の価値観で事実上「洗脳され続けてきた」ような今の世代とは違う。

だからある人は、今後その戦後時代の古い教育を受けた人たち以降ではもうノーベル賞は出ないだろうと危惧を抱いているわけである。

センター試験に「ポケモン」だとか「水木しげる」の妖怪が出てくるようだと、その昔の「難問奇問を廃す」という意味あいはなくなっている。
小生などの古い時代では、「共通一次試験」「センター試験」などがなく、「中高一貫校」も少なかったので良かったと今でも思っている。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

サイバーリンクの詳細はこちらを参照!!!!! icon

Pd15uu_2



ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月14日 (土)

Nikon1、ドナドナしたい気分

Nikon11


平成29年1月14日(土)の午後から雪がちらつくという予報があったので、ホームセンター(カインズ)へ行って雪かき用の道具を買ってきた。
・・・・というのは嘘で、寒くなるので貼るカイロとかいろいろ頼まれているものを買って、カートを返したところにこんなものが売っていたと言うだけ。
実は、カインズホームというのは、最近オリジナル製品を中心とした売れ筋商品しか売っていないのでホームセンターをハシゴすることになった。
しかし、最近は直ぐ使うものでなければネットで買った方が安いし、あちこち探す必要もない。

Nikon12


それで「雪」だが、午後の気温は車載で見ると2℃。
これで雨でも降れば完全に雪。
ところが天気予報とは違って晴天で一向に雨など降りそうもない。
そもそも1月のこの時期に平野部では雪など降った記憶はほとんどない。
降るのは、里雪型で東京でも雪が降るときである。
お陰でセンター試験当日の夕刻の寒い中「渋川行きのバス待ち」の女子校生は普通に乗って帰っていった。

Nikon13


昨今考えるのは、カメラのシステムが徐々に増えてきたのにメーカーが新製品を出さなくなったのか、更新が止まってしまったことである。
例えばNikon1シリーズ。
Nikon1という1型センサーのミラーレスカメラが出たときは、高価な上に懐疑的でスルーしていたところ「撒き餌」にひっかかってしまった。
AmazonでNikonV1(2011年10月20日発売)Amazon特製レンズセットが生産末期に投げ売りされていて、使って見たら結構良かった。
こういう製品の初代というのは、かなり力が入っていてボディーの外装素材にマグネシウム合金を使った豪華仕様。

Nikon14


しかし、10.1メガピクセル(1,000万画素)という今やコンデジでさえ使っていない画素数の上に使い勝手が悪い。
オマケに高感度に弱く時代を感じさせるものであった。
こういうデジタル一眼レフメーカーがミラーレスカメラに参入するときに、コンデジの延長のフルオートカメラを考えていたらしいことは、CanonEOSMを見てもよく分かる。
それがEOSM2、M3と進化してゆくうちにM5になって従来の「デジタル一眼レフ」の形になった。

Nikon15


Nikon1では、Vシリーズに高級コンデジの趣をコンセプトにしてきたらしい。
それでコンデジの延長線から見て高価だったV3が余り売れなかったのか、発売して3年経過した今でもV4やV5の話は一切ない。
ところがNikon1 J5(2015年 4月23日発売)で終わりだという話も2年前に耳にした。
それでストロボでもまともに使いたいと思って、新品ではなくNikon1 V3の中古を見ていた。
しかし、Nikon1 J5より古いNikon1 J4並では買う意味がない。
今や1型センサーはSONYが高性能の「有効約2010万画素RS CMOSセンサー」を出している。
1型センサーのカメラは、SONY、Canon、Panasonicの高級コンデジに結集していてNikon 1の出る幕はないのかもしれない。

Nikon16


Nikon1 J5は、裏面照射型CMOSセンサー2081万画素なのでこのタイプだと思うが、SONY製ではなくと同等の性能が出るAptina製といわれるとは言え不明。 

Nikon17

          

こんなのはCanonEOSMの時もそうであって、M2も使いものにならず操作性がマシになったという今はM3の中古が安く買える。
今更高価なM5に手を出す予定はないので、CanonEOSMのレンズシステムも防湿庫の場所塞ぎになっている。
しかもこう言う人気のないシリーズというのは、中古価格引き取り価格は二束三文なので売るのに躊躇(ちゅうちょ)するという二重苦でもある。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

サイバーリンクの詳細はこちらを参照!!!!! icon

Pd15uu_2



ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月13日 (金)

「話せば分かる」とは、「俺の言うことを聞け」だ。

23


1 月もそろそろ中程になった。
昔は小正月の15日が休日だったから、ここで正月気分から完全に抜けて「さてやるぞ」とは言わないものの多少シャキッとさせたものである。
しかし、大学受験生にとってはセンター試験という疫病神がある。
こんなセンター試験はもともと「共通一次試験」で一期校、二期校時代には存在しなかった。このセンター試験も近年別のものに切り替わるという。
難問奇問を廃し二次試験は「小論文、面接」でという名目で始められた。
ところがこの「共通一次試験」は、散々主導してきた東京大学がいざ開始となったら従来からあった「足きり」の一次試験の代用にしてしまった。
要するに「共通一次試験」発足から躓いたものだった。
その内に「センター試験」に変質して今に残るとはいえ、結果として予備校による恣意的な偏差値操作によって、国公立大学の偏差値低下を招いただけだった。

それで13日朝の番組を見ていたら、新宿などに留学生のための予備校があるのを紹介していた。通っているのは中国人のそこそこの富裕層の子供。
それが既に早稲田は受かって東京大学を狙っているのだという。
私立大学の場合、11月頃が試験で入試が小論文と面接のようなものだから合格しているというのはそうだろう。
しかしテレビでは、細かいことはさっぱり分からないので調べてみた。
但し、国費留学生は学費免除、奨学金支給(月額15万など)なので別枠。

----------------------------------
それで東大だと

http://www.u-tokyo.ac.jp/stu03/e01_02_04_j.html

http://www.u-tokyo.ac.jp/content/400043008.pdf

「平成29(2017)年度 外国学校卒業学生特別選考
第1種……外国人であって日本国の永住許可を得ていない者
一次選考 書類審査(合否2017年1月20日)
二次選考 小論文+面接(合否2017年3月10日)

第2種……日本人及び第1種以外の外国人
一次選考 書類審査(合否2017年1月20日)
二次選考 第 1 次選考合格者に対し,小論文,学力試験及び面接
(合否2017年3月10日)

-----------------------------------------

 

第1種だと、現在日本に住んでいない外国人なので、こういう日本にある予備校に在籍しているというのは何らかの形で既に「第1種」ではないと言うことなのだろう。
そうだとすれば、東大の二次試験と同等の「学力試験」がある。
しかし、妙なことが書いてある。

「学力試験は,一般入試における試験問題と同じものを課します。
ただし,数学については試験場において一定の範囲で選択させます。
学力試験の成績は,入学後の学習に堪えうるか否かの判定の資料とするものであって,一般入試において合否判定の基準とされるものと同一の取扱いを受けるものではありません」

「これは合格点を取らなくとも適当に出来れば合格すると言う曖昧なもの。」

随分と一般入試とは違うものだ。

---------------------------
また入学料・授業料は、

1   入学料・授業料(平成29(2017)年度予定額)
(1) 入学料:282,000円(予定額)
(2) 授業料:年額535,800円(予定額)

----------------------------

なので、日本人と全く変わらない。
私立大学だとこんなものがある。
「本学では、全ての外国人留学生に対して20〜100%の授業料減免となる奨学金を設けています。同志社大学独自の奨学金以外に文部科学省奨学金、日本学生支援機構奨学金、地方公共団体の奨学金、その他民間団体奨学金等も多数あります。」
(https://www.doshisha.ac.jp/international/from_abroad/scholarships.html)

なるほど学費の安い国公立大学に入りたがるわけだ。
やはり日本の大学というのも「内弁慶」で外国人には東大と言えども「優しい」わけである。
もっとも家などには大学受験生などいないから、こんなこともどこ吹く風である。

大分話が逸れてしまった。
1月も小正月を過ぎるとあっという間に2月、節分。
2月の節分を期に運勢が「ガラ」とかわることを何度も経験した。
うちの娘も節分以降に運命が変わったし、ここで良くないことが起きるのかどんな良いことがあるのかは心配の種である。
昨年2016年に起こったことは、もうすぐどう言うわけか終焉して突然20日ころに2017年の予兆が出る。
但し、この予兆を知らせる「神様の声」は非常に小さいので、耳を澄ましていても誰でも聞けるというものではない。
これが問題なのである。
2月になればすぐに思い出す二二六事件。
有名な文句「話せば分かる」と言ったのは、「五・一五事件」犬養 毅内閣総理大臣の方だった。
この「話せば分かる」という言葉を2016年の夏頃久々聞いたことがある。

例の米国海軍特殊部隊と似たような名称の団体の関係者が、尖閣などの問題に関して中国の軍人に「酒を飲んで『話せば分かる』」ようなことを言っていた。

「五・一五事件」では、「問答無用」でズドンであった。
考えてみたら「話せば分かる」などと言う人に限って「人の言うことは聞かない」という場合が多い。

「話せば分かる」とは、「あんたの言うことは聞かない、俺の言うことを聞け」と言うことだ。

そんなことは日本人ならともかく外国人には通用しない。
それで海外でのテロリストは、捕捉せず全て殺してしまうわけだ。
日本だと、正当防衛で警察官が職務執行して銃を持つ犯人を殺せば裁判になった。
本当のテロリストが日本に出没したらどうするのか、「国際組織犯罪防止条約」の補完措置としての「組織的な犯罪の共謀罪」の新設が待たれるところである。
http://www.moj.go.jp/houan1/houan_houan23.html

※写真は、2002 FIFAワールドカップ(日韓ワールドカップ)のお土産用にハクバが作ったアルミ製カメラバックである。
こんなものを誰も買わないから売れ残って、今は撤退してしまったコイデカメラで特価品として出ていたもの。
記念すべきは、この2002年を境として日本のマスコミの嘘がばれたことだった。

 


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

サイバーリンクの詳細はこちらを参照!!!!! icon

Pd15uu_2



ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月12日 (木)

PowerDirector15Ultraで編集・篆刻・飯島俊城先生席上揮毫

02


飯島俊城先生お待たせしました。
ここのところ毎日更新していましたが、なぜかブログランキングが下がってしまいました。そう言うのというのは、更新する意欲をそぐんですよね。
それはともかく、1月8日の30人展の席上揮毫2日目、篆刻、飯島俊城先生の席上揮毫を編集してYouTubeにアップしました。
収録は、28分と結構長くなっていて無駄なシーンが少なかったと言うものでした。
カメラは4台使用していますが、三脚に据えてあるのが2台でマルチカムで収録しています。
それにしても冬の寒さで動画ボタンの反応が良くないというのには驚きました。
確かに元旦のNewYear駅伝の時は、「動画ボタン」が中々反応せず、開始も停止もできないという事態に陥って、壊れたのかと思いました。
そこまで酷くなくとも、席上揮毫会の1回目はカメラの反応が良くなくて撮影になっていなかったシーンがあります。
但し、先ほど述べたようにマルチカムなので、どれか一台のカメラは撮影できていると言うのが保険です。
そう言うミスも編集をしてしまえば全く分かりません。
また、7日に1台のカメラSONY α6000が熱暴走して停止しました。
それで、8日は途中からSONY NEX-6に代えて後半の動画撮影に備えたと言うわけです。
しかし、α6000の方が映像は綺麗でした。
PanasonicLUMIX G6は、室内の照明によって大幅に画質が変化して安定しないのは7日の映像で確認済です。しかし、今回はよく撮れていました。
席上揮毫だと、白い紙に書くので紙が光を反射してカメラは明るい光源があると勘違いしてアンダーになると言うのが通例です。
そういうことも新しいカメラほどうまく撮れるようになっているので、新しいカメラが欲しいわけです。



****************************

21


それでいつものように中古市場を見ていると、秋に中古で買ったFUJIFILMのXT-1が枯渇しています。その一方でXT-10はそれなりに売れ残っていると思ったら中古と新品の価格がそれほど変わらない。
現行商品だと中古と新品との価格が逆転しているという馬鹿な例もあったくらいです。
現状の使わないカメラを大分処分したいくらいな心境だから、無駄な買い物はしたくない。
その処分すると言っても、人気がない古い製品はタダ同然なのでいつも躊躇しているうちに本当にゴミになります。

22


それで棚を整理していたらα7Dの未使用の液晶保護フィルムが2つも出てきました。
α7Dとは、SONYではなくコニカミノルタ時代のα7です。
コニカミノルタは、α7Dを出したあとにカメラ事業から撤退して何となくパニックになって買い込んだものだったと記憶します。
それも直ぐにSONYが継承するとともに、デジタルカメラの進化は激しく600万画素のデジ一は1年を待たずに陳腐化してゴミになってしまいました。
しかし、最近中古を買うようになったと言うのは進歩が止まったというより、鈍くなったと言うことに尽きるようです。
たとえば2014年に発売されたα6000は、今6300、6500と進化しているとは、言え未だに現行商品であり劇的に進化しているわけではありません。
こんなところが新製品を躊躇する原因でもあります。


サイバーリンクの詳細はこちらを参照!!!!! icon

Pd15uu




1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

民族の性格、行動は何年経っても変わらない

20


最近SONYの電子書籍・電子コミックストア【Reader Store】のポイントが貯まって、そのポイントを消費するために何やら電子書籍を沢山買い込んでいる。
それで時々本屋に行って「紙」の本を見てみるとかなり装幀が立派だったりして、同じような値段なら本屋で買った方が有り難みがあったと感じているものもある。
それでつい買ってしまったのが高山正之著「異見自在 世界はみんな腹黒い」。
内容は、2000年(平成12年)ころの記事を収録しているので、そんなこともあったかと思う。
その他、その内容よりもっと詳しいことは「【DHC】髙山正之『放言BARリークス』」で「聞いたな」という項目もあった。
要するにさすが20年前の事柄はそれなりに古い。
しかし、驚くのはこの約20年前に書かれたことと同じようなことが、つい最近でも起きていることである。
それは単に書かれている「人物名」を置き換えると全くそのままということもある。
内容は、「世界はみんな腹黒い」だから外国と日本との関わりである。
要するに、日本も外国も何年経ってもその行動と民族の特性は変わらないと言うことであった。

つい最近に「日本人」に関しての外国人の記述が雑誌に載っていて、今の日本人は「戦前の日本人と変わった」と書かれていた。

----------------------------------
1878(明治11)年に当時の日本を旅行したイサベラ・バードの『日本奥地紀行』にはこんなことが書かれている。(http://www7.plala.or.jp/juraian/ibird.htm)
イサベラ・バードIsabella L. Bird, Unbeaten Tracks in Japan, 1885.より引用。

「ついきのうも革ひもが一本なくなり、もう日は暮れていたにもかかわらず、馬子は一里引き返して革ひもを探してくれたうえ、わたしが渡したかった何銭かを、旅の終わりにはなにもかも無事な状態で引き渡すのが自分の責任だからと、受け取ろうとはしませんでした。」
「ほんの昨日のことであったが、革帯が一つ紛失していた。もう暗くなっていたが、その馬子はそれを探しに一里も戻った。彼にその骨折賃として何銭かあげようとしたが、彼は、旅の終りまで無事届けるのが当然の責任だ、と言って、どうしてもお金を受けとらなかった。」
有名な部分である。

---------------------------------

この明治初期の頃の日本人と今の日本人とは基本的に変わらない。
中国人、韓国人の評価も同じである。

そうすると、日本人は昭和の一時期だけ豹変して人間が変わったのか。
そんなことは庶民レベルではあり得ない。

「真珠湾攻撃」の直前、日本がいかに戦争を回避しようとしていたのかと言うことは米国が日本の暗号電文を解読した記録が残っている。
お人好しと戦略的思考という概念がなかったために、米国の作戦に引っかかったと言うことに尽きる。
戦後はGHQが将校以上の日本国民を公職通報したというのは、知識人を皆殺しにした台湾の「二・二八事件」やポル・ポト時代のカンボジアと似たようなものを思わせるものがある。

それで終戦直後の日本の政治家というのは、よくよく見ればみんな役人上がりである。
役人というのは「事なかれ主義」「責任逃れ」に徹していたというのは、天保銭組(陸大卒)の「役人の典型である帝国陸軍軍人」の行動を見ればよく分かる。
それは、海軍でも同じで高山正之氏の別の著書にはハッキリと名前も出てくる事柄である。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

OMEN by HP 17-w000実機レビュー

Omen_by_hp_1513


***************************************
OMEN by HP 17-w000のレビュー概要と目的
***************************************

OMEN by HP 17-w100は、2016年夏にゲーミング用ノート型パソコンとして発売された後、秋冬になってw100シリーズが発売されGeForce GTX 1060/1070を搭載している。
今回のレビュー機は、性能的に旧グラフィックスになるNVIDIA GeForce GTX 965Mグラフィックスを搭載したモデルである。
今回はこのOMEN by HP 17-w000の性能を、検証してみたい。

Omen_by_hp_151


----------------------------------------------------
尚、今回のレビューにおける図の解説及び見解は、筆者の感想である。

※当記事は販売店からレビュー機を借用して執筆している。

--------------------------------------------------------------------
目次・OMEN by HP 17-w000のレビュー
---------------------------------------------------------------------

○概要及びレビューの目的
○主な仕様
○外観等
○基本性能
*WIN SCORE SHAREによるスコア
*SSDスピード・HDDスピードなど

○メディアカードリーダ速度測定

○グラフィックカード性能(NVIDIA GeForce GTX 960M)

Omen_by_hp_156


*「HeavenBenchmark4.0」と「Valley Benchmark 1.0」
*HeavenBenchmark4、Valley Benchmark 1.0 FPS(当サイトでの参考測定結果)
*ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド(Heavensward)DirectX
・・DirectX 11・Benchmark

Omen_by_hp_158



○OMEN by HP 17-w000を使ってみての感想

 

 

************************************
OMEN by HP 17-w000・レビュー
*************************************

System


Hwinfo

**************************************

OMEN by HP 17-w000 の主要な仕様
(17-w001TX)
**************************************
仕様は、平成28年12月12日現在のもので変更もありうる。
*************************************************

■オペレーティングシステムWindows 10 Home (64bit)
■インテル® Core™ i7-6700HQ プロセッサー
■17.3インチワイド・フルHD非光沢・IPSディスプレイ
■NVIDIA GeForce GTX 965Mグラフィックス(4GB (GDDR5))
■ 8GB
■256GB SSD (PCIe NVMe M.2) + 1TB ハードドライブ
■Bang & Olufsen 、デュアルスピーカー、IDT HighDefinition Audio準拠、内蔵マイク
*****************************************
詳細は以下HPのPDFへ

http://h50146.www5.hp.com/lib/jp/ja/products/portables/personal/spec_pdf/omen17_w000.pdf

**************************************
OMEN by HP 17-w000の外観
**************************************

OMEN by HP 17-w000の外観は、従来モデルと変わっていない。

Omen_by_hp_1516


Omen_by_hp_1514


Omen_by_hp_1515


Omen_by_hp_1519


Omen_by_hp_1512


Omen_by_hp_1520

Omen_by_hp_1521


Omen_by_hp_1518


Omen_by_hp_1517


****************************************
OMEN by HP 17-w000の基本性能
****************************************



Winscore001

Winscore002


WinEI(WIN SCORE SHARE)によるスコアでは、Optimus(オプティマス)技術対応なのでいつもの通りIntel(R) HD Graphics 530の数値しか表示されていない。
(NVIDIA GeForce GTX 965M)
★256GB SSD (PCI Express, M.2接続)のスピード

Ssdspeed


Txssd

PCI Express接続のSSDを使うことで、SerialATA3.0の最大速度600MB/sを超える性能を実現している。
実機では、今回はSAMSUNG製SSDを使うことによって、高速読込を実現している。


Photo

Hddinfo

 

Txhdd

*****************************************
SDカードスロット
*****************************************

メディアカードスロットは、Benchmarkのとおり高速なものでストレスがない。

Sdhcspeed

**********************************************
OMEN by HP 17-w000のグラフィックス性能
**********************************************

OMEN by HP 17-w000グラフィックス(NVIDIA GeForce GTX 965M)性能のBenchmark。

***************************************
■HeavenBenchmark4 (1600x900)
***************************************

Omen_by_hp_153


Heaven



(HeavenBenchmark(DirectX 11)は、EXTREME設定、1600 x 900で測定)

FPS -34.6

Score 872/7.5~77.5

HeavenBenchmarkでは、参考値のNVIDIA GeForce-GTX660(デスクトップ用)を多少上回る数値が出ている。

*****************************************************
HeavenBenchmark4 FPS(当サイトでの測定結果)
*****************************************************
★※
★NVIDIA GeForce GTX 1060(3GB / GDDR5)
GeForce GTX 1060 G1 Gaming 3G
FPS -80.7-----Score 2033/8.8~185.0

・・・・NVIDIA GeForceGTX680(44.3~46.7)

40*****

30****重いゲームでも快適
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GTX 660(29.1~30.5)※

25‥‥‥‥ELSA GLADIAC GTX 560 Ti mini(24.9)※
↓‥‥……玄人志向・GeForce-GTX560-E1GHD/SHORT(22.0)※

20****軽いゲームなら快適‥‥玄人志向・RD-HD6870/OC(20.8)※
↓‥‥‥‥SAPPHIRE VAPOR-X HD7770 GHZ EDITION(19.4)※
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GT 755M・DDR5(15.1)
15‥‥‥‥玄人志向・GF-GTX650-E1GHD(14.9)※
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 750M・DDR5(12.5)
10・・・・NVIDIA GeForce GT 750M・DDR3(9.7~10)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 840M・DDR3(8.3)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 740M・DDR3(6.4)

※デスクトップ用

****************************************
Valley Benchmark 1.0 FPS測定結果
****************************************

★Direct3D11
★1920×1080 fullscreen
★Extreme HD

Omen_by_hp_154

Omen_by_hp_155

NVIDIA GeForce GTX 965M・DDR5(HP)---(27.4/1148/14.4~50.7)
(レビュー機)

Valley Benchmark 1.0は、1920×1080 fullscreenで測定するために、グラフィックスカードの性能の違いがハッキリするのはいつもの通り。

----------------------------------Valley Benchmark 1.0参考測定値----------------------------------------

NVIDIA GeForce GTX 960M・DDR5---(20.8/870/7.0~37.2)(HP OMEN 15-5100)
NVIDIA GeForce GTX 860M・DDR5---(18.8/786/9.0~34.3)(HP OMEN 15-5000)
NVIDIA GeForce GT 740M・DDR3--(6.3/263/4.3~11.2)(HP Pavilion 15-ab000)
-------------------------------------------
以下、自作機で筆者が所有************

以下、自作機で筆者が所有************
★NVIDIA GeForce GTX 1060(3GB / GDDR5)GIGABYTE GTX 1060 G1 Gaming 3G
--FPS 64.2 Score2687/最小FPS 6.1/最大FPS 120.8
GIGABYTE Geforce GTX660 2GB GV-N660OC-2GD/A---(33.4/1314/16.5~57.7)
ELSA (GeForce)GLADIAC GTX 560 Ti mini---(24/1004/11.3~79.2)
玄人志向・RD-HD6870/OC---(21.7/908/6.0~39.4)

S3d

*****************************************************************
■ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド(Heavensward)
・Benchmark(DirectX 11)
****************************************************************

Omen_by_hp_157


Omen_by_hp_1510


Ff14v114290



NVIDIA GeForce GTX 965M・DDR5性能

(1920×1080)DirectX 11
最高品質・・・4,290(快適)

(パソコンの調子が悪かったのが高い数値が出ていない。)
------------------------------------------------------------------------
参考値(syuun自作パソコン)*******************************************

GeForce GTX 1060 G1 Gaming 3G
(1920×1080)DirectX 9.0c
最高品質・・・14,850(非常に快適)
(1920×1080)DirectX 11
最高品質・・・12,390(非常に快適)

GIGABYTE Geforce GTX660 2GB GV-N660OC-2GD/A
(1920×1080)DirectX 11
最高品質・・・5,096(とても快適)計タイム27,264

ELSA (GeForce)GLADIAC GTX 560 Ti mini
(1920×1080)DirectX 11
最高品質・・・3,764(快適) 合計タイム39,373

Speccy

***************************************
OMEN by HP 17-w000を使ってみての感想
***************************************



OMEN by HP 17-w000は、グラフィックカードがNVIDIA GeForce GTX 965Mのモデルである。
今回テストしたレビュー機は、かなり過酷に使われたものらしくグラフィックカードのBenchmarkソフトによる数値が安定していない。
一時期ベストセラーモデルだったデスクトップ用のGeforce GTX660 2GBよりも、ノート型パソコンのグラフィックカードの方が性能が上になってしまっている。
しかし、いま最新w100シリーズにすると「GeForce GTX 1060/1070」になり、NVIDIA GeForce GTX 900Mシリーズとは別次元の性能を出す。

  

従って、多少ゲーミングパソコンが欲しい人には良いとしても、性能にこだわるのならw100シリーズを薦める。

 

icon icon


icon icon icon icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

ダルマ市を見る・前橋初市まつり

5


平成29年1月9日(月)は、成人の日である。
しかし、随分前から昔ながらの振り袖姿は見たことがない。
それもそのはず一斉に8日に成人式が行われた。
変な祝日法によって昔ながらの小正月という15日が「成人の日」でなくなってから何となく味気なくなった。
それで近年は、前橋でも成人式の振り袖姿を余り見なくなった。
成人式の会場がグリーンドームという競輪場を使っているから、車で来てそのまま帰ると言うことになるのかもしれない。
しかも今は公営ギャンブルは不景気で、成人したら競輪でも始めてくれという悪い冗談でもないだろう。
但し、8日までに前橋市の成人式の会場の案内が一切公開されていなかったと言うから案内が来なかった人は参加できないようである。

6


その一方9日は、初市まつり。
これは昔から9日は、ダルマ市として定着している。
高崎では、少林山達磨寺と揉めていたらしい。
http://www.jomo-news.co.jp/ns/2314767149863981/news.html
もともと少林山達磨寺は、厩橋藩の飛び地だったという話もあってよく分からないところである。

1


10



初市は、久々休日と重なりいつもの通り古いダルマを持って「お焚きあげ」に八幡宮に行ったら既に入れる状態ではなかった。
それで今年は動画の方は、諦めることにした。
いつもの通り一回りしてみると、屋台も所々の空きができている。

2

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-T1
レンズ: XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
撮影日時: 2017-01-09 10:16:17 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 25.4mm (35mm 換算焦点距離: 38mm)
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.0040 秒 (1/250)
ISO 感度: 400
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

3


4

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: ILCE-6000
レンズ: E 10-18mm F4 OSS
撮影日時: 2017-01-09 10:17:51 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 10mm (35mm 換算焦点距離: 15mm)
絞り値: ƒ/6.3
露出時間: 0.013 秒 (1/80)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

8


文房具やの初売りも価格が高めの「福袋」は最近なくなっているし、かといって写真を余り焼かないのでアルバムも必要ではない。
それにしても子供の頃は、冬休み明けのこの日を楽しみにしていた。
小学校のころは、買い食いできるほど小遣いは持っていなかった。
そうこうしているうちに規模があっという間に縮小して、中学になると翌日が実力試験だった関係もあってその内に気軽に行けたらと思ったものだった。
今となっては、写真や動画を撮りに行くだけになった。
こういうお祭りというのはやはり子供に関わってしか行かないものである。


9


7

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: ILCE-6000
レンズ: E 10-18mm F4 OSS
撮影日時: 2017-01-09 10:25:21 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/7.1
露出時間: 0.010 秒 (1/100)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)



1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

詳しくはこちらを参照 icon

2016_12_29_2



icon icon

ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日)

CyberLink PowerDirectorで編集2017手島桑海先生席上揮毫

C4te


平成29年1月8日(日)は、2日目の席上揮毫会であった。
この席上揮毫は第36回上毛書道三十人展での催して、前橋市民文化会館ではなく高崎シティギャラリーに会場が代わってから行われるようになった。
8日の記事は、別の予定をしていたのだが揮毫会が終わったあとで、「7日の揮毫はいつ頃YouTubeにアップロードするのか」と聞かれて急遽編集することになった。
揮毫会初日7日は、ビデオ雲台のセッティングが甘くて、一脚ごと倒れそうになったりカメラが上を向いてしまったりのトラブルが頻発した。
カメラはマルチカムなので、そういうことは編集上は全く分からないように編集出来るとは言え編集するのが面倒。
そんなこんなで編集予定を大幅にオーバーしてしまった。
その他、前回に述べた様に買ったばかりのPanasonic ステレオマイクロホンVW-VMS10-Kのテストである。
映像は、はじめはSONY・ECM-XYST1Mを使い、途中からこのVW-VMS10-Kの音声を使用している。
違いは、SONYの方が音圧が高いことぐらいで、音声だけをとってみればほとんど分からない。
audio-technica製品だと、調整すると何となく低雑音が目立つ感じがある。
そんなわけで、本日は年末から貯(た)まっていたレビュー機のレビューを書くはずができなくなってしまった。

最近また大学受験の時期が近づいて、いろいろと気がついたのは「国際学部、学科」「グローバル」というような学部がここ5年くらいで腐るほどできてきたことである。
その奔りは「2003年(平成15年)に閉校となった米ミネソタ州立大学機構(MnSCU)秋田校の旧校舎や宿舎等の施設を利用して開学した」「国際教養大学」。
初代学長の故中嶋嶺雄氏が「東京外国語大」でできなかったことを実験としてリベラルアーツ教育を実践したもの。

これが宣伝が上手くTVの特番などに取り上げられてから一挙に大学に英語だけで授業をする国際学部が出来た。
この時点で秋田の国際教養大の役目は終わったようなものだった。
今、グローバル、反グローバルということが盛んに言われ出して、「グローバル化」というのも単なるブームだったかと気がついた。

そういえば、少し前は理系と文系を融合した「情報学部」のブームだった。
1990年にできた慶応大学の総合政策学部と環境情報学部(SFC・湘南藤沢キャンパス)は情報学部の奔りであろう。
この頃と言えば、「情報学部」と言っても理系の色合いが強く、Linuxのプログラミングなどをやっていたと言う。
だから発足当時は、多少その昔(1970年代の)の「情報知識工学」や「情報工学科」から脱していない。
その後に教育学部の廃止が「情報学部」に衣替えしたというのは、どこにでもある。
しかし、今は中高生からスマホを持っている時代で昔ながらの「情報学部」という意味合いも薄れた。

大学の流行というのは、こんなふうに見ると理系は5年~10年で陳腐化し、文系は15年~20年と言ったところである。
その観点から見ると「国際教養大学」もあと数年で陳腐化して、抜本的に改変しないと生き残れない。
国際学部、学科で留学しないと卒業できないという場合、留学して何を学んでくるのかと疑問に思う。
TVの特番で見るところ、英語でプレゼンをするとは言え中身は高校の文化祭でやるようなレベルである。
手段を目的化している大学というのは、いずれ無意味になると思わざる終えない。



詳しくはこちらを参照 icon

2016_12_29_2



icon icon

ブログランキングに参加しています。

1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 7日 (土)

Panasonic ステレオマイクロホンVW-VMS10-Kを買う

Panasonic31


元旦に「2017ニューイヤー駅伝」の動画の音声は、FUJIFILM純正MIC-ST1を使った。
これは買ってみてPanasonicのステレオマイクロホンVW-VMS10-KのOEM品とだろうと思った。
このFUJIFILM MIC-ST1は、需要がないという理由かかなり割高で8,000円~9,000円もする。
単に変換ケーブルが付いているとは言え貧弱であった。
それはともかくaudio-technica製品に比べてなんとか使えそうだったので、Panasonic製の本家の方がAmazonで安かったので買った。
購入して比べてみたら、OEMのFUJIFILM純正MIC-ST1よりVW-VMS10-Kの方が何となくしっかりした作りだった。

Panasonic21



しかも、「ウインドジャマー・ポーチ、詳細な取説」もあって好感が持てる。
要するに、OEMのMIC-ST1はPanasonicを多少コストダウンした製品のようにおもえる。
そのために、FUJIFILMの方の風防もPanasonicの方にそのまま使える。
FUJIFILMがφ2.5mmのステレオ端子ではなくPanasonicなどが使っている一般的な3.5mmを使っていれば、FUJIFILM製品を買う必要がなかったわけである。
その代わり、変換アダプターを付属(φ2.5mm→3.5mm変換アダプター、φ2.5mm→USBマルチコネクター)するわけだが使いにくいものである。

Panasonic4


Panasonic5


Panasonic6



それで今回Panasonic製とSONY・ECM-XYST1Mを比べてみた。
SONY製は、ダイナミックレンジが広く、音の広がりもマイク形状から感じられるものであった。
価格も実売でPanasonic製の倍するので仕方がない。
しかし、このPanasonic製でも妙な雑音を拾わなくて、さすがFUJIFILMがOEMで採用するだけのことはある。
元々PanasonicのLUMIX G6を使うのだから丁度良いかもしれない。

Panasonic71


Panasonic11jpg


Panasonic8


又、1月7日の映像は、編集してYouTubeに上げるかどうか諸事情次第である。
前衛書道の映像は、途中でα6000が熱暴走して停止してしまったから編集しないことにしている。
次回は、熱暴走対策のためNEX-6も同時に使った方が良いかも知りない。



詳しくはこちらを参照 icon

2016_12_29_2



icon icon

ブログランキングに参加しています。

1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 6日 (金)

ローレン・バコールとイングリッド・バーグマン/映画カサブランカ

10


雑誌の中に見つけたローレン・バコール、名前はどこかで聞いたことがあったとはいえ全く知らなかった。
写真を見ると数ある往年の美人女優さんの中でも群を抜いて、野生的で魅惑的。
Wekiによるとユダヤ系アメリカ人で、1945年20歳でハンフリーボガードと結婚している。
だからマリリン・モンローと同世代とはいえ、マリリン・モンローが朝鮮戦争以降に活躍したのに対して、大戦中からモデルとして活躍していたバコールの方が何となく昔の感じがある。

11


14


しかし、映画は「百万長者と結婚する方法」(1953)でマリリン・モンローと共演したと言うが、TVの洋画劇場で見たきりなので全く覚えていない。
結婚して幾年かたっているのでやはり何となく「おばさん」の感じがあった。

13


それでハンフリーボガードと言えば、映画「カサブランカ」。
多くの映画に出ているとはいえ、これしか思い浮かばない。
共演はあの大女優イングリッド・バーグマンである。
時に実年齢ハンフリーボガード43歳、イングリッド・バーグマン27歳。

1


15


3


カサブランカ」と言う映画は、実のところ昔はよく分からない映画だった。
元々ナチスがパリを占領してビシー政権になったころの大戦下で作られた映画なので、反ドイツ、反フランスの映画である。
空港のシーンはロサンゼルス空港で撮影されている。登場する飛行機もその時のまま。
昔のターミナルビルが今でも残っていて、「モスクのミナレットみたいな管制塔もついているので」今でも見えるそうだ。(高山正之氏の著書)
細かい、何々の原作を元にしたとか、メイキングで云々とかは別として何が不思議な映画だったかと言えば、主人公のリックの正体が不明だったことである。
解説にはラブストーリーとあり、イングリッド・バーグマン分するイルザとパリで恋仲、愛人だったことが「若作りした映像で挟んであったとはいえ」不自然。
「ヴィクトル・ラズロ」の奥さん役は適役だったけれど、リックの恋人という設定は非常に不釣り合いだった。

2


なんと言っても21歳で結婚して、子持ちの27歳の女性に二十歳前後のおぼこ娘役は無理ではないかと感じるものだった。
写真では、卵形の丸顔に近いように見えるが、北欧人なので驚くほど顔が小さい。
こういう感じは、ハンフリーボガードのような尖った顔には合わない感じがある。
事実として、ハンフリーボガードは、20歳の年の違う写真のローレン・バコールという女豹のような顔をした女性と結婚した。

12_2


その一方、イングリッド・バーグマンは写真にも写っている有名な「ロベルト・ロッセリーニ」監督と不倫関係(1950)の後に結婚(57年離婚)。
写真を見るとあごの形がよく似ている。

4


もとの「カサブランカ」に戻ってみると、普通に見ればハンフリーボガード扮するリックは米国のスパイである。
そうでなければ、バーを経営する資金や諸々の事の辻島が逢わない。
そして、もしイルザとパリで恋仲なら濡れ場シーンがないと、カサブランカのリックの店でイルザが昔を持ちだして肉体関係をもって旅券を手に入れようとするシーン(単に言葉だけのシーン)の辻島が逢わない。
それは当然他の客も同様なことをしていなければおかしいのであって、こんなシーンを沢山入れたら昔の「ロマンポルノ」になってしまうと思えてしまう。
映画は、昔の映画らしくハッピーエンドでおわる。
今なら、全員死んで何もなくなっていると言うところで終わるのか、イルザとよりを戻して「とんずら」するか「ワル」を演出しないと面白くない。
しかし、ハンフリーボガードの禁欲というのは出てこないから無理か。

ちなみに当時のカサブランカの役目は、中立国だったポルトガルの「リスボン」だったと思う。
これは昔のスパイ小説に良く出てくるシーンで、中立国とはいえドイツの影響下にあって米国大使館は監視下におかれて、ここから米国などに出国するのが難しかったと記憶する。



詳しくはこちらを参照 icon

2016_12_29_2



icon icon

ブログランキングに参加しています。

1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 5日 (木)

CyberLink PowerDirectorで2017ニューイヤー駅伝・ジャック・アタリとは?

2017_01


2017ニューイヤー駅伝の動画を漸く編集してYouTubeにアップロードした。
今回今までと違ったのは、使ったカメラ、マイクなどが違うことである。
編集ソフトのCyberLink PowerDirectorはVer15で最新最上位のDirector Suite5を使用している。
動画はFUJIFILM X-T1をはじめて使って見た。
映像はSONYのNEX-6並の印象だが編集は「重い」。
MOV-H.264となっているもののどうも古そうである。
4K動画に対応した「FUJIFILM X-T2」は「MPEG-4 AVC/H.264準拠」でこちらになれば少しは良いかもしれない。
動画に関しては、古さで少し失敗した。
ステレオマイクロホンのMIC-ST1は、そこそこ音を拾っていてaudio-technica製品よりかなりマシな感じがする。
とにかく、このMOVは重すぎて長時間の録画や編集には向かないのは間違いない。
高価なマイクを買ってしまった割には多少がっかりである。
将来X-T2を買ったときに期待するしかない。

今のところやはり動画はSONYかPanasonicのAVCHDに勝るものはないようだ。


 

************************************
グローバリズム推進の読売新聞・「2017・問う」はジャック・アタリ氏
*************************************

10

「ジャック・アタリ」と名前を見ただけでもう読む必要がないと言う印象である。
読売新聞の記事はあとで解説するとして・・・・・・

このジャック・アタリ氏は、欧州復興開発銀行初代総裁(1991-93)をつとめたアルジェリア出身のユダヤ系フランス人である。
その主張は「世界のグローバル市場化を目指す論客」といわれていて、「移民推奨論者」である。
日本に関しては


「日本もこれから少子化に対応するには、ふたつ手があると。一つは家族関係をみなおすことだ。もうひとつは移民をいれる。」こんなものである。




*******************************************
2011年1月18日に中央大学でジャック・アタリ氏が講演した記事がある。
「多極的世界における ヨーロッパ・日本・アジア」
http://www.yomiuri.co.jp/adv/chuo/hakumon/2011spring06.html
★国家を解体してグローバル化を進めることを主張している。

「どこが新しい中心都市になるか」
「21世紀の世界、五つのシナリオ」
「アメリカが衰退し、中国、インド、ブラジル、韓国はもちろん、オーストラリア、インドネシア、トルコが台頭する。ロシアは人口が減り、日本も衰退するから、世界は多極化する。
世界を支配する超大国はなくなり、トップを狙う国々がひしめく多極的世界が到来する、これが第2段階だ。多極的世界は不安定で危険な世界でもある。

 第3段階は、今から25年から30年後を考えると、いかなる国家も中心的役割を担わず、国境のない市場が世界を支配する段階だ。
市場原理が世界を支配する超帝国の段階。
ただし、これはネーションの内部で起こるプロセスとは異なり、法のグローバル化なき市場のグローバル化である。」

 

さて、この予測は当たっているか。
大外れではないだろうか。

 

********************************

読売新聞の記事


ここで述べられているのは、英国のEU離脱とトランプ大統領選出に端を発するアタリ氏の言い訳と歴史認識の誤認、もう過去の人になりつつある焦りかもしれない。
妙な部分
※1910年ころの歴史を引いて「今日の世界も自ら閉ざそうとしているようにみえる。」
とあるのだが、世界中が欧米の植民地だったころと今を比べるのは無理がある。

※「もし将来、日米と中国が戦争に至る事態になれば、世界戦争に拡大するだろう。」
頭が古いと思うのは、今は熱い戦いなど起きないことで、既にネット上やら経済戦争は始まっている。そして、もし米国と熱い戦いになれば米国は中国の米国債をゼロ(データなので)にすれば良いことでこれで止まってしまう。
※「中国とインドで今後も中間層が拡大する。・・・その結果大きな市場が誕生する。」
中国でそんなデータはないし、金はみんな海外に持ち出すから中間層ができないのは常識であるし、「大きな市場」も誕生しなかった。

こういう風に、いつの頃の幻想だか分からないことを述べている。
このように過去の人になりつつある人の意見は参考にならない。


*********************

日本というのは、日下公人(著)「新しい日本人が日本と世界を変える」に見られるように本当に「学校秀才」が多すぎる。
「学校秀才」というのは、自分で新しいことは考えられず偉い人に「考えてもらい」その先生の指示にしたがって動く。
そして、その先生に褒めてもらうのを極上の楽しみとする。
大学までに習ったことを忠実に守り、新しい事情が起きても無視する。
問題の正解は必ずあって、結果は必ず出せる。
などで、前回述べたように戦前の戦記物にたくさん出てくる軍人さんそのものである。
日本陸軍では、部隊を半分にわけて後ろに回り挟み撃ちにするというのが常道であった。
それを雑軍である当時の中国軍だと常に有効だったが、英国軍には二回目には見破られた。
それで上手く行かず英国軍が「おかしい」と言ったのが作戦を主導した参謀将校だったとあった。
例のインパール作戦もその手の作戦だったというのは直ぐに分かる。


詳しくはこちらを参照 icon

2016_12_29_2



icon icon

ブログランキングに参加しています。

1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

ロミー・シュナイダー往年の美人女優とIMFクリスティーヌ・ラガルド女史

1


年末に雑誌を整理していたら往年の外国の「美人女優」の写真が出てきた。そんなに古い雑誌ではないが写真は古い。
その一つが表題のロミー・シュナイダー。
覚えていたのはこの名前だけで、「太陽がいっぱい」というアランドロン出世作の映画に出ていたらしいことぐらい。
アランドロンの「太陽がいっぱい」は、1960年というから後年テレビの名画劇場あたりで見たことがあった。
ところがこの映画でロミー・シュナイダーがどこに出てきたのかはさっぱり分からない。ウィキペディアで調べてみたら「フレディの連れの女性」で端役(カメオ出演・スーパーエキストラ)というものだった。
ロミー・シュナイダーの方で調べてみたら、1960年当時アランドロンと婚約していた彼女だった。

3


6


要するに撮影現場に美人の女優さんの彼女(婚約者)を連れてきたので、出演させてみたと言うことだろう。
このときは映画界から干されていたときとあった。
実を言えば、このロミー・シュナイダーという女優さんは雑誌「スクリーン」に載っていたから覚えているくらいなものである。
日本公開で有名なのはその後の復帰作「太陽が知っている」ぐらいなものでほとんど日本未公開である。
この「太陽が知っている」をDVDを借りてみたときの印象では、結婚して子供を産んで事実上引退に追い込まれていたときとあって、結構強面のいい「おばさん」になっていたのを記憶する。

2


近年の欧米の美人女優さんは美容や体調維持に気を配っているから、歳を増しても年相応はともかく大きな変化がない。
しかし、1950年1960年と言う頃だと20歳前後がピークで、筆者などおばさんになった頃の姿しか映画で見ていないと驚くものである。

5

*************************************************

さて、読売新聞の1月4日の「2017・問う」はIMFのトップであるクリスティーヌ・ラガルド専務理事。
*********************************


---------------------------------

「IMF専務理事に有罪 仏閣僚時代の職務不履行、処罰は科さず」2016_12_20産経新聞という記事がある。(http://www.sankei.com/world/news/161220/wor1612200002-n1.html)
これは最近のもので元々は、
「IMF専務理事、職務怠慢疑惑で公判へ 実業家への巨額賠償めぐり」(2015年12月18日 07:13 発信地:パリ/フランスAFP-http://www.afpbb.com/articles/-/3070681)

----------------------------------

 

4

このラガルド専務理事というのは、もともと政治家だからそうだとはいえ極めて政治的な人物であることが新聞記事からわかる。

この人物は、中国の人民元を「特別引き出し権(SDR)の構成 通貨」にすることを推進した人物で「パンダハガー」である。

そのことを踏まえて読売新聞の記事を読んでみると「日本」の言葉は1回なのに「中国」は5回も出てくる。



--------------------------------

「中国経済のけん引役が輸出や投資・・・」
「中国は持続的な成長への移行・・・」
「中国の成長率の低下を・・・」
「中国は成長の柱の一つになり続けると言うことだ。」
「中国経済が移行することは・・・・・・・・」

---------------------------------------


 パンダハガーの面目躍如といえるところではないか。
以下は憶測だが、このラガルド専務理事と何かコンパクト (Compact)、要するに密約を結んだのではないかと考えている。
これは「中国人民抗日戦争ならびに世界反ファシズム戦争勝利70周年記念行事」にユネスコ事務局長イリナ・ボコヴァ氏が参加していた。
これは国連事務総長への布石だと言われていた。
それには物と金はつきもので、ラガルド専務理事は当面IMFの専務理事の留任だったろう。
こんなことであれば、「2017・問う」なんで読んでも仕方がないという落ちである。


詳しくはこちらを参照 icon

2016_12_29_2



icon icon

ブログランキングに参加しています。

1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火)

Master'sDream(醸造家の夢)を飲む正月

Master26


少し前に買っておいたザ・プレミアム・モルツMaster'sDreamを持って帰った。
年末に缶ビールを幾つかもらったのだが、家でビールは飲まないので娘にくれてやるかと思っていたのである。
ところが年末に帰ってきてビールは苦いから飲まないという。
それだから300ml程度の小瓶なので風呂上りにでも飲んでやろうかなのであった。
しかし、こういうものを持って帰るとあっという間に「ビール嫌い」という連中に飲まれてしまった。
全く現実と「言っていることは違うんだよな」と思う。
12月には、来年のことだからと残していたことが元旦を迎えた途端に正月は終わり、直ぐにやり残した宿題を片付けなければならなくなった。
・・・・とは思うものの机の上に置いてある割引券も年末のものだったりまだまだ2016年を引きずっている。

201710


それで見れば1月に開かれる展覧会の案内状は10枚程度もあった。
それも大阪では無理だし、東京でも同じ時期でもないので、知り合いがいないような展覧会だと中々次いでがないと行けない。
それでも今年は3展覧会ぐらい行けそうである。
昨年の今頃は何をしていたのかと考えると、(自作)パソコンを組み立てていた。
以前は1年に1台と言う目標で組み立てていたのだから時代も変わった。
その結果CPUの更新が止まってしまってからは1年おきになっている。
その間に古いパソコンが2台壊れてSSDに換装、OSの更新をして再生してしまったので使えるパソコンが増えてしまっている。
現実としては、Haswell時代のパソコンがメインとサブで最新のパソコンに全く劣らない。
そんなわけで、PCケースばかり増えて場所塞ぎになっているものの新たに新しいパソコンを組むという意欲が湧かない。
パソコン雑誌の製品紹介も当然良くも悪くも最新製品なので、パソコンを作るということがなければ先ず見ることもない。
それでも定期更新の時が来れば更新しないと後で困るからやっておくというものである。


詳しくはこちらを参照 icon

2016_12_29_2



icon icon

ブログランキングに参加しています。

1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 2日 (月)

新聞社説氏の断末魔が聞こえる元旦の一日

20174


元旦は静かな一日だったはずなのに喧噪に包まれ年末のようであった。
そして、その昔は全くの休みで商店も閉まっていた元旦から一夜明けた2日が初売りだった。
初売りは今でもデパートではそうである。
子供が小さいときは、親ばかで子供服の「ブランド品福袋」のために朝6時から店頭に並んだことがあった。
特に初雪が降った朝などは、相当厚着をしていても4時間も立ち尽くして並べば、かなりしんどい。
それが今はスーパーの初売りは1日からで、デパートの初売りには行かなくなったから逆に2日が元旦のようである。
しかも元旦なのに、夕食は久々スーパーのフードコーナーに行ったりしている。
ペッパーランチでは3,000円の福袋が沢山売れ残っていて、有効期限3か月の店舗限定3,000円分商品券もどきと必要でないドレッシングその他のようなもの。
ペッパーランチというのは、合成肉だったよなと思うと買う人もいないわけだ。
紀伊國屋で電子書籍になっていない本を探して日下公人先生の本を買ってきた。
隣に並んでいたのが写真の「ようやく『日本の世紀』がやってきた (WAC BUNKO 244) 新書 – 2016/10/6」であった。
この著書は、10月発売なのだが既に米大統領にトランプ氏が当選することを前提に書かれているようなところがある。
従って2017年になっても色あせないところが凄い。

その一方で読売新聞では米大統領選でヒラリーが当選する前提で、


*************************************
読売新聞の「ヒラリー大統領本」をネット告知 「投開票前にフライング」のナゼ
****jcastニュースから引用****

「米国で、こんなに怒りや不満を抱え、『疎外』されていた人が多かったのか、と驚くばかりである」。大統領選でのドナルド・トランプ氏の勝利が決まってから1夜明けた2016年11月10日、読売新聞朝刊の1面コラムはそんな書き出しで始まった。国際部長の署名入りで、「大衆迎合で大国導けぬ」という見出し(東京最終版)だった。

   その読売新聞国際部が編纂し、刊行予定だった新刊書『ヒラリー、女性大統領の登場』(中央公論新社)が、大統領選の投開票日(日本時間8~9日)より数日前から、複数のインターネット書店のホームページに掲載・告知されていた。「大統領選の投開票は終わっていないのに、どうして」とツイッターなどに疑問の声が殺到。告知はすでに削除されている。
------------------------------------------------
「幻」の新刊書『ヒラリー、女性大統領の登場』は、インターネット通販サイト「Amazon」や電子書店「honto」の「honto本の通販ストア」に掲載された。まだ大統領選の投開票が始まる前のことだ。掲載情報によると12月19日発売予定で、価格は1512円(税込み)。商品説明欄(現在は削除済み)には、
-----------------------------
「2016年アメリカ大統領選挙はまれに見る劇場型選挙であった。それを勝ち抜いて米国初の女性大統領として登場したクリントン・ヒラリー。本書は刺戟と混乱に満ちた新大統領登場のドラマを徹底取材によって描出する」

2016/11/10 19:13
http://www.j-cast.com/2016/11/10283147.html?p=all
*******************************************


こういう読売新聞の姿勢が良く現れた記事が
元旦の社説である。

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20161231-OYT1T50138.html?from=ytop_ylist

*****************************************
「反グローバリズムの拡大防げ」
*****************************************

 

20173

元旦の新聞をみて、「反グローバリズムの拡大防げ」とは何かの間違いできないかと目を疑った。
ネットウォチャーなら、今は「グローバリズム」と「反グローバリズム(ナショナリスト)」との戦いで
「民族的な価値を守ろうというナショナリズム勢力との、せめぎあいの最終段階ある(※ようやく『日本の世紀』がやってきた※-より引用) 」と思われている。
書道家である小生などは、「グローバリズム」になったら日本的な書道などは潰れてしまうことになるから当然反対である。
事実として、この「グローバリズム」の波に乗って大学の書道科は毎年潰されて、昨年は静岡大学、今年は新潟大学と劣勢にある。
それでは、この「反グローバリズムの拡大防げ」の社説を見てみよう。
※読売新聞元旦の社説Web板より引用する。※


◆トランプ外交への対応が必要だ◆

 「反グローバリズム」の波が世界でうねりを増し、排他的な主張で大衆を扇動するポピュリズムが広がっている。国際社会は、結束を強め、分断の危機を乗り越えなければならない。

■これは何のこと? 意味不明。この社説氏は「グローバリズム」とは何なのか分かっているのかとの疑問も湧く。
 保護主義を唱え、「米国第一」を掲げるドナルド・トランプ氏が20日に米大統領に就任する。
 力による独善的な行動を強めるロシアや中国に、トランプ氏はどう対応するのか。既存の国際秩序の維持よりも、自国の利益を追求する「取引」に重きをおくのであれば、心配だ。


■貴方に心配されるいわれはないだろう。そもそも高給取りだし。
 米国が、自由や民主主義といった普遍的な価値観で世界をリードする役を降りれば、その空白を埋める存在は見当たらない。

■仮定の議論はよした方が良い。
それなら戦争をしたがる、中東のISに武器供与していたヒラリーが良かったのかと言う問題に行き当たる。

 移民の増加を拒否し、欧州統合の理念に背を向けた英国の欧州連合(EU)離脱は、今春に具体化の段階に入る。春の仏大統領選、秋の独総選挙でも、排外主義を掲げる勢力の伸長が予想される。
 各国が内向き志向を強め、利害対立が激しさを増す。そんな潮流に歯止めをかける必要がある。


■社説氏は、経済移民問題に治安安悪化にどう対処すると言うのか?
「歯止め」をかけるのに「グローバリズム」が正しいのか?
その「グローバリズム」が移民問題などを助長し問題を起こしていることに目を瞑るというのか?
 
激変する国際環境の中で、日本は、地域の安定と自国の安全を確保していかねばならない。
 日米同盟の重要性をトランプ氏と再確認し、さらに強化する道筋をつけるべきだ。

■「自国の安全を確保していかねばならない。」のであれば「グローバリズム」ではなく「ナショナリズム」によって自国を守るということではないか?

 ◆「米露中の関係どう変化

 トランプ氏の外交姿勢で目を引くのが、ロシアとの関係改善への意欲だ。大統領選中から、プーチン露大統領を評価する発言を繰り返した。国務長官には親露派の石油企業トップの起用を決めた。

 プーチン氏も対米修復に積極的だ。両氏は、シリア内戦の終結や過激派組織「イスラム国」対策で協力を深める構えでいる。

 だが、オバマ政権の下で、米国はロシアのクリミア併合をめぐり、欧州とともに対露経済制裁を主導してきた。シリアでも、欧米はアサド政権の早期退陣を目指し、現政権支持のロシアと対立してきた経緯がある。

■ウクライナの危機は「米のネオコンの仕業」とあって「オバマ政権の下」の失策。
(引用は日下公人氏の本)

 ロシアの協力を得る引き換えに、クリミア併合やアサド政権の存続を容認する。トランプ氏がそんな方針に転じることがあれば、米欧間に亀裂が走ろう。

■「米欧間に亀裂が走ろう」そんな単純な「問題ではないでしょ!!!!」
EUも一枚岩ではないし。

 中国に対し、トランプ氏がどのように行動するかも不透明だ。トランプ氏は台湾の蔡英文総統と電話会談し、続いて「一つの中国」原則への疑問も口にした。中国の南シナ海での力による進出を問題視する構えも示す。

■これは正常でしょう。オバマ政権のパンダハガーとは違ってきているし。

 大統領選中には、中国の対米輸出増に高関税で対抗するとも公言していた。貿易問題と安全保障を絡めて中国を牽制し、有利な状況を作り出そうとの戦略なのか。

 中国の習近平政権の対応次第では、米中間の緊張が高まろう。

■習近平政権は、ヒラリーが江沢民派だったので嫌っていたという報道がある。

 逆に、トランプ氏が中国の行動に甘い姿勢をとれば、アジアでの中国の覇権的な振る舞いに拍車がかかる懸念もある。中国は初めて空母に西太平洋を航行させるなど、海洋進出を加速している。

 トランプ氏にも国務長官予定者にも、政治経験がない。軍出身者が並ぶ閣僚の布陣も、危うさがある。米露、米中関係の変化が国際秩序にもたらす影響を、注視する必要がある。

 日本は、尖閣諸島周辺などで中国の膨張圧力に直面している。ロシアとの間では北方領土交渉を抱える。トランプ外交の行方にとりわけ目を凝らさざるを得ない。

 オバマ米大統領は、尖閣諸島が、米国の対日防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用対象であると明言していた。トランプ氏がその立場の継承を確認するかどうかは、日本の安全確保に大きな意味を持つ。

 トランプ氏は、在日米軍経費の負担増に言及したが、日本は同経費の75%を負担している。負担額は米同盟国の中で突出して多い。集団的自衛権の限定行使を可能にした安全保障関連法で、米軍への協力体制も強化された。

トランプ氏が大統領にもなっていない段階で予測しても仕方がない、そもそも当選したから言質が違ってきている。
いずれ日本も防衛費を海外の国なみに2%にすれば多少違ってくるはず。

 ◆同盟の意義確認したい

 日米同盟による抑止力の強化が、東アジア地域の安定に不可欠で、米国の国益にも適うことを、粘り強く説明していくべきだ。

 安倍首相は昨年末、オバマ氏とともにハワイの真珠湾を訪問した。日米の歴史的な和解の集大成と位置づけられる。首相は、未来志向の「希望の同盟」を築いていく決意を強調した。

 今月下旬に予定されるトランプ氏との首脳会談でも、この目標へ共に歩むことを確認したい。首相には、国際政治が混迷しないよう、トランプ外交に注文をつけていく役回りも期待される。豊富な政治・外交経験を生かす時だ。

 北方領土交渉を巡る日本とロシアとの立場の隔たりは、なお大きい。安倍首相とプーチン氏は、昨年12月の首脳会談で、4島での「共同経済活動」に関する協議の開始で合意した。

 平和条約締結への重要な一歩となり得るが、具体的な制度設計はこれからだ。経済活動に携わる企業や労働者の納税、トラブルなどに適用する法律をどうするか。

 安倍首相は記者会見で「特別な制度」を作る考えを示した。ロシア法でもなく日本法でもない特別な制度との趣旨だが、プーチン氏からは、制度について直接の言及はなかった。

 両国の主権に関わる問題を乗り越えられるかは、まだ見通せない。米露関係の改善が進めば、ロシアにとっては、対日交渉の優先度が低下するとの観測もある。

 安倍首相は、今年早期に訪露し、プーチン氏と会談する考えだ。プーチン氏の真意を見極めつつ、両首脳間の信頼関係を生かして交渉を前進させるしかない。

 国際情勢を揺るがすのは、トランプ外交ばかりではない。米大統領選での「トランプ現象」に通底する反グローバリズムとポピュリズムは、欧州でも、その勢いを増している。

 ◆勢い増すポピュリズム

 英国のEU離脱を決定した国民投票では、生活に苦しむ低所得者や労働者が離脱に賛成票を投じた。「移民を拒否し、政策の決定権をEUから自国に取り戻せ」という離脱派の主張に賛同した。

 「反移民」「反EU」「反エリート」などのスローガンを掲げることで、国民の不満をすくい取る政治勢力は、他の欧州諸国でも存在感を増している。

 フランスでは極右政党・国民戦線のルペン党首が支持を広げ、ドイツでも難民受け入れ反対を掲げる「ドイツのための選択肢(AfD)」が地方選で躍進を続ける。

 イスラム過激思想に基づくテロの拡散が、こうした勢力に利用されている点も見逃せない。

 昨年末、ベルリンでクリスマスの市に大型トラックが突入したテロでは、「イスラム国」が犯行声明を出した。容疑者は難民申請を却下された人物だった。

 AfDは、すかさず、寛容な難民政策を進めてきたメルケル独首相への批判を展開した。

 市民のテロへの恐怖心をも利用して、難民や移民を拒否すれば安全や生活の安定が保てるかのように唱える。排外主義を煽るポピュリズムの拡大は、人や物の自由な移動を進めるグローバリズムの最大の障壁になりつつある。

 米欧で反グローバリズムやポピュリズムが伸長する背景には、リーマン・ショックを契機とした世界的な経済成長の停滞がある。

 自由貿易の拡大は、各国に産業構造の変化をもたらした。国際競争力の低い産業は衰え、生産や雇用が国外に流出する。

 高成長が確保されている間は、他の産業が雇用を吸収するなどしてしのげる。だが、成長が滞るとそれも難しくなる。

 自分たちはグローバル化の犠牲になったと感じる人々が増えた。移民や難民に職を奪われることへの危機感も相まって、排外主義や保護主義に同調している。

■だから「反グローバリズム」になっている分けよ。
何を言ってるの!

 ◆自由貿易で成長復活を

 トランプ氏は、環太平洋経済連携協定(TPP)からの離脱を予告している。TPPは、今後の自由貿易の標準となり得る高度な枠組みだ。その否定は、自由貿易拡大の機運を萎ませる。

 保護主義を強めれば、雇用や生産が復活し、自国民の生活が楽になると考えるのは、短絡的だ。自国市場を高関税で守れば、消費者は割高な商品の購入を強いられる。他国が対抗策をとれば、輸出産業も打撃を受ける。

 経済資源を、国境を越えて効率的に活用するのが自由貿易だ。多国間での取り組みをさらに進め、新興国の活力や技術革新の成果を世界に広げることで、成長の復活を目指すしかない。それが国際政治の安定の基盤ともなろう。

■TPPはそもそもブロック経済でしょう。
「自国市場を高関税で守れば、消費者は割高な商品の購入を強いられる。」しかし、雇用はまもられる。
社説氏は、「グローバリズム」賛成で移民賛成ではなかったか?
移民によって、国内賃金を下げて国民全体の貧困化を助長するのが良いと思っているのか?
しかも、日本の関税はほとんどゼロに近く、高いのは農産物だけである。
これは各国とも同じ、だから米国は反対しているわけである。
しかも日本は輸出立国でもない。
内需でGDPが成り立っている。だから消費税増税が大きく響くわけだ。

★読売新聞は、消費税増税、TPP大賛成、ヒラリー大統領大賛成だった口だ。
その予測は、ことごとく外れ「消費税増税」をすれば景気が良くなるという宣伝、今では「馬鹿話」にもならない。
そして極め付きは、米大統領選の「トランプ当選」を外したことである。

社説は、東谷暁(ひがしたに さとし)氏が「トランプ当選」を予測できなかったことに対して、重箱の隅をつついて自己弁護していたのに似ている。
結論は、外したのには間違いない。

20171

その他お笑いなのは地方紙(上毛新聞)に載った

***********************************
新春大型対談
文芸評論家 加藤典裕
法政大学学長 田中優子
**********************************



田中優子氏と言えば、未だに新左翼が強い法政大学学長で、TBSの日曜番組「サンデーモーニング」のコメンテーターと言えばどういう立場かよく分かる。
記事を見れば「憲法九条」や「沖縄独立論」、「琉球は植民地」、もうメッキが剥がれて地金が出た「SEALDs」などが出て来るところに読まなくとも左翼の言論とよくわかる。

20175


20172


簡単に言えば「学校秀才」のなれの果て、戦前の陸大出の頭の固い参謀将校や海軍兵学校出の士官を想像するとよくわかる。
もっとも昔の参謀将校や海軍兵学校出の士官にも優秀な人はいた。
戦後まで生き残ったゼロ戦の戦闘機隊長や、撃沈されなかった潜水艦の艦長のハンモックナンバーはほとんどビリに近い。



詳しくはこちらを参照 icon

2016_12_29_2



icon icon

ブログランキングに参加しています。

1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

ニューイヤー駅伝2017inぐんまを撮影

2017newy1


例年元旦の朝を彩る「ニューイヤー駅伝」事、「全日本実業団対抗駅伝競走大会」が群馬県前橋市の群馬県庁を起点として開催された。
これがいつから群馬で開催されたのかと調べてみたら「第32回1988年1月1日」と29年前。
以前は随分西の方で開催されていたようだ。
しかし、東京から近く関越高速だと前橋インターから直ぐに中心部に入れるから交通の便は良い。
しかし、毎年9時15分スタートとはいえ風が強くて結構冷えるのがいつもの通りである。
とはいえ、今年は多少暖かかった。
動画と写真の両方を取っている。

2017newy2


カメラメーカー: SONY
カメラモデル: ILCE-6000
レンズ: E PZ 18-105mm F4 G OSS
撮影日時: 2017-01-01 09:17:06 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 40mm (35mm 換算焦点距離: 60mm)
絞り値: ƒ/4.5
露出時間: 0.0031 秒 (1/320)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

昨年までは何のカメラを使ったのか思い出せないが、動画はSONY NEX-6だったかもしれない。静止画の方はなにだったかな??
この駅伝が群馬県庁に戻ってくるのが14時くらい。
このときの写真は、Nikon1J5を使っていたが今年はX30で中速度連写した。
こういうコンデジで連写が出来るようになったとは、時代も変わったものである。


2017newy3


2017newy4


2017newy5


2017newy6


カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X30
撮影日時: 2017-01-01 14:12:00 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 28.4mm
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.0025 秒 (1/400)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)


ここ毎年こういう喧噪に包まれて元旦の朝を迎え、神様に初詣、お昼を食べてお寺へ御札をもらいに行くという例年の行事である。
前橋というのは寂れて行くと言われている景気の良くないところである。
そもそも為政者の戦後の市長が20年以上も続けこの辺から停滞が始まった。
その後に助役をしていた人が2代続き、その後合併した郡部出身の市長が市街地の空洞化をさらに進めた。
こういう何十年にも渉り、なにもしなかったので出遅れてしまった。
また今は観光地でもないのに、屋外広告の規制なども始めて前橋市内に金が落ちないのを推進している。
特に年明けに街を廻ってみると、建物があったところが空き地になっている。
これは年寄りが亡くなって跡継ぎは東京などに出ているから住む人もいない。
それで、相続も絡んで売却してしまうか場所が良いところだと駐車場になったりする。
今役所は、公共機関を使うことになっているから市役所周辺の駐車場はパートさんが利用していることが多い。
しかし、給料が安いから高いところは借りる人がいなくて、料金がダンピングされる。
こんなことで、前橋市の景気は良くならないわけだ。

2017newy7

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X30
撮影日時: 2017-01-01 14:21:48 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 7.1mm
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.0033 秒 (1/300)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

しかし、このニューイヤー駅伝なとがあると選手は宿泊するから多少お金が落ちる。
それがこちらに廻ってくれば良いが、そんなことはない。

そんなわけで前橋や群馬で商売が出来れば、全国どこへ行っても成り立つというものである。
思えばヤマダ電機は前橋、ビックカメラは高崎、J!NSも発祥は前橋だったよなと思う。
この年末年始、レビュー機が送られてきてまともに休めないというのは辛いところである。


詳しくはこちらを参照 icon

2016_12_29_2



icon icon

ブログランキングに参加しています。

1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »