« ローレン・バコールとイングリッド・バーグマン/映画カサブランカ | トップページ | CyberLink PowerDirectorで編集2017手島桑海先生席上揮毫 »

2017年1月 7日 (土)

Panasonic ステレオマイクロホンVW-VMS10-Kを買う

Panasonic31


元旦に「2017ニューイヤー駅伝」の動画の音声は、FUJIFILM純正MIC-ST1を使った。
これは買ってみてPanasonicのステレオマイクロホンVW-VMS10-KのOEM品とだろうと思った。
このFUJIFILM MIC-ST1は、需要がないという理由かかなり割高で8,000円~9,000円もする。
単に変換ケーブルが付いているとは言え貧弱であった。
それはともかくaudio-technica製品に比べてなんとか使えそうだったので、Panasonic製の本家の方がAmazonで安かったので買った。
購入して比べてみたら、OEMのFUJIFILM純正MIC-ST1よりVW-VMS10-Kの方が何となくしっかりした作りだった。

Panasonic21



しかも、「ウインドジャマー・ポーチ、詳細な取説」もあって好感が持てる。
要するに、OEMのMIC-ST1はPanasonicを多少コストダウンした製品のようにおもえる。
そのために、FUJIFILMの方の風防もPanasonicの方にそのまま使える。
FUJIFILMがφ2.5mmのステレオ端子ではなくPanasonicなどが使っている一般的な3.5mmを使っていれば、FUJIFILM製品を買う必要がなかったわけである。
その代わり、変換アダプターを付属(φ2.5mm→3.5mm変換アダプター、φ2.5mm→USBマルチコネクター)するわけだが使いにくいものである。

Panasonic4


Panasonic5


Panasonic6



それで今回Panasonic製とSONY・ECM-XYST1Mを比べてみた。
SONY製は、ダイナミックレンジが広く、音の広がりもマイク形状から感じられるものであった。
価格も実売でPanasonic製の倍するので仕方がない。
しかし、このPanasonic製でも妙な雑音を拾わなくて、さすがFUJIFILMがOEMで採用するだけのことはある。
元々PanasonicのLUMIX G6を使うのだから丁度良いかもしれない。

Panasonic71


Panasonic11jpg


Panasonic8


又、1月7日の映像は、編集してYouTubeに上げるかどうか諸事情次第である。
前衛書道の映像は、途中でα6000が熱暴走して停止してしまったから編集しないことにしている。
次回は、熱暴走対策のためNEX-6も同時に使った方が良いかも知りない。



詳しくはこちらを参照 icon

2016_12_29_2



icon icon

ブログランキングに参加しています。

1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

|

« ローレン・バコールとイングリッド・バーグマン/映画カサブランカ | トップページ | CyberLink PowerDirectorで編集2017手島桑海先生席上揮毫 »

YouTube動画で見る風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Panasonic ステレオマイクロホンVW-VMS10-Kを買う:

« ローレン・バコールとイングリッド・バーグマン/映画カサブランカ | トップページ | CyberLink PowerDirectorで編集2017手島桑海先生席上揮毫 »