« CyberLink PowerDirectorで2017ニューイヤー駅伝・ジャック・アタリとは? | トップページ | Panasonic ステレオマイクロホンVW-VMS10-Kを買う »

2017年1月 6日 (金)

ローレン・バコールとイングリッド・バーグマン/映画カサブランカ

10


雑誌の中に見つけたローレン・バコール、名前はどこかで聞いたことがあったとはいえ全く知らなかった。
写真を見ると数ある往年の美人女優さんの中でも群を抜いて、野生的で魅惑的。
Wekiによるとユダヤ系アメリカ人で、1945年20歳でハンフリーボガードと結婚している。
だからマリリン・モンローと同世代とはいえ、マリリン・モンローが朝鮮戦争以降に活躍したのに対して、大戦中からモデルとして活躍していたバコールの方が何となく昔の感じがある。

11


14


しかし、映画は「百万長者と結婚する方法」(1953)でマリリン・モンローと共演したと言うが、TVの洋画劇場で見たきりなので全く覚えていない。
結婚して幾年かたっているのでやはり何となく「おばさん」の感じがあった。

13


それでハンフリーボガードと言えば、映画「カサブランカ」。
多くの映画に出ているとはいえ、これしか思い浮かばない。
共演はあの大女優イングリッド・バーグマンである。
時に実年齢ハンフリーボガード43歳、イングリッド・バーグマン27歳。

1


15


3


カサブランカ」と言う映画は、実のところ昔はよく分からない映画だった。
元々ナチスがパリを占領してビシー政権になったころの大戦下で作られた映画なので、反ドイツ、反フランスの映画である。
空港のシーンはロサンゼルス空港で撮影されている。登場する飛行機もその時のまま。
昔のターミナルビルが今でも残っていて、「モスクのミナレットみたいな管制塔もついているので」今でも見えるそうだ。(高山正之氏の著書)
細かい、何々の原作を元にしたとか、メイキングで云々とかは別として何が不思議な映画だったかと言えば、主人公のリックの正体が不明だったことである。
解説にはラブストーリーとあり、イングリッド・バーグマン分するイルザとパリで恋仲、愛人だったことが「若作りした映像で挟んであったとはいえ」不自然。
「ヴィクトル・ラズロ」の奥さん役は適役だったけれど、リックの恋人という設定は非常に不釣り合いだった。

2


なんと言っても21歳で結婚して、子持ちの27歳の女性に二十歳前後のおぼこ娘役は無理ではないかと感じるものだった。
写真では、卵形の丸顔に近いように見えるが、北欧人なので驚くほど顔が小さい。
こういう感じは、ハンフリーボガードのような尖った顔には合わない感じがある。
事実として、ハンフリーボガードは、20歳の年の違う写真のローレン・バコールという女豹のような顔をした女性と結婚した。

12_2


その一方、イングリッド・バーグマンは写真にも写っている有名な「ロベルト・ロッセリーニ」監督と不倫関係(1950)の後に結婚(57年離婚)。
写真を見るとあごの形がよく似ている。

4


もとの「カサブランカ」に戻ってみると、普通に見ればハンフリーボガード扮するリックは米国のスパイである。
そうでなければ、バーを経営する資金や諸々の事の辻島が逢わない。
そして、もしイルザとパリで恋仲なら濡れ場シーンがないと、カサブランカのリックの店でイルザが昔を持ちだして肉体関係をもって旅券を手に入れようとするシーン(単に言葉だけのシーン)の辻島が逢わない。
それは当然他の客も同様なことをしていなければおかしいのであって、こんなシーンを沢山入れたら昔の「ロマンポルノ」になってしまうと思えてしまう。
映画は、昔の映画らしくハッピーエンドでおわる。
今なら、全員死んで何もなくなっていると言うところで終わるのか、イルザとよりを戻して「とんずら」するか「ワル」を演出しないと面白くない。
しかし、ハンフリーボガードの禁欲というのは出てこないから無理か。

ちなみに当時のカサブランカの役目は、中立国だったポルトガルの「リスボン」だったと思う。
これは昔のスパイ小説に良く出てくるシーンで、中立国とはいえドイツの影響下にあって米国大使館は監視下におかれて、ここから米国などに出国するのが難しかったと記憶する。



詳しくはこちらを参照 icon

2016_12_29_2



icon icon

ブログランキングに参加しています。

1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

|

« CyberLink PowerDirectorで2017ニューイヤー駅伝・ジャック・アタリとは? | トップページ | Panasonic ステレオマイクロホンVW-VMS10-Kを買う »

本 書評など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローレン・バコールとイングリッド・バーグマン/映画カサブランカ:

« CyberLink PowerDirectorで2017ニューイヤー駅伝・ジャック・アタリとは? | トップページ | Panasonic ステレオマイクロホンVW-VMS10-Kを買う »