« 馬渕睦夫先生の解説の概略を文字起こししてみた | トップページ | 新聞・マスコミの週刊誌化とGHQ維持思想に驚く »

2017年1月18日 (水)

老人は変化を嫌い、自然を好む

6000101

平成29年1月18日(水)の地方紙、上毛新聞をみたら「高校再編 新校名決まる」という見出しが一面トップである。

再編されて、「中之条+吾妻」は吾妻中央高校、「富岡+富岡東」は富岡高校となり2018年度に開校するという。
記事では「『学校余り』が加速」と「14年度の中学卒業生が19,000人だったのが、29年度は15,000人に減少」という理由を付けている。

しかし、群馬県は大昔の学区制とは違って、全県一区になったためにより進学率の高い有名高校に生徒が流れると言うことに尽きるのではないか。
それだけでなく、そのトップ高に落ちても今は私立高校に「特進クラス」というのが多くできて、「トップ高校」同等の授業又は手厚い進路指導もあって進路実績を伸ばしている。
従って、進路実績の良くない周辺校には学生が集まらないという結果であろう。

その高校のOB、OGにとっては、昔は前高(前橋高校)、前女(前橋女子高校)、高高、高女に進学したくとも学区外で進学できなかった頃とは大違いである。
それはそれで、大学進学というのがかっての高校進学と同じようになってしまった現在。
より少ない有名校に生徒が集中するだけでなく、大学側でもより真面目に勉強をする学生を入学させたがっている。

それは特別入学という推薦入学が、徐々に入試の中心になりつつあることを物語っている。
それにしたがって、一斉授業を行っていた浪人生のための予備校は潰れ、補習授業中心だった塾もネットアプリによって淘汰されようとしている。
だから予備校の先生がテレビのバラエティ番組に出てMCをするような時代になった。

それと同様に街を車で走っていると瀟洒な店舗や事務所ビルがなくなって更地になっているのに気がつくことである。
思い起こせば、その昔に「おじさん」が一生懸命に商品を並べていたのが目に浮かんだりする。

通り過ぎたビルの店舗には、シャッターが閉まっていたり、窓ガラス一杯に布で目張りがしてあったりと潰れてしまったような店も多い。
こう言う時代の移り変わりは仕方がないとはいえ、歳をとると身近になればなるほど非常に嫌な気分になる。
歳を取れば取るほど周囲の環境の変化に対応できなくなり、木々を見て毎年の季節の移り変わりを振り返っている。

これが何を拒むのかというと、東京などの住宅街での「保育園建設反対」である。

小さいときから隣に幼稚園や保育園、小学校があっても何も気がつかないし、幼児期なら近くに学校があって良かったという感覚しか持たない。
ところが、環境の変化を拒む老人期になれば保育園であれ、何であれ今までの環境を壊すものには反対したくなる。
しかし、年寄りというのは自然環境を不思議と好むもので、殺風景な都市空間よりも木々の多い環境で毎年の季節の変化が楽しめると多少嫌な思いが和らぐものである。

テレビで見た「保育園」というのは、子供の声がうるさいというので殺風景な塀や防音壁だったり、より周囲の環境を壊すものだったのはその想像を堅くする。

それにしても新聞を見たら(産経新聞 Web板)

「【主張】竹島に慰安婦像 韓国の恥をさらす暴挙だ」という記事があった。
http://www.sankei.com/column/news/170118/clm1701180002-n1.html
李承晩ラインによって、勝手に韓国が不法占拠している「竹島」。
そもそもこの事実から目をそらせるために「慰安婦問題」を持ち出したと聞いたことがある。
韓国にとっての最大の負い目で、絶対に勝つことができない「竹島問題」を「慰安婦問題」に矮小化する。

国民に真実を知らせないようにすると言うのが元々だと言われていた。
それが「竹島と慰安婦」をくっつけたら、その意味がなくなってしまう。
案の定、
http://www.sankei.com/world/news/170118/wor1701180037-n1.html
「韓国知事、竹島への慰安婦像設置は「不適切」 領有権は強調も「場所は慎重に」と火消しに入っているという馬脚が出ている。

やはり韓国問題に関しては、筑波大学の古田博司先生の言に従うのが正しいようだ。

1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

|

« 馬渕睦夫先生の解説の概略を文字起こししてみた | トップページ | 新聞・マスコミの週刊誌化とGHQ維持思想に驚く »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老人は変化を嫌い、自然を好む:

« 馬渕睦夫先生の解説の概略を文字起こししてみた | トップページ | 新聞・マスコミの週刊誌化とGHQ維持思想に驚く »