« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月30日 (木)

(公財)書道芸術院創立70周年記念役員作家巡回展 併設北関東総局展陳列

20172


「登山講習会に参加した高校生ら8人が死亡した雪崩事故」では、新聞にていろいろ書かれている。
そこで引率の先生というのは、スキーなどはしないのだろうなと言うような感想をもった。

近年スキーに行くというのも多少遠ざかっているが、スキー場へ行くと雪崩があるのでコース外で滑らないようにと言う注意がある。
時として、雪崩の恐れありとコースが閉鎖されていると言うことはいつもあることである。

もう20年以上前にスキークラブをやっていたことがある。
そこでその時のコーチ(?)がスキー場のコースとコースを結ぶ林道の様なところを滑ったら「雪崩が起きるから」と注意されたことがあった。
コースから見える範囲の「木々間の緩斜面」でも、コース外は注意される。


こんな思いから見れば、雪崩の危険があるのでスキー場は閉鎖されているのにかなりの高さまで雪の中を登ってしまうというのはどう考えても解せない。
いつもそうだが、事故というのは想定外で起こる。

その昔1月末にスキーに出かけて、吹雪いてリフトが全部止まっていてこれは「ヤバイ」と思って一泊して翌朝帰ってきたことがある。

いつものことだが、欲張るとろくなことがない。

20171

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-T20
レンズ: XF23mmF2 R WR
撮影日時: 2017-03-30 13:05:59 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 23mm (35mm 換算焦点距離: 35mm)
絞り値: ƒ/2.2
露出時間: 0.0071 秒 (1/140)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

20173


20174

****************
標記の高崎シティギャラリーで開催される「(公財)書道芸術院創立70周年記念役員作家巡回展 併設北関東総局展」の陳列が終了した。

書道芸術院創立70周年記念役員作家巡回展の他の「北関東総局展」は、書道芸術院の審査会員(常任総務、総務を含む)と審査会員候補の作家による。
審査会員候補の先生が全員参加しているわけではないとはいえ、131点(人)の展示である。

会期は、
平成29年3月31日~4月3日まで
午前10時~17時まで(最終日は15時)

作品鑑賞会・研究会は
平成29年4月1日
1)10時~11時30分
「審査会員候補の方によるトーク」

2)13時~15時
担当講師による挨拶、作品解説と勉強方法等
※会場
高崎シティギャラリー展示会場

20175


20176


20177

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-T20
レンズ: XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
撮影日時: 2017-03-30 15:03:30 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18.8mm (35mm 換算焦点距離: 28mm)
絞り値: ƒ/2.8
露出時間: 0.013 秒 (1/75)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

20178


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

---------------------------------------------------------
詳しくはこちらを参照 icon

 


ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

FUJIFILM XF23mmF2 R WRを買う

Xf237


毎日毎日朝のワイドショーは森友問題だけで、2か月近く国会が空転している。
もういい加減にと思うのは、誰でもと思うように読売新聞の社説でも「17年度予算成立 「森友」一色の議論で良いのか」というものを掲げている。
日本人の嫌いなのはというより、群馬県人の気質かもしれないが「しつこい」、「やり過ぎ」をもっとも嫌う。
だから、車のセールスでも初めから「買う」と言えば買うし、「買わない」となったら絶対に買わない。
それでどうしてもと迫れば、怒鳴られると言うのが関の山である。
この森友問題の本質は、朧気(おぼろげ)ながら全容が分かってきた。
これも新聞報道や生情報を隠蔽して違う方に持って行くワイドショーでは分からないインターネットによる成果だろう。
★以下、今までのネット情報から推察すると・・・

事の発端は、他の県ではそれほど難しくもなく設立できる小学校が大阪府では、日教組の影響で作れなかったと言うことらしい。
それで大阪府は規制を緩和して小学校を認可することにした。
誰も参入しようとしない中で、森友学園だけが手を上げ、それに誰も手をつけない「ヤバイ」土地の処分な困った航空局が乗ったというもの。
しかも、空路で空には飛行機が飛び、騒音もある。
だから高層マンションなどの高い建物は建てられない。
土地は、元々は沼地で地盤そのものが良くない上に、地下には、瓦礫や生活廃棄物、阪神淡路大震災の瓦礫など何があるか分からないところ。
これを相場より相当高く買わせる。
この思惑が重なって、多少無理のある森友学園を「認可相当」としたわけである。

だから土地を買い、建物を建てたわけで2月22日には、正式認可されていたはずというもの。

こういう事情を無視して「国有地払い下げ問題」として持ち込んだのが、木村真豊中市議とネットではある。
理由は、「極右の学校」を潰すということらしい。
これに「ピースポート」が絡んでくると言うからピースボートの大本締め辻本清美議員が絡んでくるという分かりやすい展開。

何もなかったところに「煙を立て」炎上させるというのは、はた迷惑である。
そして、国会議論で

**************************
第3章 国民の権利及び義務
第16条 【請願権】

 何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、 平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。
*****************************
教育基本法(私立学校)第8条
http://www.mext.go.jp/b_menu/houan/kakutei/06121913/06121913/001.pdf

これらの法律を無視した議論が民進党から出されていて、違法行為だとネットでは指摘されている。

要するに初めから、森友問題はフェイクニュースだと言うことである。

*********************

 

Xf2311


少し前置きが長くなった。

今回、Yahoo!の期間限定ポイントが貯まったので、Tポイントを全部使ってFUJIFILM XF23mmF2 R WRを買ってしまった。

Xf232


ここのところカメラ用品を買い出したのは、昨年から展覧会ごとに作品集の代わりにDVDを作ることになったからである。
書作品は、写真をとってスライドショーにして、その他のギャラリートークや懇親会は動画。
こういうものに耐えるカメラというのは、それなりに高価なものが必要になる。
そして、2回展覧会の作品集代わりのDVDを作った結果、もう少し高画質にならないかと言うのが原因である。

Xf231


Xf235


Xf233


Xf236


作品を撮るには、従来の広角レンズでは四角が歪む。
ズームレンズというのも、単焦点レンズにはやはり及ばない。
富士フィルムのレンズは、非常に高画質で普及レンズでも中々良いのだが、この歪みは論外である。
元々使っていた普及機のキットレンズ「フジノンレンズ XC16-50mmF3.5-5.6 OIS」は、この歪みが酷く広角側では樽形が酷い。
それがXT-1、2のキットレンズ「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」だと、かなり改善されているとは言え作品を取るまでには至らない。

それで昨年秋に多少安くなっていたXF35mmF2 R WRを買ってみて、キットレンズとは明らかに違うと言うことを実感した。
フジノンレンズというのは、みんな欲しくなってしまう。
もともとXF27mmF2.8(40mm相当)というパンケーキレンズは、レンズキットのオマケに付いてきていたのだが、これはなぜか使えない。

Xf2310


又、XF35mmとは、50mm相当なてので写真を見ても画角の違いに驚くものである。


Xf2341

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-T20
レンズ: XF27mmF2.8
撮影日時: 2017-03-27 18:26:39 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 27mm (35mm 換算焦点距離: 41mm)
絞り値: ƒ/2.8
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 640
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

Xf2381

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-T20
レンズ: XF35mmF2 R WR
撮影日時: 2017-03-27 18:29:25 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 35mm (35mm 換算焦点距離: 53mm)
絞り値: ƒ/2.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 500
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

Xf2391

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-T20
レンズ: XF23mmF2 R WR
撮影日時: 2017-03-27 18:29:55 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 23mm (35mm 換算焦点距離: 35mm)
絞り値: ƒ/2.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 320
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

Xf2312

作品は、歪みの少ない多分XF35mmF2 R WRを使うことになりそうだが、その他はXF23mmF2 R WRでいけそうである。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

---------------------------------------------------------
詳しくはこちらを参照 icon

 


ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

EPSON LP-S3250_A3モノクロページプリンターを買う

Epson322


3月末の展覧会向けにLP-S325C8【お得祭り2017】を買った。
EPSONが毎年冬場に行う「お得祭り」で、ネット価格に近い値段で販売すると言うもの。
製品は、LP-S3250というA3モノクロページプリンターで一番安い製品。
「お得祭り2017」の型番:LP-S325C8なのだが、箱にLP-S3250とあって、LP-S325C8のシールが別に貼ってあるだけ。(ベトナム製)
製品登録するとLP-S3250で登録されるから単なる販売上の品番。
これならネットで安いLP-S3250を買えばよい。
しかし、売っているのは出所がよくわからないバッタ屋のようなところなので、こちらを買った。
それで名票に間に合ったかといえば、使い慣れないうちは使えないので使っていない。

Epson321


「A3モノクロページプリンター」というのは10年振りに買った様な気がする。
従前のものと違って、小さいし、静かだし、両面印刷もできる。
ただし、エプソン製は初めてなので様子を見ているのである。

ネットワークというのは、10年前くらいのものは繋がらない。
それで古いネットワークプリンターは、Windows7_32bitのパソコンを作って使用することにして、モノクロレーザープリンターのLBP-1620とLBP-1810を使えるようにしたことは以前に述べた。
これがトナーカートリッジの劣化で使えなかったので廃棄して、LP-S3250を購入したのである。
製品が新しいから、CDで簡単に設定できるのが気が楽である。
現行商品でない古い製品を買うと、実のところ使えるかどうかわからないということもある。
トナーは、スターターキットというか3000枚程度しか使えないものとはいえ、こればかりで仕事するわけではないから少しはもつ。

Epson

それでそもそもこんなA3モノクロページプリンターを買うことになったのは、エプソンのインクジェットプリンターのモノクロはインクが滲んで使えない。
Cannonのインクジェットプリンターの顔料インクは詰まってしまいテキストが印刷できない。
ブラザーの複合機は、多少古くて印刷精度が悪い。
こんな理由である。
その他ゼロックスのカラーレーザーもあるが、モノクロは最低である。
しかも、古くてネットワークが繋がらないので古いパソコンを使って使えるようにしなければという代物。
とにかく、古い周辺機器というのはなかなか厄介なものである。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

---------------------------------------------------------
詳しくはこちらを参照 icon

2017_3_27


ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土)

X-T20デビューキャンペーンMHG-XT10が届く

Xt102


FUJIFILM X-T20デビューキャンペーンのWebエントリー&購入期限の3月31日が迫った。
考えてみれば発売からあっという間に期限になってしまうものである。



こちらはエントリーは1月で、発売当日にX-T20が届き2月中に書類を発送しておいたら1か月後に届いたと言う計算である。
このFUJIFILM X-T20は、発売当初は当然高く、1年も経てば3割引くらいになると予想された。
そうであるから「専用メタルハンドグリップ MHG-XT10」は、定価16,000円(税抜)という高価なもので発売当初の価格の高いときに買う場合の値引きと考えている。

Xt101



購入したのはカメラのキタムラYahoo!店で、こういうメーカーのキャンペーンに対応するためには正規の納入ルートの「カメラ屋」である必要がある。
キャンペーンには
「キャンペーン期間中に日本国内の正規販売店でご購入された商品が対象です。」
とある。
しかし、今では価格コムを見るとAmazon以外はほとんどバラエティショップというかバッタ屋である。
実のところ「正規販売店」でなくとも購入証明が出来れば通常対象になる。

***********************************
今回は、1月のポイント15倍を利用して、「合計獲得ポイント:15,150ポイント」であった。
このうち「通常ポイント:2,030ポイント」、
期間固定ポイント
  Yahoo!プレミアム会員はさらに+5倍!:5000ポイント
  Yahoo!プレミアム会員限定!Tポイント5倍!:4060ポイント
は、ルーターその他を買うときに使ってしまっている。
それで残りは
5のつく日[アプリ利用で最大+4倍]:4060ポイント
は、いつ付与されたのか分からない。

*********************************

 

いずれにせよクレジットカードの支払いが迫るので、通帳を確認したら金を使いすぎて「入金しておかないと」と言う事態だった。

これは預金を下ろして工面するしかないが、毎年金欠で困ったものだ。

Xt103


それはともかく、「専用メタルハンドグリップ MHG-XT10」。
XT-1用では、中古で購入してグリップがグラついていた。
キズも多かったので返品して、違うものを購入したものの何となく「ギシギシ」という感じ。
余り気にならなかったのでこんなものかと諦めて使っている。


しかし、今回届いた新品はかなりしっかりしたものであった。
ぐらつき、きしみなど当然一切なく、中古はやはり問題ありというものであった。

Xt104


Xt105



ここのところFUJIFILM X-T1中古価格が上がって同時に買い取り価格が上がった。
それで売ってしまおうかと思ったところX-T20に比べてかなり作りが良い。
X-T2を買ったのなら直ぐに中古で売ってしまうかもしれないが、どうしようかと思っている。
FUJIFILM X-T1は、X-T20に比べて何となく「もっさりしている」というか動作が遅い。
しかし、写っている写真はX-T1でも全く問題はない。
X-T20は、昨年12月に買ったニッシンのストロボに非対応の様で、実際に使って見ると明るめに撮れてしまう。
X-T20は、小さい内蔵ストロボがあり不思議と効果があってX-T1より荷物が減って助かっている。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

---------------------------------------------------------
詳しくはこちらを参照 icon

2017_3_27


ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

CyberLink PowerDirector 15で多胡碑・群馬書作家展席上揮毫を編集

2017_3_111


動画編集というのは、続けてやっておかないとついつい面倒になるので取りあえず「2017福田玉翠・席上揮毫_西林乗宣先生講評 多胡碑・群馬書作家展」と称して編集した。
群馬書作家展の席上揮毫の最後なので、カメラのSONYα6000が熱暴走で時々しか使えず、音声はPanasonicの方を使っている。

音声は中々良いから問題ないとしても、三脚にぶつかる雑音が入って余り感じが良くない。

カーボン三脚というのは、音声には弱いのかPanasonicのマイクの剛性が高すぎるのかどちらかである。

今回の群馬書作家展席上揮毫では、冒頭の来賓祝辞一人で15分もかかっている。
それなので編集する予定はない又、収録している西林乗宣先生の講評も長い。

しかし、西林先生の話は面白くて聞いておくのも良いかと思って全編を収録している。
動画編集というのは、30分の動画であれば最低でも30分以上の動画を全編見て不要部分をカットする。
これだけで1時間はかかり、そこからキャプションなどを挿入して完成してもう一度見るので編集には最低2時間かがる。

それが何回か編集した展覧会の記録となると、元が3-4時間でそこから編集して行くので何日もかかる。
しかも集中してやる編集なので、一日中やっているわけではない。
これには、編集の構想もあったりして簡単にはゆかないものである。



********************************
ここのところ高山正之氏のコラムのまとめとして、

アメリカと中国は偉そうに嘘をつく2015/2/28

日・米・独―10年後に生き残っている国はどこだ2016/10/21

「官僚は犯罪者」は世界の常識2015/2/27

変見自在 ジョージ・ブッシュが日本を救った (新潮文庫)2011/12/24

変見自在 習近平よ、「反日」は朝日を見倣え2015/9/18

変見自在 オバマ大統領は黒人か (新潮文庫)2015/5/28

異見自在 世界はみんな腹黒い2015/4/10

世界は邪悪に満ちている だが日本は……

こんな本を読んだ。
これらは電子版なので、紙の方は何を読んだかは確かめないと分からない。
書いてあることは、ある程度の引き出しからで結構重複していてある程度のパターンがある。
どうせなら、これらを一つにまとめて出してもらえれば世話がないが、ネットでもっと詳しい内容を話したことも多くあり本に書けないことも多そうだ。
内容は、本の発売が2015年と入っていても、歴史の真実や10年くらい前の話なども多くあるので古い内容が多い。
それが今でも批判として通じるところが、ある部分日本という本質が「思考停止」していることを如実に表す。
今の国会論議を見ても、いつの国会かと思わせるものとはいえ主役が「帰化人」だったりして日本の政界、官界、学会、大学などの指導層にかなりの工作員が入っているような気がする。

それが国民の意思に反しているというのは、世論調査で
http://www.sankei.com/politics/news/170320/plt1703200019-n1.html

「産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が18、19両日に実施した合同世論調査によると、安倍晋三内閣支持率は57.4%で、2月18、19両日の前回調査から1.4ポイント減った。不支持率は30.9%(前回比0.8ポイント増)だった。

 

 政党支持率は、自民党が前回比1.1ポイント増の38.0%で、民進党は同2.4ポイント減の8.4%だった。その他は、公明党4.5%▽共産党3.8%▽日本維新の会3.6%▽社民党0.4%▽自由党1.1%▽日本のこころ0.2%-だった。「支持する政党はない」とする無党派層が37.9%にのぼった。」

 

安倍晋三内閣支持率は57.4%(58.8) 
自民党支持率38%(36.9)
民進党支持率8.4%(10.8)

 

「産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が18、19両日に実施した合同世論調査では、民進党の政党支持率は8・4%で、2月の前回調査より2・4ポイント減っていた。」

 

読売新聞では---( )は、2月の前回
3月20日新聞紙上発表(18日~19日)
安倍晋三内閣支持率は56%(66) 
自民党支持率40%(43)
民進党支持率7%(6)

 

国会、新聞、テレビ、週刊誌で洪水のように、国政の緊急課題とは関係ない森友問題に終始しても国民は評価しなかったと言う結果である。
支持率10%以下というのは、10人いれば1人反対で事実上無視されることが多い。
要するに今のテレビネタというのは、法律成立を阻止するという意図が見え見えというものだった。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

---------------------------------------------------------
詳しくはこちらを参照 icon

2017_3_27


ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

トランプ大統領当選を外すのは、マスコミのいつものことだった事実

P1


「Panasonic自動開閉キャップ DMW-LFAC1-K」を漸く買った。
これはPanasonic LUMIX DMC-LX100という廃番にはなっていないが、製造中止して在庫限りになっている製品。
それで2017年の1月末から品薄になり高騰している。
購入したPanasonic自動開閉キャップは、つい先日までヨドバシカメラからAmazonまで納期未定だった製品。

P2


これがこの3月末に入荷したようで一斉に売られるようになった。
こういう廃番に近いカメラの部品はあるときに確保しておかないと手に入らないか、高い買い物をすることになる。

P3



この自動開閉キャップというのはRICOHのカメラが初めてで、その後にPanasonicLX-5に着装したのは中国製の汎用品。
OLYMPUSでは、OLYMPUS STYLUS XZ-2に純正品が登場していた。

P6


P7



この自動開閉キャップは、Panasonicの純正品なのでしっかり填まり作りもそこそこ良い。
しかし、質感はOLYMPUSの方が良い気がする。
これでしばらくお蔵入りしていたLX-100もまた陽の目を見る感じがある。
そうとは言っても、2014年発売なのにPanasonic G7ほど動画性能が良くないとか、写り方に古いPanasonicの悪い部分を背負っているというのは妙なものである。

P5


それで机の上を見たら新聞が3-4日分も貯まってしまっている。
先週は前橋市民展の陳列、表彰式・祝賀会、会場当番と多忙で第70回記念書道芸術院展巡回展の名票が作れなかったということから来ている。
それも2017年3月22日には漸く完成する予定で、次は4月2日の総会資料の作成に入る。


その中で新聞では、世論調査というものが出ていた。


今は、こういう世論調査というのは「電話世論調査」というのが主で瞬時に結果が出る。
この「電話世論調査」というのは無作為で電話をかけるということになっているが、電話帳に番号を載せている自宅にこの電話がかかってきたためしがない。
その一方で、今は電話帳に電話番号を載せていない旧実家の電話には毎回「世論調査」や「電話による・・・」とか沢山かかってくる。
こちらは留守電になっていて自動的に応答するから、録音が残っている。
このことから考えて、この「電話世論調査」というのはある特定の電話にかけていると言うことが予測される。


自宅の電話は、20数年前に移転して番号をもらったものなので電話番号は古いものの一端は廃番になったもの。
こういう電話にはその手の電話はかかってこないのだなと思う。
今や若者は携帯電話しか持たないし、Jcomなどのネットサービスだと固定電話とセットというものも安く販売されていたりする。
だから「電話世論調査」の電話とは、古くから設置されていていつも在宅というような認定がされた電話であろう。
単純に言えば、年寄りの電話??

そしてこの「電話世論調査」はコンピューターから音声が流れて応答する。
結構早くて考えている暇がない。
ほとんど誘導尋問的な世論調査が多いので、どの程度の信憑性があるのか不思議なものだ。

それで
「アメリカと中国は偉そうに嘘をつく 」 高山正之(著)を読んでいたら、2004年の米大統領選の話か出ていた。
「朝日がなければ夜も日も明けないのは2004年の米大統領選が証明している。朝日のその日の朝刊は民主党のケリーの勝ち。ブッシュは大敗と予想したが、結果はブッシュ再選。各テレビ局の朝の番組はどのコメンテーターも解説できず、ただ沈黙するだけだった。」

 

これと同じことが、つい最近あったではないか。
トランプ大統領当選を外すのは、今回だけではなくいつものことだった。

ちなみに、テレビ局の報道ではNHKも含めて朝日新聞を読み込んでそれを元に報道するという。
だから、テレビ局はみんな同じになると他の箇所で述べられていた。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

---------------------------------------------------------


詳しくはこちらを参照 icon

ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

新井祥碩先生・席上揮毫 多胡碑・第14回群馬書作家展

11


多胡碑・第14回群馬書作家展の平成29年3月11日、高崎市の吉井文化会館で開催された席上揮毫会。
このうちの二番目に揮毫した新井祥碩先生の揮毫風景を編集して公開した。

編集ソフトはいつもの通りCyberLink PowerDirector 15 (64-bit)。

実は19日に公開するはずだったところ、詳細な部分のカットとキャプションを入れる段階になってPowerDirector 15が落ちてしまったために、時間切れになってしまったもの。
PowerDirector 13くらいからソフトが落ちて、いままで編集していたプロジェクトが消えてしまったと言うことはほとんどない。
当然、PowerDirector 15では初めてである。

そして、どう言うわけか途中で事前に保存もしていないと言うお粗末。
考えてみれば、何の原因か分からないがマルチカム編集をしていて何となく動作がおかしかった。
結果として、編集にトータルで3時間かかり、書き出しに30分強、結構な時間を費やしてしまった

映像は720P以上のハイビジョンが良いです。
元は、フルハイビジョンでアップロードしてあります。


今回も述べた様にマルチカム編集をしている。
以前使っていたカメラは、SONY NEX-6とPanasonicLUMIX DMC-G6であった。
この二つのカメラ映像というのは、屋外では目立たないものの、室内だとかなり色合い等の違いがある。
それで前回上毛書道三十人展でSONYα6000とNEX-6を使って見たところNEX-6の画質が落ちる。
それでも使って見たのは、SONYα6000はある時間使うと冬でも熱暴走して使えなくなるからである。


これは画素数の増加によるカメラ内編集によるものでα77でも経験したことがある。
それでは困るのでPanasonicLUMIX DMC-G7を購入している。
今回室内での映像でSONYα6000とPanasonicLUMIX DMC-G7の映像は非常良く似ている。
強いて言えば、Panasonic LUMIX DMC-G7の方が彩度が高い。
マイクもPanasonic純正に代えたので音質もSONY製とほとんど分からないレベルに達している。


SONYの熱暴走を考えると最終的にPanasonicに統一した方が良いのではないかという感じがする。
以前に述べた様にFUJIFILM製品は動画に関しては、現状で3周遅れぐらい違う感じがある。


この後で新井祥碩先生・席上揮毫はDVDにしてお渡しすることにしているが、新井祥碩先生の前に揮毫した星野青龍先生にもDVDにする予定である。
その他、最後の福田玉翠先生の揮毫も動画をTVに映して詳細に見たところ、結構良かったのでできれば公開したいと思っている。

 


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

---------------------------------------------------------


詳しくはこちらを参照 icon

2017_3_181

2017_3_182

2017_3_183




ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

Aterm WG2600HP2 PA-WG2600HP2を買う

1


Wi-Fiルーターの「Aterm WG2600HP2 PA-WG2600HP2」をYahoo!の期間限定ポイントを利用して買った。
Wi-Fiルーターというのは、子機が進化するにつれてだんだん繋がりにくくなるとか設定が上手く行かないとかそう言うことが起きる。

4-5年前にAterm PA-WG600HPというWi-Fiルーターを買ったのだが、直ぐに廃番になってしまったから製品末期のものだったかもしれない。
それでもその当時のスマホなどは快適に使えた。

それが11ac対応のノート型パソコンがで出来た頃から、「らくらく無線スタート(WPS)」から接続できなくなって、SSIDの暗号化キーを直接入力することになった。
スマホもある程度最新なのからか、Wi-Fiルーターが見える位置にあっても時々電波が不安定なことがあった。

2



そんなこんなでNECの最新上位機種を買った。
この最上位機種をかった理由は、以下の本でルータの買い換え期間を延ばすには上位機種か良いと書かれていたからである。
それは「特選街3月号」で「Wi-Fi楽入門」という特集があってそれを参考にした。
Wi-Fiルーターというのは、結構癖があってその昔に使った製品などは「暗号化キー」が上手く使えなかったこともあった。

「特選街3月号」では、この「SSIDの暗号化キー」を変更するということも紹介してあった。
覚えやすいキーにするなどなのだが、普通はしないだろう。
NECのルーターは、QRコードを読み取ることで設定ができる。

古いPA-WG600HPの機種でも可能だったが「Aterm WG2600HP2 PA-WG2600HP2」ともなるとNFCで一瞬で設定が出来る。
これで複雑な暗号化キーとも縁が切れるから、「SSIDの暗号化キーの変更」という面倒なことはするわけがない。

Wi-Fiルーターの設定も、今やLANケーブルを繋ぐだけという簡単なもので安定性から延々とNEC製のものを使っている。

・・・・・というわけで、設定の説明も感想も何もない。
スマホとの接続設定もNFCカードと接触させるだけで済んでしまうので実に簡単。

------------------------------------------------

こんな風にして、何やら最近は古いままに使ってきた電子機器を交換する時期に来たようだ。
モノクロレーザープリンターのLBP-1620とLBP-1810もパソコンを修理してWindows7 32ビット板にして使えるようにしてみた。
LBP-1810の有線LANは認識しなくなったので、LBP-1620をPCからUSB接続で試してみた。
USB1.1の頃の製品だからレガシーを背負っている古いマザーボードでないと認識しない。
それでもWindows7 32板には、LBP-1620のドライバーが入っていたのに驚いた。
それで使えたのだが、しばらく使っていなかったのでトナーが安定しない。
何回か試しているうちに、印刷すると紙全体が黒く汚れる。
これはしばらく使っていなかったので、トナーカートリッジの劣化である。
ほとんど使っていなかったLBP-1810のトナーはもっと劣化していた。
この手のページプリンターでは、今両面印刷が出来ると言うのは当たり前。
それが10年以上前の製品だからそう言うことは出来ない。
それで高価なトナーを買うのならと、EPSONの新機種を購入した。


現行機種なので、Windows8.1、64bitで繋がらないと言うこともないだろうからしばらく安心して使えるかもしれない。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

---------------------------------------------------------


詳しくはこちらを参照 icon

2017_3_181

2017_3_182

2017_3_183




ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

柊雲作品公開・第51回前橋市民展

513


前橋市民展書道部門も16日が表彰式だった関係から、2017年3月17日から本格的に展覧会が始まったようなものである。(21日まで)
16日の展覧会祝賀懇親会についての出欠で、受賞者はどの様にするのか聞いてみたら往復葉書に「受賞式」「懇親会」の出欠が返信としてあることが分かった。

516


だから受賞者で懇親会に出たくとも、「出られなかった」ということはないことになる。
指導者としては、折角「賞」に押したのに懇親会に出て挨拶もなしというのは余り気分が良いというわけではない。

上がりの賞を貰ってしまった場合は、次回はないので困りものである。

前橋民文化会館の展覧会では、例年通り小展示ホールは(審査)委員と無鑑査賞受賞者の指定席である。
委員になると写真でも見られるように小さい作品となる。
実のところこの小さい作品というのが中々難しくで。毎回上手く書けないこともある。


511

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-T1
レンズ: XF35mmF2 R WR
撮影日時: 2017-03-17 13:21:58 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 35mm (35mm 換算焦点距離: 53mm)
絞り値: ƒ/2.0
露出時間: 0.025 秒 (1/40)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

517


518


519


5110

--------------------------------------------------------------

514


512


5111


515

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-T20
レンズ: XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
撮影日時: 2017-03-17 13:28:22 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 46.3mm (35mm 換算焦点距離: 69mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

5112


5113


5114



5115


5116

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-T20
レンズ: XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
撮影日時: 2017-03-17 17:34:26 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 26.5mm (35mm 換算焦点距離: 40mm)
絞り値: ƒ/3.2
露出時間: 0.010 秒 (1/100)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

---------------------------------------------------------


詳しくはこちらを参照 icon


2017_3_181

2017_3_182

2017_3_183




ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

第51回前橋市民展・受賞式・祝賀会が終了

511


第51回前橋市民展の書道部門は2017年3月16日より始まった。
又16日は、受賞式があり終了後に美術、写真部門を含めた合同の祝賀会があった。
今年は急な日程変更があったために多少少なめな感じがあったが、大体例年と変わらない。
出席者は、その昔というのは旧県民会館や郵政会館での立食と言うこともあったからどのくらいの人数だか分からない。

514


その後の今のホテルでの祝賀会になって、初めの頃は「美術+写真」と「書道」で半々ぐらいだったが、今は書道部門が三分の二くらいになっている。
そもそも写真部門などは祝賀会に出てくると言うことも少ないので、祝賀会は事実上の書道部門の祝賀会の体をなしている。
それで何やら来年からは、部門別に祝賀会するようなことを言っていたようであった。
それで今回は、司会進行の大井先生が受賞者の皆さん壇上に上がって下さいと言われても群馬県書道展と違って全然そう言う人が現れない。

513

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-G7
レンズ: LUMIX G VARIO 14-140/F3.5-5.6
撮影日時: 2017-03-16 18:49:23 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 34mm (35mm 換算焦点距離: 68mm)
絞り値: ƒ/4.5
露出時間: 0.013 秒 (1/80)
ISO 感度: 640
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

事実として、特選(特別賞)や無鑑査賞をもらっても祝賀会に出ない、出られないことも多い。
委員、無鑑査の祝賀懇親会の締め切りが2月10日頃なのに、入賞の発表が21日というズレがあって申込みのタイミングが難しいと言う事情もある。

512

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-T20
レンズ: XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
撮影日時: 2017-03-16 18:14:53 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 31.5mm (35mm 換算焦点距離: 47mm)
絞り値: ƒ/3.6
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 640
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

もともと祝賀会の定員が少ないところに持ってきて種々のタイミングということもある。

それで来年から部門にして、多少の弾力性が付くというのも良いことだろうと思う。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ



ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

USB Type-Cの時代になって唖然とする。

Master25


ここのところ花粉症で目が開けられないような日々が続いている。
目が痒いというのは当たり前なのだが、目の瞳孔の調節が緩慢になって眩しくて仕方がない。
それでパソコンはブルーライトカットメガネをすると多少暗くなるので少しは良い。
それで次回メガネを作るときは、この度付きのブルーライトカットメガネを作ることにした。

それで今日朝から子供がスマホの機種変更をするというので、モールのソフトバンクショップへ行った。

平日の午前、開店して1時間もしないから空いているかと思ったら休日並に混んでいる。
そういえば、朝から親子連れや中学生とみられる生徒がこの時期なのに頻繁に見られた。
そう、今日は公立高校の後期試験の発表日だった。

地方の公立高校は、ほぼ合格するくらいに受験生を絞る。
それなので挑戦校として偏差値が上位の高校を受ける場合は、既に私立高校に併願して受かっている。

公立高校に落ちた場合--よく分からないので、ある私立高校の募集要項を見たら併願の場合16~17日が入学手続き、17日が制服採寸、学用品購入となっていた。
公立高校に合格した人は、もう少し余裕があるかもしれない。

しかし、昔を思い出すと教科書の購入と伴に入学するまでの学習として英語の課題を渡されたような気がする。
そこで中学時代とは全く別世界と思われる難解な教科書を見てびっくりしたものである。

それから面白くない高校生活が始まるわけだが、勉強が出来ても「バカ」なヤツがいると言うのがよく分かった。

「ドラえもん」の世界で言えば、出木杉(できすぎ) 君は当然いるのだが、学力は出木杉君で、性格態度が「ジャイアン」と言うのがゾロゾロいた。

これが世の中の縮図だとよく分かった気がしたものだった。

年を経て彼ら出木杉ジャイアンは、その凶暴性??を隠すようになり、出木杉君を偽装するようになった。

実のところそうかと思ったら、自分たちの範疇に入らない生徒には関心を持たなくなっていることに気がつく。
結局、彼らとは高校卒業後に接点を持つということはなかった。


多少話は逸れた。

元のスマホの機種変更。
今の若い子は、テレビ、新聞は見ず読まず、朝から晩までスマホのかじりついて放すことはない。
暇があれば音楽を聴いているという次第である。

だから、スマホの消耗が激しく又元々電池は1年程度しか持たないと言うから、2年を待たずして機種変更することになった。
ソフトバンク特有の分割の残債が4か月残っていて18,000円弱を4回に分けて払わされる。
しかし、スマホの下取り9,600円(400円x24回)で負担増は、10,000を切る計算。

それにしても、昨年秋にUSBがUSB Type-C(「USB 3.1」で制定)になって驚いたが、スマホのデータ通信、充電もこれになった。
この手のUSB Type-Cも昨年は余り見ることもなかったものの、半年も経てばType-Cケーブルも多く販売されている。

USB 3.1で使えるかどうかは、よく見てみないと分からないがあっという間に時代に取り残されている自分を見て唖然としている。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ



ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

反トランプの逆噴射続く読売新聞リチャード・ハース「地球を読む」

2


3月初頭の朴槿恵大統領罷免やら3.11の東日本大震災の話題がなくなったと思ったら、又ぞろ「反トランプ」の「地球を読む」という記事が出た。

リチャード・ハース米外交問題評議会会長
「新たな国際秩序」「対テロ・通商-各国に責務」と言う題で論説している。

1648年のウェストファリア条約以来、従来のナショナリズムを「世界秩序1.0」と述べ、ころごろはグローバル化しているから「世界秩序2.0」が必要だという。

この「世界秩序2.0」は、

「他国に対する責務を負っているのだという『国家的責務』の概念に基づいたシステムである。」

これに対して、テロリズムや大量破壊兵器拡散抑制とか「気候変動に対する協力」とかずらずらと「世界秩序2.0」で対処すべきグローバル化の対策を述べている。
しかし、このハース氏が言及している問題点として「中国」に対して何も言及していない。

オバマ政権の「世界の警察官にならない」ということから、中国は南シナ海の海面下の珊瑚礁を埋め立てて軍事基地を幾つも作り領海、領空を主張している。

「気候変動に対する協力」に関しても、中国の排出量が多く北京のスモッグは知られているところ。

そういう中国という21世紀の疫病神に対して、何も言及していないのにおかしいと思った。
それで検索してみると

*********************************************
米シンクタンク会長「日本、自己反省するのが利益」

--安倍政権に対する評価は。

  「日本がアジア領域内でより大きな役割をするべきだと見ている。そのためにはまず日本が歴史を受け入れて、日本国民が自己反省しなければいけない。これは日本にも利益だ」

--中国が今後、世界1位の経済大国になると世界銀行が予想した。

  「購買力平価(PPP)統計には大きい意味を付与しない。数字だけを見ると、両国間の経済規模は似ているかもしれないが、中産層の比率や生活の質は明確に異なる。米中関係には協力と競争が共存してきたし、今後もそうだろう。その比率を決める軸が外交だ。ところが中国はどんな外交をするのか明確な答えを出していない」

[中央日報/中央日報日本語版・2014年12月24日07時50分 ]から引用
http://japanese.joins.com/article/430/194430.html
*******************************************


このことから見るとこの人物は、パンダハガーである。
それどころか米「民主党」よりの日本封じ込め論者である。

冒頭に「1648年のウェストファリア条約」という米国が影も形もない時代に言及しているので、妙だなと思ったが「世界秩序2.0」とは「白人の秩序」だと分かる。

中国というのは、アジア人を裏切って欧米にアジアを売った国である。
要するに白人世界では中国は「お友達」であり、日本は「植民地を奪った極悪国家」という位置づけである。

だからその極悪国家は、「日本国民が自己反省しなければいけない」という。

「これは日本にも利益だ」とは、GHQ史観による日本封じ込めには利益だと言うことである。

これで図らずも読売新聞の「GHQのプレスコード」に従うという馬脚が見えてきてしまっているが次を進めよう。

「トランプ主義 世界に損失」

******米国のドナルド・トランプ新大統領の政策が掲げている「アメリカファースト(米国第一)」主義だ。
この主張は、これまで本稿で提示してきた考え方とは、多くの点で相容れない。

 

こういう嘘をいけしゃーしゃーという。
トランプ新大統領が掲げているのは、オバマ政権で毀損した米国が支配する世界秩序を修復すると言うことである。
単純には、ドル秩序体制を守る。
中国は、AIIBを作ったり、IMFに手を回して「元」を国際決済通貨にした、先の「珊瑚礁を埋め立てた軍事基地」などドル体制に対して挑戦してきた。
中国は、ハワイを境にして世界を二分しようと言っていたはずだ。
そういうことは許さないと言うことである。

そもそも米国が「アメリカファースト(米国第一)」主義でなかったことはない。

常にアメリカファーストで来たではないか。


国際金融資本がグローバル化を推し進めたと言うが、現在米国の株価は最高値を更新し続けている。
だからウォール街は、ウハウハと儲かって実はトランプ新大統領万歳である。
既に世界が動いてしまっているときに、後戻りせよと昔を懐かしがっているのがこの論説でもある。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ



ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

秀吉を討て 武内 涼 (著)を読む

11


本書は2013年に単行本が出て、文庫版になったのを読んだので「ネタ」バレで書いてみる。

主人公はイケメンの根来忍者、林空。
小説の題名は「秀吉を討て」なのだが、史実上の豊臣秀吉は忍者に暗殺されているわけではないから、この秀吉襲撃は成功しなかったというが結論である。

それで忍者林空は、実は不死身なスーパーマンで襲撃自体いろいろと突っ込みが入れられる展開である。

だから、林空は忍び小屋を出たところで甲賀忍者の鉄砲隊に待ち伏せされて、完全に狙われているのに鉄砲でかすり傷さえ負わない。

甲賀忍者の精鋭が射かけた矢は、全く当たらない。

腹に銃弾を受けても大したダメージを受けず、頭に銃弾が当たってもいつの間にか「脳外科手術」を受けて常人と同様どころかスーパーマンのように戦う。


だから、根来忍者2人は村雲忍者15人をあっという間に切り倒し、秀吉に迫るとか、林空の投げる手投げ弾は第二次大戦の手りゅう弾並の威力があるとか。

その上、食べるものがなくてヨレヨレなのに、元気いっぱいに何人もの甲賀忍者を倒し、使う武器は無限。

あげくのうちに追っ手の首領である甲賀忍者のかっての最高術者、使い手の一人の乱屋小平次を作術に掛けて一刀両断に斬り殺すとかあり得ない状況。

その一方で、甲賀忍者の首領・山中長俊の探索や防御が甘く、そこにつけ込まれ襲撃されるというあり得ないだろうと言うシーンが続く。

秀吉の軍団の真っ只中なのに、反撃もろくにされずに逃げるとか。
東山道の秀吉が進軍するのが分かっている道の怪しげな檜の大木に、秀吉軍の甲賀忍者も警戒するはずの先鋒隊も全く無警戒。

しかも火縄銃を2発撃っているのだが、2発目の用意するにのに火縄銃では3分かかる。

そうであれば2丁火縄銃を用意して、瞬時に撃つのが普通だがそうではない。
3分もあれば、下から矢に射かけられるはずだがそう言うシーンはない。

甲賀忍者の精鋭が140人も守っていて何の反撃もなく、その場は逃げおおせてしまうと言う不思議。
その後に40人もの甲賀忍者に追われるも林空はかすり傷も負わず振り切る。
その他、突っ込みどころがある多い。
どこかでまともな防御や反撃があったら成立しない小説の粗雑さであった。

その一方で気になったのが、解説でも書かれている「作者の思想と理想が示されている」とある。

それは、秀吉の行為を21世紀の基準で批判しているという歴史に対する偏見である。

ルイス・フロイスの秀吉に対する非難をそのまま引用して解説したりもしている。

フロイスは、イエズス会の宣教師であり秀吉は奴隷商売をする宣教師などを嫌悪して伴天連追放令を出している。

こういう人物の記述がどう言う視点で書かれているのか、歴史を見るときには注意すべきだろう。

その他、秀吉の紀州攻めについて後の朝鮮征伐を引き合いに出して非難している。

しかし、紀州は秀吉の暗殺団を組織したり、数々の籠城戦で戦ったりと秀吉に対して反旗を翻していた。
秀吉が皆殺しにするとは言うが、戦っている相手である。
しかも16世紀である。

フランスの宗教戦争は、16世紀であり「サン・バルテルミの虐殺(1572年~1573年)」ではプロテスタントやカルヴァン派が皆殺しにあった時代である。
「ブラッディ・メアリー」 (Bloody Mary) の異名をもつメアリー1世 (イングランド女王)(在位:1553年7月19日~1558年11月17日)も16世紀。

むしろ秀吉の時代にあって、世界水準から見ても無辜の国民を勝手に虐殺するということはなかったから、まだマシだったのではないかとも思われる。

実際に宗教戦争としては島原の乱で、江戸時代初期である。
このときは、世界水準と同じでほぼ全員を処刑している。
実際には、今でもアフリカやウイグル、チベットなどで虐殺は続けられていて筆者が、豊臣秀吉を非難する資格はない。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ



ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

多胡碑・第14回群馬書作家展・席上揮毫

14



平成29年3月9日より第14回群馬書作家展の第二幕。
吉井文化会館の第二会場の展示が始まった。(19日まで)
そして11日は、午前11時より出品者による解説会、午後2時より2階小ホールで席上揮毫会が開催された。

揮毫順は、14時10分より

第4部(大字) 星野青龍

4

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-T20
レンズ: XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
撮影日時: 2017-03-11 14:27:09 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 20.5mm (35mm 換算焦点距離: 31mm)
絞り値: ƒ/3.2
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 200
露出補正値: +0.33 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

5




第1部(漢字) 新井祥碩

6



第2部(かな) 宮崎弘水

1

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: ILCE-6000
レンズ: E PZ 18-105mm F4 G OSS
撮影日時: 2017-03-11 15:36:00 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 91mm (35mm 換算焦点距離: 136mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.0063 秒 (1/160)
ISO 感度: 640
露出補正値: +0.30 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

第3部(墨象) 福田玉泉

12

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-G7
レンズ: LUMIX G VARIO 14-140/F3.5-5.6
撮影日時: 2017-03-11 15:56:40 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 65mm (35mm 換算焦点距離: 141mm)
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 250
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)


の各先生。

最後に西林乗宣先生の講評で16時16分頃に終了。
揮毫の先生のうち、YouTubeに公開了解を得た先生の揮毫風景は近々公開する。


2

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: ILCE-6000
レンズ: E 10-18mm F4 OSS
撮影日時: 2017-03-11 16:31:05 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 10mm (35mm 換算焦点距離: 15mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 1600
露出補正値: +0.30 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

3


7

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-T20
レンズ: XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
撮影日時: 2017-03-11 16:25:52 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/2.8
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 500
露出補正値: +0.33 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)


8

9


10


11

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-T20
レンズ: XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
撮影日時: 2017-03-11 16:28:19 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/2.8
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 640
露出補正値: +0.67 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)



1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ



ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金)

「直送転売屋」に引っかかった!!+フェイクニュース

Amazon1


2月に液晶保護フィルムをYahoo!で買ったら、Amazonから「ギフト」で届いた。
買ったものは「HAKUBA 液晶保護フィルム MarkIICanon EOS M10専用」だったが、Amazonで見つけられなかったのでYahoo!で買ったのである。
その後Amazonで探して見つけたらYahoo!の方が180円ほど高い。
これは今話題になっている「直送転売屋」に違いないと思われる。

Photo


それでそのYahoo!の店を見てみると「Amazon」から送ることもありますと堂々と書かれている。
それで今日見たらYahoo!の店舗は「閉鎖」であった。

Photo_2


記事
「楽天で買ったのにAmazonから届く「直送転売屋」が相次ぐ」

http://news.livedoor.com/article/detail/12720591/

「箱には「Amazon」の文字。伝票には「このお届けものはギフト(贈物)です」と書かれていた。送り主の欄には、なぜか注文した本人の名前が…。ショップの名前はどこにも見当たらない。Amazonの処理上は、「自分にギフトを贈った」わけの分からない客ということになっているようだ。」


 

Amazon2



読売新聞では「フェイクニュース」なんて言う解説が、2017年3月10日の朝刊にあった。
記事は、どうでも良いような明らかに「嘘」だと分かるような記事のことや米国の大統領選のことを書いている。

しかし、日本で「フェイクニュース」といえば、朝日新聞の「慰安婦強制連行」の記事だろう。

戦後大分経ってから出てきた「南京大虐殺」と言うのもあった。
つい最近では、新聞協会賞をとった福島原発の「嘘」記事。
巨大珊瑚に「KY」と刻みつけて写真にした記事もそう。
この辺はみんな朝日新聞の記事である。

もっと最近では、東京新聞他が沖縄の基地問題に関してMXテレビの「ニュース女子」の解説は「事実に基づかない」と述べたもの。
そうであれば、今起こっていることなので「事実」を確かめれば良いが元々「フェイクニュース」だからそんなことはしない。

それで国会では、和田政宗議員の「基地反対運動」に関する質問で、警察庁・松本警備局長は、「極左暴力集団も確認されていると承知」と答弁しているのにこんなことを書いているのは産経新聞ぐらい。

そう読売新聞も「消費税増税賛成」で増税すれば景気が上がると述べた口であった。
また、反トランプの姿勢を外部の学者に話させて、自分は関係ない振りをしていた。
しかし、米国は品行方正な模範的な国だというGHQの刷り込みをはっきりと示した点で馬脚を現していた。

それにしても朴槿恵大統領が弾劾されて、60日以内の大統領選が始まるというのに、日本の本当の安全保障に関して何も言わない。
そして、どうでも良い「森友」問題を全国紙の第一面に載せるなど正気の沙汰ではない。
こんなことだから次回の民進党の支持率はまた一段と下がると予測されるが、実を言えばもう後がない。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ



ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

2017年は、戦後日本の洗脳が解ける年になるのか

Led20


最近予備校や塾の広告がやたらと多くなってきたと思ったら、3月7-8日は群馬県公立高校入試の後期試験だった。

それで中学の卒業式の翌々日が合格発表。

県内トップ高だと、一つの中学で男女1-2人くらいしか落ちないから合格しないと大分落ち込んだりする。

しかし、今は昔と違って私立高校に「特進」などがあって併願している。

それで大学へは再チャレンジできると言うことで少しは良くなった。

その特進も高3にも成れば、不思議なことに進学校と同じ割合に上中下の成績に分かれて大学進学する。


その3月も二週目になって嘘ニュースばかり飛び回っている世の中だが、実を言えば確定申告の時期である。

そして今年からマイナンバーを記載することになっていて、実は扶養家族のマイナンバーまで入れる。

それで扶養家族といいながら複数の給与を貰っていて合算していない場合など、直ぐに分かるようになるわけだ。

いずれあらゆるデータがマイナンバーに紐付けされることになると思うが、最短で紐付けになるというのが年金番号やその他「金」に関するあらゆるものかもしれない。

そうであれば年金を貰っていた人が亡くなれば直ぐに停止になるし、生活保護の二重取りということもなくなる。

当然、収入があるのに生活保護を受けるということもできなくなる。
単純にいえば、金にまつわることは直ぐに実施される。

少なくとも2-3年の間には完全にデータが揃う。



だから今年は、世の中が変わってゆく1段階に達したと言うことである。




その一段階のもう一つが米トランプ大統領が登場したことによって、日本でもハッキリした日本のマスコミの偏向報道とGHQのプレスコードからはみ出さない姿勢である。

ハリウッドのアカデミーショーの視聴率は、過去最低くらいだったそうだ。

それはハリウッドでは露骨に反トランプで、アカデミーショーでもそうだったという。

しかし、米国の半数は少なくともトランプの政策支持だから米国の実の世論とマスコミ、映画界などが乖離していると言うことである。

このことは、日本でも同じような傾向になりつつある兆しが米国大統領選以降に顕著に見られる。


以前にも読売新聞の紙面を見て、「GHQのプレスコード」がまざまざ存在すると言うのがよく分かったと述べた。

だから、MXテレビの「ニュース女子」で沖縄の反基地運動のレポートで、もともとネット上では知られていた実態が暴露されたら東京新聞などが「嘘ニュース」と散々非難した。

このときに言っていたのが「放送法を遵守せよ」である。

以前は、放送法には罰則規定がないから「努力義務」だと言っていたのはどこかである。
その昔、教科書検定で「検定はけしからん」と言うのがあった。

それで有名な「家永訴訟」(1974年 家永教科書裁判)などがあった。
ところが、多少右派的な教科書が出てきたら「教科書検定」を厳しくしろと言う始末。

要するにご都合主義である。

少し戻って、「沖縄の反基地運動」に関して新聞もテレビもほとんど報道されない。

しかし、いつまでもこのままという訳にはゆかないと言うのがもうすぐ先に来ているかもしれない。

その一方歴史問題から教科書の歴史で、聖徳太子はあとから名付けられたから1,000年以上続けられた名称を変えるとかのことがある。

それならば、太平洋戦争というのはGHQが大東亜戦争の呼び名を代えたのにそのまま。

もともと支那(China)という名称で「支那そば」なんていう看板あったそばやがあるのだが、これも中国になった。

戦後なったそれを元に戻すという話は一切ない。

そんなことから思えば、聖徳太子の問題というのは今中韓で争っている歴史戦の一環だと思うと合点がゆく。

高学歴で優秀と思われた人ほど、戦後の反日教育に洗脳されてその洗脳が解けないというのは、困ったものである。



1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ



ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

朝倉氏と戦国村一乗谷 (読みなおす日本史)を読む

Led11


朝倉氏といえば、越前朝倉氏で応仁の乱以降に活躍して織田信長と対峙する頃には45,000もの軍勢を動員できたほどの有力な戦国大名であった。

この著書は、斯波氏家臣時代の朝倉氏から戦国大名時代まで時系列で来歴が述べられている実につまらない著書であった。

多少とも興味を持って読めるのはやはり史実としてある程度固まっている織田信長との対峙以降である。

「足利義昭の上洛と織田信長の越前攻め」

京都に入った足利義昭と織田信長が対立して、もともと将軍義昭は朝倉氏の一乗谷から上洛したために朝倉氏は反織田勢力として攻められることになった。
ここで、北近江の浅井長政に背後から攻められそうになって織田信長が京に逃げ帰ったという話。

それ以降に「姉川の合戦」、「朝倉氏の近江坂本出陣」、「織田信長の浅井攻め」、「朝倉義景の近江出陣」
天正元年(1573)「刀根坂」で退廃。

この辺の記述はWikipediaそのままだったりして、あまり新実がないというのも何となくがっかりする。

この本から多少離れて、朝倉氏本家の最後になった朝倉義景と浅井長政、織田信長を考えてみると浅井長政の親の意見に流されたと言うより朝倉義景の人物を見誤ったという感じがある。

事実として、朝倉義景を主とする朝倉氏は強大であって黎明期の織田信長などはもの数ではないところもあったろう。

しかし、消耗戦を強いられた朝倉義景と浅井長政、常に情報戦を主として侵攻した地の国人や寝返った武将を先鋒として織田本体の主力を常に守った新興勢力との違いは明らかである。

優秀な武将、強い武将ほど早くに戦死するので、朝倉軍の有力武将が消費されてしまう。
朝倉氏最大の軍勢と力を持つ朝倉義景の従兄弟である朝倉景鏡も最後には朝倉義景を見限る。

「姉川の合戦」以降、浅井、朝倉同盟軍は織田信長を圧倒するチャンスが幾度も訪れるものの座して待ってしまう朝倉義景の優柔不断さというのも消耗戦の影響だろう。

それでもし朝倉義景が織田信長の様に非情で勇猛果敢ならば、織田信長を圧倒できた可能性もある気がするがそうではなかった。

もう少し引いて戦略眼があったとしても、織田信長の戦いにおける何となく「帝王学」を地で行っているところがあることを見れば結果は同じだったかもしれない。

その他、浅井長政が朝倉氏と同盟せず織田側に付いたとすれば、朝倉氏の滅亡はもっと早く、浅井氏は織田信長のあとの清洲会議に出ていたかもしれない。

しかしながら、賤ヶ岳の戦いで柴田勝家が除かれたような運命になったかもしれない。

いずれにせよ、新しい時代に取り残された人は表舞台から去るというのは間違いないようだ。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ



ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

日本は法治国家か、それとも人治国家に堕するのか?

Led10


平成29年3月3日(金)朝からワイドショーを見たら全部、学校法人「森友学園」のことばかりだった。
ネット民からみれば、不都合な真実は覆い隠しての印象操作でしかない。
市井の小生などが直ぐに理解するのだから、こんな報道に踊らされることはいない。

非常に胸くそ悪いではないか。

最近は、大昔の「クソ新聞」に先祖返りした読売新聞は「国有地取得へ『政治力』期待」と言う見出しだが、内容は何もなし。

そもそも国が不動産鑑定士を使って算定した価格で、民間が買ったものの「妥当性」ということを論じるのが妙である。

読売新聞や朝日新聞が政治力を利用して、安く買ったのとは違う。

こういう価格というのは昔から問題があるので、国が直接算定しないというのが普通なのである。

こういう風評被害によって、学校法人「森友学園」の小学校が認可されないとなると、日本は人治国家になってしまう。

民進党の行動は、法治国家ではなくそういう人治国家の政治屋にそっくりだから支持率も上がらないわけである。

それでついこの前まで話題になっていた「ニュース女子」の問題。


東京新聞ほかのいわゆる左派系メディアは、

「事実に基づかない論評が含まれており到底同意できるものでもありません」(J-castニュース)

http://www.j-cast.com/2017/02/07289978.html?p=all
と言うように沖縄問題について、全否定していたし国会質問にも出た。
これは2月の上旬で特に大きな事件もなかった頃である。

常識的には、ここでワイドショーが沖縄に飛んでいって、新聞はものの真偽を確かめるはず。

国会質問するのなら民進党は直ぐに沖縄に飛んでいって、事実確認するはずだが全くなし。

週刊誌、文春なら「文春砲」を放つはずなのだが、これも全くなし。

いつも問題発言が多い「羽鳥モーニングショー」の玉ナビならよい説明ができそうだが、全く知らぬふり。

これは本当に異常でしかない。

しかし、今の民進党の「テロ等準備罪」を阻止ということには全く反することになるし、公になれば「スパイ防止法」出さえ異論なく成立してしまうことになりかねない。

こんなことだから日本の新聞、NHKを含めたテレビ報道は、全く信用されなくなった。

そういえば、「安倍首相が、国歌『君が代』と伴に米アーリントン国立墓地で献花」した映像はNHKでも放映されていない。

映像は「
安倍首相のアーリントン墓地での献花」で検索すれば幾らでも出て来る。

地デジにした以上、地上波を増やせば良さそうなものなのに増えない。

そして、そもそもNHKが2チャンネルも独占していると言うのもおかしい。

国会中継を全て中国に流しているNHKから、Eテレを国が没収して国営放送にでもすれば少しはスッキリすると言うものである。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ



ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

反安倍「森友学園」への「読売」印象操作の不都合

3_11

FUJIFILM X-T20が届いてからまだ1週間も経っていない。
しかし、3月になってしまっているので、もっと経ったような気がする。
3月は、イベントが沢山あるのでそれなりに活躍すると思うが、ネット上では全く盛り上がっていない。
外見がX-T10からほとんど変わらなかった理由か、新しいものを持ったというわくわく感がないのが原因か価格が100,000円と高いのが原因か分からない。
それで今、価格も多少下がってきている。
実は、1月のTポイント「15,000Tポイント」+「X-T20デビューキャンペーン」で16,000円相当のメタルハンドグリップMHG-XT10で1年後の価格を想定している。

性能としては、相変わらず動画は使い物にならないと言う予想通りの期待はずれで、多少落胆したものの想定内。
あとはクレジットカードで引き落とされる「金」の工面だけである。

それで2月は期間限定Tポイントを使うために要らないものをまた購入してしまった。
コーヒーだから消耗品とは言え、違う販売店と思って探すとYahoo!では安いコーヒーが中々見つからなかった。
実のところ安いブレンドコーヒーは、豆を多めに使わないと旨い味が出せないものがあって、価格相応である。

 

それにしても最近朝のワイドショーや新聞を見ても奇っ怪なことばかり報道している。


国会での「バカ議論」なのでそれを報じているとはいえ、報道各社も都合の悪いことは隠して報道するという「報道しない自由」を謳歌している

新聞も少し前は、反トランプ報道が多く、米国民主党寄りの「日本封じ込め」に加担したもの。
GHQのプレスコードが延長しているのか、米国の不都合な真実は隠し「神様」のように報じていたから完全に報道機関に対して信用ならない。


それで一貫しているのは、「日本国民に対して『茹でガエル』」にしていると言うことである。


今の国会議論は、「テロ等準備罪」を成立させないように安倍首相を攻撃するという自分たちがその対象者であるかのようなバレバレのことである。

それで「テロ等準備罪」は、間違いなく成立するのでここで、ごねておくというもの。
そもそも今朝鮮半島でどんなことが起きるか緊急な問題意識がない。
北朝鮮は、暗殺事件を起こしただけでなく潜水艦からミサイルを発射もしている。
そして、韓国の次期大統領は誰がなっても親北政権で簡易的な南北統一と言うことも視野に入れる必要がある。

また、朝鮮戦争が再開日本に大量の難民が押し寄せる可能性もあり、その人たちの中に北朝鮮の工作員は当然含まれている。

その時に政治活動としてデモでも起こされたらどうするのか、そのデモがいつクーデターになるとも限らないのが現実であろう。

こういう対処については何も出ていない。

そして、そう言う緊急事態になれば中国は尖閣諸島を占領するのは間違いない。

橋本龍太郎元首相がロシアのエリツィン大統領に「困ったときにつけ込むようなことはしない」というようなことをいうノーテンキな平和ぼけした国は日本ぐらいである。
ソ連は、日本が降伏したときに北方領土に攻めてきたではないか。

こういうノーテンキというか、外国勢力のエージェントのような人たちが民進党の議員の面々である。

3_12

★新聞の記事に戻ると
学校法人「森友学園」の問題で読売新聞では、2月28日の社説「森友学園問題 適正な国有地売却だったのか」と3月1日の特集「森友学園問題 解説スペシャル」で「報道しない自由」を全面に押し出した偏向報道をしている。

---------------------------------

森友学園問題 適正な国有地売却だったのか

 あまりに不透明な国有地の売却である。

       

 大阪府豊中市の国有地が、評価額を大幅に下回る価格で学校法人に売却されていたことが判明した。国会の審議でも、連日取り上げられている。

 国土交通省大阪航空局が管理していた8770平方メートルの土地だ。近畿財務局が売却先を公募し、昨年6月に学校法人「森友学園」に小学校建設用地として1億3400万円で売却された。

 不動産鑑定士の評価額は、9億5600万円だった。地中からコンクリート片や廃材などが見つかったため、その撤去費用分を8億円余と見積もり、評価額から差し引いたのだという。

 問題なのは、見積もられた費用に見合う撤去処分が実際に行われたかどうか、不明なことだ。

 学園側は読売新聞の取材に対し、「くいを打ち込む部分のゴミは撤去したが、それ以外は撤去していない」と説明する。見積もりが過大だった疑念は拭えない。

 近畿財務局の依頼を受けた大阪航空局が、専門業者を通さずに、直接算定したことも疑問だ。財務省は「適正だった」と主張するが、算定根拠について納得のいく説明がなされていない。

 会計検査院は「経済性などの多角的観点から検査を実施する」との方針を示している。厳格な調査を求めたい。財務、国交両省も、経緯をきちんと説明すべきだ。

 野党は、安倍首相や昭恵夫人と学園の関係を追及している。

 昭恵氏は、この小学校の名誉校長に就任予定だった。学園のホームページには、写真とあいさつ文が掲載されていた。

 国会で問題視された後に、名誉校長を辞退したものの、脇の甘さは否めない。

 学園側は、「安倍晋三記念小学校」という名称を用いて、寄付金も集めていた。名前を使われたことに対し、首相は「強く抗議した」と答弁している。

 「私や妻は学校の認可や国有地払い下げに一切関与していない。関与していたら、首相も国会議員も辞める」とも言い切った。

 政治家や家族には、その肩書を利用しようと、様々な業者が接近する。便宜供与を期待するケースもあるだろう。疑惑を招かない細心の注意が必要だ。

 学園の教育方針や財務状況については、小学校の設置認可を検討した大阪府私立学校審議会で疑問視する声が出ていた。子供への影響を最小限にとどめるため、認可問題の早期決着が求められる。

            

2017年02月28日
----------------------------------------

ここで読売新聞では
民家などの跡地で、国が伊丹空港の騒音対策用の緩衝地として保有していた」と書いている。

ここから「瓦礫」が出てきているのだが、「阪神・淡路大震災」の瓦礫処理と仮設住宅跡地だったとは述べていない。

「隣接地は10倍」
それどころか「隣地の豊中市に売った売却額が14億2,380万円」という印象操作をしている。
しかし、

木下智彦(維新)の国会質疑2017/02/23(木下智彦_日本維新の会_衆議院_予算委員会_分科会)
http://kinoshita-tomohiko.net/

「これね、14億2千万だったと言ってるんですね。14億2千万、豊中市が負担したのかというと、違うんですよ。私、これね、豊中市からひっぱってきたんですけれど。
14億2千万の内訳。7億1千万円が国庫補助金、住宅市街総合整備事業と、7億1千万円、国から補助金が出ているんです。で、プラス、臨時交付金、地域活性化公共投資6億9千万円出ている。豊中市の負担額は、なんと2千万円なんです。」

 

平成22年10月12日建設水道常任委員会(決算) 豊中市議会建設水道常任委員会(決算)会議録

木下智彦議員の国会質疑は2月23日である。
このことを読売新聞が知らないはずはない。


だから、がれき処理などを差し引いて約2,000万円だったことを「報道しない自由」を駆使している。

元々読売新聞や朝日新聞が買った値段は異常に安かったと、国会質疑で述べられているが当然知らぬふりである。
しかも他の実例も無視。

大阪市と朝鮮学園が和解、半世紀無償使用の市有地明け渡し訴訟(産経)

その後に瓦礫処理をいい加減にしたと証言したとTVと共同通信に登場した人物は、工事会社の下請けで素行が悪く3日間しか作業をしていないとバレて、下火に。

それから、教育勅語が問題になるも民主党政権時代に「(学園が運営する幼稚園の教諭に)文部科学大臣賞を出した。」で幕
海上幕僚監部の推薦に基づき感謝状も
民主党政権時代「なお、平成21年10月にも呉地方総監から感謝状が贈呈されています」で幕。
読売新聞では「小学校設置基準 『森友』要望後に緩和」と安倍政権時代のように報じている。これは2012年4月でこれも民主党時代だった。

それにしても読売新聞は、自社の不都合な事実を知らぬふりをしてよくもこんな記事を書けたものだと呆れるものである。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ



ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »