« カメラ雑誌は、今読み飛ばす | トップページ | GINZA SIXに行ってみた »

2017年4月21日 (金)

Pentax K-5他カメラを下取りに出す-ドナドナ

K574


防湿庫が一杯になり何とかしなければと思っていたところ、マップカメラで下取り価格が出たので売ってしまうことにした。
売るのは
Pentax K-5、K-7、FUJIFILM X10である。
下取り予定に入れておいたのはその他Pentax K-01。
K-01が1万円にもならなかったので、これはPentax初ミラーレスとして記念に置いておくことにした。

K-5、K-7もK-3を持っているから、絶対に使わないしK-5、K-7もほとんど使わなかったカメラでもある。

K573


Pentax K-7は、HOYA-Pentaxが鳴り物入りで発売したものだがセンサーがSAMSON製という変わった代物。
かなり派手目の発色をする原色系の色合いで、なぜか内蔵ストロボで撮影しても白飛びしてしまう。
今から思えば、HOYAになって旧レンズは上手く対応しないようだった。
これはなんと1,000枚も取らずにお蔵入り。
以降SONYのα55になった。

K572


その後に買ったのがPentax K-5でこちらはSONY製のCMOSセンサー。
逆に地味にというより、地味すぎる発色。
それで2,000枚まで行ったかどうか分からない。
K-01は、こんなに遅いAFは見たことがないくらい遅い。
初期のCanon EOSMすら高速に思えるくらいなもの。
しかし、HOYAからRICOHに移る頃のもので非常によく写った。
それで保存。

K571


FUJIFILM X10は、購入価格に比べて下取り価格が下落したとは言えそこそこ高い製品。性能は今でも高く、X10しか持ってこなかったでも、デジ一並に撮れてしまう。

しかし、これもX30を中古で買ったのでドナドナする事態になった。
X30も今マップカメラで30,000円の高価買い取りをする人気コンパクトカメラで、人気があるのも頷ける。
中古で買ったFUJIFILM X-T1も下取り価格が暴騰して45,000円とか。
X-T20を使って見るとX-T1でも良いのではないかと思えてくる。
実は、色の発色が微妙に違いX-T1の方が自然に感じる。

これで防湿庫が少しは片付くと思いきや、1台はコンデジだし、K-7は防湿庫に入らず外に出しておいたので大して変わらない。

K575


実のところ、値段が付かないようなカメラが多く眠っている。
PanasonicやEOSM、SONYは価格帯の安かったものはボロすぎてジャンクカメラ並の値段しか付かない。
まだまだ、使わないカメラ、使いそうにないカメラも存在するのでまた徐々に整理しようと思っている。



詳しくはこちらを参照 icon

2017_4_15




1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

---------------------------------------------------------

ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキング

|

« カメラ雑誌は、今読み飛ばす | トップページ | GINZA SIXに行ってみた »

08デジタル一眼レフの世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516355/65178316

この記事へのトラックバック一覧です: Pentax K-5他カメラを下取りに出す-ドナドナ:

« カメラ雑誌は、今読み飛ばす | トップページ | GINZA SIXに行ってみた »