« 群馬書道大賞受賞者作家・亀井祥齋・柳井和翠二人展 | トップページ | 大江健三郎「セヴンティーン」の時代 »

2017年5月24日 (水)

Panasonic LUMIX DMC GX8の設定の一例

7classic45


**********************************
LUMIX DMC GX8概要と目的
**********************************

LUMIX DMC GX8は、LUMIX DC-GH4と並ぶLUMIX系の2トップのハイエンドカメラである。

今はLUMIX DC-GH4は、GH5という高価なカメラになっているとはいえ、GX系はGX8の上位機が発売されていないからトップということになる。

それで前回は、「背面液晶やEVFの調整」について書いた。

しかし、それでは思ったような写真は撮れない。

その思ったような写真というのは、記憶色によるものである。

実際の風景や情景などは実のところくすんで暗い。

それが記憶色になると明るく鮮やかなものになる。

実際に室内の情景をホワイトバランスを調整して撮影して、その後にモニターで見ると実に暗くて写りが悪く見える。

それをAWB(オートホワイトバランス)で撮ると、実際の情景より明るいがモニター上では正常に見える。

これが昼間の炎天下だったりするとまた違ってきたりする。

ここでPanasonic系は、屋外の順光では正確なAWBになったりするのだが一端くらい場所、室内になると極端に彩度が落ちる。

これは実際にそうなのだから正確と言えば正確である。

しかし、記憶色というところから見ると「汚い」色になる。

こういうところはCanon製品が上手く、多くのユーザーの支持するところである。

また、FUJIFILM系は、紙に印刷するという元々のフィルムの考え方からか、室内でも「明るく」なるようなホワイトバランスになる。

但し、カメラの傾向は、初心者用からある程度のハイエンドになるにつれてかなり違う。

端的には、初心者用カメラの方が彩度か高い。

FUJIFILM系だとXA-1(3)とかのEVFのないものは彩度が高く、X-T2になると多少低くなる。
また、X-T1とX-T2系でもCMOSの違いから多少異なる。

今回は、LUMIX DMC GX8設定の一助として、GX8の画質についてどの様にするのが良いのかを検討してみる。

***************************
LUMIX DMC GX8設定目次
***************************

1)LUMIX DMC GX8のAWB(オートホワイトバランス) の違い

LUMIX DMC G7、LX100などと比べる。

2)LUMIX DMC GX8の画質設定で「FUJIFILM X-T20/レンズ: XF23mmF2 R WR」
と比べる。

●X-T20-Auto設定
●X-T20-画質設定・ベルビア+

3)LUMIX DMC GX8設定の考察

**************************************
LUMIX DMC GX8設定
1)LUMIX DMC GX8のAWB
**************************************


AWB(オートホワイトバランス)を見るに当たって、屋外では分かりにくいのでカメラの設定では「太陽光」の設定になる道具を選んだ。

室内写真用の用紙と写真用照明で擬似的に太陽光のような配色になり、カメラも普通は「太陽光」のホワイトバランスになるもの。


Gx8awb7

★DMC-LX100の作例を見ると雀の「白」が白く描写されていることが分かる。

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
焦点距離: 21.3mm (35mm 換算焦点距離: 47mm)
絞り値: ƒ/2.6
露出時間: 0.010 秒 (1/100)
ISO 感度: 400
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)


Gx8awb1

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-GX8
レンズ: LUMIX G VARIO 14-140/F3.5-5.6
焦点距離: 28mm (35mm 換算焦点距離: 56mm)
絞り値: ƒ/4.3
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 800
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)


★LUMIX DMC GX8のAWBでは、モデルの雀が「黄色く」バックの用紙の色は正確な色が出ている。

Gx8awb2

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-GX8
レンズ: LUMIX G VARIO 14-140/F3.5-5.6
焦点距離: 55mm (35mm 換算焦点距離: 110mm)
絞り値: ƒ/5.1
露出時間: 0.0080 秒 (1/125)
ISO 感度: 2000
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: マニュアル
光源: 晴天

ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

★LUMIX DMC GX8でホワイトバランスを「太陽光」に設定するとLX100と同じようになる。

Gx8awb5

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-G7
レンズ: LUMIX G VARIO 14-
140/F3.5-5.6
焦点距離: 46mm (35mm 換算焦点距離: 92mm)
絞り値: ƒ/4.9
露出時間: 0.010 秒 (1/100)
ISO 感度: 1600
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

★LUMIX DMC G7のAWBは、LX100のAWB、GX8の太陽光に似ている。

Gx8awb4


これによってLUMIX DMC GX8のAWBは、多少独特で他の機種に比べて若干彩度が低いのではないかという感じがある。

この中でDMC-LX100が一番彩度が高いので調整が必要であろう。       

**********************************************
2)LUMIX DMC GX8の画質設定で「FUJIFILM X-T20/レンズ: XF23mmF2 R WR」
と比べる。
●X-T20-Auto設定
●X-T20-プログラムP+画質設定・ベルビア+
***********************************************


★★画質は、Lightroom 5.7.1で縮小するために多少現像しているのでご容赦。

またも全く同じ条件ではなく、その時の最適な設定をしている。

 

LUMIX DMC GX8の画質設定は、

Gx8awb3


ヴィヴィット
コントラスト+1
シャープネス+1
NR ノイズリダクション0
彩度+2

●ほとんど同じようになったが、X-T20-Auto設定は彩度が低い。シルビア

7classic2

カメラモデル: DMC-GX8
レンズ: LUMIX G VARIO 14-140/F3.5-5.6
焦点距離: 15mm (35mm 換算焦点距離: 30mm)
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.0040 秒 (1/250)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート

7classic5

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-T20
レンズ: XF23mmF2 R WR
焦点距離: 23mm (35mm 換算焦点距離: 35mm)
絞り値: ƒ/8.0
露出時間: 0.0056 秒 (1/180)
ISO 感度: 400
露出補正値: +0.33 EV
測光方式: マトリックス
露出: 風景
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)


 

●X-T20では、赤の色がよく出なかった。

7classic19

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-GX8
レンズ: LUMIX G VARIO 14-140/F3.5-5.6
焦点距離: 15mm (35mm 換算焦点距離: 30mm)
絞り値: ƒ/7.1
露出時間: 0.0031 秒 (1/320)
ISO 感度: 200
露出補正値: +0.33 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)


7classic24

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-T20
レンズ: XF23mmF2 R WR
焦点距離: 23mm (35mm 換算焦点距離: 35mm)
絞り値: ƒ/8.0
露出時間: 0.0040 秒 (1/250)
ISO 感度: 400
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: 風景
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

●X-T20では、黄色の色が違う。測光が違う。


7classic27

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-GX8
レンズ: LUMIX G VARIO 14-140/F3.5-5.6
焦点距離: 19mm (35mm 換算焦点距離: 38mm)
絞り値: ƒ/10.0
露出時間: 0.0016 秒 (1/640)
ISO 感度: 200
露出補正値: +0.66 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

7classic28

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-T20
レンズ: XF23mmF2 R WR
焦点距離: 23mm (35mm 換算焦点距離: 35mm)
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.0008 秒 (1/1250)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

●X-T2では表面の白に惑わされる????。カルマンギア

7classic9

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-GX8
レンズ: LUMIX G VARIO 14-140/F3.5-5.6
焦点距離: 19mm (35mm 換算焦点距離: 38mm)
絞り値: ƒ/8.0
露出時間: 0.0020 秒 (1/500)
ISO 感度: 200
露出補正値: +0.66 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

7classic14

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-T20
レンズ: XF23mmF2 R WR
焦点距離: 23mm (35mm 換算焦点距離: 35mm)
絞り値: ƒ/8.0
露出時間: 0.0016 秒 (1/640)
ISO 感度: 400
露出補正値: -0.33 EV(失敗)
測光方式: マトリックス
露出: 風景
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)


************************

●X-T20-画質設定・ベルビア+
カルマンギア X-T20は鮮やか。

7classic32

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-GX8
レンズ: LUMIX G VARIO 14-140/F3.5-5.6
焦点距離: 19mm (35mm 換算焦点距離: 38mm)
絞り値: ƒ/8.0
露出時間: 0.0025 秒 (1/400)
ISO 感度: 200
露出補正値: +0.66 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

7classic35

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-T20
レンズ: XF23mmF2 R WR
焦点距離: 23mm (35mm 換算焦点距離: 35mm)
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.0018 秒 (1/550)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)


 

●あまり変わらないものも MG 

7classic25

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-GX8
レンズ: LUMIX G VARIO 14-140/F3.5-5.6
焦点距離: 14mm (35mm 換算焦点距離: 28mm)
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.0031 秒 (1/320)
ISO 感度: 200
露出補正値: +0.66 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

7classic26

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-T20
レンズ: XF23mmF2 R WR
焦点距離: 23mm (35mm 換算焦点距離: 35mm)
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.0040 秒 (1/250)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

*****************************
3)LUMIX DMC GX8設定の考察
*****************************

被写体が車の場合、デジタルカメラだと上手く行かないことが多い。

 

今回は、クラシックカーでアーケードの中なので余りそう言うことはない。
(昔の銀塩カメラでは写らないこともあった。)

 

LUMIX DMC GX8Hと「FUJIFILM X-T20/レンズ: XF23mmF2 R WR」では、X-T20がAuto設定であった。

 

それで同じ条件では撮っていない。

 

それというのは、それぞれのカメラでその時最適と思われた設定で露出補正をしている。

その理由は、Panasonic系はアンダー気味で、FUJIFILM系はオーバー気味であることから多少合わせたということもある。

これもEVFなどの調整の賜物である。

 

それでもキットレンズを使ったLUMIX DMC GX8の方が良かった。

これはGX8が独特なAWBであるということも影響があるかもしれない。

 

後半にプログラムに切り替えたところ、妙なことはなくなったので「Auto設定」の弊害だろう。

 

今回の場合、クラシックカーと言うことで派手に再塗装してあったりしてLUMIX DMC GX8の派手目の設定(お祭り仕様)が良かった感じがある。

これはシーンによって、ナチュラルを使ったりするのが良いかもしれない。




1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

---------------------------------------------------------

ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキング

|

« 群馬書道大賞受賞者作家・亀井祥齋・柳井和翠二人展 | トップページ | 大江健三郎「セヴンティーン」の時代 »

08デジタル一眼レフの世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Panasonic LUMIX DMC GX8の設定の一例:

« 群馬書道大賞受賞者作家・亀井祥齋・柳井和翠二人展 | トップページ | 大江健三郎「セヴンティーン」の時代 »