« 上野三碑(ユネスコ世界遺産登録をめざす)について考える。 | トップページ | 日本のマスコミは、明治時代は反政府、戦後は親GHQ »

2017年5月15日 (月)

サイバー攻撃、-更新-トロイの木馬型ランサムウェアてホント実はバックドア

2017_05_061


昨日から「WannaCryはトロイの木馬型ランサムウェアで主にメールを通じて感染が広がっている。」 と新聞記事にあった。
TVでは昨日から報道されて、朝の報道番組では何か「したり顔」で「メールを開かないで」を連呼していた。
そう言うトロイの木馬型のウィルスは、昨年末小生のメールアドレスに毎日50通も来ていた。
この記事は、以前にウィルスの削除のエントリーで書いておいた。

Norton「ノートンセキュリティデラックス」で「トロイの木馬」Virusを防御


そう言うウィルスメールがいくらあっても、アンチウィルスソフトがインストールされているから影響はない。

2017_05_011

2017_05_021



そのために、メールをそのウィルスを含めてメールサーバーからメールソフトに一括ダウンロードしてもソフトによっても「駆除されました」という表示が出る程度。
例え、Web画面がウィルスに汚染されていて、うっかり開いても同様に「駆除されました」と言うバルーンが出る程度。

2017_05_051


ここでNortonの場合だと何も言ってこない。
ESETだと、普段軽くて全く分からないので、ここぞとばかり「吹き出し」が出る。

こんなふうに「アンチウィルスソフト」がパソコンに入っていれば、ウィルスメールは自動的に削除されるので添付ファイルを開けるなと言うような警告は要らない。

だから日本では2件しか確認されていないとか。

最新のWindowsセキュリティ更新プログラムが適用されているコンピュータなら感染のすることはないという。」と言われているがよく分からないものである。

それでうちのメールサーバーには、待って隊のにウィルスメールは来ていなかった。

*****************************************

昨日テレビでの解説がよく分からないと思ったら、Windowsのバックドアの方だった。

ここは何回も狙われているので、最新版のWindows10(8.1、7)などはある程度防御が進んでいる。

人騒がせなものだった。

シマンテックストア


詳しくはこちらを参照 icon


2017_5_13




1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

---------------------------------------------------------

ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキング

|

« 上野三碑(ユネスコ世界遺産登録をめざす)について考える。 | トップページ | 日本のマスコミは、明治時代は反政府、戦後は親GHQ »

09バソコン・プログラムその他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516355/65283829

この記事へのトラックバック一覧です: サイバー攻撃、-更新-トロイの木馬型ランサムウェアてホント実はバックドア:

« 上野三碑(ユネスコ世界遺産登録をめざす)について考える。 | トップページ | 日本のマスコミは、明治時代は反政府、戦後は親GHQ »