« JAF Mate冒頭の変なもの「甲骨文字」 | トップページ | OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II カメラグランプリ2017 大賞は本当?? »

2017年6月18日 (日)

恒例・カメラ大中古市2017にばく進する。

2017dai1


半年に一度の恒例カメラ中古市が平成29年6月18日(日)ヤマダグリーンドームで開催された。

今回も待ちに待った中古市とはいうものの朝10時までに行って、オープンと共に突入すると言うことは最近はしていない。

ジャンク品というか同じ種類の中古カメラをたくさん買い集めて、良いところだけをとって新しいものを組み上げるという趣味もない。

それでいつも行くのは、アウトレットのコーナーである。

Dsc_0130


メーカーがジャンク品や箱潰れ品、開封品、展示回収品、訳あり品、訳訳あり品などを売っているのがアウトレットコーナー。

その昔、カメラ大中古市に行き始めた頃は、ほとんどお客がいなかったのに今は開店当初提示品に近づけないぐらいである。

やはりデフレで写真用品もまともに買うと高価なので、こういうところで買うと言うわけである。

それで例年、オープンの10時少し廻った頃に偵察を兼ねて売り切れそうなものを物色確保して購入。

そして、お昼を食べてから14時30分からのタイムセールを狙ってまた出撃。

今度は売れ残り品を見つけて、値切り交渉をして少しでも安く買ってくる。

小生も商売をやっていたから、「買うよ」金を見せられれば弱いものである。

それで少しでも安く買う。

その理由というのは、たまに使えないものがあるからである。

普通なら不良品は、買ったところにいって交換出来るが、こういう出展形式だしアウトレットだから「カス」を掴んだら自己責任。

そのカスが、本来開封品なのに箱入り新品と嘘をつくこともあるから要注意である。

今回平成29年6月18日(日)の買う、買いたい予定のものは

1、SONY Aマウンド、ホディーキャップ(中古品で可)

2、カメラストラップ あれば各種。

3、レンズ保護フィルター 43mm、58mm、39mmなど

その他、めぼしいものである。

********************************
午前
ジャンク品、5点で500円のコーナーで

VIVIDストラップ×4
詳細不明ストラップ1
コールマン・ネオプレーンハンドストラップ1
クリップ1

の7点で
★1,000円

2017dai4

2017dai5



中古品コーナーへ移って

LUMIX レンズキャップ 200円
SONY レンズ、ホディーキャップ セット 300円

2017dai6


アウトレットコーナーに戻り

●ハクバのコーナー

2017dai3


写真用手袋 1,000円
ハクバMC(薄枠)レンズフィルター58mm 500円
ハクバMC(薄枠)レンズフィルター72mm 1,000円
ハクバアルティマ、レンズフィルター43mm 1,000円
ハクバSMC-PRO レンズフィルター43mm 500円

合計5点で
★3,500円

午前中 購入価格 5,000円


2017dai2


********************************
帰ってきて、ハクバMC(薄枠)レンズフィルターなどを使って見てそこそこ良かったので必要なレンズフィルターのリストを作成。

午後突入14時30分


カメラバック半額というアナウンスが流れる。

●ハクバのコーナー

ハクバMC(薄枠)レンズフィルター52mm×3 500円
ハクバアルティマ、レンズフィルター37mm 1,000円

を示して、安くなるなと若い兄ちゃんと交渉するも「この価格です」と突っぱねられる。
「ここの商品は、全て新品ですからという。」

何言ってんだ
「去年買ったフィルターは開封品で、保護ケースではなくビニール袋には入っていたぞ」

「無言」
●それで諦めて、「ケンコー・トキナー」コーナーへ。


2017dai9


Cokin 製という全く知らないフランスへ輸出向けのような新品。
大きさに関係なく一律600円。
Cokin 49mm×2
Cokin 40.5mm×2
Cokin 39mm×2

3,600円を3,200円に。

2017dai8



Cokinというのを知らなかったので調べてみたら

*************************************
「写真発祥の国、フランス生まれ Cokin(コッキン)は、写真発祥の国、フランスの名門フィルターブランドです。
角型フィルターシステムの先駆けとして名をはせ、1978年の発売以来、プロ写真家やアマチュア写真家に愛用されています。」
◆ドイツSCHOTT(ショット)社製ガラス
歴史あるドイツのガラスメーカーSCHOTT(ショット)社製のガラスを使用。
極めて透明度が高いガラスを高精度研磨することで、自然のままの色彩とクリアな描写を実現します。

◆CLEAR3 COATING TECHNOLOGY(クリアスリー・コーティングテクノロジー)
高透過率、低反射(面反射0.3%以下)、斜入射特性ゼロ※を実現。フィルター装着による画質への影響を徹底的に抑えました。

※一般的なコーティングの場合、光が入射する角度によって光路長に差がつき、色転びの原因になります。つまりレンズが広角になるほど、入射角が大きくなって波長特性が変化し、色味の転びが発生する可能性が生じます。しかしPURE CLASSIQUEはこの波長特性の変化を極限まで抑えることで、色転びを無くしています。
************************************

 

2017dai13


2017dai14




このCokinレンズフィルターをいっぱい買っておけば良かったかな!!!!

●ハクバのコーナーにとって返し

ハクバMC(薄枠)レンズフィルター52mm×3 500円
ハクバアルティマ、レンズフィルター37mm 1,000円

別のおじさんに交渉して

2,000円

今年の三脚は、傷だらけの二級品ばかりなので買う人も余りおらずほとんど売れていない。

他社だと、3時過ぎにいくつか投げ売りすることもあるのだが、スリックやベルボンはやらないことが多いからどうしたか。

三脚は必要ないのでパス。

しかし、中古雲台も余りなく傷物や不良品が多い。

それこそジャンク品に近い。

どこかのメーカーの45,000円のカメラバッグが半額ですという声。

各種1点限りの5個。

45,000の半額といっても22,500円。
そんなの買うわけないだろうと思っていたが帰り際で見たら1個しか残っていなかった。

でも、そんなものは使わないな。

●「ケンコー・トキナー」コーナーへ


2017dai12


ほとんど売れずに残っていたトートバッグ型カメラバック。
3,000が1,500円何か釣られて、もう一つオマケで二個2種類で
2,200円

2017dai11



帰り際でキング
●キング
パッケージが黄ばんだ革製ストラップ500円
革製ストラップ×2+オマケで800円で購入

午後は何と8,200円も使う。

2017dai10



平成29年6月18日(日)購入した金額は総額13,200円だった。



Dsc_0129





*******************************


2017dai15


小物で思ったより嵩んだのは、レンズフィルター。
14枚も買った。

これで中々高価で買い切れなかったレンズフィルターは取りあえず使う分は購入した。

しかし、やはり「カス」が出るもので、ハクバMC(薄枠)レンズフィルター52mmの1つの中身が違っていた。


何と52mmのはずが55mmだった。

2017dai16



それで55mmが使えるレンズを探してみたが、一つもない。
49mm、52mm、58mm、62mm、72mmと言うのが普通である。

その分まけてもらったから、取りあえず良しとするがこういうのは御免被りたい。

*********************************
カメラ大中古市2017
*********************************

Nikon1のレンズに使われている40.5mmのレンズフィルターやマイクロフォーサーズ用レンズ37mmは、昨年買ったPLフィルターに代えてようやく正常に戻った。


購入を引き延ばしにしていたレンズフィルターが揃ったので取りあえず良かったと思っている。

デジタルカメラになってからは、レンズフィルターは必要ないということでそうしていた。

しかし、レンズの先端というのは知らずにぶつけるもので、高価なレンズが損傷するというのも有り難くない。

それで急遽レンズフィルターを狙っていたと言うわけである。


カメラ大中古市では、カメラストラップというのが以前は随分あった。

それが近年ほとんど出て来なくなった。

カメラを買うとCanonならEOSとか入っている「カメラストラップ」が同梱されてくる。

昔はそれを使っていたのだが、いかにもカメラメーカーの宣伝みたいなので随分前から使っていない。

それは一つ安全のためでもある。


ミラーレスでは、FUJIFILMやPanasonicなど余り派手でないものもあって、この手の製品はメジャーでないからかまわないかもしれない。

しかし、面倒なので使っていない。

それでカメラ用ストラップの在庫が底をついてしまった。

しかも、カメラによって使える使えないということが多く、CanonEOS M3などほとんど純正しか使えないと言う馬鹿な製品もある。

今回も、余りたいしたことはないものをゲットした。


今年のカメラ大中古市2017のアウトレットの最近の特徴は、放湿庫やライティング用品、レフ板などが少なくなった。

放湿庫などは、何年も出ていないがライティング用品も蛍光灯からLEDに代わる時に多少出たくらいである。

もともと店で売れなくなったものを出すわけだから、それなりの理由があるわけである。

次回は11月~12月、買う予定のものはないのでどうなるかである。

それにしても、以前に比べてアウトレットでも値引きが渋くなった。



残してもどうせジャンク倉庫行きのものだから、安くても売ってしまえば良いのにと思うのは小生だけか。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキング

|

« JAF Mate冒頭の変なもの「甲骨文字」 | トップページ | OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II カメラグランプリ2017 大賞は本当?? »

08デジタル一眼レフの世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516355/65428920

この記事へのトラックバック一覧です: 恒例・カメラ大中古市2017にばく進する。:

« JAF Mate冒頭の変なもの「甲骨文字」 | トップページ | OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II カメラグランプリ2017 大賞は本当?? »