« Dell AMD Ryzenが来た新製品発表会 | トップページ | PowerDirector 15で編集中・創立70周年記念役員作家巡回展 »

2017年6月14日 (水)

Panasonic LUMIX-LX100を使っての苦戦の続き

Lx10011


LUMIX DMC-LX100で撮ってきた夜景やその他を再度「等倍に伸ばしたり」して検討してみた。

しかし、どうも納得できなかったので2015年6月号のアサヒカメラの「ニューフェース診断室」のLUMIX-LX100の記事を精査してみた。

そこで最後に「田沼ドクター」の実写診断の記事で、最後に「どのズーム域でもF8.0あたりが一番よかった。」というのが目に付いた。

正直言って目を疑ってしまうようなF8.0である。

 

このF8.0まで絞るというのは、デジタル一眼カメラの「普及レンズ」で作例を作るときに使われる絞りである。

 

要するに「安物レンズ」でもF8.0まで絞れば何とかよく写るという具合である。

Lx100t1

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2017-06-09 17:58:31 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 10.9mm (35mm 換算焦点距離: 24mm)
絞り値: ƒ/5.0
露出時間: 0.0080 秒 (1/125)
ISO 感度: 200
露出補正値: +0.66 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

***********************************

作例を見てみると

「ニューフェース診断室」

10.9mm-絞りF5.6-1/200-ISO200
34mm-絞りF2.8-1/13-ISO3200
12.5mm-絞りF14-1/13-ISO1600
31.5mm-絞りF2.8-1/250-ISO200・-1




LUMIX-LX100カタログ

全て 絞り優先AE

絞りF3.5-1/25-ISO200マクロ
絞りF3.5-1/125-ISO200
絞りF2.5-1/80-ISO200マクロ
絞りF2.8-1/640-ISO200
絞りF2.3-1/15-ISO200
何とISOは200固定だった。

******************************

 

これから見てプログラム(P)やAi(フルオート)を使ってF1.7の開放では撮ってはいけないと言うことだった。

そして作例を作るならISO200で高感度に上げない?

Lx100t2

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2017-06-09 18:05:41 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 10.9mm (35mm 換算焦点距離: 24mm)
絞り値: ƒ/1.7
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 500
露出補正値: +0.33 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

Lx100t3


Lx100t4


これはやはり一世代前のカメラである。

実は、「ニューフェース診断室」の「定点撮影、点光源撮影」で衝撃だったのは

**************************************

「定点でみる画質」では、

●広角域10.9mmの絞り開放F1.7で画面中央でもフレアが見られる。F8.0が最良。

●中間域22.7mmの開放F2.7でにじみが出ている。シャープさは今ひとつF4.0が最良。

●望遠域34mmの開放F2.8ではシャープではない、F8.0が最良。


全体的に、画面中央に比べて端が落ちる傾向にある。

「点光源撮影にみる画質」

要約すると


●広角域10.9mmの絞り開放F1.7では周辺がかなり流れ、F4.0以上でないと使えそうにない。

●中間域22.7mmでは、F4.0以上5.6程度が推奨。

●望遠域34mmF4.0以上5.6程度が推奨。

****************************************

 

これから見て、広角域10.9mmの絞り開放F1.7は使い物にならず、最低F4.0以上に絞る。出来ればF8.0である。

Lx100t5

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2017-06-09 21:16:25 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 10.9mm (35mm 換算焦点距離: 24mm)

絞り値: ƒ/1.7
露出時間: 0.050 秒 (1/20)
ISO 感度: 1600
露出補正値: +0.66 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

Lx100t6

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2017-06-09 21:16:37 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 10.9mm (35mm 換算焦点距離: 24mm)

絞り値: ƒ/1.7
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 1250
露出補正値: +0.66 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)


LUMIX-LX100カタログでは、焦点距離が分からないが薄暗いシーンでも開放F1.7は使っていない。

 

前回述べた様に、プログラムでの設定はF1.7を標準にしてそこから明るさに従ってSSが早くなり、限界になると絞りが閉まるという安物のコンデジ仕様らしい。

Lx100t7

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX100
撮影日時: 2017-06-09 21:17:12 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 10.9mm (35mm 換算焦点距離: 24mm)

絞り値: ƒ/1.7
露出時間: 0.040 秒 (1/25)
ISO 感度: 1600
露出補正値: +0.66 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)


RICOHのGR デジタルIIIなども同じだが、こちらは1/1.7という今で言う極小のCCD。

マイクロフォーサーズでこんなことをしたら良い写真が撮れないのは当たり前である。

 

そもそも「LUMIX-GX7+キットレンズの画質にあわせた」というのだから到達点はしれたものである。

 

これでなんだかLUMIX-LX100が見えてきたという感じがある。

 

少なくともLUMIX-G7より古い設計思想だから、それなりに古いのは仕方がないかもしれない。

 

これでまた暫く使ってゆこうかと思うが、改善されないようであれば中古で売却の候補になるしかない。



 

 


 

1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキング

|

« Dell AMD Ryzenが来た新製品発表会 | トップページ | PowerDirector 15で編集中・創立70周年記念役員作家巡回展 »

08デジタル一眼レフの世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516355/65411963

この記事へのトラックバック一覧です: Panasonic LUMIX-LX100を使っての苦戦の続き:

« Dell AMD Ryzenが来た新製品発表会 | トップページ | PowerDirector 15で編集中・創立70周年記念役員作家巡回展 »