« 「アキラとあきら」 池井戸潤 (著) を読む/Read "Akira and Akira" Ikeido Jun (Author) | トップページ | Canon EOS M3を使って見ての何回目か/How many times have you seen using Canon EOS M3? »

2017年7月18日 (火)

第69回毎日書道展・東京都美術館陳列/The 69th Mainichi Shodo Calligraphy Exhibition · Tokyo Metropolitan Art Museum Display

201713


毎日書道展の提示作品のうち、東京展出品の一般公募入選、U23入選は、東京都美術館で展示される。

会期は、平成29年7月19日から25日。

これに先立って、海の日の7月17日に陳列が行われた。

**********************************
The 69th Mainichi Shodo Calligraphy Exhibition · Tokyo Metropolitan Art Museum Display

Among the presentations of Mainichi Shodo calligraphy exhibition, the public selection of Tokyo Exhibition entries and the selection of U 23 will be exhibited at Tokyo Metropolitan Art Museum.

The exhibition is from July 19th to 25th, 2017.

Prior to this, display on July 17th of "the sea day" was held.
***********************************************

201723


201724


20171

カメラメーカー: Canon
カメラモデル: Canon EOS M3
レンズ: EF-M18-55mm f/3.5-5.6 IS STM
撮影日時: 2017-07-17 09:12:41 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 27mm
絞り値: ƒ/8.0
露出時間: 0.0040 秒 (1/250)
ISO 感度: 160
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: 絞り優先 (セミオート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
クリエイター: syuun
著作権: arai_don
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

201725


201726


20172

カメラメーカー: Canon
カメラモデル: Canon EOS M3
レンズ: EF-M18-55mm f/3.5-5.6 IS STM
撮影日時: 2017-07-17 09:17:51 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm
絞り値: ƒ/8.0
露出時間: 0.010 秒 (1/100)
ISO 感度: 160
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: 絞り優先 (セミオート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
クリエイター: syuun
著作権: arai_don
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
*********************************************************

国立新美術館の陳列は、会場が広いこともあって陳列部の全体集会はない。

しかし、東京都美術館陳列では、講堂が全体集会として使われて、委員、役員の顔が見えるというのが別の興味を引くというものである。

国立新美術館が開館する前は、東京都美術館と森の美術館を使っていて陳列部は、東京都美術館だけ関係した。
改装前の東京都美術館陳列はいつ頃の話か忘れた。
国立新美術館に移ってからも暫く全体会議というのを継続したように思う。

毎日書道展の陳列委員も東京都美術館から国立新美術館に移行する時期に合わせて10年ほどやった。

201710


201711


201712



その後ここ5年間ほど毎日書道展が開催される頃、夏場に足が痛くなって(足が突けない)歩けない時期が続いた。
昨年は、5月の連休明けから8月まで接骨院に通ったが、直らなかった。
しかし、歩き方を変えることによってそういう歩けなくなると言うこともなくなった。

それで東京都美術館陳列の全体集会でみると、相も変わらず5年前の先生方が見えている。
頭の毛がごま塩だったのが、真っ白に変化していたり、青年の顔が中年顔に変わっていたりと5年間という年月を物語る。

さすが10年前に陳列部を指導した先生はおらないようだが、いつの間にか小生もだいぶ歳をとった、とみられているかもしれない。

*************************************************

20175


20176


20174



20177


20178


20179


20173

****************************************************

201715


201714



今回東京都美術館陳列で、久々会費制の懇親会があった。
東京都美術館2階のレストランが「上野精養軒」経営に戻っていて、宴会ができたわけである。

201716


201717


201718

カメラメーカー: Canon
カメラモデル: Canon EOS M3
レンズ: EF-M18-55mm f/3.5-5.6 IS STM
撮影日時: 2017-07-17 18:53:10 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 20mm
絞り値: ƒ/4.5
露出時間: 0.025 秒 (1/40)
ISO 感度: 3200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: 絞り優先 (セミオート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
クリエイター: syuun
著作権: arai_don
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)


宴会に出た人は、100名少しだったかもしれないが委員の半分くらいかもしれない。

この宴会で飲み物を飲んだら、何かスッキリしたからかなり疲れた。

事実、家に帰ってきたら17,756歩だったから、やはりお疲れさんであった。

201719


201720


201721


201722

カメラメーカー: Canon
カメラモデル: Canon EOS M3
レンズ: EF-M18-55mm f/3.5-5.6 IS STM
撮影日時: 2017-07-17 19:38 :55 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 42mm
絞り値: ƒ/5.0
露出時間: 0.0080 秒 (1/125)
ISO 感度: 1600
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
クリエイター: syuun
著作権: arai_don
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)


*******************************

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキングへ

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。

Please vote.


人気ブログランキング

|

« 「アキラとあきら」 池井戸潤 (著) を読む/Read "Akira and Akira" Ikeido Jun (Author) | トップページ | Canon EOS M3を使って見ての何回目か/How many times have you seen using Canon EOS M3? »

保存用美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第69回毎日書道展・東京都美術館陳列/The 69th Mainichi Shodo Calligraphy Exhibition · Tokyo Metropolitan Art Museum Display:

« 「アキラとあきら」 池井戸潤 (著) を読む/Read "Akira and Akira" Ikeido Jun (Author) | トップページ | Canon EOS M3を使って見ての何回目か/How many times have you seen using Canon EOS M3? »