« 2016~2017日本カメラ_9テスト最終総括・2016 ~ 2017 Japanese camera _ 9 Test final summary | トップページ | 世の中、嘘記事ばかりが氾濫する??- In the world, only the false stories flood ?? »

2017年9月29日 (金)

デジものの終焉か紙の本の終焉か?

1

2017年9月29日、パソコン雑誌「DOS/V・POWERREPORT」2017年11月号が届いた。

届いた本は、今までより厚みが薄くなったと感じると共に中を開いて驚いた。

パソコン雑誌が「ものマガジン」か「特選街」と勘違いする内容だからである。


10月号からニューリアルしてゲーミングソフト特集だったりして、どうなるかと思っていた。

特集は「PC×サウンド再発見」と言うことで、自作パソコンの情報誌がこんなものになった。

当然自作パソコンの作り方などは載っていない。
別に今更解説して欲しいとは思わないものの、何となく違うような気がする。



考えてみれば、小生も今年の春からパソコンのレビュー記事は書いていない。

PCメーカーの販売店が記事を書かないかと言ってこないこともある。
それにしても、パソコンやデジタルカメラのコーナーが電気屋では片隅にやられたりして存在感は全くなくなった。

2


秋葉ヨドバシカメラの自作パソコンのパーツコーナーへ行くと、以前はこれ見よがしに表に並んでいたマザーボードやパーツが奥に引っ込んでいる。

小生としてはOSもいくつも買ってしまったし、PCケースの在庫もあるとは言え先立つものがないから次のパソコンを作る予定が立たない。

デジタルカメラと違って、ある程度の性能があればいつでも最新のソフトは使える。

おまけにWindows10にすれば、毎年更新されてOSが古くならないという買い換え需要さえ怪しくなっている。

******************************

それで表題の「デジものの終焉か紙の本の終焉か?」だが、パソコン雑誌はともかくカメラ雑誌も書店では徐々に見なくなった。

結局目的のカメラ雑誌が置いてなかったり、あっても「ヨレヨレ」の雑誌は買う気になれない。
それで写真の「日本カメラ」を定期購読した。

これで定期購読は7誌になった。

定期購読すると安く買える上に書店に行かなくても良いからある意味省エネである。

しかし、定期購読している雑誌そのものが劣化してゆくと非常に萎えるというものである。

ここのところカメラ雑誌のカメラテストを検証してみた。

こういうカメラ雑誌というのは、「DOS/V・POWERREPORT」のように広告が取れないところとは違って、カメラメーカーはLEICAの他は日本しかないから広告で成り立っている。

その広告や記事がカメラの売れ行きに繋がるとみれば、宣伝費を多くかけてレビュー記事などで好意的な紹介をしてもらう。

小生などがパソコンの記事を書いても一銭の原稿料にもならないし、返送料が持ち出しになって大赤字である。

雑誌はそういうことがないとはいえ、提灯記事というのは顰蹙ものである。


銀塩カメラ時代、カメラ雑誌で評判の高かったのCanon EOS7は、少し低輝度になったらAFが効かないと言うことはどこの雑誌にも書かれていなかった。

それでCanonを止めて、当時のミノルタα707Siを9月30日発売終了後の10月1日に買った。
その買ったばかりのα707Siのファインダーにゴミが入っていたので、ミノルタのサービスセンターに電話した。

そうしたら驚くほど高圧的な女性オペレーターで、クレーマーと見られたのかもしれない。
こんな会社はいずれ潰れるなと思ったら、その後コニカに吸収されてコニカミノルタになった。

コニカミノルタが、このカメラ部門をSONYに売ってしまい、技術者(エンジニア)はPanasonicなどに流れたらしいことは噂。

このコニカミノルタが中々デジタル一眼レフカメラを出さないので、PENTAXを使うようになり、今は売れるカメラの大半を中古で売ってしまった。


それから後継のメイン機種をSONYにしていたが、最近ではSONYも高価になって手がでなくなった。

そして、昨年FUJIFILM X-T1を中古で買い、今年からPanasonicになった。

Gx8001




こういう種類のカメラというのは、性能が悪いところが強調されて雑誌に載るから人気がない。
しかし、提灯記事というのがないのでそれほど期待して買わないというのが良い。

いずれにせよ、カメラの使い方による性格や性能というのはカメラ雑誌では全く分からない。

従って、自分で使うカメラは自腹で買って、それをテストして性格を掴まなければならないというのは痛いところである。


サイバーリンクの詳細はこちらを参照!!!!! icon

2017_10_01

サイバーリンクの詳細はこちらを参照!!!!! icon




1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキングへ

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。

Please vote.


人気ブログランキング

|

« 2016~2017日本カメラ_9テスト最終総括・2016 ~ 2017 Japanese camera _ 9 Test final summary | トップページ | 世の中、嘘記事ばかりが氾濫する??- In the world, only the false stories flood ?? »

秋葉原他・お買い物事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516355/65852746

この記事へのトラックバック一覧です: デジものの終焉か紙の本の終焉か?:

« 2016~2017日本カメラ_9テスト最終総括・2016 ~ 2017 Japanese camera _ 9 Test final summary | トップページ | 世の中、嘘記事ばかりが氾濫する??- In the world, only the false stories flood ?? »