« FMトランスミッター(Bluetooth4.2)をAmazonタイムセールで買った | トップページ | SONYα6000シリーズ縦位置バッテリーグリップを買う »

2018年1月22日 (月)

VANTRUE X1 PRO海外製のドライブレコーダーを買った

Vantrue_x1_pro_2


読売新聞2018年1月19日「くらし」欄に「ドライブレコーダー販売急増」という記事があった。
記事の半分以上を市販のドライブレコーダーではなく、保険会社の特約でドライブレコーダーをつけていると言うものがある。
それは二社で月額650円と850円--年額7,800円と10,200円だから市販のドライブレコーダーが買える金額。
東京海上日動が貸し出しているドラレコの写真を見ても、モニターもないような余り欲しそうなものではない。
通信機能があるとは言うものの常時録画ではないようである。
そして、最近のドラレコは、事故が起きたときに録画するのではなく常時録画である。

Vantrue_x1_pro_1

Blue20


■それで典型的なトレンドに乗る一般人といわれる小生は、その「ドライブレコーダー」トレンドに乗って中国製のドライブレコーダーをAmazonタイムセールで買った。
・・・と言うよりほとんど毎日タイムセールで出ている。
このドライブレコーダーがAmazonタイムセールで買った一番高額な商品になった。
中国製のドライブレコーダーというのは、すそは2,500円程度から、5-6,000円、そして15,000円くらいなものまで。
実用になりそうなものは、やはり5,000円以上出さないとと思われるものの使って見ないから分からない。
国産のもの、国産メーカーのドライブレコーダーは、解像度が低いものが6,000円程度から。
20,000円以上する高級機で、カメラ400~500万画素、GPS搭載でWQHD2560×1440ピクセル2.5K、「車線逸脱警告」「前方衝突警告」「速度制限警告」などをサポートするものもある。
一般の15,000円あたりだと、フルHD(1920×1080)で200万画素から350万画素ぐらい。
モニター画面が2.7インチもあればかなり良い方である。

Vantrue_x1_pro_3


Vantrue_x1_pro_5

Vantrue_x1_pro_6



■中国製のドライブレコーダーになると日本製の多機能という部分では劣るものの、モニター画面やカメラ性能、解像度など上級機に迫るまたは凌駕するもので、日本商品価格で半値程度になる。

購入したVANTRUE X1 PRO

ドライブレコーダー 駐車監視 VANTRUE X1 PRO スーパーHD1440P 2.5K GPS機能搭載 車載カメラ HDR暗視機能 動体感知 170度広角 大口径F1.8 1600万画素 2.7インチLCD ドラレコ 【18カ月安心保証&日本語説明書】 ダッシュボード 衝撃録画 常時録画

は、中国製としては標準でGPSはついていないのだが、YouTubeに映像をアップするとGPSを送ってくれるというオプション扱い。
考えてみれば、結構YouTubeに映像を上げるというのもハードルが高いことも多い。

とにかく、WQHD2560×1440ピクセル2.5K、400万画素という高画質で買った。

Vantrue_x1_pro_9



Vantrue_x1_pro_10

安いドラレコなのでmicroSDカードは別売。
仕様では32GBになっているが実際には32bitの64GBも使える。

ループ録画という、2時間(microSDカード32GB)を繰り返し録画する。
そのためmicroSDが駄目になりそうでSunDiskの多少良いカードを買った。

海外製のドライブレコーダーは、安い割にハードルが高いことが多い。
実際に日本語の取扱説明書はあるもののよく分からないことが多い。
散々試してみてやっと分かったと言うか、こんなものは当たり前だったよなという感じがある。

Vantrue_x1_pro_7


Vantrue_x1_pro_8



このVANTRUE X1 PROでは、表示を日本語にして時間を合わせるだけで基本的に使えるようになっている。
・・・とは言え実のところ分かりにくい。
だから使って見て、微調整をする。

設定画面に入るのに、電源が入ると自動的に始まる動画撮影をいったん止めないと入れない。

当たり前と言えば当たり前だが分かりにくい。

設置には、太陽光が直接入らないようにするなど何回か映像を見て確かめる必要がある。
また、LED信号は高速点滅するタイプだった。

「駐車監視モード」は、バッテリーから直接電源を取るかモバイルバッテリーを繋がないと使えない。

そして、ループ録画というのは停止しているとG-センサーによって、15秒、1分ずつとかの記録になる。

だから信号待ちになっても短い時間のファイルができる。

それは事故が起きたときに細かい映像を探し易いようになっているもので、止まっているというのは要監視になる。



こんなことはやはり使ってみないと分からないと言うものだった。



人気ブログランキング

サイバーリンク PowerDVD 17


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。

Please vote.

<
人気ブログランキング

|

« FMトランスミッター(Bluetooth4.2)をAmazonタイムセールで買った | トップページ | SONYα6000シリーズ縦位置バッテリーグリップを買う »

車、バイク、カーナビ、警報機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VANTRUE X1 PRO海外製のドライブレコーダーを買った:

« FMトランスミッター(Bluetooth4.2)をAmazonタイムセールで買った | トップページ | SONYα6000シリーズ縦位置バッテリーグリップを買う »