« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月30日 (金)

Edifier(エディファイア) スピーカーED-R1280T (プリンストン)を買う

Sp_edr1280t1933


もう12月になる。

12月初頭にバーゲンセールと言うのがあったのだが、最近は11月に前倒しになり時として中旬だったりする。

その昔聞いたのは、店舗でも賞与を出さなくてはならないので前もって売り上げておくと言うことらしかった。

しかし、近年ではどうなっているのかは分からない。

それはともかく、1974年に入会した学術団体(学会)を今季限りで脱退した。

学生時代から始まって44年、毎月学会誌が送られてくるものの何も読まずに「紙」のリサイクルになったりしている。

多少安くなっているシニア会員というのもあったが、いっそのことで退会することにした。

実を言えば大学時代の友人は、就職した時点で退会している。

そんなわけで年会費約10,000円弱が浮いたので、記念に「ブックシェルフ型マルチメディアスピーカーを買うことにした。

Sp_edr1280t1929


Sp_edr1280t1930


PC用のスピーカーも古いオンキヨーのもので、取り換えたいなぁと思っていたところNTT-XのX-DAYの連携バーゲンセールで安くなっていたED-R1280T を買った。

ネットで見ると最安値は8,980円らしかったが、いつになるか分からないので9,980円で購入。

Sp_edr1280t1932


パソコンに繋いで、オーディオチェックをした。

届いたED-R1280Tの箱は、思っていたより小さく軽い。

大きさはフォステクスのPA-2とほぼ同じだがこれと比べると驚く程軽い。

Sp_edr1280t1948


Sp_edr1280t1949

Sp_edr1280t1950



部品は、リモコンと必要最低限のケーブル。

スピーカーの背面は何となく貧弱に思える。

Sp_edr1280t1934


Sp_edr1280t1935


二台のスピーカを繋ぐケーブルも何となく貧弱であると思っていたのだが、最近オーディオ関係がご無沙汰であるのでスピーカーケーブルがどこへ行ったのかも分からない。

取りあえず、USB DAC(KORG DS-DAC-10)を通してWAVを再生してみた。


Sp_edr1280t1941



フォステクスのPA-2に比べて、何かスッキリしないと思って、発泡スチロールの上に載せて高音が少しはっきりした。

全体的に少し抜けが悪い感じがするものの、エージングすれば良くなるかもしれない。


Sp_edr1280t1942


音質としては、PA-2にはっきりと劣り高音と低音が切れる感じがあるがこれも設定次第かもしれない。

Sp_edr1280t1946


取りあえずは、イコライザーもあるので低音不足も何とかなる。
ネットでは、スピーカーケーブルをBELDEN 8470にするというものあるが、その必要は無いかもしれない。

Sp_edr1280t1947


PCとUSB DACを使ってしまうので、普通のPC音楽再生というわけではない。

感じとしては、値段が倍もするフォステクスPA-2に比べ高音の切れがよくないものの、10,000円のアクティブスピーカーなら充分であろうと思う。

2年前に比べた

高価なBOSE・Wave SoundTouch® music system IVと比べても多分遜色はない。

http://syuun.way-nifty.com/blog/2016/12/wave-soundtouch.html

エージングが終了すれば、多分超えてくるだろうと思う。

近年オーディオセットというものがバカらしくなってきたという心境を益すものであった。





人気ブログランキング

icon
icon

 

icon

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月29日 (木)

第69回群馬県美術展を観覧

20181707


群馬県美術展・日本画、洋画、彫刻、工芸の展覧会が始まっている。

会場は、いつもの県民の森のなかの群馬県立近代美術館。

会期は、平成30年11月23日~12月2日まで。

群馬県美術展を毎年見ると、知っている出品者が毎年減っている。
今年は何と数人だった。

その昔は、彫塑で会員だった中高時代の同級生が出品していたものだが、もう随分前から見ていない。

小生の時代だと、昔知っていた人は最低でも準会員で普通は会員の場合が多い。

書道だと昔から見知っている人は、ほとんど不出品ということはないが、美術だと不定期もあるのかもしれない。

また、日本画も昔よく見た緻密な感じの作品が減って何となく違うかなと言う印象がある。



実を言えば日展にも行かなくなった。

日展と言えば、日本画なのだが何か精彩を欠くと言う印象なのか、代わり映えしないという印象なのか興味が薄れてしまっている。

群馬県美術展の洋画も何か興味が持てなかった。

20181715


20181719


20181721


20181722


20181728


20181731


20181733

Make FUJIFILM
Model X-T20
Software Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
Creator K-Arai
Copyright Syuun Arai
Exposure Time 0.056s (1/18)
Aperture ƒ/5.6
Exposure aperture priority (semi-auto)
ISO equivalent 200
Exposure Bias +1.33EV
Metering Mode Matrix
Flash Fired No
Focal Length 18.0mm 27mm=35mm equivalent
Color Space sRGB
FocalPlaneXRes 2564
FocalPlaneUnits 10
White Balance Auto
Focal Length (35mm) 27
LensMake FUJIFILM
LensModel XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
Date 2018-11-25 11:53:48 (no TZ)
Lens FUJIFILM

20181734


20181738



20181739

Make FUJIFILM
Model X-T20
Software Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
Creator K-Arai
Copyright Syuun Arai
Exposure Time 0.0024s (1/420)
Aperture ƒ/5.6
Exposure program (Auto)
ISO equivalent 200
Exposure Bias -0.67EV
Metering Mode Matrix
Flash Fired No
Focal Length 18.0mm 27mm=35mm equivalent
Color Space sRGB
FocalPlaneXRes 2564
FocalPlaneUnits 10
White Balance Auto
Focal Length (35mm) 27
LensMake FUJIFILM
LensModel XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
Date 2018-11-25 12:03:01 (no TZ)
Lens FUJIFILM





人気ブログランキング

icon
icon

 

icon

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月28日 (水)

第6回日本書道院100人展・第35回日本書道院選抜展を観覧

20181000055


東京・セントラルミュージアム銀座、紙パルプ会館・フェニックスホールで標記の展覧会が開催された。
会期・平成30年11月20日~25日
主催・一般社団法人・日本書道院

日本書道院は、毎日書道展系の漢字などを中心にする団体で少字数や近代詩文もある。
毎年この時期恒例で、K先生の作品見に来ることにしている。

ここでうっかりして、フェニックスホールの同人展は見忘れたので写真は撮っていない。

20181000058


20181000030

Make Panasonic
Model DC-G9
Software Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
Exposure Time 0.040s (1/25)
Aperture ƒ/3.0
Exposure program (Auto)
ISO equivalent 200
Exposure Bias none
Metering Mode Matrix
Flash Fired No (enforced)
Focal Length 15.0mm 30mm=35mm equivalent
Color Space sRGB
White Balance Auto
Focal Length (35mm) 30
LensModel LEICA DG 12-60/F2.8-4.0
Date 2018-11-23 11:49:57 (no TZ)
Lens LEICA DG 12-60/F2.8-4.0

20181000031


20181000038


20181000046


20181000040


20181000041


20181000042


20181000043


20181000048


20181000050


20181000052


20181000053


20181000056


20181000060


20181000059


20181000061

Make Panasonic
Model DC-G9
Software Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
Exposure Time 0.0040s (1/250)
Aperture ƒ/4.5
Exposure program (Auto)
ISO equivalent 200
Exposure Bias none
Metering Mode Matrix
Flash Fired No (enforced)
Focal Length 12.0mm 24mm=35mm equivalent
Color Space sRGB
White Balance Auto
Focal Length (35mm) 24
LensModel LEICA DG 12-60/F2.8-4.0
Date 2018-11-23 12:13:52 (no TZ)
Lens LEICA DG 12-60/F2.8-4.0









人気ブログランキング

icon
icon

 

icon

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月27日 (火)

幸風会書展を観覧

1000086


東京銀座・鳩居堂(第二画廊)で標記の書展が開催された。
会期は、平成30年11月20日~25日。
幸風会(米本一孝先生・代表)は、毎日書道展系・あきつ会所属の「かな」書道である。
出品者は米本先生他41名、特別出品として「仲田光成先生」の遺墨が展示されている。

実のところ幸風会書展が開催されているとは知らず、紙パルプ会館での書展で会った先生に教えてもらったもの。

1000088


1000089


1000091


1000093


1000094


1000084


1000097

Make Panasonic
Model DC-G9
Software Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
Exposure Time 0.033s (1/30)
Aperture ƒ/3.2
Exposure program (Auto)
ISO equivalent 200
Exposure Bias +1.00EV
Metering Mode Matrix
Flash Fired No (enforced)
Focal Length 12.0mm 24mm=35mm equivalent
Color Space sRGB
White Balance Auto
Focal Length (35mm) 24
LensModel LEICA DG 12-60/F2.8-4.0
Date 2018-11-23 12:30:59 (no TZ)
Lens LEICA DG 12-60/F2.8-4.0

会場の入退場には黒服のお姉様が並んでの45度のご挨拶に、何となく気後れしてしまう感じがあった。

最近、ライトノベルの乙女版・貴族令嬢の物語を読んでいると公爵邸の送り迎の描写を思い出して、失礼ながら苦笑でもあった。


1000101


1000105

Make Panasonic
Model DC-G9
Software Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
Exposure Time 0.0013s (1/800)
Aperture ƒ/7.1
Exposure program (Auto)
ISO equivalent 200
Exposure Bias none
Metering Mode Matrix
Flash Fired No (enforced)
Focal Length 12.0mm 24mm=35mm equivalent
Color Space sRGB
White Balance Auto
Focal Length (35mm) 24
LensModel LEICA DG 12-60/F2.8-4.0
Date 2018-11-23 12:39:24 (no TZ)
Lens LEICA DG 12-60/F2.8-4.0




人気ブログランキング

詳しくはこちらを参照 icon
icon

2018_11_23


詳しくはこちらを参照 icon

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月26日 (月)

第69回群馬県書道展・搬入11月25日

1690


群馬県書道展もようやく搬入の時期を迎えた。

それにしても搬入が随分と遅くなった。

もう少し前は11月中旬だったので搬入の時に展覧会の「招待券」を頂くこともあったがそれも昔のことになった。

今年は風が無かったので、それほど寒さは感じずの3連休久々のよいお日和である。

秋の青空が抜けるようで、また太陽が低いので何やら真夏の早朝のよう。

こういう良い日に力仕事になるのだが、もう何十年も続いている年中行事である。

来年は第70回記念展なので多少騒がしくなるのかもしれない。

帰りには11月23日より開催されている群馬県美術展を見て帰ることにしている。

1688


1689


1695

Make FUJIFILM
Model X-T20
Software Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
Creator K-Arai
Copyright Syuun Arai
Exposure Time 0.067s (1/15)
Aperture ƒ/6.4
Exposure aperture priority (semi-auto)
ISO equivalent 400
Exposure Bias none
Metering Mode Matrix
Flash Fired No
Focal Length 25.4mm 38mm=35mm equivalent
Color Space sRGB
FocalPlaneXRes 2564
FocalPlaneUnits 10
White Balance Auto
Focal Length (35mm) 38
LensMake FUJIFILM
LensModel XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
Date 2018-11-25 10:21:36 (no TZ)
Lens FUJIFILM

1697


1698


1704


1706


1744

Make FUJIFILM
Model X-T20
Software Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
Creator K-Arai
Copyright Syuun Arai
Exposure Time 0.0071s (1/140)
Aperture ƒ/5.0
Exposure program (Auto)
ISO equivalent 200
Exposure Bias +0.67EV
Metering Mode Matrix
Flash Fired No
Focal Length 18.0mm 27mm=35mm equivalent
Color Space sRGB
FocalPlaneXRes 2564
FocalPlaneUnits 10
White Balance Auto
Focal Length (35mm) 27
LensMake FUJIFILM
LensModel XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
Date 2018-11-25 12:05:54 (no TZ)
Lens FUJIFILM


人気ブログランキング

詳しくはこちらを参照 icon
icon

2018_11_23


詳しくはこちらを参照 icon

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月25日 (日)

カメラ大中古市2018-冬・前橋で買った掘り出し物

1000023



この3日間、ブラックフライデーだと広告やらダイレクトメールなどが届いたものの馴染みがなくて全く盛り上がらないのが地方の都市。

実は23日に上京して銀座を歩き回ったあと上野精養軒に向かった。

これで13,472歩で家に帰ってきたら翌日、内蔵脂肪が減りなんと1kgも体重が減っていた。

いままでこんなことはなかったから、ウォーキングシューズを代えてまともに歩けるようになるとは驚きであった。

しかし、翌日には体重は全て元に戻っていたから毎日続けないと本当に体重が減らないのかもしれない。

残ったのは、いいまで使わなかったところの痛みと疲れ。

平成30年11月25日(日)の午前は、群馬県書道展の搬入で群馬県立近代美術館まで行ってきた。
作品運びの実働は1時間なかったと思うが、23日の疲れが抜けていなくて倒れそうになった。




それでも表題の「カメラ大中古市2018-冬」がある。

***********************
カメラ中古市「冬」が平成30年11月25 日(日)ヤマダグリーンドーム
10 時~16時。
***********************

1752


6月のカメラ大中古市には、入院していて行けなかったので満を持して午後14時頃出かけていった。
朝10時から並べばめぼしいものはあったかもしれないが、こんな時は残り物狙いと言うことになる。

カメラ大中古市では、毎年今まで見ないような出物を目指して買ってくるので何を買うかというのは決まっていない。

「Cokin 製レンズ保護フィルター」ももう無くなっているだろうし、買うものは買っている。

アウトレットのコーナーでは、以前にはカメラストラップがたくさんあったものの最近は見当たらない。

実のところもう在庫切れになっているとは言え、カメラは下取りしてもらっているので外したストラップが幾つもある。

それで取りあえず間に合っている。

***********************
それでも今年はどうなのかとみると「商品が無い」というか遅く行ったからめぼしいものは売れてしまったようである。

カメラ用の三脚は腐るほどあるので不要だし、布製のカメラバックもけっこう使えないものばかり貯まっている。

買うものはないなと思ってシャンク箱を探していると1個300円が3個500円になった。
それでガラクタをたくさん集めていたら1,500円で、後オマケと適当の袋に入れてくれたのでそれを買ってきた。


1756



これを皮切りに、52mmのフィルターとストラップをオマケで1,300円(1個500円)で購入。

52mmという妙なサイズは、CanonEOSMやFUJIFILMの普及型レンズで使う。


1755


もう買うものはなくなったなと見回していると「シルバーのアルミケース」が目に入った。

これはカタログ落ちしている商品だがかなり高価だったはず。

10年近く前にX-700とX-900の下のサイズを購入して持っている。

最近複数台カメラを持って行くことが多くなって、このX-1100を買っておけば良かったと思ったもの。

1758


HAKUBA ハードケース X-1100 アルミケース 24L シルバー X-1100

これAmazonで見ると 21,680円、ヨドバシ23,850(税込)円2,385ポイント(10%還元)と言う代物。
8,000円の正札だが、アウトレットで多少汚れもキズもあるので5,500円に値切って購入。

1759




帰り際に、ベルボンの三脚ケース1個500円を3個1,000円にして購入。

1757


最後に隣の中古品コーナーを覗いたら、ある程度新品のようなものもそれなりの価格で売られていて、一瞬手を出しそうななったが諦めて退散してきた。

まあ何とか10,000円を超えなかったので取りあえず良しとしよう。

*********************************
カメラ大中古市2018 冬の参加感想
*********************************

遅く行ったこともあって、商品が少なかったし欲しいものが少なかった。

毎年買いに行っているから、買う物がなくなっているのも確か。

その一方でジャンク品で買ってきたものは、製品が古いこともあって数年で寿命が来たりする。

それでも何かしら見つけてくるというのが楽しみで、次回には同じものが無いから本当に一点ものである。



人気ブログランキング

詳しくはこちらを参照 icon
icon

2018_11_23


詳しくはこちらを参照 icon

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月21日 (水)

世代交代、不要品の処分が加速される。

Buyout1905


昨日、粗大ゴミ回収で娘の乗っていた自転車を処分した。

高校に通っていた2015年の3月までは何ともなく、4月に娘が上京して乗らなくなったところ後輪がパンクしていた。

その後にパンクでも直すかと思ってみたら前輪の同様。

なぜか持ち主がいなくなると突然お役御免になったと言うのか壊れるというのは不思議である。

それから乗らなくなって約4年間放置していたので中学校に上がるときに必要だと言うことで買ったものだから約10年経過した。

経年変化を見込んで処分したが、持っていったら家の自転車など一番ボロい方だった。

その壊れると言えば、今日朝事務所にでて見ると掛け時計が動いていない。

3か月前位に電池を交換したが挙動不審な状態だった。

これも10年以上経っているので、昼にベイシヤに行って買ってきた。

同じ「シチズン」マークのものにしたが、ノーブランド品の3倍位したものの安物だったのか照明を反射して見づらい。

要するに値段相応だった。

それで冬になったなと思ったのは、月曜日19日の朝事務所のパソコンを起動したら、無線キーボードが無効になっていた。

パソコンというのは、キーボードが繋いでいないと起動しないので無線のものには有線のキーボードをつけてある。

起動して見れば、USB3.0の延長ケーブルも使えない。

それで無線キーボードの子機をパソコンに直接つけて元通りになった。

昼頃になれば室温が高くなって問題なしになるものの面倒な季節になった。

棚を見てみれば、売れるデジタルミラーレスカメラ、一眼レフはみんな売ってしまったので売れない古いカメラの空き箱とレンズの箱が多い。

カメラのレンズもほとんど普及品しか持っていないから、売れそうなものは1本のみ。

これも何かの気まぐれでドナドナになるかもしれない。

毎月20日前後にカメラ雑誌が発売されて、定期購読しているので3誌ほど届く。

そのうち参考になるのが「カメラマン」で、その中の評価記事を書いているプロカメラマンがフルサイズデジタルミラーレスカメラなどは必要ないと言っていた。

この秋は、Canon、Nikonから大きく高価なカメラが発売されて、大型フルサイズデジタルミラーレスカメラ祭りになっている。

フルサイズに特化したから、巨大なマウンド(レンズ口径)になったのでレンズも大きく高価。
その巨大なものを雑誌「日本カメラ」では大絶賛。

しかし、先日フルサイズのSONYα7レンズキットを必要ないと売ってしまった。


一回はフルサイズデジタルミラーレスカメラを買ってみたという経験は、必要なものであった。

要するに雑誌「カメラマン」のプロカメラマンと同じ意見。

たとえて言うのなら失敗したシャープの液晶テレビだという。

性能が良くても実用的ではなく、高価で大きく使い難いというのはいずれ淘汰される。

Canon、Nikonの大型マウンドでAPS-Cの小型デジタルミラーレスカメラなど作るはずはないから「見せカメラ」。

要するに飾っておくカメラなのかなと思ったり



人気ブログランキング

詳しくはこちらを参照 icon
icon

2018_11_23


詳しくはこちらを参照 icon

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月18日 (日)

経済書籍とラノベ読破の毎日

Boopg1020308


日本カメラの雑誌が届いた。(日本カメラ 2018年 12月号)

特集は、「ポンカメ・カメラ・オブ・ザ・イヤー」。

何か嫌な予感がするなと開いてみれば、予想通りCanonとNikonの最新ミラーレスカメラが1位と2位。

そして新味が亡くなったOLYMPUSが3位。

CanonとNikonの最新ミラーレスカメラは、フルサイズの大型カメラでマウンドも新規。

こんなものを評価しても買えるというレベルではない。

カメラの初物は敬遠するのが常識で、実は細かく読んでみると高級機らしくない不満点も見られる。

Buyout1911



手持ちのカメラをカメラ屋(Map)に送った中にSONYα7レンズキットがあって、売ってしまった理由がレンズが買えないこと。

・・・・と言うようなことは書いた。

これも一回はフルサイズのミラーレスカメラを買って分かったことが幾つかあったからである。

これで手持ちのカメラの内、値段のつきそうな不要のカメラを売り切ってしまったことになる。

残るは、値段がつかないカメラ、保存用、現在使用中のカメラと「お宝カメラ」である。

お陰で放湿庫に多少の余裕か出来たのがよかった。

銀塩カメラ時代は、古くなっても余り陳腐化しなかったが、いまは5年も経ったら別物になる。

いままで新製品のカメラなど余り買ったことがないから、買って2-3年で陳腐化したりする。
やはり時代が変わった。




最近新聞離れが遅くしていると言うより、若い世代が新聞を読まなくなった。

小生も政治欄や国際欄は見出ししか見ないことが多い。

読まないのは読まなくても分かることで、実際の情報はネットで取得している。

それで翌日どんな記事が出るのか、また記事の本質が分かったりする。

それで2018年11月18日の記事で驚いたのが


「第10回県小中高生・新聞感想文コンクール」上位14作品の最優秀賞の作品。
(地方紙・上毛新聞掲載)

●ぼくの愛読書「はだしのゲン」とこれを持ち出して日本非難をしている小学生。
●「オウム真理教」の死刑判決から死刑制度を批判している中学生。
●8月15日の終戦記事の朝日新聞と読売新聞を比較して、朝日新聞を評価して読売新聞の記事を過去の反省が足りないという高校生。

こんな新聞感想文コンクール作品を見ると、やはり新聞はプロパガンダにすぎないと思わせるものである。

さて、気分を改めて・・・

少し前から述べている電子書籍になっているもので2~3年前に発売された本がある。

電子書籍のポイントがあるのでついつい買ってしまうことが多かったところ、ブックオフで買えば安いということに気がついた。

実は本屋に行っても古い本、余り人気がない本は置いていないこともありネットで探すことも多いのである。

ブックオフ実店舗で本を探すのもっと難しいことが多く、ほとんどあったためしがない。

どこでもそうだが売れそうもないものは、店に置かないものである。

それでブックオフのOnlineの方を利用するとはいえ、中古品なので有名なものでないと全部見つかるとは限らない。

Boopg1020311


経済小説も20年前の事件を描いているから、嘘もあり得ないこともいまとしては分かる。
大量に買ったものの多少読む気が薄れたというものである。

それで電子書籍のライトノベルから探して、Web小説を読んでいる。

これも書籍化されたときに大幅に変わることがあって、またブックオフOnlineを使いそうである。



人気ブログランキング

icon

 


icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月13日 (火)

SONYα7-ILCE-7レンズキットを売って新しく買い換える

Buyout1904


昨日突然に、持っているカメラを処分して買い換えることにした。

それで買い換えるカメラは不要になるのでLUMIX DMC-GX8は下取りにすることにするものの、それでは持ち出しが多くて金欠の現在では手が出ない。

それでここ一年ほどいっぺんも使っていないSONYα7-ILCE-7レンズキットを下取りにすることにした。

SONYα7は、フルサイズ有効約2430万画素のカメラとして2013年11月に発売されたもの。
その発売されたと同時に買ったからなんと
5年も経った

SONYの場合、古いデジタルミラーレス一眼カメラも廃番(生産終了)にならないので思いの外下取り価格が高い。

Buyout1905


レンズの「FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS (SEL2870)」も付けて一緒に売ってしまうのは、α7には役不足だからである。

α7をまともに使うのなら100,000円(内外)以上のレンズを買わないと全くその性能が発揮できない。

しかしながら、その余裕は現在のところない。

5年前の同時期に発売されたPENTAX K-3 (2435万画素APS-C)をその後に買って比較してみたところ、階調はフルサイズ(α7)の方が勝っていたが大きく違わなかった。

他社のカメラも2430万画素になったいま、技術の進歩と相まって「SONYα7のフルサイズ2430万画素」の優位性は見当たらなくなった。

したがって、ここ数年出番がなくなった。

いまは、FUJIFILM・XT-2、-20(2430万画素)を使うか、最新のレンズを買って蘇ったSONYα6000(2430万画素)である。

SONYα7の動画は使い物にならないので、動画は全てPanasonicに統一しているから益々出番がない。

出番がないのなら早めに売ってしまえで「ドナドナ」になった。

Buyout1907


その一方のPanasonic・LUMIX DMC-GX8(2015年発売・(生産終了)) 。

昨年2017年春にカメラ3台を下取り+「追い銭」にして買った中古新同品。

2030万画素4/3型 Live MOSセンサーでそこそこよかったのだが、極希にAFが合わないしLUMIX DMC-GH4(2014(2017生産終了))に比べて快適ではない。

何となくまどろっこしいと言う代物になった。

GH4の性能が良すぎる筈なのだが、何となく使いにくい。

強力な手振れ補正があるものの生かし切れていないと言うか何となく生煮え。
したがって、最近は出番が少ない。

次に中古で売るカメラはと言うと、実のところ残っていない。

Panasonicのカメラは、値段がつかないしCanon、Nikonのミラーレスも同じ。
よい値段がつくFUJIFILMのXシリーズはまだ現役なので売りようがない。

それにしても2年で8台もカメラを下取りにすることになった。

放湿庫で眠らせておいてもゴミになるだけなので、思ったより有効だった。



人気ブログランキング

icon

詳しくはこちらを参照 icon

2018_11_11


詳しくはこちらを参照 icon

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

甲府・武田神社に行く

11_040223


武田神社に行った。

これは紛れもなく山梨美術館のあとの見学コース。

非常に御大層な神社だと思ったら、元は武田氏の館跡(躑躅ヶ崎館)。

勝頼公が新府(現韮崎<甲府の北>・天正9年(1581年)) に移るまで62年間、甲斐武田氏の本拠だったところ。

11_040224


11_0402026


武田神社とはあるものの、勝頼公は天正10年(1582年)天目山で自害した。

そして武田系と言われた武将は、滝川一益によって「賞金」までつけられた追われている。

11_040225


11_0402011


実を言えばうちの家系も滝川一益に追われて、甲州街道を逃げてきて川越(埼玉)当たりの山側で止まった口。

北に逃げたのは善光寺で止まったもの、富山まで逃げたものと名字から分かるというのは不思議なものである。

但し確証はないし、父の代で代替わりしているのて実は関係ないかも。

一方、母方は小宮山内膳・友晴の系譜だが、友晴(天目山で討死)そのものは勝頼公に換言したために永蟄居閉門(家来では無いとの扱い)となり、家族は甲府より退去した。
(成田氏家臣・埼玉・戸塚城主・小宮山城)

今ではこれも関係ないけど。

11_0402014

Make SONY
Model ILCE-6000
Software Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
Exposure Time 0.0050s (1/200)
Aperture ƒ/5.0
Exposure aperture priority (semi-auto)
ISO equivalent 100
Exposure Bias +0.30EV
Metering Mode Matrix
Flash Fired No (enforced)
Focal Length 50.0mm 75mm=35mm equivalent
Color Space sRGB
White Balance Auto
Focal Length (35mm) 75
LensModel E 18-135mm F3.5-5.6 OSS
Date 2018-11-04 13:44:26 (no TZ)
Lens E 18-135mm F3.5-5.6 OSS

11_040238



そんなわけで何百年も辿(たど)れば、武田氏と関係がありそうなものだが、あまりに古すぎ。

いずれにせよ滝川一益にみんな追われたから武田の関係者は、甲府にはほとんど残っていないはず。

だから武田神社も妙なものである

11_040231


11月ともあって、七五三で華やかだった。

うちの娘が3歳の時は近くの神社で七五三をしたのだが、少なかった。

朝から写真館へ行って着付けと化粧をして写真を撮り、神社に行ったからその頃は我慢の限界だったらしい。

帰りに遊園地へ行って、気分を直して帰ってきたことを覚えている。

11_040237


それにしても武田神社での七五三。

多少大きい子は7歳だから、しっかり「女の子」を演じている。

いまにして思うが、女の子は本当に生まれたときから「女の子」なのだなと思う。

11_0402018


11_040241

Make FUJIFILM
Model X-T2
Software Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
Creator Syuun
Copyright Syuun_A
Exposure Time 0.0063s (1/160)
Aperture ƒ/2.8
Exposure program (Auto)
ISO equivalent 200
Exposure Bias +0.33EV
Metering Mode Matrix
Flash Fired No
Focal Length 18.0mm 27mm=35mm equivalent
Color Space sRGB
FocalPlaneXRes 2564
FocalPlaneUnits 10
White Balance Auto
Focal Length (35mm) 27
LensMake FUJIFILM
LensModel XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
Date 2018-11-04 13:35:28 (no TZ)
Lens FUJIFILM




人気ブログランキング

icon

詳しくはこちらを参照 icon

2018_11_11


詳しくはこちらを参照 icon

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 6日 (火)

「ミレーに出逢える美術館」山梨県立美術館へ行く

01988


11月4日に町内の旅行で「ミレーに出逢える美術館」山梨県立美術館へ行ってきた。

朝9時40分くらいから11時くらいまでの約1時間と少しのお勉強になった。

企画展としては、「バルビゾン派から印象派への架け橋」として「シャルル=フランソワ・ドービニー(1817-1878)展が開催されていた。

01984


ミレー(ジャン=フランソワ1814-1875)では、「新収蔵品」として「角笛を吹く牛飼い」38.1×27が開館40周年記念として70点目のコレクションとして公開された。

山梨県立美術館のミレー作品の目玉「種をまく人・1850」99.7×80はけっこうな大作て世界に二点あるものの一つ。

又有名な「落ち穂拾い、夏」38.3×29.3は会場で見ると非常に小さく、このシリーズはいくつかあった「パン画」の一つだったのではないかと思えた。

0206


「シャルル=フランソワ・ドービニー展の方の油彩画は、フランスのランス美術館のものがほとんどで、山梨県立美術館のものは版画などが多い。

ドービニー展では大作ではなく小品が多く、多分「パン画」として売りに出されたものであると想像される。

0205


ミレーやドービニーが生きた時代というのは、ルイ=ナポレオン・ボナパルト(ナポレオン3世)が登場する前後の1850年前後のことで、パリの大改造などが行われた時代。

フランスの混乱から一時期の安定期にあたる。

丁度、普仏戦争終結(1871)後の混乱期になる頃には亡くなっているからそう言う時代の画家である。

01985


01986

01993

Make SONY
Model ILCE-6000
Software Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
Exposure Time 0.0010s (1/1000)
Aperture ƒ/5.0
Exposure aperture priority (semi-auto)
ISO equivalent 100
Exposure Bias none
Metering Mode Matrix
Flash Fired No (enforced)
Focal Length 18.0mm 27mm=35mm equivalent
Color Space sRGB
White Balance Auto
Focal Length (35mm) 27
LensModel E 18-135mm F3.5-5.6 OSS
Date 2018-11-04 11:26:12 (no TZ)
Lens E 18-135mm F3.5-5.6 OSS

01994


0192



甲府市には、初めて行った。

前橋市のように戦争時に大空襲で焼け野原になるということもなかったから、道は細く曲がりくねって分かりにくい。

おまけに坂道だから移動は大変だ。

そう言う中にポツンと異世界の如く存在しているのが、この山梨県立美術館。

休日なのでたくさんの車が駐車場に並んでいる。

群馬県立美術館は、陸の孤島の県民の森にあるから美術館や博物館へ行く人より「公園」の方へ行く人が多い。
それで休日ともなると駐車場に車が入りきらない。

それにしても群馬県立美術館に比べて、山梨県立美術館の豪華なことは感嘆に値する。

0174


0170

Make FUJIFILM
Model X-T2
Software Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
Creator Syuun
Copyright Syuun_A
Exposure Time 0.0048s (1/210)
Aperture ƒ/2.8
Exposure program (Auto)
ISO equivalent 200
Exposure Bias +0.33EV
Metering Mode Matrix
Flash Fired No
Focal Length 18.0mm 27mm=35mm equivalent
Color Space sRGB
FocalPlaneXRes 2564
FocalPlaneUnits 10
White Balance Auto
Focal Length (35mm) 27
LensMake FUJIFILM
LensModel XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
Date 2018-11-04 11:12:20 (no TZ)




人気ブログランキング

icon


詳しくはこちらを参照 icon

2018_11_02


詳しくはこちらを参照 icon

 

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 3日 (土)

「この女に賭けろ」コミック本をブックオフで大人買い

Women1902


「この女に賭けろ」というコミック本は、「1993年から1997年に『モーニング』(講談社)で連載。全167話。」というものである。

主人公・原島浩美(身長173cm)は、1986年(昭和61年)、「よつば銀行の女性総合職一期生」として採用された。

従い、1985年に「男女雇用機会均等法」が制定され、翌86年に施行された女性総合職の活躍を描いたものである。

話は1993年という日本経済のバブル崩壊直後から1997年の、北海道拓殖銀行破綻、山一証券廃業、三洋証券会社更生法という大波乱の幕開けまでとなっている。

Women1903



その故に、1997年から始まるという経済小説があったりする。

1995年から始まる「住専処理」も本格化してバブル経済のハードランディングも極まったと言うべきだろう。(2000年千代田生命保険相互会社破綻)

小説としては、「金融腐食列島」というバブル崩壊後から2010年日航の会社更生法までのものがある。

「金融腐食列島」は、コミック版も発売されている。

WOWOWで放送された連続ドラマ「監査役 野崎修平」は、「この女に賭けろ」と同じ「周良貨原作」で1998年からの別設定(原島浩美は他行なのでナシ)での続きになっている。

その後、「新・監査役野崎修平」として現在も続いているようだ。

池井戸潤の「花咲舞が黙ってない」は、「この女に賭けろ」と同時代になっており、「半沢直樹シリーズ」、「オレたちバブル入行組」、「オレたち花のバブル組」と続くものは「監査役 野崎修平」と平行している。

今回「この女に賭けろ」コミック本を買おうと思ったのは、電子書籍でサンプル版を見たからでバブル崩壊後の会社や銀行などの内幕が勉強になったからである。

それで蛇足だが小説の主人公の年齢について考えてみた。

(予測・推定又思い違っていることもあり、間違っていることもある。役職は1997年)

原島浩美(この女に賭けろ)1986年入行・大方昭和38年(1963)生まれと最終刊にある。
学歴は不明だが、想定は早稲田大学・主事・本店調査役・課長級34~35歳。
この年に参事に抜擢、支店長・部長級。
女性総合職1期生は50人採用のうち1人のみ、その他ほとんど残っていない。

「バブル入行組」は銀行では早期リストラ候補としてあげられている。
「この女に賭けろ」では、役付になる直前に一斉リストラされている。

野崎修平(監査役野崎修平)1970年入行・昭和22~23年生まれ。
1998年からの物語。「あおぞら銀行」
北海道大学(詳細ナシ)、(支店長・1997-8)・役員・監査役(1998年)・49~50歳

半沢直樹(オレたちバブル入行組)1990年入行・昭和42年生まれ・慶応大学卒。「東京中央銀行」
不明30歳多分・副主事程度(話は2000年以降)

花咲舞(花咲舞が黙ってない)入行時期不明多分バブル入行・昭和45年~47年生まれ
予測・短大または高卒の一般職
27歳程度。(半沢直樹シリーズの前)

竹中治夫(金融腐食列島)1974年「協立銀行」入行・昭和26年生まれ・早稲田大学法学部卒。協立銀行・本部プロジェクト推進部・特命(住管)担当次長・竹中班・45歳・身長175cm・一選抜組
(部長・次長・副部長・課長)

原島浩美(この女に賭けろ)は、最終巻で10年飛ばしたと書かれているように出世しすぎである。

現実問題として、こういう女性総合職は生まれなかったから続刊が出なかったのだろうと思う。

ここのところ2000年(平成12年)頃に発売された経済小説を読んでいる。


Women1901


全てブックオフのネット購入で小説は108円か198円だが、コミック版は結構高い。

この時代は、何となく分かるとは言うものの今から考えると銀行小説と同じように非常に大変だった時期であった。

要するに銀行から金を借りている立場としての貸し剥がしだけでなく、当時4%程度の金利の筈がなんと不動産担保で10.25%の金利だった。

そんなものは直ぐに払えないから返済期日に遅れれば遅延損害金14.5%になる。

1,000万円単位の金だから、100万円単位の損害金。
仕事など馬鹿馬鹿しくてやっていられない。



こんなふうに銀行とは逆の立場だったから銀行の小説など読んでいる精神的なヒマはなかった。

それで今頃になって「あのときはどうだったのか」といまにに続く問題点の細かい点のヒントを探ろうとしている。

それと供にいまおきているのが「私立大学バブル」の後遺症。

日本経済のバブル潰しの「ハードランディング」は失敗だったと今や定説である。

それで「私立大学バブル」は、ソフトランディングになって分かりにくくなっている。

しかし、その「私立大学バブル」がどう言う原因でおきたのか?

その背景に

バブル経済
第2次ベビーブーム世代
男女雇用機会均等法
バブル経済による文系の大儲けと長引く不況による理系離れ
共通一次試験(後のセンター試験)と国立大学授業料の大幅値上げ
予備校による偏差値による輪切り

                     

後々考えてみよう。


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】


人気ブログランキング

icon


詳しくはこちらを参照 icon

2018_11_02


詳しくはこちらを参照 icon

 

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »