« 中古「FUJIFILM 縦位置パワーブースターグリップ VPB-XT2 」を買う | トップページ | CyberLink PowerDirector 17 で編集第69回群馬県書道展開幕式 »

2018年12月18日 (火)

Canon EOS Kiss M実機レビュー

Kissm1982


************************************
Canon EOS Kiss M実機レビュー概要
************************************

前から多少告知してあったとおりEOS M3を下取りにしてEOS Kiss Mを買った。

EOS M、M2、M3と買い、EOS M2、M3は売ってしまったので、いまは初代EOS Mが残っている。

今回Canon EOS Kiss Mについて多少書いてみたいと思ったのは、Kiss Mのカタログをみてもさっぱり分からない説明になっているからである。

それでどんなものなのかは、カタログでは知る由もなく実際にカメラ屋か電気屋に行って触ってみるしかない。

それで今回は、取りあえずどんなものかを写真で紹介したい。

Kissm1976


Kissm1977


Kissm1978


Kissm1979


Kissm1974

********************************
EOS Kiss Mの実写と使い方の考察
********************************

今回EOS Kiss Mでどう写るとか、どう言う設定をするかと言うことは書かない。

結論を言えば、書く必要がない。

Kissm1985


カメラの写りは、Canon EOSの特徴で早く言えばみんな同じ。

明るい順光であれば、初代EOSMからM2、M3、M5、M6そしてKiss Mと大差はない。

実際のところM2、M3とでは操作性に大差があり、M3、M5とではCMOSの違いなどで同じく大きく違う。

それでEOS Kiss Mの位置づけは、EOS M5の下位機種と言うことになっているものの、「比較テストについての考察」に見るように最新機種の方が性能が良い。

カタログスペックを見ても液晶は別として機能としてはほとんど上回っている。

Kissm1990


実際にKiss Mの「Kiss」という名称がついているようにEOSM5とは違う。

EOSM3とM5を比べてみたところ、写りともかく背面液晶の表示は同じ。
はっきり言って変わった感じがない。

Kissm1983


それがEOS Kiss Mの場合、一番気に入ったことは電子ビューファインダー(EVF)と液晶モニターの中の「電子水準器の表示」。

注意点は、AF方式が[顔+追尾優先AF]にすると水準器が表示出来ないこと。
だから

●オートモードに設定されている場合は、撮影モード[P]に変更

●[AF方式]を[ゾーンAF]や[1点AF]へ変更

という操作が必要である。

Kissm1984


懸念材料は、M3、M5、M6にあった露出補正ダイヤルがなくなった件。

こんな部分は、SONYα6000やNikon1の露出補正に比べれば相当使い易い。

EOS M3から比べれば、使い易くなって何となく使って見たい感じがある。



操作や写りに関して「結論を言えば、書く必要がない。」と書いたが、EOS Kiss Mは何も設定しなくとも買ってきてそのまま使えると言うのが売りであろう。

Kissm1995


Kissm1992



比較としてFUJIFILM X-T20というアナログ感覚一杯のカメラを出してみた。
元の価格帯として、1.5倍くらい違い。
実際に購入した時点では2倍の差があったものなので、質感その他圧倒的に違うがEOS M3ほど違わないところがよい。

Kissm1996


操作もFUJIFILM X-T20は買ってきたままでは使いにくく、自分用に設定する必要があることからエントリーモデルのパパママカメラではないことが分かる。

********************************
EOS Kiss Mの感想
********************************

EOS Kiss MなどのMシリーズでは使えるレンズが少ない。
現在では6本しかない。

筆者は、旧型の標準ズームを含めて4本でマクロと高倍率ズームは未購入。

マウントアダプターは持っているはずだが、何処(どこ)にしまったか見つかっていない。

Kissm1988



また、電池はEOSM M2と同じものなので、Mの予備電池がそのまま使えたのがよかった。

EOS Kiss Mを薦めるのかどうかというと実のところ何とも言えない。

Mシリーズのレンズや買い換えなら文句なしに薦めるが、「Mシリーズ」がどういうふうに発展するかは未定である。

Nikon1の時のように、高価なレンズも専用ストロボなどもたくさん買ってどうなるのかと思ったら、なくなってしまったのでは目も当てられない。

最後に言うと、他社のミラーレスカメラと比べてはいけません。

いわゆる趣味の範囲でということです。







人気ブログランキング

詳しくはこちらを参照 icon

2018_12_31

詳しくはこちらを参照 icon

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

|

« 中古「FUJIFILM 縦位置パワーブースターグリップ VPB-XT2 」を買う | トップページ | CyberLink PowerDirector 17 で編集第69回群馬県書道展開幕式 »

08デジタル一眼レフの世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Canon EOS Kiss M実機レビュー:

« 中古「FUJIFILM 縦位置パワーブースターグリップ VPB-XT2 」を買う | トップページ | CyberLink PowerDirector 17 で編集第69回群馬県書道展開幕式 »