« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月31日 (月)

大晦日で考えること ・・・・・

2019book1000082


何やら忙しかった2018年・平成30年が今日で終わる。

平成も来年の31年で終わるので何かひとつの区切りかもしれない。

大晦日ぐらい、少しは何かできる時間があるかと思ったら、来年の準備で忙しかった。

ライトノベルは31日ブックオフオンラインで7冊ほど買ったが、売った方は11冊30%増のクーポンが付いて769円だった。

最近は、カメラ部品はアウトレットだし、カメラも中古品を売り買いするようになった。

部屋にあった大量の雑誌は、1年間読むこともなかったので年末に全部廃品回収で処分した。
こう考えてみると来年は処分する物が多くある。

これも時代の変化だろう。



今年は事実上子供が独立してしまって、夫婦二人の家庭に戻った。

新婚時代などの頃とはとても思えない。

その頃は、母親の介護とそれに続く不妊治療、相続と多難で懐かしい思い出はない。

考えてみれば、かなり厳しい、苦しい状況の中で結婚し子供を作って、子育てをして過ぎてきた。

そうして4年前に突然???子供が大学に進学することになって、家から出て行った。

子供も成人したことだしもう親の出る幕はない。

しかし、何か運命のSwitchを押すことはあるかもしれないが、これは親ではないかもしれない。


この大晦日になると元旦以降3が日の広告が入ってきている。

子供はいないから福袋などを買う予定もないし、何か服を買ってやるということもない。

そしてそもそもお年玉などをやったこともない。

子供が生まれて少し経ったときには、小生の父母は鬼籍に入っていたから子供がお年玉をもらったと言うことは少ない。

ましてお年玉を使って何かを買ったと言うことも記憶にない。

ここでも昔の風習というのは廃れて行くのかは分からない。



人気ブログランキング

詳しくはこちらを参照 icon

2018_12_31

詳しくはこちらを参照 icon

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月28日 (金)

2018年末ブックオフで整理する

2019book2003


とうとう仕事納めの28日になった。

年末が土日にかかると31日があるとはいえもう終わり。

2018年にやることは、27日に不思議と終わったので今日は休めるかと思ったら窓ガラスのお掃除やら雑用が残っていた。

夕刻になり照明に反射した窓ガラスがこんなに綺麗だったかと妙に感心していたりする。

2018年は別に天中殺でもないのに健康上のトラブルを解決するという妙な年だった。

来年はどう言う年になるのかは、1月20日過ぎに起こる怖い「イベント」に戦慄を覚えたりする。





ストレスが溜まって、古いカメラはほとんど処分して欲しいカメラを手に入れたものの、撮影するシーンがないと言うか、使い切れない。

1月1日のNewYear駅伝では、20枚連写のLUMIX_G9proにするか11枚連写のX-T2+にするかと迷っている。

パパママカメラのEOS_Kiss_Mでも7~10枚連射できたりするとは言え、これはNewYear駅伝の帰り14時くらいに使うかとも。

今年の正月は娘は卒業制作で帰ってこないので、ものぐさな女房殿は正月はナシと言うことらしい。

小生の母親も割合と古い風習にはこだわらなかったので、正月は簡素だったが小さい頃はおせち料理にといろいろなものが朝食卓に並んでいたような気がする。

子供の教育的には、どう言う風習があるのかと一応全て教えてそのあとで簡素になってもかまわないのだが、初めからないと言うのはどうかと思う。

ただし、既に子供は成人したのでいまからでは遅い。


2019book1922



時代は刻々と変わっている。

小生が子供の時代の元旦、「ハタハタ」と国旗がはためく音がしても人っ子1人いない街が広がっていた。

しかし、いまは9時からNewYear駅伝の喧噪でヘリコプターの音はするし、テレビでは中継が続いている。

子供が小さかった頃のように、さすが朝からスーパーの抽選会に並ぶということはなくなった。

考えてみれば、子供が小さかった頃というのは多くのイベントがあった。

若い頃はそんなことなど考えなかったが、いまにして思えば多くの思い出がよぎる。

こうして今年も終わっていくわけだが、まだ4日ある。


2019book2004



それで2018年末、12月にブックオフオンラインで購入したライトノベルを取りあえず売ることにした。

大方Webの「小説家になろう」というサイトの書籍版で、普通は書籍用に「書き下ろし」や内容が変わっていたりする物が多い。
ところがたまに全く変わらないものがあって「損した」と言うことも多々あるのが難点である。



人気ブログランキング


サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月21日 (金)

CyberLink PowerDirector 17 で編集第69回群馬県書道展開幕式

69


今年2018年もあと10日。

21日から3連休。

随分前の若い頃はこの時期スキーに行っていたことがあった。

その頃はまだまだスキー全盛だった頃で、いまでは考えられない。

10数年前子供が小学生だった頃に草津にスキーへ連れて行ったこともある。

いまはロープウェイ(ゴンドラ)は停止して、振り子沢などのスキーコースも火山活動で閉鎖されたまま。

時代というものは変わるものだ。

その後に行っていたスキー場も閉鎖されていまだと何処へ行ったら良いかも分からない。

ついでに歳も取ったから体がついてゆくかどうかも不明。

そんな時期になった。

表題の「第69回群馬県書道展開幕式」。

----12月17日 閉幕。

動画が撮ってあったので編集してアップロードした。

その昔は、撮影してきたら直ぐに編集したものだが最近は何やらおっくうになった。


今日のテレビのワイドショーでは、ファミレスのバイトを75歳まで拡大するような記事があった。

しかし、筆者などは怠け者なので一日中ボーッとしているのが好きで体を使った仕事には向いていない。

・・・・と言うはずなのだが、昔から今日は何をしなければならないかということを念頭に置いて紙に書き出していたりする。

それがいつまで経っても項目が消えなくなったと言うのが最近。

新しい何かすることができたら、それだけしかできない。

こういうのが同じく歳をとったと言うことだろう。

書道も前橋市民展と書道芸術院展の作品をまとめて表具屋に来週早々に持って行かないと年を越せない。

こんなことは例年のことなのだが、こういった中で作品を作っていたりする。



人気ブログランキング


サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月18日 (火)

Canon EOS Kiss M実機レビュー

Kissm1982


************************************
Canon EOS Kiss M実機レビュー概要
************************************

前から多少告知してあったとおりEOS M3を下取りにしてEOS Kiss Mを買った。

EOS M、M2、M3と買い、EOS M2、M3は売ってしまったので、いまは初代EOS Mが残っている。

今回Canon EOS Kiss Mについて多少書いてみたいと思ったのは、Kiss Mのカタログをみてもさっぱり分からない説明になっているからである。

それでどんなものなのかは、カタログでは知る由もなく実際にカメラ屋か電気屋に行って触ってみるしかない。

それで今回は、取りあえずどんなものかを写真で紹介したい。

Kissm1976


Kissm1977


Kissm1978


Kissm1979


Kissm1974

********************************
EOS Kiss Mの実写と使い方の考察
********************************

今回EOS Kiss Mでどう写るとか、どう言う設定をするかと言うことは書かない。

結論を言えば、書く必要がない。

Kissm1985


カメラの写りは、Canon EOSの特徴で早く言えばみんな同じ。

明るい順光であれば、初代EOSMからM2、M3、M5、M6そしてKiss Mと大差はない。

実際のところM2、M3とでは操作性に大差があり、M3、M5とではCMOSの違いなどで同じく大きく違う。

それでEOS Kiss Mの位置づけは、EOS M5の下位機種と言うことになっているものの、「比較テストについての考察」に見るように最新機種の方が性能が良い。

カタログスペックを見ても液晶は別として機能としてはほとんど上回っている。

Kissm1990


実際にKiss Mの「Kiss」という名称がついているようにEOSM5とは違う。

EOSM3とM5を比べてみたところ、写りともかく背面液晶の表示は同じ。
はっきり言って変わった感じがない。

Kissm1983


それがEOS Kiss Mの場合、一番気に入ったことは電子ビューファインダー(EVF)と液晶モニターの中の「電子水準器の表示」。

注意点は、AF方式が[顔+追尾優先AF]にすると水準器が表示出来ないこと。
だから

●オートモードに設定されている場合は、撮影モード[P]に変更

●[AF方式]を[ゾーンAF]や[1点AF]へ変更

という操作が必要である。

Kissm1984


懸念材料は、M3、M5、M6にあった露出補正ダイヤルがなくなった件。

こんな部分は、SONYα6000やNikon1の露出補正に比べれば相当使い易い。

EOS M3から比べれば、使い易くなって何となく使って見たい感じがある。



操作や写りに関して「結論を言えば、書く必要がない。」と書いたが、EOS Kiss Mは何も設定しなくとも買ってきてそのまま使えると言うのが売りであろう。

Kissm1995


Kissm1992



比較としてFUJIFILM X-T20というアナログ感覚一杯のカメラを出してみた。
元の価格帯として、1.5倍くらい違い。
実際に購入した時点では2倍の差があったものなので、質感その他圧倒的に違うがEOS M3ほど違わないところがよい。

Kissm1996


操作もFUJIFILM X-T20は買ってきたままでは使いにくく、自分用に設定する必要があることからエントリーモデルのパパママカメラではないことが分かる。

********************************
EOS Kiss Mの感想
********************************

EOS Kiss MなどのMシリーズでは使えるレンズが少ない。
現在では6本しかない。

筆者は、旧型の標準ズームを含めて4本でマクロと高倍率ズームは未購入。

マウントアダプターは持っているはずだが、何処(どこ)にしまったか見つかっていない。

Kissm1988



また、電池はEOSM M2と同じものなので、Mの予備電池がそのまま使えたのがよかった。

EOS Kiss Mを薦めるのかどうかというと実のところ何とも言えない。

Mシリーズのレンズや買い換えなら文句なしに薦めるが、「Mシリーズ」がどういうふうに発展するかは未定である。

Nikon1の時のように、高価なレンズも専用ストロボなどもたくさん買ってどうなるのかと思ったら、なくなってしまったのでは目も当てられない。

最後に言うと、他社のミラーレスカメラと比べてはいけません。

いわゆる趣味の範囲でということです。







人気ブログランキング

詳しくはこちらを参照 icon

2018_12_31

詳しくはこちらを参照 icon

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月15日 (土)

中古「FUJIFILM 縦位置パワーブースターグリップ VPB-XT2 」を買う

Vbp1964


12月10日の【中古クリスマスSALE☆対象品】「FUJIFILM 縦位置パワーブースターグリップ VPB-XT2 」の中古・美品・箱付完全セットは、全然売れていなかったものの朝見たら全部値段が戻っていた。

それで届いた11日の夜に残りの「美品」が15,800円になっていたのは多少凹んだ。

しかし、3点のうちで写真をしっかり見て一番良いものを買ったのは間違いない。

一番良いものを2点お気に入りに入れて置いたものだから「良いもの」というか、ほぼ「新同品」のものはあと1点。

今日15日現在まだ売れていない。


Vbp1962



届いたVPB-XT2。

先ず入っている箱が綺麗。

これはまさしく開封して点検したぐらいなもの。

昔なら正に「新同品」という種類でほとんど使用感が無い。


Vbp1963


Vbp1966


Vbp1968



これはメーカー希望小売価格¥46,440(税込)

MAPカメラで新品¥33,540(税込)なのでほぼ半値で買えた計算である。

Vbp1971


Vbp1969




こういうバッテリーグリップというのは、実際に買ってみたけれど使わないと言うことが多い。

Pentax K-3のバッテリーグリップセットの特別バージョンも大きくて、結構置き場所に困る。

軽いカメラが非常に重くなるから余りつけたくないのだが、X-T2の場合。

高速連写で8枚/秒が11枚になる。

マイクロフォーサーズだともっと高速なのだか、NewYear駅伝で使って見ようかと思っている。

いずれにせよ最安値では買えなかったが、安く買えたことは間違いなくよしとする。






人気ブログランキング

詳しくはこちらを参照 icon

2018_12_18



詳しくはこちらを参照 icon

icon

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月13日 (木)

第2期・第69回群馬県書道展覧会第2期が始まった

693166


群馬県立近代美術館、第69回群馬県書道展覧会。

第2期2018年12月13日~17日の陳列が12日終了して全期間以外の掛け替えがされた。

展覧会の表彰式が終わったあとの第2期であると野球の消化試合のようになってあとは閉幕を待つのみになる。

しかし、今年は15日表彰式、祝賀会で16日は作品研究会の予定になっていて、まだまだ展覧会は続くという感じがある。

12日の陳列で今年の観覧者は前期で4,000人に満たず、例年の10,000人までどうかという。

693159

Make NIKON CORPORATION
Model NIKON 1 J5
Software Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
Exposure Time 0.0020s (1/500)
Aperture ƒ/3.5
Exposure program (Auto)
ISO equivalent 180
Exposure Bias +0.67EV
Metering Mode Matrix
Flash Fired No
Focal Length 10.0mm 27mm=35mm equivalent
Color Space sRGB
White Balance Auto
Focal Length (35mm) 27
LensModel 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM
Date 2018-12-12 09:21:29 (no TZ)

693172


693180


693182


693186


693188


693192


693194

作品題名「紫」

693201

Make NIKON CORPORATION
Model NIKON 1 J5
Software Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
Exposure Time 0.0063s (1/160)
Aperture ƒ/3.5
Exposure program (Auto)
ISO equivalent 400
Exposure Bias +1.00EV
Metering Mode Matrix
Flash Fired No
Focal Length 10.0mm 27mm=35mm equivalent
Color Space sRGB
White Balance Auto
Focal Length (35mm) 27
LensModel 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM
Date 2018-12-12 14:46:10 (no TZ)
Lens 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM

693206

Make NIKON CORPORATION
Model NIKON 1 J5
Software Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
Exposure Time 0.0040s (1/250)
Aperture ƒ/3.5
Exposure program (Auto)
ISO equivalent 360
Exposure Bias +0.33EV
Metering Mode Matrix
Flash Fired No
Focal Length 10.9mm 29mm=35mm equivalent
Color Space sRGB
White Balance Auto
Focal Length (35mm) 29
LensModel 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM
Date 2018-12-12 15:14:05 (no TZ)
Lens 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM





人気ブログランキング

 

 

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月10日 (月)

マイクロフォーサーズ編比較6・日本カメラ2018・9月号の再検証

Lumixgx2018


日曜日9日に動きすぎて、月曜の今日は全く仕事かできない。

仕事と言っても金にもならないし、逆に買い物だったりで金の出る一方である。

日曜日だとティッシュペーパーの箱をひとつくれるというので夕方寒い中、バイクでガソリンスタンドへ行った。

ガソリンスタンドも日曜日の夕刻混雑している。

それで11時頃にマップカメラから

「欲しいリストご登録アイテムの商品情報が変更されました」
「値段が下がりました。」とあった。
【中古クリスマスSALE☆対象品】

これは20時半から始まる「中古夜市」とかいうナイトセールに出品されるもの。

先週は、15,800円まで下がったものの、買えなかった中古の「FUJIFILM 縦位置パワーブースターグリップ VPB-XT2 」。



9日には、値段が下がらなかったが週末17,800円のものは売れたのだよね。


それで今回は16,800円で、写真で見る限りキズなどはナシ。

X-T3が出たので出品されてきたもの。


Vpbxt2

同等品・これを買ったのでは無い。


・・・・と言うことでポチってしまったが、実際にどの程度使うか分からない。

34,000円程度で新品を買うよりましかというもの。

痛んでいたら困るけれど。

*******************
マイクロフォーサーズ編 比較6になった。

************

「撮って出しのJPEG画像にみる」「仕上がりの色・ホワイトバランス・AE」

データの出し方は「2017年版同様に6人のうち最低点と最高点を削除して4人分の平均をとった。」

絞り・フルサイズF8、APS-C-F5.6、マイクロフォーサーズF4.0
ISO100・WBオート

レンズ
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
(¥76,800 ~ ¥86,800)
LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S. H-ES12060
(¥78,997 ~ ¥99,800 )

*********************************
日本カメラ2018・9月号
マイクロフォーサーズ比較テストについての考察
***********************************

風景編では、日本カメラの座談会で最新のLUMIXカメラが圧倒的によくなったという趣旨のことが述べられている。

事実、GH5、G9pro、GX7IIIは、最新の高画素のCMOSと画像処理エンジンで好成績を収めている。

それで少し古いG8は画像処理エンジンと画素数の違い、GX8になると一世代前という感じがある。

それにくらべてOLYMPUS系は、最新機種が出ていないことからLUMIX G8並という古さを感じる。

マイクロフォーサーズなどは驚く程進化している。


2018_09m_43




ポートレイト編では、エントリーモデルのLUMIX GF10が好成績。

画像の少ない方がよいようである。

GX7IIIは、やはりG9proの廉価版ということなのか古いGX8と同じになった。



2018_09m_43_2




マイクロフォーサーズについて思うことは、やはりレンズが安い。

APS-Cにくらべても半値、7掛け、フルサイズなら三分の一である。

非常にお財布に易しいカメラであることは間違いない。





人気ブログランキング

詳しくはこちらを参照 icon

2018_12_0099


 

詳しくはこちらを参照 icon

icon

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 8日 (土)

第69回群馬県書道展覧会が開催される

69sho1000215


群馬の森・群馬県立近代美術館で、第69回県展の書道部門・標記の「第69回群馬県書道展覧会」が平成30年12月7日(金)より開催された。

会期は
2018年12月7日~11日・第1期
2018年12月13日~17日・第2期

平成30年12月7日(金)午前9時30分より開幕式・テープカットが開催された。

(動画は後日)

69sho1000236


審査部長の小倉釣雲先生の解説によると、公募1,536点(入選1,383点)で委員、委嘱作家を含めた総定数は2,016点という。

筆者が県展事業部に在籍した10年ほど前は2,000点を超えたので公募が500点ばかり減少している。

委員・委嘱も480点と言うから、驚く程減少している。

委員、委嘱作家とは毎日書道展で対応すると審査委員と会員に相当する。

その他無鑑査(公募)という資格がある。

69sho1000767


来期は第70回記念展で、その特別措置として無鑑査で特選1回を含み得点10点以上持っている場合、入賞(特選、秀作)を受賞すれば委嘱作家に推挙の措置が執られると述べられた。

但し、無鑑査とは入選10回以上。

委員、委嘱作家は高齢化による減少が著しく、出品目録をみても驚く程減少していることが分かる。

69sho1000246


69sho1000251


69sho1000254


69sho1000262


69sho1000264

Make Panasonic
Model DC-G9
Software Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
Exposure Time 0.020s (1/50)
Aperture ƒ/2.8
Exposure program (Auto)
ISO equivalent 200
Exposure Bias +2.33EV
Metering Mode Matrix
Flash Fired No (enforced)
Focal Length 12.0mm 24mm=35mm equivalent
Color Space sRGB
White Balance Auto
Focal Length (35mm) 24
LensModel LEICA DG 12-60/F2.8-4.0
Date 2018-12-07 10:14:49 (no TZ)
Lens LEICA DG 12-60/F2.8-4.0

69sho1000267


平成30年12月7日(金)は、午前中霧が巻いて雨が降りそうであった。

12月としては、いままで余り経験がない。

それにしてもいつも思うが群馬県立近代美術館は遠い。


69sho1000269


69sho1000273



Make Panasonic
Model DC-G9
Software Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
Exposure Time 0.0031s (1/320)
Aperture ƒ/5.0
Exposure program (Auto)
ISO equivalent 200
Exposure Bias none
Metering Mode Matrix
Flash Fired No (enforced)
Focal Length 12.0mm 24mm=35mm equivalent
Color Space sRGB
White Balance Auto
Focal Length (35mm) 24
LensModel LEICA DG 12-60/F2.8-4.0
Date 2018-12-07 10:29:56 (no TZ)
Lens LEICA DG 12-60/F2.8-4.0






人気ブログランキング

詳しくはこちらを参照 icon

2018_12_0099


 

詳しくはこちらを参照 icon

icon

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 7日 (金)

FUJIFILM編比較5・日本カメラ2018・9月号の再検証

Fujifilm00


やっとメイン機種になっているFUJIFILMになった。

もともと最後に参入したFUJIFILMのカメラなんてと思っていたところ、X-A1というエントリーモデルがAmazonで投げ売りされていて買い、いまに至っている。

それにしてもX-T1なんて高価でとても買えなかった。

だからX-T2が出たときに中古で買い、X-T20を買ったときに手放そうと思ったが、全く違うカメラだったのでそのままになっている。

いまやX-T3の時代なので、X-T1(買い取り価格25,000円)など安くなったが売られているのはキズや剥がれのある並品しかない。

みんな手放さないのね。

それは同じ心境。


2018_12dona1961



それはともかく、先日中古の買い取り価格を調べていたらCanon EOS M3が限界に来ていた。

使えないEOS M2は処分で安く売ったが、EOS M3は製品末期に買ってまだ2年しか経っていない。

こういう古い製品を買うと寿命が短い。

中古で買えばもっと短いこともある。

それで10,000円以上値段がつくうちに売ることにした。

どうせ年に無理しても数回しか使っていない。

2018_12dona1958


これで本当に使わないカメラで売るものは何も無くなった。

それで2018年12月7日査定承認したので、あとの取引ができるかと思ったらサーバーが混雑。

繋がったのは、17時過ぎ。

制限していたのかな。

そういえばナイトセールでは、驚くべきことにほとんど売れていた。

さすが12月のボーナスシーズンだ。

小生には関係ないけど。

2018_12dona1959


*******************
FUJIFILM編 比較5になった。

************

「撮って出しのJPEG画像にみる」「仕上がりの色・ホワイトバランス・AE」

データの出し方は「2017年版同様に6人のうち最低点と最高点を削除して4人分の平均をとった。」

絞り・フルサイズF8、APS-C-F5.6、マイクロフォーサーズF4.0
ISO100・WBオート

レンズ
フジノンレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR
(¥108,715 ~ ¥124,720)

フジノンレンズ GF63mmF2.8 R WR
(¥174,474 ~ ¥193,860)

*********************************
日本カメラ2018・9月号
FUJIFILM比較テストについての考察
***********************************

風景編では、中判カメラに相当するGFX-50Sなどよくて当たり前。

その上単焦点レンズだしな。

そのあとは、CMOSの違う普及版のX-A5、X-T100以外は同じエンジンとCMOSセンターなので同じようになるはずが違っている。

実を言えば、新しいものの順に並んでいる。

X-T20もX-T2も持っているが、違うように思えない。

多分最新のX-T3なら大幅に違うのかもしれない。


2018_09fujifilm




ポートレイト編では、エントリーモデルのX-A5はよくない。

GFX-50Sは問題外として、X-T20、X-E3などと同じ筈のX-T2の数値が下がっている。
これは個体差なのかもしれない。

実は、販売時期の新しいほど性能が良い。
何か違うのかもしれない。


2018_09fujifilm_2


月刊カメラマンでT氏がFUJIFILMのカメラを使ってフルサイズは必要ないと言っていたことが実感できる。



人気ブログランキング

 

詳しくはこちらを参照 icon

2018_12_09

詳しくはこちらを参照 icon

icon

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

そうはいえ高価なレンズには手が届かない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 5日 (水)

Pentax・RICOH編比較4・日本カメラ2018・9月号の再検証

2018_09


ここのところ毎日カメラについて検討していると・・・・・、

余程愛着があったり、売り物にならないカメラは別として下取りとして10,000円以上値段がつくものは売ってしまった方が良いと思える。

値段がつかないカメラというのは、いわゆるジャンク品扱いでカメラのキタムラに行くと新品を買えば3,000円くらい引いてくれると言う種類のもの。

カメラ大中古市に行けば300円~500円で売っているという代物になる。

実際はそれほど安くはないが。



それでいまは7~8年前くらいに、さんざん買ったコンデジが防湿庫のゴミになっている。

高級コンデジの場合、次の製品が無かったり高価すぎて買えないのでそのままにしているものもある。

酷いのが生産中止してあとが無いNikon1シリーズ

Nikon (ニコン) Nikon 1 J2 標準ズームレンズキット¥2,000
Nikon (ニコン) Nikon 1 J3 ボディ ブラック ¥1,500
Nikon (ニコン) Nikon 1 J4 標準パワーズームレンズキット シルバー¥3,000 
Nikon (ニコン) Nikon 1 J5 標準パワーズームレンズキット ブラック  ¥6,500

EOS Mも酷い。

Canon (キヤノン) EOS M EF-M18-55IS STM レンズキット シルバー¥7,900 
Canon (キヤノン) EOS M ボディ シルバー ¥3,000

Nikon 1や初代 EOS Mはシャンク品並というものである。

2018_092



*******************
Pentax/RICOH編 比較4になった。

************

「撮って出しのJPEG画像にみる」「仕上がりの色・ホワイトバランス・AE」

データの出し方は「2017年版同様に6人のうち最低点と最高点を削除して4人分の平均をとった。」

絞り・フルサイズF8、APS-C-F5.6、マイクロフォーサーズF4.0
ISO100・WBオート

レンズ
HD PENTAX-D FA 24-70mmF2.8ED SDM WR
¥155,130 ~ ¥162,810

smc PENTAX-D FA645 55mmF2.8AL[IF] SDM AW
¥93,740 ~ ¥93,740

*********************************
日本カメラ2018・9月号
Pentax比較テストについての考察
***********************************

風景編では、日本カメラの総評にもあるようにPentaxは屋外専用のようなことが書いてある。
「フィールドカメラを謳っている。」

そう言うことで、全カメラの中でトップクラスの画像になるようだ。


2018_09pentax



その代わり動きものには弱い、ミラーレスカメラではないから高速シャッターは切れない。

ライブビューは悲惨、動画も駄目と最近のカメラらしくない。

K-01でミラーレスカメラから撤退しなければ今頃面白いカメラが出ていたと思う。

店頭でKPなどを見てみればいつのカメラだと思うくらいに他社とは違う。

カメラから撤退すると、中古で高いレンズが売れなくなるので是非続けて欲しい。

ポートレイト編では、多分最悪に近いか。


2018_09pentax_2






PentaxのカメラはK-3、K-01とレンズだけ残してすべて売ってしまった。

その理由は、室内でほとんど使い物にならないと言うことだった。

ストロボを使っても他社に大幅に劣る。

特に小生は書道家と言うこともあって展覧会を撮る。


その時に使い物にならないのでは困るのである。

K-3も屋外へ持ち出せば驚くほどよい映像が撮れるのだが、他社のカメラも変わらなくなっている。





人気ブログランキング

 

詳しくはこちらを参照 icon

2018_12_09

詳しくはこちらを参照 icon

icon

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 4日 (火)

SONY編比較3・日本カメラ2018・9月号の再検証

18135_09sony


毎日バックグランドでPC音楽の音がうるさい。

特に不在の時に大音響(??)で長時間動かしたりしている。

理由は、11月末に買ったEdifier(エディファイア) スピーカーED-R1280Tのエージングのためである。

時々「ピーン」とか「ドコ」とか音がして、スピーカーの片方ずつ音が変わり音量もかわる。

高音部が伸びてきた感じがするが、まだ雑な感じがあってまだ少しかかりそう。

また萌えファンタジー本をブックオフオンラインで検索してあったと思ったら、隅から消えていってあっという間に売り切れになった。

みんな考えていることは同じ。

*******************
SONY編 比較3になった。

************

「撮って出しのJPEG画像にみる」「仕上がりの色・ホワイトバランス・AE」


データの出し方は「2017年版同様に6人のうち最低点と最高点を削除して4人分の平均をとった。」

絞り・フルサイズF8、APS-C-F5.6、マイクロフォーサーズF4.0
ISO100・WBオート

レンズ
FE24-70mm F2.8 GM(¥228,679 ~ ¥273,240)
Vario-SonnarT*24-70mm F2.8 ZA SSM II

*********************************
日本カメラ2018・9月号
SONY比較テストについての考察
***********************************

風景編では、フルサイズが上位に来た。

APS-Cのα6500などは、2017年度で最高点だったが、撮影状況が違うとフルサイズ優位になる。

いまSONYではフルサイズに力を入れているからその表れかもしれないが、大したことはないと思っていたα7も高級レンズを使うと復活すると確認できた。

ただし、200,000円以上するレンズを買う気がない。

また、SONYというのはレンズとの相性というものがあって、APS-Cだともっと安いレンズでも良いのではないかと思う。


2018_09sony




ポートレイト編では、予想に反していま激安のα6000(2014年発売)が大健闘している。

α6300を買うのならα6000で充分と言うのは、プロカメラマンが言うところである。

最上位機種のα6500(2016年)は、手振れ補正やタッチパネルになっているので別物ではある。

フルサイズは同じような性能が出ているがα9(2017・¥364,800 ~ ¥537,840)は、動きものに特化しているためか、価格に見合った性能が出いないか個体差か分からない。


2018_09sony_2




フルサイズミラーレスカメラでは、圧倒的な差で他社を引き離している、
しかし、Canon、Nikonも出してきたことで2019年のテストではどうなるか分からない。

しかし、SONYも黙っていないというのは当たり前だろう。



人気ブログランキング

 

詳しくはこちらを参照 icon

2018_12_09

詳しくはこちらを参照 icon

icon

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 3日 (月)

Nikon比較2・日本カメラ2018・9月号の再検証

2018_081953

12月3日朝、メールを見たら「欲しいリストご登録アイテムの商品情報が変更されました」とあって、2,000円ほど下がって購入予定価格になっていた。


メールは12月2日の夜の9時過ぎ頃。

それでもどうしようかと思っていたのは、これが「縦位置パワーブースターグリップ」というものであってもなくても良いようなもの。


どうせ中古品なので、キズや擦れキズがあるのか拡大写真で見ていたところ1枚で「擦れキズ」のようなものを見つけた。

他の写真では全く見られず、写真の撮り方の問題かと迷って10時過ぎにポチったところ「あれ不思議」と元の価格に戻っていた。

もういっぺんやり直すと「在庫がありません」と出た。

結果は、夜間だけのナイトセールだったのかも知れない。

こういう型遅れ品部品の中古というものは今後売り物にならない。

在庫もたくさんあるわけだし、次回と言うことにした。

いずれにせよ、「神様がヤメトケ」と言ったのかもしれない。
*****************************************************

2018_081955


*******************
Nikon比較2 になった。

************

「撮って出しのJPEG画像にみる」「仕上がりの色・ホワイトバランス・AE」

 

データの出し方は「2017年版同様に6人のうち最低点と最高点を削除して4人分の平均をとった。」

設定・Nikon
絞り・フルサイズF8、APS-C-F5.6、マイクロフォーサーズF4.0
ISO100・WBオート

レンズ
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR(¥220,694 ~ ¥257,800)

*********************************
日本カメラ2018・9月号
Nikon比較テストについての考察
***********************************

風景編では、最新しかもフルサイズが上位に来た。

Canonでも述べた様に最新機種、特にここ1年くらいに発売したものは性能が上がっている。
最新フルサイズのD850は性能が高い。

一方2013年D610はフルサイズでも普及機に負けている。

2016年発売の人気機種D500は、2088万画素と普及機(D5600、D3400)の2472万画素よりも画素数が少ない。

2017年のD7500と同じだが、今ひとつ性能が出せないようだ。

2018_09nikon


ポートレイド編では、約500,000円もするD5の圧勝。

性能が良い最新のD850はそこそこだがパパママカメラと人物撮影が多い普及機が検討している。

2018_09nikon_2



結果はCanon、NikonをくらべてもCanonの普及機の性能が高いことが分かる。

その一方で高級機は単なる写りとしてはNikonの方が良いようだ。

Nikonは、最近ハイエンドのミラーレスカメラを発売したとはいえ、近年ではマイナーチェンジ版(D7500)は除いてD850(2017_8)ぐらいしか発売していない。

Canonの時も述べたようにミラーレスカメラが主流になりつつあるときに全体に古さを感じてしまう。



人気ブログランキング

 

詳しくはこちらを参照 icon

2018_12_09

詳しくはこちらを参照 icon

icon

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 2日 (日)

Canon比較・日本カメラ2018・9月号の再検証

2018_081951


日本カメラでは、毎年9月号という夏に発売される刊にカメラテストがある。

このテストはカメラの初期設定で撮った映像を、プロカメラマンを含めた判定者が覆面(カメラの機種を匿名)にして点数を付けたというもの。

「現行一眼カメラ一挙68台!・大撮りくらべ大会」は、毎年見ても何が何だか全く分からない。

特に比較するカメラメーカーが違うとレンズや設定が違っていたりして、あくまでもその設定でと言うことになる。

その中で、同一メーカーだと同じレンズや設定を使うために割合と公平であろう。


2018_081952



「撮って出しのJPEG画像にみる」「仕上がりの色・ホワイトバランス・AE」

データの出し方は「2017年版同様に6人のうち最低点と最高点を削除して4人分の平均をとった。」

★今頃になってと思うが、やっとこんなことも出来るように多少体力が回復したということかもしれない。

設定・Canon
絞り・フルサイズF8、APS-C-F5.6、マイクロフォーサーズF4.0
ISO100・WBオート


レンズ
FE24-70mm F2.8L II USM(¥166,900 ~ ¥200,970 )
EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM(¥25,640 ~ ¥29,800 )キットレンズ



*********************************
日本カメラ2018・9月号
Canon比較テストについての考察

***********************************

風景編では、事実上全機種同じような数値になった。
多少の違いがあるのは、古い機種と初級者用のカメラでは基本設定が違うのかもしれないが誤差かもしれない。


2018_09canon



ポートレイド編では、それがもう少し顕著に古い機種が性能が悪く、またEOS Mシリーズの成績が悪い。

EOS Mのミラーレスカメラは、普及レンズを使っているためかもしれない。

結果は未だにEOS80DとEOS9000Dが一番となっている。


2018_09canon_2


実のところこれでカメラの良い悪いが決まるわけではない。

初心者用のカメラの方がフルオートで撮影するのでそれだけカメラ任せになる。

小生もそうだが上級機種になるほど自分の好みに細かい設定をして、撮影をする。

それでも気に入らなければ、RAW現像をしてと言うくらい違うことになる。

そう言う中で、FUJIFILMのようにJPEGがよいものもある。

設定は、紙に印刷するかパソコンで見るだけかと言うだけでも違うので一様ではない。


いまCanon、Nikonもハイエンドのミラーレスカメラが発売されてこの世界はミラーレスカメラ一色になっている。

そういう点から見て、Canonの古さは否めない。

EOS Mのミラーレスカメラもレンズの貧弱さから力不足で、どうするのかと思われる。

やはりAPS-Cの新たなミラーレスカメラが期待されるのではないか。



人気ブログランキング

 

詳しくはこちらを参照 icon

2018_12_09

詳しくはこちらを参照 icon

icon

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »