« 第53回天真書道会展を観覧 | トップページ | 多胡碑・第16回群馬書作家展 開催される »

2019年2月21日 (木)

フレッツ光メンバーズクラブで、<プラチナ>美巧 近代蒔絵万年筆を貰う

1000806


今月号の写真誌は、Canon、OLYMPUS、LUMIXの高級デジタルミラーレスカメラとSONYα6400,FUJIFILMのX-T30という普及版カメラの紹介で目白押しだった。

フルサイズのLUMIXはデカイ、重いと写真家の落合氏が述べているようにミラーレスカメラとも思えない高級機。

昨年末頃に買ったカメラ2台で1か月半で約1,500枚強くらい撮影したが、小生の撮り方では不都合というシーンはなかった。

新製品が出ると何となく心が動くとはいうものの現状で撮れていれば問題はない。

強いて言えば、今や古くなってエントリー機と化したSONYα6000を更新したいと言うくらいか。

しかし、これも現状不都合と言うことではないから多分先の話。

*************************
フレッツ光メンバーズクラブからメールが来て、3月末で10,000ポイント程度失効するという。

10,000ポイントと言えば10,000円に相当するから早速何かに交換しなければならない。

それでいっそのこと失効期間を伸ばすためになるべく使ってしまおうと思ったものの事実上使えるのはカタロクギフトである。

いつもこのカタログギフトというのは品物の選択に悩むところで、家電や食器などは定価で掲載されているので結構割高感が強い。

それでほぼ定価でしか売られていないで、絶対に自分では金を出して買わないものとして「美巧 近代蒔絵万年筆・プラチナ製(鳳凰)」と交換することにした。

1000778


1000809


1000808


1000777


1000813


ネットで見ると12,000円+消費税なので13,000円弱。

カタログギフトだと消費税分だけは安くなる計算である。

もともとタダで貰えるものだから文句はなし。

それで1週間ほどで届いたのだが、発送とかのメールは来なかった。

蒔絵万年筆としては、裾になるので拍子抜けするくらいなにか簡素。

万年筆用コンバーターはついていないのかなと確認したら、別売だった。

1020333


1020335




このコンバーターは消耗品で高価でもないので、Amazonで注文した。

取り付けてみれば、元々ついていないのが不思議なくらいマッチした。


1020336


1020337



しかし、インクが古いものしかなく書き味は次回。


1000779


*****************************

今から約55年前の小学校の4年生頃。

小学校の南の通りの先の住宅街に同級生が住んでいた。

放課後に帰るというので、今のような集団登下校ではないから勝手に友達と後をついていった。
入り口の突っ込み道路まで来ると、「ここだからもう帰れ」と追い返された。

その先にあったのは、古くあまり高級とは言えない木造平屋の家。
「どうせ直ぐに引っ越すから」意味はないだろうという話でもある。

それで次に見た時には、空き家になっていて貸家だったかと子どもながら思った。

その古い貸家に高校の数学の先生が引っ越してきたらしい。

3月末になってその「おんなの人」が来た。

妊娠の話は、薄着になったこのときに出たのかもしれないが記憶というものはそんなものである。

4月から週1回土曜日午後2時からと言うことだが、何時間するのかと言うことは決まっていない。

大体、先生が切りのよいところで「ここまで」というと終わりである。

その高校の先生と言えば直ぐ近くの県立高校ではなく、私立女子高の先生だと言うことで何となく漠然とした不安はよぎる。



****************************

4月となれば3月の空っ風は止んで天気がよい。

こんな良い日に塾かという落胆とともに、初めて土曜日にその借家を訪ねた。

今なら母親が付いてくる感じはあるものの、勝手に行ってこいと言うのがこの頃の風潮である。

ものごとの入り口の少しは関与しても、あとは何でも自己責任というていのよい自由放任と言うのだろう。

塾に行くのも自由、当然止めるのも自由。

そろばん塾や書道塾は合ったものの、学習塾そのものができ始めた頃で今のような補習予備校というものはない。

はっきり言って塾に行くゆかないで、学校の成績が上がるということもほぼ皆無に近い。

あくまで自分で勉強するかしないかであった。

そして学校の成績が悪いのは本人の責任という適当なもの。

戦前の教育を受けた両親というのは今の水準で行けば余り教育熱心とは言えない。

常に行く道は示すものの行くかゆかないかは本人の自己責任というもの。

戦前は高等教育を受けなかったり、楽々大学に行ける実力を持ちながら旧制中学しか卒業しなかったという例は枚挙にいとまがない。

父のように旧制高校を経て大学に進学すると言うのは例外中の例外であった。

*********************



人気ブログランキング



ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

 

|

« 第53回天真書道会展を観覧 | トップページ | 多胡碑・第16回群馬書作家展 開催される »

syuun の不思議な少年時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フレッツ光メンバーズクラブで、<プラチナ>美巧 近代蒔絵万年筆を貰う:

« 第53回天真書道会展を観覧 | トップページ | 多胡碑・第16回群馬書作家展 開催される »