« Panasonic LUMIX G99の発売 | トップページ | 天田研石米寿記念展・研心会会員書道展 観覧 »

2019年4月 9日 (火)

一斉の高校の入学式の姿を見て思う

Gx7301480

平成31年4月9日(火)の夕方、5%バーゲンの日だったのでショッピングモールへ出かけて行った。

前橋女子高の横の道を通ったら、前橋駅へ向かう親子連れ、お父さんまでいる家族連れもあってさすが「前女」と思わせるところがある。

駅の近くのショッピングモールへ行けば、別の制服親子連れや知らない制服、そして制服が間に合わなかったのではないかと思われる親子連れなど多数。

小生は、子供の写真を撮ってくれということで参加した小学校の卒業式しか経験がない。

子供の中学校の入学式前夜は、制服のスカートの丈が長いと子供が泣きわめいて、しかたなく制服のスカートの少し短いものに取り換えたと女房が述べていた。

入学式を終えてみれば、「みんなスカートの丈が長かった」とそれで収まっている。



記憶をたどれば、学生服の袖は折り返すくらいだったものがあっと言う間に買い替えるようになり、女子の昔など床に擦りほど長いスカートが見る見るうちに短くなって卒業するころには人により「ミニ」近くなっていた。


それで高校の入学式。

前橋高校は昔の「天川校舎」で高校に続く道のみ舗装されていた。

その理由は、いつだったか天皇陛下がお立ち寄りになったことがあったとかである。

高崎高校は、定期戦に行ったとき周り中砂埃舞う未舗装だった。


そして3年後の卒業式には行かなかった。

理由は、国立大学第1期の試験日に隣接していたからでもあるものの試験前から「欠席」としていた。

今にして思えば、70年安保の真っ只中5分程度で終わったと言うから行ってもよかったのではないかと思う。



ショッピングモールでは、直ぐ隣くらいに位置する前橋商業高校の生徒が多かった。

昔の天川町に前橋高校があったならば、かなり多くの前高生で賑わったかもしれない。

しかし、今は東の「下沖」にそれこそ「島流し」になっているので見ることはない。

娘を思えば、この高校の新入生が3年後に同じ笑い顔ができるのかと本当に寂しい気がする。

うちの場合は「溺れる前にうまく逃げ切った」からよかったとしても、複雑な気分でもある。

母校の前橋高校の2019年の進路実績はまだ公表されていない。

昨年(平成30)の進路実績が「18年問題」と絡んで大幅に悪かった。

それで平成27年には、現役合格率が69%だったのが30年は58%と4割以上が浪人することになった。



第1次ベビーブーム世代はどうだったのかと思いを馳せるものの現役が30%未満だったのではないかと思う。

一浪を「ひとなみ」と呼んでいたが、今のように現役学生の補習予備校や総合のプライベート塾などがなかった時代。

高校側でもう少し進路指導を上手くすればと言うより、全くやっていなかったから「浪人」と言う憂き目に遭ったのであろうと思う。

その後の第2次ベビーブーム世代とは、いわゆるバブルの頃である。

予備校が繁盛して、予備校の講師で話題が絶えなかった。

第1次の頃の進学率25~30%未満が、今の水準と同じ60%くらいまで上がった頃。

文系女子の浪人など昔はほぼ皆無だったのが、このときは当たり前にいた。

私大バブルが発生して、これは今に至る。

この浪人だが、「浪人して成績が上がるか」という質問。

今では常識になっていることで「ほとんど現状維持」、悪くすれば現役で受かっていた大学にも受からない。

まして、現役で落ちた大学より上のランクの大学に合格するというのはレアケース、例外といわれている。



大学入試は試験の点数「1点」を争う。

大学時代、学生アパートの隣の部屋の住民は理学部生だった。

一期校の受験は京都大学で、「絶対受かった」と思ったら落ちたという。

後に試験結果を開示して貰ったらそれこそ「1点差」で落ちていたという。

その1点に何人もいるわけで、浪人をすると言うのはそのあと「1点」を取るためである。


しかし、第1次ベビーブーム世代の受験はその他の時期とは全く違っている。

それは、昭和28年生まれくらい以降人口が激変して昭和30年生まれ頃にピーク時の半分まで減少をする。

だから医学部など多浪をすれば、自然と合格しやすいということがある。

事実、大学4年を卒業、または中退して「共通一次試験」が実施される前、医学部を再受験した友人が多数医学部に合格している。



それで冒頭の「高校の入学式の姿」を見て思うのは、今大学入試というのは激変期でセンター試験が廃止されて別のものになるし、英検なども必須になる。

国立大学の入試も多様化になるだろうし、私立大学は定員厳格化の影響が計り知れない。

また私立大学は、特別入試(AO、公募、指定校推薦など)が60%を超えて主流になり、一般入学試験組は負け組になる。

娘は第3次ベビーブーム世代にあたるものの、こういう混迷から避けられた分幸運だったかもしれない。

ちなみに、モールで見た群馬県立前橋商業高校から指定校推薦で毎年3~4名 慶応大学へ進学します。

その他有名大学多数で、時代は、昔と今では違う。

前商の生徒(掲示板)に言わせると「下剋上」の世界だそうです。



人気ブログランキング


 

サイバーリンク公式オンラインストア サイバーリンク公式オンラインストア サイバーリンク公式オンラインストア

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

icon

 

 

サイバーリンク Power2Go 12

 

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.
人気ブログランキング

 

|

« Panasonic LUMIX G99の発売 | トップページ | 天田研石米寿記念展・研心会会員書道展 観覧 »

消え去った郷土歴史・閨閥の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Panasonic LUMIX G99の発売 | トップページ | 天田研石米寿記念展・研心会会員書道展 観覧 »