« ASRock B450 Steel Legend機・組み込み完了 | トップページ | Ryzen7_2700X+ASRock B450 Steel Legend完成 »

2019年5月22日 (水)

Windows10-1809クリーンインストール失敗

001cpu_3280

ASRock B450 Steel Legendのマザーボードで久々パソコンを組んで、あと又は翌日になって見逃していたことに気づくことが多い。

マザーボードのヒートシンクの保護ビニールは気づかず、後から剥がすのは非常に面倒。

下手をするとこのビニールが熱で溶けてヒートシンクの放熱を妨げる可能性も多い。

しかし、過去に作ったパソコンでのメンテナンスで気がついて取り払ったときなどはそう言うことはなかった。

組み上げてあったPCに電源を投入して、UEFI_BIOSを出して動作確認する。

001cpu_3300

ASRockというのは、元々ASUSの技術者が作った会社だと聞いていたがUEFI BIOSは全く違う。

単純には、基本性能はASUSの高級機と同等ながら価格を抑えた製品だと思っている。

その代わり、価格それなりの部分というのが幾つかみられる。

はっきり言って初心者向けではないな。

ASUSに比べて取扱説明書も何となく分かりづらいし(問題がある訳ではない)、余分なサービス部品も一切ついていない。

確かに今は、かってのレガシー部品というものが影を潜めて付属部品というものが減っている。

初めはUEFI BIOSの確認と、各部の正常機能の確認をする。

ASRockはなぜかメモリースロットが硬くて、ひとつのメモリーが上手く刺さっていなかったりする。

001cpu_3302


各部Switchのその他正常を確認して、Windows10をインストールすることにした。

UEFI BIOSの詳細設定その他は取りあえずメモリーのOCにみして、あとは デフォルト(初期設定)のままにした。

USB3.0のWindows10-1809_USBメモリーを差して起動。

「USBフラッシュメモリー」は、一番先に読むことになっているのでWindows10インストーラーが起動。

001cpu_3272

最近のパソコン雑誌をみると今までのDVDによるインストールではなく、「USBフラッシュメモリー」をつかう記事になっている。

事実最近のパソコンケースには、5インチベイはないものが多く、DVDドライブも選択肢が少ない。

001cpu_3275  

001cpu_3277


それでC/Nを入れて順調にインストールすると思ったら、15%ぐらいのところで「失敗」になった。
「エラーコード: 0x8007025D」


意味
「これはWindows 10 インストール中にインストールに必要なファイルがメディアに見つからなかったのが主な原因です。
メディアが破損していないか(DVDなら傷が付いていないか)、ダウンロードした場合はダウンロードに失敗していないか(途中でファイルが切れていないか)などを確認してください。」

これはWindows10のクリーンインスートル失敗で生じているエラー。
「USBフラッシュメモリー」の破損を指摘されているものの何かのドライバーエラーらしい。
しかし、過去記事に「USBフラッシュメモリー」が破損していないものもある。
「グラフィックスボード」を取り外したらインストール出来たという事例もある。
2019年の初頭に1809で「USBフラッシュメモリー」でもDVDでもクリーンインストール失敗という記事がある。
結果は、原因が分からず解決していない。

001cpu_3281

-----------------
うちの場合も自作機なので個別の問題を抱えているかもしれないと思って、問題のなさそうな古いバージョン1703のDVDインストールディスクがあったのでこれを使った。
----1703ではサポートが切れているけれど。

「DVDインストールディスク」なので、再起動時F11を連打して起動するドライブを選択。
起動したらENTERを連打して進める。

結構こんな面倒なことをしていたのか昔の記憶を思い出したりしている。

今回は途中で、失敗したトライブを削除する作業はあったもの、すんなりクリーンインストールができた。

最近Windows10に触れていなかったから、操作を忘れている。

以前にあれほどリカバリーしたのにWindows10のオリジナルだとメーカー製のOSの動作と多少違うのかもしれない。

それにしても驚いたのは、LANケーブルを繋いでいたら自動的にビデオドライバーなどはダウンロードされて適用されていた。

確認はしなかったのだが、マザーボードのドライバーはWindows10で互換ドライバーでどのくらい入ったのかは不明。

結構時間が掛かったので、あとの再設定、詳細設定やBIOSの見直し、製品のLEDコントローラーのソフトは次回。
-------------------------------------------
Windows10は、それで2019年5月22日アップデートしてVer1803にした。
1809には、もう少し時間が掛かる。

Win10_1706_20190001

*****************************
●OS-Windows 10(64bit)(1703--->>>1803)
■CPU-AMD_Ryzen7_2700X
●CPUクーラー・MSI CORE FROZR XL+Arctic Cooling MX-4熱伝導グリース
■マザーボード-:ASRock B450 Steel Legend(ver1)
●メモリ-16GB(8GB×2)Patriot Viper Gaming デスクトップ用RGBシリーズDDR4 DRAM 3000MHz 16GBキット - ホワイト
■SSD-Crucial SSD M.2 1000GB P1シリーズ Type2280 PCIe3.0x4 NVMe CT1000P1SSD8JP
●データ用HDD  未定
●グラフィックスカード-GeForce GTX 1060 G1 Gaming 3G(流用)
●ドライブ--ASUS DRW-24D5MT
■電源・SILVER STONE SST-ET750-HG
■PCケース・Corsair Carbide 500R
********************************


1803upyppp001

 

 



人気ブログランキング





 

サイバーリンク公式オンラインストア サイバーリンク公式オンラインストア サイバーリンク公式オンラインストア

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

icon

 

 

サイバーリンク Power2Go 12

 

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.
人気ブログランキング

 

ビックカメラ.com

ディノス オンラインショップ

 

|

« ASRock B450 Steel Legend機・組み込み完了 | トップページ | Ryzen7_2700X+ASRock B450 Steel Legend完成 »

06.自作パソコンを作る・問題点を探る?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ASRock B450 Steel Legend機・組み込み完了 | トップページ | Ryzen7_2700X+ASRock B450 Steel Legend完成 »