« Windows10-1809クリーンインストール失敗 | トップページ | 第13回書峰会展 を観覧 »

2019年5月23日 (木)

Ryzen7_2700X+ASRock B450 Steel Legend完成

001cpu_1020492

自作機の完成がようやく一段落した。

PCのWindows10バージョンは、1803だが[Windows Update]で[Download and install now]というオプションが表示されるまで待って次は1903になるのかは不明。

001cpu_3293

001cpu_3292

自作パソコンというのは、部品の相性なども考慮して自分で部品を集めて組み込み、OSもインストールして完成させる。

当然手間は自己負担なのでメーカー製より高品質の部品を使うことが出来、性能は高い。

その分リスクも大きく、最悪な場合は高価な金属のゴミになる。

実際には部品も安定していることが多く、そう言うことになったことはない。

しかし、今回使用したAMDなどは通常使われているIntel製に比べてメーカー対応が薄いので上級者向けかもしれない。

1803_hwinfo1  

自作パソコンを組む目的は、最近の流行(トレンド)などのパソコン事情を見極めることにある。

そこで100,000円以上の部品を買って作るのだから、多少のケチってもCPUとマザーボードぐらいなもの。

しかも将来的には、動画編集なども行う予定であるので高性能を追求している。

Cpu003001

まずCPUを「AMD_Ryzen」にしたのは、もうすぐ3700が出るらしくCPが高くバーゲン価格になったからである。

ASRock B450 Steel Legendは、最新モデルなのでNVMeのヒートシンクが付いていたり、LEDコントロールができたりと多機能、低価格。
BIOSがいまVer2になっているのは、次期のCPU仮AMD_Ryzen3700~に対応だとおもわれる。

Storageexe002  


Amd2700x001
1703

起動のストレージは、SSDになっているというのは5年も前からで、いま動いている自作デスクトップパソコンは全てSSDになっている。
それがSSD M.2 「NVMe CT1000P1SSD8」というSSDより最低4倍近くはやいものが安くなったので試してみた。

Amd2700x1803001

メモリーは今流行のLED付で、実に面白い。

どうかと思ったが、これが結構当たりだった。

Ledcont001

電源は、いままで使用した自作機のうちでの高級電源なので全く問題なし。

性能は、元々そこそこの高性能を狙ったので早い。

Msima001

これから徐々に使えるようにしてゆく訳だが、何に使うかは未定。

001cpu_1020491


*****************************
●OS-Windows 10(64bit)(1803)
■CPU-AMD_Ryzen7_2700X
●CPUクーラー・MSI CORE FROZR XL+Arctic Cooling MX-4熱伝導グリース
■マザーボード-:ASRock B450 Steel Legend(ver1)
●メモリ-16GB(8GB×2)Patriot Viper Gaming デスクトップ用RGBシリーズDDR4 DRAM 3000MHz 16GBキット - ホワイト
■SSD-Crucial SSD M.2 1000GB P1シリーズ Type2280 PCIe3.0x4 NVMe CT1000P1SSD8JP
●データ用HDD  未定
●グラフィックスカード-GeForce GTX 1060 G1 Gaming 3G(流用)
●ドライブ--ASUS DRW-24D5MT
■電源・SILVER STONE SST-ET750-HG
■PCケース・Corsair Carbide 500R
********************************

001cpu_3304

1803upyppp001_1

Windows10・1809がクリーンインストール失敗した理由。

自作パソコンの場合、個々に構成が違うので同じ症状か出るというわけではない。
要するに個別案件である。

こういう場合も自己解決だが、いろいろな部品、OSなどを持っていて解決出来ることも多い。

今回の問題は、まず「ASRock B450 Steel Legend」のマザーボードにあるグラフィックス出力オプション: DisplayPort, HDMIを見逃したことだと思っている。

但し、OSのインストール前に使えるかどうかは不明。

OSのインストールは、基本最小構成で行うのが基本である。
しかし、今回はGeForce GTX 1060を繋いだままインストールしてしまった。

ネットで調べると、Windows10・1809のクリーンインストールに成功したものはメーカー製のオンボードグラフィックスだった。

「ASRock B450 Steel Legend」と「GeForce GTX 1060」では約2年くらい年代が違う。

Windows10は、互換ドライバーを先にインストールするようなので、これだと失敗するかもしれないと予測した。

結果、Ver1703という2年前のWindows10のDVDを使ったら、成功したのは思いつきの結果かもしれない。

今ならオンボードグラフィックスにして、すんなり1809にして苦労することはなかったかもしれない。
こういうものも経験である。

次回OSのWindows10をインストールには失敗しないだろうと思うが、いつのことになるか??


Ryzen7_2700X+ASRock B450 Steel Legendの組み合わせでは、オンボードグラフィックスは使えない。



 



人気ブログランキング





 

サイバーリンク公式オンラインストア サイバーリンク公式オンラインストア サイバーリンク公式オンラインストア

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

icon

 

 

サイバーリンク Power2Go 12

 

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.
人気ブログランキング

 

ビックカメラ.com

ディノス オンラインショップ

 

|

« Windows10-1809クリーンインストール失敗 | トップページ | 第13回書峰会展 を観覧 »

06.自作パソコンを作る・問題点を探る?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Windows10-1809クリーンインストール失敗 | トップページ | 第13回書峰会展 を観覧 »