« 前橋まつりが台風の影響で中止になった。 | トップページ | 小市民としての生活防衛 »

2019年10月13日 (日)

10月13日、台風一過晴天になった。

10202601


天気になったからどこかへ遊びに行くというのは、まだ崖崩れや水害の恐れがあるので防災の方から控えるように伝えられている。


だから当然安中松井田その他の展覧会に出かけるようなことはできない。


前橋では、台風の雨は夕立が連続してきているようなもので、去ったら仕事場やその他雨漏りがなかったかと点検して回る必要がある。

TVでは各地の災害の様子を映しだしている。

小生の住んでいる前橋市。

ここは江戸時代に利根川の氾濫で城が流されてしまって、殿様が川越へ転居してしまうというほど災害の多いところだった。

そのために重点的に利根川の氾濫対策をして、明治維新の時に殿様が帰ることができたという話がある。

実のところ表面に流れる川は南北に真っ直ぐ流れている。


しかし、伏流水としての利根川は未だに旧利根川を流れていると言われる。

だから地形的に結構難しいところである。


前橋では県庁のある旧城内の標高が一番高い。


事実上の利根川の中州になる県庁近くから利根川を見下ろすと通常10m以上下に川が見える。


これが台風の時には、護岸から水位が見えるくらいになる。

 

今回の台風19号では、防災放送とスマホの緊急速報メールで「利根川の水位が氾濫危険水位を超えました。【警戒レベル4】12日20時18分」と知らせがあった。



前橋というのは、車で走っていると全く気がつかないものの、南に大きく傾斜している。


単純には、関東平野に向かって坂になっている。


雨水は当然その方向に流れて、一本の道筋を作る。


道路というのは不思議なことに昔の「沢」に沿って作られている。


したがって、一番低い沢の道に水は集中して時として雷雨でも道の車を押し流すことが20年以上前にあった。


前橋市で○○川町という「川」の文字の付く地名が非常に多い。


そこは元利根川だったところだと言われていて、地表から30センチ掘ると20~30センチ大のほぼ同じ大きさの石で埋まっている。


それで利根川水系の「八ッ場ダム」はどうだったかというと、3~4か月かけてダム湖に水を貯めるはずがこの台風19号で満水になったという。

今にして思えば、八ッ場ダムがなかったら利根川水系は間違いなく洪水になっていただろうと推定される。





PCショップ20周年記念【目玉商品】マカフィー リブセーフ 3年版

【グランプリ】マカフィー リブセーフ 3年版」価格表
10/11(金)~10/14(祝)まで、週末限定セール! Windows / Mac / Android / iOSのマルチデバイス対応。家族内で無制限のデバイスを保護できる「マカフィー リブセーフ 3年版」が 超特価3,980円



Photo Commander 16 - 高速画像管理編集ソフト


 


 

【受賞記念特価】AdGuard Premium(アドガードプレミアム)」

 



カスペルスキー セキュリティ 3年5台版







人気ブログランキング


詳しくはこちらを参照 icon
2019_10_13

詳しくはこちらを参照 icon


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

icon

 

 

サイバーリンク Power2Go 12

 

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.
人気ブログランキング

 

|

« 前橋まつりが台風の影響で中止になった。 | トップページ | 小市民としての生活防衛 »

消え去った郷土歴史・閨閥の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 前橋まつりが台風の影響で中止になった。 | トップページ | 小市民としての生活防衛 »