« 書道家としては今年の秋まで行事日程は白紙 | トップページ | 「日本の書200人選」6月に延期して開催の予定 »

2020年4月23日 (木)

月刊「カメラマン」突然の休刊・4月22日

1020912


月刊誌「カメラマン」が5月号(2020年4月20日発売)をもって休刊することになったと言う記事が突然出た。

「モーターマガジン社」のウェブサイトに掲示があるものの、「カメラマン」などのページには載っていない。

カメラ雑誌は、最近はコンパクトデジタルカメラがスマホに押されてほぼ全滅した以降売れなくなったかもしれない。

最近ではTSUTAYAなどでは「日本カメラ」と同じく見ることもなくなって、以前から定期購読をしていた。


1020914




5月号の編集後記の部分の「次回予告」では、5月20日発売の6月号の予告があるのでこの休刊は突然だろう。

編集後記には写真家の仕事がなくなっているとか、新型コロナウィルスの影響で多少支障が出ているらしいことが書いてある。

想像するとこの新型コロナウィルスの影響で、写真が集まらないとか新製品のカメラやテスト用の機材が借りられないとか多くの支障が出たのではないかと思う。

しかも雑誌の売れ行きが悪いとなればこうなるのも時代の流れかもしれない。


事実4月中発売との予告のFUJIFILM X-T4も未だに発売の期日も決まっていない。

中国製造だし、カメラ店で宣伝するわけにも行かないから本当にいつになるのかは分からない。


1020915

カメラ雑誌のレビュー記事は大方提灯記事で、仕様を中心に紹介して使用感を書かないことが多い。

その点この「カメラマン」は他のカメラと比較して長所、短所も書かれていたので非常に参考になった。

最近までアサヒカメラ、日本カメラを定期購読していたのを止め、2月からCAPAの定期購読を始めている。

日本カメラなどの定期購読を止めたのは、レビュー記事が曖昧にぼかされていることとミラーレスカメラが主流になった現在でも後発のNikon、Canon押しだったからである。


この雑誌「カメラマン」が休刊になって、今後発売される新製品の詳細が分からなくなった。

しかし、今持っているカメラの新製品なら「退化」するわけでもないので自分で見極めれば良いと思う。



事実として、中古で買ったLUMIX GX8はカメラ雑誌の評価では良かったものの、使って見たらLUMIX GH4に大幅に劣っていた。

これは買って1年ほどで下取りに出したから今は手元にない。



カメラの販売動向も例年なら4月下旬には、ゴールデンウィークの需要に併せて格安商品が出ることがある。

しかし、今年は旅行がなしだからカメラは売れないし、3月の決算期も低調だった。


実を言えば昨年末の「キャッシュバックキャンペーン」やポイント還元を利用して、欲しいカメラやレンズは全て買ってしまったので今は様子見である。



それにしても、昨年の春には自作パソコンの雑誌が休刊して、今年はカメラ雑誌と続き残念な話である。


読んだ証明として、1日1回クリックを!!!!!!!

 

ブログランキングに参加しています。



Please vote.
人気ブログランキング

PCショップ20周年記念【目玉商品】マカフィー リブセーフ 3年版





Photo Commander 16 - 高速画像管理編集ソフト

 


 

【受賞記念特価】AdGuard Premium(アドガードプレミアム)」

 



カスペルスキー セキュリティ 3年5台版




ブックオフオンライン【PC・携帯共通】


Dropbox Pro



人気ブログランキング


icon
ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

 

 

サイバーリンク Power2Go 12

 

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.
人気ブログランキング

 

|

« 書道家としては今年の秋まで行事日程は白紙 | トップページ | 「日本の書200人選」6月に延期して開催の予定 »

08デジタル一眼レフの世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 書道家としては今年の秋まで行事日程は白紙 | トップページ | 「日本の書200人選」6月に延期して開催の予定 »