08デジタル一眼レフの世界

2019年4月 8日 (月)

Panasonic LUMIX G99の発売

Gx731020385

ここのところ元気がない。

何故かと言えば、先週左足が痛くて立ち上がれなくなった、歩けなくなったからである。

その上に、昼過ぎになると微熱が出て風邪を引いたような感じ。

それで金曜日に接骨院に行ったら、関節が伸びている。
何か無理して歩いたのではないか、使わない筋肉を使っただろう・・・なのである。
そして、多分大分経っているなと図星で、思い当たる節も多くさすがプロ。
湿布薬を貰って少しはよくなってきた。

以前にも言ったように3月に大量にものを買ったので、5月のクレジットカードの支払いが大変なものになっている。
元々予定していたものは何とかなりそうだが、ダメなら預金を切り崩そうという次第。

G99004
G99001

それで平成31年4月8日(月)LUMIX G99が5月23日に発売されるというメールがマップカメラから届いた。

価格は、LUMIX DC-G99 ボディ¥121,380(税込)

G99という紛らわしい名称のカメラは何かと思ったら、ストロボあり、電池がBLC-12、レンズキットの組レンズが「LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 II ASPH. POWER」。

それで気がついたのはLUMIX G8の後継機だった。

LUMIX GX7MK3に取り残されたようになっていたLUMIX G8。

LUMIX DC-G99になって若干ヘッド部分が大きくなり重くなった。

主な変更点は

*ローパスフィルターレス20.3M Live MOSセンサー
*ヘッドフォン端子、USB充電、Bluetooth、動画性能など


プラボディだったLUMIX G7から続く形状に違和感かなければこれでよいかなとも思える。

LUMIX G8は、金属ボディになって質感か上がったとは言え見た目はあまり変わらない。

G99003

G99002


小生は、LUMIX G7を動画専用に使っているものの、フルハイビジョン程度では全く変わらない。

実際のところ動画では、1200mAhしかないBLC-12では心許ない。

GH4やG9は、BLF19なので1860mAhと余裕だがG9は高性能な分電池食いである。

・・・と言うことで、LUMIX DC-G99はLUMIX GX7MK3並になった。

実質はLUMIX GX7MK3より性能は良いが中古で安く買えるようになったら考えてみよう。



Gx731020389



人気ブログランキング


 

サイバーリンク公式オンラインストア サイバーリンク公式オンラインストア サイバーリンク公式オンラインストア

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

icon

 

 

サイバーリンク Power2Go 12

 

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.
人気ブログランキング

 

| | コメント (0)

2019年4月 5日 (金)

中古・美品LUMIX DC-GX7MK3 ブラックを買う

Gx731020372




年度末の3月31日までクーポンが付いて安いとなっていたプリンターが、4月に入ったら値下げされて少し安くなっていて驚いた。

その他外付けHDDも限定価格と言っていながら、4月になってもそのまま。

何か欺されたような気分になった4月であった。

実はそろそろ新しいパソコンを組もうと思っているのだが、その構成と供に資金の予定が付かない。

自作パソコンというのは「生もの」なので作るとなったら一斉に部品を集めて作らないと部品が上手く揃わないことが多い。

それにここ5-6年前から作っているパソコンはSSDなので、物理的に動くところがなくなかなか壊れにくい。

だから新しいパソコンを作っても使い道がないと言うのが本音である。

Gx731020358

Gx73


昨年に何台もデジタルミラーレスカメラを買って下取りするものがなくなってきているので新品のカメラは買えていない。

その中で3月下旬の「夜市」でLUMIX DC-GX7MK3中古・美品で買った。





届いたものは、納得するくらいの美品で箱や梱包材の状態から新品とは到底言えないものの綺麗なものだった。


Gx731020359

本体 USB充電に変更されたために充電器はつかない。

Gx731020362

PanasonicLUMIX GX8が不評で旧型のGX7をG8時代に揃えてマイナーチェンジ。(1600万画素のローパスレス)

そして昨年3月にもう一度マイナーチェンジをしてGX7MK3となった。

Gx731020365


Gx731020360


GX8は持っていて昨年の5月に下取りとして売ってしまっている。

理由はAF(オートフォーカス)が時々合わないのと、マイクロフォーサーズとしては大柄なのに性能が悪いこと。

LUMIXシリーズとしては上位機種なのに撮影UIなどエントリーモデルと変わらなかった。


それで1600万画素のGH4、G7、GX8(2000万画素ローパス入)を第1世代とすると
第2世代は、(1600万画素のローパスレス)
G8、GX7MK2
第3世代は、(2030万画素のローパスレス・Bluetooth 4.2・新UI・画像処理エンジン)
G9pro、GX7MK3、GH5

こんなもので同じ2000万画素のGX8に比べてこれほど違う。

Gx731020369

同世代は同じような「絵」が出て来るもので、G9pro、GX7MK3は同じLiveMOSなのでほぼ同じ。

GX7MK3の質感はかなり良く、MK2のプラスチッキーな感じがない。

GX8と同じ露出補正ダイヤルを搭載して初代GX7と同じチルト式ファインダーになっている。

Gx731020374



よい点

新UIで「下限シャッター速度」の設定が出来るようになった。
色彩が記憶色になって、AdobeLRで補正しなくても良くなった。
これはCanonEOS kissMやFUJIFILM X-T2などと同じ感じ。
AFその他全てG9proに譲るのでこんなもので良いかもしれない。

残念な点

しかし、元々が古いGX7を元にしているので欠点は、変わっていないところ
チルト式ファインダーの性能
手ぶれ防止が最新ではない
電池が小型で持ちが悪い
マイク端子がない

次回発売されるかもしれないGX7MK4またはGX9はどのようになるのかは知らないが、今回はこれで良しとした。


Gx731020367


Gx731020370

Panasonic LUMIX LX100についていた充電器を流用可能

Gx731020382


Gx731020384

 

 



人気ブログランキング


 

サイバーリンク公式オンラインストア サイバーリンク公式オンラインストア サイバーリンク公式オンラインストア

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

icon

 

 

サイバーリンク Power2Go 12

 

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.
人気ブログランキング

 

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

中古Canon EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMを買う

Ca1020377





3月の年度末、今年も何やら沢山のものを衝動買いしてしまった。

買ったものは、元々カメラ屋や電気屋でさんざん眺めていたようなもので今になって気がついたというものではない。

今回買った中古・美品(箱付)のCanon EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMだが「M」と付くようにCanonの小型ミラーレスカメラ専用のものである。

このMシリーズは、元々不人気なので程度の良い物が出てくることも多い。

18150map

実のところ中古より安い「新品」というレンズキットばらしのアウトレット品を待っていたが未だに見ていない。

EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STMはアウトレットで買ったが、データを見ていたら買った後に2/3まで下がっていた。
これ、今まで使ったことがあまりない。

EF-M18-150mmもEOS M5のレンズキットとして出たもので、少し時間が経つので新品でもそれほど高くない。

Ca1020375


今回「欲しいを応援SALE☆対象品」で少し安くなったとはいえ、中古と新品との価格差は安くなって7,500円程度しかない。


Ca1020376



これでなかなか悩むところであったが「【外観】全体的に丁寧に使用されたお勧めの商品です。」という微妙な表現でも買った。

届いたものは、元々の梱包材もそのままでほぼ「新品????」と見間違えるくらい綺麗な外観。
こういう中古品はなかなか見極めが難しい。

Ca1020378

CanonMシリーズは元々人気がないから中古で出やすく、またこのCanon EF-M18-150mm(29-240mm相当)はEOS kissMに着装すると折角のコンパクトさが台無しになる。

しかし、屋外に持ち出してEF-M55-200mmと標準ズームを付け替える手間を考えるとこの選択枝しかない。

Ca1020379

Panasonicに小型の14-140mm(28-280mm相当)は、実のところあまり画質がよくない。

これはLEICA レンズと比べてしまっているからなのだが、CanonMシリーズはそれほど画質が落ちない。

それで31日の朝10時30分にMAPCAMERAから届いたので、「なかんじょ寄席」に試し撮りとして持っていった。


安いレンズにしてはよく写るもので、そこそこ良かったのではないかと思う。


 



人気ブログランキング


 

サイバーリンク公式オンラインストア サイバーリンク公式オンラインストア サイバーリンク公式オンラインストア

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

icon

 

 

サイバーリンク Power2Go 12

 

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.
人気ブログランキング

 

| | コメント (0)

2019年2月 3日 (日)

『特選街』2019年03月号のカメラ記事とLEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7

15mm1000681


最近雑誌は定期購読というものになっている。

その定期購読になると割り引きの上に1年分で13冊送られてくるとか、また更新されるごとに5%引きになるとか一時期では考えられないことになっている。

これも今やネット通販が主力になったからという影響かもしれない。

しかし、定期購読をしてもほとんど読まずに積み上げられて行くだけだと実にもったいない。

それで1年くらい前に止めてしまったのが『特選街』という軽いと言うか、中身の薄い雑誌。

ここでのカメラ記事を多少評価していたのは他社の雑誌のようにNikon、Canon押しという記事が少ない。

近年デジタルミラーレスカメラが主流になりつつあって、多少「Nikon、Canon押し」が少なくなり、ミラーレスカメラの先駆者のSONY記事が多くなった。

それもNikon、Canonのハイエンドデジタルミラーレスカメラが登場した途端にまた「Nikon、Canon押し」になっている。

『特選街』2019年03月号のカメラ記事は、2018年12月号で

1週間で身につく!「デジタル一眼のトリセツ」
「最新ミラーレス一眼」予算別〈得〉購入ガイド


15mm1000684


15mm1000682


という記事が出ているので3月号の

「ミラーレス一眼か? 一眼レフか?」最新注目モデルを〇×チェック!

の記事はかなり薄味。

それでも昨年末に旧型カメラを処分して購入したカメラが載っているから良しとした。

購入した「LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH・H-X015-K」。

これは古いレンズなので、手振れ補正とか防滴とかの機能はない。

単純に言えば、最新のボディ内手ぶれ補正機能を持っているカメラでないと使い勝手が悪い。

最適なのはキットレンズになっているLUMIX DC-GX7MK3ぐらいなものだろう。


15mm1000689

Make Panasonic
Model DC-G9
Software Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
Exposure Time 0.125s (1/8)
Aperture ƒ/1.7
Exposure program (Auto)
ISO equivalent 320
Exposure Bias +0.33EV
Metering Mode Matrix
Flash Fired No (enforced)
Focal Length 15.0mm 30mm=35mm equivalent
Color Space sRGB
White Balance Auto
Focal Length (35mm) 30
LensModel LEICA DG SUMMILUX 15/F1.7
Date 2019-02-03 17:45:14 (no TZ)
Lens LEICA DG SUMMILUX 15/F1.7

15mm1000691

Make Panasonic
Model DC-G9
Software Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
Exposure Time 0.125s (1/8)
Aperture ƒ/1.7
Exposure program (Auto)
ISO equivalent 1250
Exposure Bias +0.33EV
Metering Mode Matrix
Flash Fired No (enforced)
Focal Length 15.0mm 30mm=35mm equivalent
Color Space sRGB
White Balance Auto
Focal Length (35mm) 30
LensModel LEICA DG SUMMILUX 15/F1.7
Date 2019-02-03 17:45:40 (no TZ)
Lens LEICA DG SUMMILUX 15/F1.7

*****************************

一応「LUMIX DC-GX7MK3L」をマップカメラの中古品で、お気に入り入れてあるものの当分買うつもりはない。

現状今持っているミラーレスカメラのどれを持っていっても全く問題ない状態になっている。

15mm0631

Make Canon
Model Canon EOS KISS M
Software Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
Exposure Time 0.010s (1/100)
Aperture ƒ/4.5
Exposure program (Auto)
ISO equivalent 100
Exposure Bias none
Metering Mode Matrix
Flash Fired No
Focal Length 11.0mm
Color Space sRGB
FocalPlaneXRes 6514.657980456026
FocalPlaneUnits 25.4
White Balance Auto
LensModel EF-M11-22mm f/4-5.6 IS STM
Date 2019-01-31 14:04:59 (no TZ)
Lens EF-M11-22mm f/4-5.6 IS STM

***********************

それと第53回前橋市民展の搬入が2019年1月31日に終了した。

書道の第3部・新傾向は、第51回展からは20点増だが52回展からは若干の増である。

単純には社中の入れ替わりと世代交代である。

年金を貰っているから充分「ジジイ」なので、最近前頭葉が劣化して「キレる」ことが多くなった。
それだけ余裕がなくなってきているとも言えるものの、書道界は定年が80歳で実年齢マイナス20歳が書道界年齢となり世間様とは大きく異なる。

これでは毎日書道展U23など3歳の年小組の子供になるのでその扱いかもしれない。

今から40年くらい前は、今では神様扱いの戦後書道の重鎮がまだ健在だった。

少なくともその影響は多分に残っていた時代。

その頃にその重圧をはね除ける展覧会を始めて今や、創めた先生方はほとんど書道界の定年を迎えている。

今でも元気に展覧会をしているから大した体力と気力である。




人気ブログランキング


詳しくはこちらを参照 icon

2019_02_02

詳しくはこちらを参照 icon




ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 2日 (土)

LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ・H-X015を中古で買った

15mm1020320


以前からブックマークしていた「LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH・H-X015-K」。

これはPanasonic・LUMIX_GなのでいわゆるパナLEICAである。

マイクロフォーサーズで35mm版換算では30mm相当になる。

一応F1.7なのでそこそこの大口径レンズとなる。

発売が2014年なので値段もこなれてきている。

定価だと税別70,000円だが、ヨドバシカメラの通販だと¥45,780(税込)4,578ポイント(10%還元)(¥4,578相当)で、ポイントが差し引けるとすれば価格コムのネット価格になる。

それを敢えて中古品を買うのだから新品から15%以上安くないと割に合わない。

15mmf172


15mmf17

15mm2005


15mm1020315


いつものマップカメラの中古品は、同じように見えて何を買うのかというのが難しい。

前に買った失敗から学んで、「新同品」と「美品」いう中古を見極めるのが難しいことが分かっている。

「新同品」というのは、単なる開封品とか未使用品と言うことが多いとはいえ実態は不明。経験的には確定できないので買う本人が見極めるしかない。

箱付きの場合、大方入っている箱がボロボロだったりするとかなり怪しいことが多い。

公開している拡大写真で確認して、「美品」でも新同品に近いものもある。

その中で
(BEST/CHOICE)「こちらの商品が本日の在庫の同一商品・同一ランクの中で最もおすすめな商品です。」

・・・・・という記載があり「金(BEST/CHOICE)」と次点の「銀(GOOD/CHOICE)」がある。
しかし、前述のように余り参考にならないこともある。

Ll111


Ll211


1


L000


それで「LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH. H-X015」を購入するポイントというのは、レンズの内部にゴミがあることが多い製品であること。

また、レンズ接続部が凸になっているのでこの部分にキズがあるものがあることである。

1月20日に参照した「夜市」の期間限定「BEST/CHOICE金」印の特価推奨品。

実際に手に取ってみないと分からないが、なんとなく「キズ」と「ゴミ」があるような気がする。

それで拡大写真をさんざん見て、今回こういう不安なところがない「美品」を「一時的に特価」になったので買った。


15mm2007


15mm1020317

15mm1020324



届いた箱が綺麗。


付属部品に使用感がないし、レンズその物も新品の時に入っていたままの感じ。

ゴミ、キズは確認していたとおり肉眼では見当たらず。

動作確認も問題なし。

これ「新品」と言っても通ってしまいそうなくらい綺麗なもの。


15mm1020319


15mm1020321


15mm1020322


15mm1020323



          

今回「当たりである。

昨年の12月、FUJIFILM X-T2の縦位置グリップの中古美品を買ったが、それもほぼ新品だった。

今回もそれに近く、お買い得だった。

「LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH. H-X015」の感想は、大きさが予想より小さい。

そして開放F値のF1.7の時のピントが、かなりシビアであることだった。





人気ブログランキング


詳しくはこちらを参照 icon

2019_02_02

詳しくはこちらを参照 icon




ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月18日 (火)

Canon EOS Kiss M実機レビュー

Kissm1982


************************************
Canon EOS Kiss M実機レビュー概要
************************************

前から多少告知してあったとおりEOS M3を下取りにしてEOS Kiss Mを買った。

EOS M、M2、M3と買い、EOS M2、M3は売ってしまったので、いまは初代EOS Mが残っている。

今回Canon EOS Kiss Mについて多少書いてみたいと思ったのは、Kiss Mのカタログをみてもさっぱり分からない説明になっているからである。

それでどんなものなのかは、カタログでは知る由もなく実際にカメラ屋か電気屋に行って触ってみるしかない。

それで今回は、取りあえずどんなものかを写真で紹介したい。

Kissm1976


Kissm1977


Kissm1978


Kissm1979


Kissm1974

********************************
EOS Kiss Mの実写と使い方の考察
********************************

今回EOS Kiss Mでどう写るとか、どう言う設定をするかと言うことは書かない。

結論を言えば、書く必要がない。

Kissm1985


カメラの写りは、Canon EOSの特徴で早く言えばみんな同じ。

明るい順光であれば、初代EOSMからM2、M3、M5、M6そしてKiss Mと大差はない。

実際のところM2、M3とでは操作性に大差があり、M3、M5とではCMOSの違いなどで同じく大きく違う。

それでEOS Kiss Mの位置づけは、EOS M5の下位機種と言うことになっているものの、「比較テストについての考察」に見るように最新機種の方が性能が良い。

カタログスペックを見ても液晶は別として機能としてはほとんど上回っている。

Kissm1990


実際にKiss Mの「Kiss」という名称がついているようにEOSM5とは違う。

EOSM3とM5を比べてみたところ、写りともかく背面液晶の表示は同じ。
はっきり言って変わった感じがない。

Kissm1983


それがEOS Kiss Mの場合、一番気に入ったことは電子ビューファインダー(EVF)と液晶モニターの中の「電子水準器の表示」。

注意点は、AF方式が[顔+追尾優先AF]にすると水準器が表示出来ないこと。
だから

●オートモードに設定されている場合は、撮影モード[P]に変更

●[AF方式]を[ゾーンAF]や[1点AF]へ変更

という操作が必要である。

Kissm1984


懸念材料は、M3、M5、M6にあった露出補正ダイヤルがなくなった件。

こんな部分は、SONYα6000やNikon1の露出補正に比べれば相当使い易い。

EOS M3から比べれば、使い易くなって何となく使って見たい感じがある。



操作や写りに関して「結論を言えば、書く必要がない。」と書いたが、EOS Kiss Mは何も設定しなくとも買ってきてそのまま使えると言うのが売りであろう。

Kissm1995


Kissm1992



比較としてFUJIFILM X-T20というアナログ感覚一杯のカメラを出してみた。
元の価格帯として、1.5倍くらい違い。
実際に購入した時点では2倍の差があったものなので、質感その他圧倒的に違うがEOS M3ほど違わないところがよい。

Kissm1996


操作もFUJIFILM X-T20は買ってきたままでは使いにくく、自分用に設定する必要があることからエントリーモデルのパパママカメラではないことが分かる。

********************************
EOS Kiss Mの感想
********************************

EOS Kiss MなどのMシリーズでは使えるレンズが少ない。
現在では6本しかない。

筆者は、旧型の標準ズームを含めて4本でマクロと高倍率ズームは未購入。

マウントアダプターは持っているはずだが、何処(どこ)にしまったか見つかっていない。

Kissm1988



また、電池はEOSM M2と同じものなので、Mの予備電池がそのまま使えたのがよかった。

EOS Kiss Mを薦めるのかどうかというと実のところ何とも言えない。

Mシリーズのレンズや買い換えなら文句なしに薦めるが、「Mシリーズ」がどういうふうに発展するかは未定である。

Nikon1の時のように、高価なレンズも専用ストロボなどもたくさん買ってどうなるのかと思ったら、なくなってしまったのでは目も当てられない。

最後に言うと、他社のミラーレスカメラと比べてはいけません。

いわゆる趣味の範囲でということです。







人気ブログランキング

詳しくはこちらを参照 icon

2018_12_31

詳しくはこちらを参照 icon

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月15日 (土)

中古「FUJIFILM 縦位置パワーブースターグリップ VPB-XT2 」を買う

Vbp1964


12月10日の【中古クリスマスSALE☆対象品】「FUJIFILM 縦位置パワーブースターグリップ VPB-XT2 」の中古・美品・箱付完全セットは、全然売れていなかったものの朝見たら全部値段が戻っていた。

それで届いた11日の夜に残りの「美品」が15,800円になっていたのは多少凹んだ。

しかし、3点のうちで写真をしっかり見て一番良いものを買ったのは間違いない。

一番良いものを2点お気に入りに入れて置いたものだから「良いもの」というか、ほぼ「新同品」のものはあと1点。

今日15日現在まだ売れていない。


Vbp1962



届いたVPB-XT2。

先ず入っている箱が綺麗。

これはまさしく開封して点検したぐらいなもの。

昔なら正に「新同品」という種類でほとんど使用感が無い。


Vbp1963


Vbp1966


Vbp1968



これはメーカー希望小売価格¥46,440(税込)

MAPカメラで新品¥33,540(税込)なのでほぼ半値で買えた計算である。

Vbp1971


Vbp1969




こういうバッテリーグリップというのは、実際に買ってみたけれど使わないと言うことが多い。

Pentax K-3のバッテリーグリップセットの特別バージョンも大きくて、結構置き場所に困る。

軽いカメラが非常に重くなるから余りつけたくないのだが、X-T2の場合。

高速連写で8枚/秒が11枚になる。

マイクロフォーサーズだともっと高速なのだか、NewYear駅伝で使って見ようかと思っている。

いずれにせよ最安値では買えなかったが、安く買えたことは間違いなくよしとする。






人気ブログランキング

詳しくはこちらを参照 icon

2018_12_18



詳しくはこちらを参照 icon

icon

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月10日 (月)

マイクロフォーサーズ編比較6・日本カメラ2018・9月号の再検証

Lumixgx2018


日曜日9日に動きすぎて、月曜の今日は全く仕事かできない。

仕事と言っても金にもならないし、逆に買い物だったりで金の出る一方である。

日曜日だとティッシュペーパーの箱をひとつくれるというので夕方寒い中、バイクでガソリンスタンドへ行った。

ガソリンスタンドも日曜日の夕刻混雑している。

それで11時頃にマップカメラから

「欲しいリストご登録アイテムの商品情報が変更されました」
「値段が下がりました。」とあった。
【中古クリスマスSALE☆対象品】

これは20時半から始まる「中古夜市」とかいうナイトセールに出品されるもの。

先週は、15,800円まで下がったものの、買えなかった中古の「FUJIFILM 縦位置パワーブースターグリップ VPB-XT2 」。



9日には、値段が下がらなかったが週末17,800円のものは売れたのだよね。


それで今回は16,800円で、写真で見る限りキズなどはナシ。

X-T3が出たので出品されてきたもの。


Vpbxt2

同等品・これを買ったのでは無い。


・・・・と言うことでポチってしまったが、実際にどの程度使うか分からない。

34,000円程度で新品を買うよりましかというもの。

痛んでいたら困るけれど。

*******************
マイクロフォーサーズ編 比較6になった。

************

「撮って出しのJPEG画像にみる」「仕上がりの色・ホワイトバランス・AE」

データの出し方は「2017年版同様に6人のうち最低点と最高点を削除して4人分の平均をとった。」

絞り・フルサイズF8、APS-C-F5.6、マイクロフォーサーズF4.0
ISO100・WBオート

レンズ
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
(¥76,800 ~ ¥86,800)
LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S. H-ES12060
(¥78,997 ~ ¥99,800 )

*********************************
日本カメラ2018・9月号
マイクロフォーサーズ比較テストについての考察
***********************************

風景編では、日本カメラの座談会で最新のLUMIXカメラが圧倒的によくなったという趣旨のことが述べられている。

事実、GH5、G9pro、GX7IIIは、最新の高画素のCMOSと画像処理エンジンで好成績を収めている。

それで少し古いG8は画像処理エンジンと画素数の違い、GX8になると一世代前という感じがある。

それにくらべてOLYMPUS系は、最新機種が出ていないことからLUMIX G8並という古さを感じる。

マイクロフォーサーズなどは驚く程進化している。


2018_09m_43




ポートレイト編では、エントリーモデルのLUMIX GF10が好成績。

画像の少ない方がよいようである。

GX7IIIは、やはりG9proの廉価版ということなのか古いGX8と同じになった。



2018_09m_43_2




マイクロフォーサーズについて思うことは、やはりレンズが安い。

APS-Cにくらべても半値、7掛け、フルサイズなら三分の一である。

非常にお財布に易しいカメラであることは間違いない。





人気ブログランキング

詳しくはこちらを参照 icon

2018_12_0099


 

詳しくはこちらを参照 icon

icon

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 7日 (金)

FUJIFILM編比較5・日本カメラ2018・9月号の再検証

Fujifilm00


やっとメイン機種になっているFUJIFILMになった。

もともと最後に参入したFUJIFILMのカメラなんてと思っていたところ、X-A1というエントリーモデルがAmazonで投げ売りされていて買い、いまに至っている。

それにしてもX-T1なんて高価でとても買えなかった。

だからX-T2が出たときに中古で買い、X-T20を買ったときに手放そうと思ったが、全く違うカメラだったのでそのままになっている。

いまやX-T3の時代なので、X-T1(買い取り価格25,000円)など安くなったが売られているのはキズや剥がれのある並品しかない。

みんな手放さないのね。

それは同じ心境。


2018_12dona1961



それはともかく、先日中古の買い取り価格を調べていたらCanon EOS M3が限界に来ていた。

使えないEOS M2は処分で安く売ったが、EOS M3は製品末期に買ってまだ2年しか経っていない。

こういう古い製品を買うと寿命が短い。

中古で買えばもっと短いこともある。

それで10,000円以上値段がつくうちに売ることにした。

どうせ年に無理しても数回しか使っていない。

2018_12dona1958


これで本当に使わないカメラで売るものは何も無くなった。

それで2018年12月7日査定承認したので、あとの取引ができるかと思ったらサーバーが混雑。

繋がったのは、17時過ぎ。

制限していたのかな。

そういえばナイトセールでは、驚くべきことにほとんど売れていた。

さすが12月のボーナスシーズンだ。

小生には関係ないけど。

2018_12dona1959


*******************
FUJIFILM編 比較5になった。

************

「撮って出しのJPEG画像にみる」「仕上がりの色・ホワイトバランス・AE」

データの出し方は「2017年版同様に6人のうち最低点と最高点を削除して4人分の平均をとった。」

絞り・フルサイズF8、APS-C-F5.6、マイクロフォーサーズF4.0
ISO100・WBオート

レンズ
フジノンレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR
(¥108,715 ~ ¥124,720)

フジノンレンズ GF63mmF2.8 R WR
(¥174,474 ~ ¥193,860)

*********************************
日本カメラ2018・9月号
FUJIFILM比較テストについての考察
***********************************

風景編では、中判カメラに相当するGFX-50Sなどよくて当たり前。

その上単焦点レンズだしな。

そのあとは、CMOSの違う普及版のX-A5、X-T100以外は同じエンジンとCMOSセンターなので同じようになるはずが違っている。

実を言えば、新しいものの順に並んでいる。

X-T20もX-T2も持っているが、違うように思えない。

多分最新のX-T3なら大幅に違うのかもしれない。


2018_09fujifilm




ポートレイト編では、エントリーモデルのX-A5はよくない。

GFX-50Sは問題外として、X-T20、X-E3などと同じ筈のX-T2の数値が下がっている。
これは個体差なのかもしれない。

実は、販売時期の新しいほど性能が良い。
何か違うのかもしれない。


2018_09fujifilm_2


月刊カメラマンでT氏がFUJIFILMのカメラを使ってフルサイズは必要ないと言っていたことが実感できる。



人気ブログランキング

 

詳しくはこちらを参照 icon

2018_12_09

詳しくはこちらを参照 icon

icon

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

そうはいえ高価なレンズには手が届かない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 5日 (水)

Pentax・RICOH編比較4・日本カメラ2018・9月号の再検証

2018_09


ここのところ毎日カメラについて検討していると・・・・・、

余程愛着があったり、売り物にならないカメラは別として下取りとして10,000円以上値段がつくものは売ってしまった方が良いと思える。

値段がつかないカメラというのは、いわゆるジャンク品扱いでカメラのキタムラに行くと新品を買えば3,000円くらい引いてくれると言う種類のもの。

カメラ大中古市に行けば300円~500円で売っているという代物になる。

実際はそれほど安くはないが。



それでいまは7~8年前くらいに、さんざん買ったコンデジが防湿庫のゴミになっている。

高級コンデジの場合、次の製品が無かったり高価すぎて買えないのでそのままにしているものもある。

酷いのが生産中止してあとが無いNikon1シリーズ

Nikon (ニコン) Nikon 1 J2 標準ズームレンズキット¥2,000
Nikon (ニコン) Nikon 1 J3 ボディ ブラック ¥1,500
Nikon (ニコン) Nikon 1 J4 標準パワーズームレンズキット シルバー¥3,000 
Nikon (ニコン) Nikon 1 J5 標準パワーズームレンズキット ブラック  ¥6,500

EOS Mも酷い。

Canon (キヤノン) EOS M EF-M18-55IS STM レンズキット シルバー¥7,900 
Canon (キヤノン) EOS M ボディ シルバー ¥3,000

Nikon 1や初代 EOS Mはシャンク品並というものである。

2018_092



*******************
Pentax/RICOH編 比較4になった。

************

「撮って出しのJPEG画像にみる」「仕上がりの色・ホワイトバランス・AE」

データの出し方は「2017年版同様に6人のうち最低点と最高点を削除して4人分の平均をとった。」

絞り・フルサイズF8、APS-C-F5.6、マイクロフォーサーズF4.0
ISO100・WBオート

レンズ
HD PENTAX-D FA 24-70mmF2.8ED SDM WR
¥155,130 ~ ¥162,810

smc PENTAX-D FA645 55mmF2.8AL[IF] SDM AW
¥93,740 ~ ¥93,740

*********************************
日本カメラ2018・9月号
Pentax比較テストについての考察
***********************************

風景編では、日本カメラの総評にもあるようにPentaxは屋外専用のようなことが書いてある。
「フィールドカメラを謳っている。」

そう言うことで、全カメラの中でトップクラスの画像になるようだ。


2018_09pentax



その代わり動きものには弱い、ミラーレスカメラではないから高速シャッターは切れない。

ライブビューは悲惨、動画も駄目と最近のカメラらしくない。

K-01でミラーレスカメラから撤退しなければ今頃面白いカメラが出ていたと思う。

店頭でKPなどを見てみればいつのカメラだと思うくらいに他社とは違う。

カメラから撤退すると、中古で高いレンズが売れなくなるので是非続けて欲しい。

ポートレイト編では、多分最悪に近いか。


2018_09pentax_2






PentaxのカメラはK-3、K-01とレンズだけ残してすべて売ってしまった。

その理由は、室内でほとんど使い物にならないと言うことだった。

ストロボを使っても他社に大幅に劣る。

特に小生は書道家と言うこともあって展覧会を撮る。


その時に使い物にならないのでは困るのである。

K-3も屋外へ持ち出せば驚くほどよい映像が撮れるのだが、他社のカメラも変わらなくなっている。





人気ブログランキング

 

詳しくはこちらを参照 icon

2018_12_09

詳しくはこちらを参照 icon

icon

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧