秋葉原他・お買い物事情

2017年12月 6日 (水)

12月師走到来 PC、デジタルカメラも欲しいが金はなし

Lum231


12月になってパソコンを立ち上げるときに、多少揺さぶってやらないと起動しない時期になった。
これは部屋の温度が14℃くらいになると劣化したファンコントローラーが電圧降下して、「CPUファン」が廻らず起動しないというもの。
それで揺さぶって「CPUファン」を少し動かしてやると無事に起動する。
昨年からこの劣化したファンコンを外そうと思っているのだが、面倒なのでそのまま。
ファンコンも今は使わないので、デザイン上だけで予備のファンコンに置き換えるかという案もある。
これは正月のお楽しみで取っておくかと言う程度。
正直パソコンのあっという間に古くなって、新しいPCを組まないとダメかなと言う気がしている。
しかし、パソコンの寿命についてPCメーカーの人と話したら、SSDにしたらもう壊れないよという。
初期のSSDは、ダメだったが今は5年保証のSSDは普通になっているからそうかもしれない。

Lum239


Lum232


Lum235



デジタルカメラも今年2014~2015年発売という古いカメラを中古か中古価格で買ったので、当分資金がない。
そうとは言うものの、パソコンと同じでデジタルカメラももう底が見えてきた。
要するに際立った進歩というのが足踏み状態になったと言うことである。

ものを買わなくなったというのは、こういう原因もある。

いつも思うのは、国の財政政策の失敗というのは本来少しずつ進む物事を、バードランディングさせてしまう。

本来もっとゆっくり来る物余りと言うものが、消費税増税と共に急激に来てしまった。


Lum233



Lum234


Lum236


Lum237


Lum238




人気ブログランキング

ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

サイバーリンク PowerDVD 17


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。

Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

Russell Hobbsラッセルホブス コーヒーグラインダー7660JPを買う*Buy Russell Hobbes Coffee Grinder 7660JP

Coffeem4


Yahoo!の期間限定ポイントが残ってたので、コーヒーミルを買い換えてみた。
実のところ最近コーヒーが何となく不味い気がしていた。
使っていたのは「Melitta(メリタ) 電動コーヒーミル ブラックECG62-1B」。
これはコーヒー屋の抱き合わせ商品として安く買ったもの。
大昔には、フィリップスのコーヒーミルを使っていたことがあった。
これはコーヒーミルの回転が早すぎて、コーヒーが不味かったので使わなくなった。
その後は何年か手回しのミル。
それが面倒になってMelitta電動コーヒーミルになった。
このミルは、そこそこ良かったので使い続けてきたものの古くなった。

Coffeem9


Coffeem3


それで買ったのが珈琲店で売っていたRussell Hobbsコーヒーグラインダー7660JP((G500)コーヒーグラインダー付福袋)。
今ネットで調べてみるとYahoo!やAmazonより相当安く売られている。
しかし、Yahoo!だとポイント値引きやポイントがついたので最安値より少し高いくらいで購入した結果となった。

Coffeem5


Coffeem6

Coffeem2


*************************************            
Russell Hobbsラッセルホブス
コーヒーグラインダー7660JP を使って見た感想
*************************************

ステンレスのカップに豆をいれて、スイッチを押し3秒程度して放すとまだまだ豆が挽かれていない。
Melitta電動コーヒーミルだと、あと少しで挽き終わりというものだったがミルの回転が遅い。
一般的な挽き具合だと10秒というので、約3秒ずつで約10秒。
Melitta電動コーヒーミルの様にむらをなくすために多少振ったりする必要もない。
もう古くなって捨てようと思った豆からコーヒーのよい臭いがしたのは驚き。

Coffeem8


Coffeem10


手で引いていた臼式のミルは、摩擦熱が出て良くなかったし高速電動コーヒーミルも多少足が損なわれる。

元々の発想は、Yahoo!の期間限定ポイントの消化だったが「ラッセルホブス コーヒーグラインダー」を買って結果として良かったように思える。



人気ブログランキング

ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

サイバーリンク PowerDVD 17


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。

Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

流出・クレジットカードが使われたと言う報告

Cc2


2017/11/20昼過ぎにクレジットカードからCCカードの使用に関するお問い合わせという連絡があった。
これは何かなと思って連絡を取ったら、19日深夜にあるところで39,960円を支払うという使われ方をしたという。
これはクレジットカード会社のAIによって、自動的に阻止されて利用停止になったと言うこと。
しかし、「クレジットカード番号の流出」は間違いないので、今のクレジットカードは即刻使えなくして無料で再発行するという。
この日曜日の深夜に、訳の分からないどこかでクレジットカードが使われたというのは全く寝耳に水の話。

しかし、使われたクレジットカードは実のところ信用のあるサイトか実店舗でしか使わない。
実際Webサイトでは、楽天市場は楽天カード、Yahoo!はYahoo!カード、AmazonはAmazonのカードという具合にサードパーティのクレジットカードは原則として使わない。
従って、どこで流出したのか全く不明。
要するに流出したクレジットカードは、電話代とかの定期的なものか実店舗が多い。
随分前にTSUTAYAのカード番号が流出したことがあったが、随分昔の話。

それにしてもカードを持っている人が非常に少ないレアなカードで妙なことが起きるものである。
実を言えばこのクレジットカードでは、5-6年以上前にビックカメラで特価の39,800位のカメラレンズを買おうと思ったときに弾かれたことがあった。
このときは、夕方だったので電話して利用停止を解除してもらった。
説明を聞いたら電化製品で、セキュリティコードなしだと3-4万円くらいのもので弾(はじ)かれることがあるようである。
その後AIによって弾かれることはなく、特にセキュリティコードを入力するサイトでは先ずない。
今はビックカメラもヨドバシカメラも、そこのハウスカードを使うことによってそういうことはない。
それでマップカメラとかムラウチなど、送付先がクレジットカード登録場所以外だと使えないようになっている。

いずれにせよ、新しいカードが来たら新しい番号に変更しなくてはならない面倒がある。



人気ブログランキング

サイバーリンク


サイバーリンク PowerDVD 17


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。

Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月27日 (金)

WESTERN DIGITAL-3.5インチ内蔵HDD 4TBを買う。-WESTERN DIGITAL - Buy 3.5 "internal HDD 4 TB.

Wd1


ここのところ作業用マシンのバードディスクドライブ(HDD)の容量が残り少なくなって、外付けドライブでも買わなければと思っていた。
それでついNTT-Xの在庫処分のコーナーにあったWESTERN DIGITAL/Blueシリーズ4TBのHDDを買った。
「WESTERN DIGITALWD Blueシリーズ 3.5インチ内蔵HDD 4TB SATA3(6Gb/s) 5400rpm 64MB WD40EZRZ-RT2

2-3年前の3TBの価格で今は4TBが買えるようになった。
昨年は別のPCに東芝製5TB-MD04ACA500 [5TB SATA600 7200] を買ったが、これが結構うるさい。
昨年の夏に約20,000円位した。
WESTERN DIGITALWD Blueシリーズに関しては、今更設定方法やディスクのスピードなどを論じるという程のものではなく単なる通常使用である。

Wd2


今手持ちのデスクトップパソコンは、10年前の古いパソコンから全てSSDに換装してOSもWindows7以上にしてある。
それなので例年11月中旬に、HDDが壊れてパソコンが起動しないということもなくなった。
だから中々壊れないことになっているはずなのだが、FAXと電話機はダメ。

8月頃から不審なデータ通信が複合機のFAXに着信して、FAXが通信中になって使えなくなってしまった。
それで電話回線を外してFAXを止めて、またモジュラーケーブルを繋ぐと正常になるとはいえ暫くして通信状態になる。
電話回線を別の系統につなぎ替えても同じだったから、FAXが壊れたと断定した。
ついでに言えば、電話回線を替えたときに使っていた電話機も壊れたようだ。
それで20年前のNTTの電話機を繋げると正常。
pioneerの電話機もやはり使い物にならない。

今時FAXも使わない時代になり、家庭用のFAX電話機でも代用出来そうなので時代は変わったものである。
安物のインクジェット複合機も古くなったから寿命に近いので、いずれ買い換えようかという判断も少ししている。

ここのところ雑誌が送られてきて、読んでいたら「今は買う物がなくなってきた」ということが書かれていた。
世の中、デフレで「物が売れない」という時代が過ぎて、今使っているもので満足というかそれで良いということになったらしい。

小生は、LUMIXのデジタルカメラを必要に応じて沢山買ったとはいえ、2015年頃の発売の物ばかりでいわゆる旧型製品か中古品。
これで次に買い換えるというのは壊れない限りないかもしれない。

それでもパソコンは、PCケースやOSを買ってしまっているから自作しようと思っているものの作る意欲が湧かない。



人気ブログランキング

サイバーリンク

詳しくはこちらを参照 icon

2017_10_28


詳しくはこちらを参照 icon

サイバーリンク PowerDVD 17


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキングへ

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。

Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 5日 (木)

安物買いの銭失いの極意

10buy1


昨日、ヨドバシカメラのネット店を見たら2017年春に発売されたカメラレンズが5,000円も値上がりしていた。

ならばビックカメラも同じと思ったら、全く同じ。
他のカメラ屋のネット店では変化がないから、家電量販店のみの価格変動かもしれない。
何と言っても、このデフレ下で値上げとは余裕の対応????。

10buy2


それはそれとして、Amazonのタイムセールでステレオオーディオケーブルが105円安くなっていたので買っておいた。
中国製の一見豪華そうに見えるものだが、594円と今まで使っているRCAケーブルと大差ない。
精度もこの価格なら納得というレベルで、性能も全く期待していない。
しかし、予備としてないと困るものなのでと言いながら、こんなものが貯まっていってゴミ屑部屋になる。

10buy3


10buy4


もう20年近く前に実家を壊すとき使わずに買ってあった、古い車のオイルフィルターが沢山出てきたのにはゲンナリしたことがある。

そういえばコンパクトデジタルカメラも余り使わなくなって、ほとんど防湿庫のゴミになっている。

その中でLUMIX DMC-LX100以前のDMC-LX7やLX5のレンズはパナLEICAだったと思いだした。

10buy13


DMC-LX5(2010年発売・2011モデルの在庫)は、LEICA DC VARIO SUMMICRONレンズで懐かしいCCDだったので色合いが良かった。

10buy11



それがDMC-LX7(2012年発売2014モデルの在庫)になって、LEICA DC VARIO SUMMILUXレンズだがCMOSになった。

DMC-LX7は、大型センサーの高級コンデジが発売される中、コンセプトが出遅れてしまった高級コンデジでほとんど売れなかったもの。

それをカタログ落ち近くで、最終処分で安く買ったから最終ロットに近い。

10buy12


しかし、製品コンセプトが古すぎる製品というのは何となく使いにくくお蔵入りしてDMC-LX100だけになっている。
このDMC-LX100も2014年発売なので、アルゴリズムが古すぎて今の時代に合わない。
それなのでプログラム(P)では、最新の傾向を反映していないため、良い写真を撮るにはマニュアルかセミオートで撮るしかないと言うのが痛いところである。


10buy9_2



10buy10

こうしてみると、何やら安いものをバラバラと買っている。
これは小さい頃からで、子供の頃は高価なものが買えなくて安いものを買って、ゴミが増えた。
その安いものを買わずに全部の金額を合わせれば、実はかなりの金額になる。
しかし、今に至ってもその傾向は変わらない。

普通の高価なものというのは、全て揃っていて高級カメラで言えば高速連写も動きもののAF追従も出来、風景からポートレートまで完璧という高級カメラ。

しかし、全て揃っている大きく、重い高級なカメラは必要ない。

但し、「見せカメラ」にはなる。


実のところ、必要な機能だけ揃っていれば良いわけで、結局安いものを買いそろえると言うことになる。
弊害としては、安いものだから中古品としては値が付かないしゴミとして貯まってくるのが痛い。
それともう一つ必要なのは、安くても高性能なもの(カメラ)を見極めることで、時々カスを掴むからやはり散財になる。

もっとも買ってうまく撮れないので、オートを無視してカスタマイズしても、使いこなせないという場合は痛い。



サイバーリンクの詳細はこちらを参照!!!!! icon

2017_10_07

サイバーリンクの詳細はこちらを参照!!!!! icon


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキングへ

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。

Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月29日 (金)

デジものの終焉か紙の本の終焉か?

1

2017年9月29日、パソコン雑誌「DOS/V・POWERREPORT」2017年11月号が届いた。

届いた本は、今までより厚みが薄くなったと感じると共に中を開いて驚いた。

パソコン雑誌が「ものマガジン」か「特選街」と勘違いする内容だからである。


10月号からニューリアルしてゲーミングソフト特集だったりして、どうなるかと思っていた。

特集は「PC×サウンド再発見」と言うことで、自作パソコンの情報誌がこんなものになった。

当然自作パソコンの作り方などは載っていない。
別に今更解説して欲しいとは思わないものの、何となく違うような気がする。



考えてみれば、小生も今年の春からパソコンのレビュー記事は書いていない。

PCメーカーの販売店が記事を書かないかと言ってこないこともある。
それにしても、パソコンやデジタルカメラのコーナーが電気屋では片隅にやられたりして存在感は全くなくなった。

2


秋葉ヨドバシカメラの自作パソコンのパーツコーナーへ行くと、以前はこれ見よがしに表に並んでいたマザーボードやパーツが奥に引っ込んでいる。

小生としてはOSもいくつも買ってしまったし、PCケースの在庫もあるとは言え先立つものがないから次のパソコンを作る予定が立たない。

デジタルカメラと違って、ある程度の性能があればいつでも最新のソフトは使える。

おまけにWindows10にすれば、毎年更新されてOSが古くならないという買い換え需要さえ怪しくなっている。

******************************

それで表題の「デジものの終焉か紙の本の終焉か?」だが、パソコン雑誌はともかくカメラ雑誌も書店では徐々に見なくなった。

結局目的のカメラ雑誌が置いてなかったり、あっても「ヨレヨレ」の雑誌は買う気になれない。
それで写真の「日本カメラ」を定期購読した。

これで定期購読は7誌になった。

定期購読すると安く買える上に書店に行かなくても良いからある意味省エネである。

しかし、定期購読している雑誌そのものが劣化してゆくと非常に萎えるというものである。

ここのところカメラ雑誌のカメラテストを検証してみた。

こういうカメラ雑誌というのは、「DOS/V・POWERREPORT」のように広告が取れないところとは違って、カメラメーカーはLEICAの他は日本しかないから広告で成り立っている。

その広告や記事がカメラの売れ行きに繋がるとみれば、宣伝費を多くかけてレビュー記事などで好意的な紹介をしてもらう。

小生などがパソコンの記事を書いても一銭の原稿料にもならないし、返送料が持ち出しになって大赤字である。

雑誌はそういうことがないとはいえ、提灯記事というのは顰蹙ものである。


銀塩カメラ時代、カメラ雑誌で評判の高かったのCanon EOS7は、少し低輝度になったらAFが効かないと言うことはどこの雑誌にも書かれていなかった。

それでCanonを止めて、当時のミノルタα707Siを9月30日発売終了後の10月1日に買った。
その買ったばかりのα707Siのファインダーにゴミが入っていたので、ミノルタのサービスセンターに電話した。

そうしたら驚くほど高圧的な女性オペレーターで、クレーマーと見られたのかもしれない。
こんな会社はいずれ潰れるなと思ったら、その後コニカに吸収されてコニカミノルタになった。

コニカミノルタが、このカメラ部門をSONYに売ってしまい、技術者(エンジニア)はPanasonicなどに流れたらしいことは噂。

このコニカミノルタが中々デジタル一眼レフカメラを出さないので、PENTAXを使うようになり、今は売れるカメラの大半を中古で売ってしまった。


それから後継のメイン機種をSONYにしていたが、最近ではSONYも高価になって手がでなくなった。

そして、昨年FUJIFILM X-T1を中古で買い、今年からPanasonicになった。

Gx8001




こういう種類のカメラというのは、性能が悪いところが強調されて雑誌に載るから人気がない。
しかし、提灯記事というのがないのでそれほど期待して買わないというのが良い。

いずれにせよ、カメラの使い方による性格や性能というのはカメラ雑誌では全く分からない。

従って、自分で使うカメラは自腹で買って、それをテストして性格を掴まなければならないというのは痛いところである。


サイバーリンクの詳細はこちらを参照!!!!! icon

2017_10_01

サイバーリンクの詳細はこちらを参照!!!!! icon




1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキングへ

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。

Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

デフレ進行・ネットでも買うものがない/EXCERIA PROスピード測定Deflation progress · Nothing to buy online/EXCERIA PRO speed measurement

Sdhc_to321


先週は、デジタル一眼カメラの展示状況を見ると言うより、キャンペーン広告をもらいにヤマダ電機とカメラのキタムラへ行ってみた

ヤマダ電機も昔の電気屋から、今は食料品も売るドンキホーテみたいになっている。

住宅も売っているからプレハブ会社のショールームのようでもある。

それでカメラはと見ると、FUJIFILM製品はX-E2、X-T10が並んでいてこれは旧型製品。

売れないPanasonicは売れ残りのGX8なんかがあったりして、キャンペーン申込用紙もNikonしかなかったから営業マンも来ていないと推定できる。

ヤマダ電機は、元々カメラ屋ではないのでこんなものだろう。

カメラのキタムラの第2店舗目は、昔随分コンパクトデジカメを買ったところ。


ここはショーケースの中に売れ残りのNikonV3(開封品)があったりもする。

箱から出した開封品だと、中古品扱いになるがカメラのキタムラだと新品で売ってしまうからなんか買う気になれない。

昔、ケース内のあった安く売られていたレンズは、試用されていたから中古品でゴムが白化していた。

安かったから中古品と考えて買ってきたが、その白化はクリーニング剤で取っても元にも取ってしまう。

今では使わなくなってしまったので実のところ、どうなっているのか見ていない。





毎月5の日にヤフーショッピングでポイント9倍になる。
プレミアム会員特典。

それで貯まった期間限定ポイントを消化することにしている。

しかし、お茶やコーヒーを買っても限度があるし、昔買っていた「お米」は今はお米屋で買った方が安いし旨い。

だからそんなに買うものがない。

Sdhc_to322


それで消耗品のデジタル一眼カメラなどに使うSDHCカードを買ったりする。

32GBのメモリーカードも年々下がって、高速タイプのトランセンド(台湾製)あたりだと楽々2,000円を切っている。

東芝EXCERIA(日本製)やSanDisk(中国製)あたりも安くなった。


Sandisku332



Sandisku3_ex



そんなものの在庫も増えてきたので、買うのも限界。

The inventory of such SDHC has also increased, so it is the limit to buy.

但し、トランセンド以外は中国からの輸入品。

However, imported SDHC from China except Transcend.

Toshiba_exceria_pro


それで速度を測ってみると、昔のSDHCカートは使えないなと思うことしきり。

定格速度は出ている。

The rated speed has come out.

*******************************

詳しくはこちらを参照 icon

2017_7_10

詳しくはこちらを参照 icon

デル株式会社

【夏のボーナスセール!】金~火限定、クーポンでさらに17%オフ!コード: SUMMERBONUS17%10


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキングへ

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。

Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

GINZA SIXに行ってみた

Gsix17


「GINZA SIX」が20日にオープンした翌日21日、銀座4丁目まで出かけてゆく用事があったので帰りがけに5丁目のG SIXに行ってみた。

カメラは、今回野外で初めて撮るFUJIFILM X-T20である。

Gsix1

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-T20
レンズ: XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
撮影日時: 2017-04-21 17:03:02 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/3.2
露出時間: 0.0071 秒 (1/140)
ISO 感度: 200
露出補正値: +1.33 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

金曜日の夕方5時とはいえ、交差点周辺では休日のような混雑で普段着のような人も目立つ。時々周辺で中国語が飛び交うのが興ざめだが、昔ながらの「銀ぶら」である。
入り口で、「奥の入り口の方が空いています」と案内係が叫ぶが誰も行かない。

Gsix16


Gsix2


Gsix3


実のところ並ばなければ入れないという程ではないのだ。
1階は高そうな全てブランドショップだから直ぐに2階にあがってゆく。
すると例の文化勲章を貰った草間彌生氏の水玉模様のオブジェが天井に見える
それで誰もエスカレーターから下りる様子もなくそのまま6階まで上がってゆく。
まわりを見回してもみたこともないブランド品の店ばかり。
当然店には人が入っている様子もない。

Gsix5

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-T20
レンズ: XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
撮影日時: 2017-04-21 17:11:54 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/2.8
露出時間: 0.013 秒 (1/75)
ISO 感度: 200
露出補正値: +0.67 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)


Gsix4


Gsix12


Gsix11


6階は蔦屋書店とスターバックス。
この組み合わせは、単なるオブジェとショールームであり本当に本を買うなら紀伊國屋か三省堂に行ってくれと言わんばかりである。
しかし、最近ではネットで本は買うし電子書籍が出ていればかさ張らないのでそちらにしている。

Gsix6


Gsix7

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-T20
レンズ: XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
撮影日時: 2017-04-21 17:14:18 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/2.8
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 320
露出補正値: +1.00 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

Gsix8


Gsix9

Gsix10

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-T20
レンズ: XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
撮影日時: 2017-04-21 17:18:45 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/2.8
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 1250
露出補正値: +1.00 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

この蔦屋書店から次は、屋上のガーデンか13階のレストランになる。
ところがエレベーターが長蛇の列。
それで行く気が失せた。
要するに庶民か行けるのはここまで。

Gsix13


Gsix14


Gsix15


Gsix18


カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-T20
レンズ: XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
撮影日時: 2017-04-21 17:30:44 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/3.6
露出時間: 0.0063 秒 (1/160)
ISO 感度: 200
露出補正値: +0.67 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)


詳しくはこちらを参照 icon

2017_4_2201

2017_4_2202

2017_4_2203

詳しくはこちらを参照 icon




1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

---------------------------------------------------------

ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月21日 (木)

「INAXのトイレのLEDが点滅」うちのもそうだった

Cwh2171


2-3か月前からINAXのウォシュレットの「水量調節」(洗浄の強さ)のLEDが点滅し始めた。
これによって、水量その他のボタンが効かなくなった。それでも何とか使えたのでそのままにしておいたのだが、数日前からモーター音がうなる。
それでコンセントの抜き差しをすると一時的に使えたが、時々うなり音がする。
それが今日になって見てみるとLEDランプも消え電源もつかない。
コンセントの抜き差しをしても無反応。

INAXウォシュレットの品番は、CW-H21と言うものでどんなものかと調べてみた。
ところがINAXでは品番が登録されていない。
しかし、「INAXのトイレのLEDが点滅」というエントリーが無数にある。

これは「INAXシャワートイレの『点検時期お知らせ表示機能』」というらしい。

Cwh2131


Cwh2141



他のサイトから抜粋引用すると
一定期間後、意図的に製品が故障したと顧客が感じるように機能制限し、サポートに連絡させ、技術者を出張させお金を取ろうとしている・・・・。そうでないのなら10年後に強制的に機能制限がかかり、解除するのに有料サポートを受けなければならないと、製品に大きく明示すべきでしょう。LEDの点滅もうっとうしいですが、意図的に機能を制限するなんて信じられません。」(費用8,000円程度)
と言う記述がある。

それで記事からダメ元でU字型のジャンパー線をカットすることにした。
実は分解にコツが必要で、同種のウォシュレットを参考に、また製品によってジャンパー線の位置が違う。

Cwh2111


Cwh2121


Cwh2151



何とか分解しても、このジャンパー線は非常に小さい。
普通なら分からないレベルである。
しかもニッパーも入らないので、はさみで切ることになった。


Cwh2161


それで元通り組み立てると「あら不思議」正常に使えるではないか。

あのLEDランプの点滅--->モーターのうなり音--->電源が入らない。
これは明らかに一見故障に見せかける仕様。

この次に買うときはTOTOにしよう。
自宅の方はTOTOだったから何やらホットした気分でもあった。


********************

ところが!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

3日ほどで電源が入らなくなったので、買い換えた。

1

こっちの方が、大分機能が多い!!!!

東芝製 SCS-T175(made in Korea)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月18日 (木)

教育費に苦しむのに外国人には免税

SONYのデジタル一眼カメラα7(ILCE-7)の本体がソフトウェアアップデートされた。
アップデートされたのは、α7、α7R、α7S、α6000だが、α7では起動時間が早くなった。
以前に1回「本体の起動時間を短縮しました」というアップデートがVer1.02の時にあった。
しかし、多少早くなったが今回ほど劇的に早くなったのは驚きである。
デジタルカメラの寿命は1年と言われていて、カタログ落ちになるとソフトウェアのアップデートも止まり買い換えを迫るようなことが多い。
それが1年経ってもアップデートされて少しでも新しい機能が追加されれば買っておいて良かったと言うものである。
しかし、SONYの場合有り難くないのは、5月の下旬にストロボなどの部品などが大幅値上げされたことである。

http://www.sony.jp/ichigan/update/index.html

先日久々クイズ番組を見ていたら、「今年は景気がよいかどうかを感じている人の割合」を当てるものがあった。
出演していた「デビ夫人」が「景気が良いと思う人を40%程度」と回答したが、実際の数値は7%程度であった。
「デビ夫人」などの浮き世離れした人だからどんな感覚でも構わないが、政府が消費税増税による個人消費の落ち込みを隠すために好景気を演出することは御免被る。
大企業が好景気だと言っても、円安による為替差益によるものである。
2014年4月の消費税増税で一挙に景気は逆回転し始め、昨年の消費税再増税延期で逆回転の仕方は遅くなってとはいえアベノミックスの始まる前に戻ったところである。
それで当たり前の話であるデフレの時の消費税増税は「大失敗だ」と言うことが知れ渡ったはずだが、その失敗の責任をとったと言う話は聞いたことがない。
これは「失敗しても年功序列で偉くなる」という戦前の日本海軍高級軍人の提督そのままで、官僚組織の無責任体質というのは70年以上も変わっていない。

しかし、あの「バブル経済」のハードランディングをして大不況になったのに、その推していした人も、実行した人も誰も責任をとらなかったという無責任体質があった。
そういえばあの朝日新聞の他「日経新聞とNHK」はバブル潰しに躍起だった。

それにしても最近では、病院のベッド数を減らすとか、教員の人数を減らすとか、はたまた「定員超過分は助成減額…文科省方針(毎日記事)」も妙なことばかり。
これも
「政府の地方創生策の一環で、学生数を抑制することにより大都市への学生流入に歯止めをかける狙いがある。」とある。
もしそうしたければ、昔の一期校、二期校時代のように地方の国立大学は授業料をタダ同然にすれば良い。
ついでに言えば負担が大きいセンター試験も廃止である。
昔の国立大学の一期校、二期校時代の方が、首都圏集中は少なかったはずだ。
もともとこのセンター試験が国立大学の「難問奇問」を減らすことだったが入学試験を受ける方は負担が多くなったのに間違いない。

これからますます大学に進学する学生数が減るとはいえ、有名大学ではその倍率は変わっていないし、いぜん難関である。
これは定員が減れば、それだけ難易度が上がり浪人が増えたりする。
浪人すれば今では年間約100万円の経済的負担が多くなり、その上私学助成金が減れば授業料が上がるだけである。
そもそも「学部を新設したり定員を増やしたりする場合の認可基準」と言っても、既に大学は短大から4年生になったり、訳の分からない「グローバル○○」という学部がたくさん出来ている。

要するに、政府が規制したりすると言うより自然淘汰の方が正しい。
現に都心から郊外に出て行ってしまった大学は定員に割れに泣き、また元の都心に戻す動きが活発化している。

物価や教育費は上がり、地方から都心に進学させれば私立大で年間300万(授業料100万、アパート100万、生活費活動費100万)近くかかる。
地方だと国公立が多いから、100万円近く安くなるとはいえ負担は多い。
元々、名の知れた大学に通わせるには年間100万円の塾通いがあったりするから学費はいくらでもかかる。

振り返って、今のテレビでは、中国資本のラオックスなどで「爆買い」しているシーンを放映している。
円安の上に、これが消費税免税。
こんな中国の爆買いなどは、格安航空券と安宿を使う単なる買い出しで日本でもバブルの頃にフランスのブランド専門店に買い出しツアーがあった。
それにしても日本国民が消費税増税で苦しんでいるのに、外国人だけが得をするというのも今では「うらやましく」思っている日本人も多いと思う。
そこで身の回りを見てみれば、アベノミックスの始まる前は1ドル70円くらいだった。それで消費という部分ではほとんど外国での生産だったからものが安く買えた。
それが今は1ドル123円弱(122.65 - 122.68円)だから消費税増税もあってものが高くなってしまった。
そんなわけで、教育費に心を痛める中で消耗品が壊れたから安く買おうと言うのが、アウトレットなど。
本当に、外国人に優遇せず日本人にも免税にしてもらいたいものである。


富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

| | コメント (0) | トラックバック (0)