BF4でお買い物。お買い得情報

2017年2月16日 (木)

確定申告には「マイナンバー」が必要になった

7020


平成29年2月15日(水)高崎に早く着いたので、駅のコンコースから行けるLABIへ行ってみた。
今月の23日頃に発売されるカメラのカタログを貰ってこようとのことだった。

こういう電気店もいつも混んでいる有楽町のビックカメラなど違って、閑散とした雰囲気である。
人口の違いというか、収入格差というか群馬あたりで商売をするというのはかなり難しい。

この店舗もオープン当初は他店で売っていない「各種の変わったもの」があったが、今はそういうことはない。

徐々に他のヤマ電と同じような品ぞろいで、わざわざ買いに来るという必要もなくなった。
しかし、ネットで買うより安いものというのは、重いもの、価格が安いのに「嵩」が大きいものなど値段に比べて送料が高いものである。

Amazonだとプライム会員だから送料無料なので、必要なものがあったら次回はこちらで購入する手もある。
それはともかくも、3階のカメラコーナーに行ったら「売れ筋の商品」しか置いてなくて、持っていないカタログだけもらってきた。

カメラに関する限り直ぐそばのビックカメラ高崎店に行った方が良さそうだ。
以前は、自作パソコンの部品が売っていたので特価品や処分品を見ていた。

それで結局みんな処分されてなくなったというわけである。

7021


以前に書いたように、地方では欲しいものが実店舗で手に入らなくなった。
・・・と考えていたら、大昔は「オーディオ」とかの家電製品は、わざわざ「秋葉原」へ出かけていったという話を聞いた。

東京に住んだときは、「御徒町」へ靴を買いに行くとかそんな話もあった。
2回目に東京に出た時は、「秋葉原」で家電製品を買わなくとも近くに小規模の家電チェーンがあった。

そんな家電店はあっという間に潰れたが、まだまだヨドバシカメラが店頭売りを初め、ビックカメラがカード下の店舗でやっていた頃の話である。

その頃カメラは、新宿の「カメラのさくらや」や池袋の「ビックカメラ」で買っていた。
ヨドバシカメラで買わなかったのは、価格表示がなく他店の方が微妙に安かったからであった。
「さくらや」は、とっくの昔になくなってしまったが、いろいろなことを思わせる。

新聞では、16日から確定申告とあった。

それで今年から「マイナンバー」が必要になった。

それで1月の中旬にマイナンバーカードを申請しておいたら、この確定申告に間に合うように届いた。
市役所に行って受け取ってきたのだが、これで住民票や印鑑証明書はコンビニエンスストアで取れることになった。


急に必要になったときは便利である。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

FUJIFILM X30用NP-95充電器を買う

2


土曜日に家庭用FAXのインクリボンが切れた。
使っているFAX電話は、子供が小学校に上がるときに「病欠」などの時にはFAXで通知するという規定があったので購入したもの。
だから10年を楽々越えて使っている。
子機の液晶は見えなくなっているので本来なら新しくするところ、住所録の更新が面倒とのことでそのままになっている。

製品は既にこの分野から撤退しているNEC製。
インクリボンをNECが作っているわけではなく、純正品は電気屋で1,000円ほどする。

前回ケーズ電気で汎用品が800円位で売っていたのを思い出してAmazonだと331円だった。

「ミヨシNEC SP-FA430汎用インクリボン33m1本入りFXC33N-1」

これが「あわせ買い対象商品」で2,000円以上購入しないと買えないものだったので、標記の「FUJIFILM X30用NP-95充電器」などを買ってみた。

1


「【PCATEC】 FUJIFILM NP-95対応新型USB充電器☆LCD付4段階表示仕様」

3

FUJIFILM X10は、コンデジ用の電池と同じで充電器は何台か持っていたし充電器もついていたのだが、X30は本体でUSB充電する。

この充電には、付属の5V-1.0AのUSB充電器を使う。

何かちゃちなものなので、スマホなどの汎用急速充電器を使ってX30本体で充電していた。
しかし、あまりの急速充電も心配なのでNP-95用充電器を買ってみた。
FUJIFILM NP-95というのはかなり古い電池タイプらしいので、こういうものは比較的まともなものが多い。

4


仕様では、DC4.2V 600mA 2.5Wとあった。
実際に測ってみると、5.0V-550mAと言うところだった。

5



急速充電するわけではないので、電池も熱くならず良好で予備として使うには良い方だろう。
それにしても最近は、USB充電器を使うものが多くなって汎用急速充電器が大活躍している。

6


7



2月中旬、うちの娘は春休みで自動車学校へやっと通い始めた。
昔の感覚だと今頃沢山の高校生が自動車学校へ来ているかと思ったらそうでもない。
そもそも高校の制服を着ている受講生などいない。


考えてみれば、今大学受験の6割は特別入試の指定校推薦、公募推薦、AOで12月上旬に合否が決まってしまう。
それで余裕で2月から自動車学校へ来ているという感じである。
群馬あたりだと大学と言っても田舎にあるから、車通学でないと通えないから必須というわけだ。


その一方で大学受験は真っ盛りで、残りの4割の枠を目指しての一般入試である。
今では、推薦枠の少ない国公立大学以外、私立大学の一般入試というのは損くじの部類だろう。

そして、ネットでは大学入試で「補欠」になったという話ばかりが飛び交う。

「補欠繰り上合格」は例えば早稲田の合格発表の2月20日以降3月初めまでに1回、国公立大学前期発表後に2回目、後期発表後に3回目が行われる。


そして、例えば上智大学では一般入試合格者がほとんど入学せず、「補欠繰り上合格」者にも蹴られて「定員割れしている」という2016年までのデータに驚かされる。

それどころか、留年生が約900人もいるとのデータがあって予備校が発表している偏差値との乖離が凄い。

そもそも合格最低点を素点で公表せず、偏差値法のよる合格最低点の公表というもの怪しい大学であったのは間違いなかった。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

サイバーリンクの詳細はこちらを参照!!!!! icon

Pd82017_0200

Pd82017_02






ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

JINSメガネ、SanDiskなど続々届く節分明け

2017jins3


1月末に買ったJINSメガネやSanDiskメモリーカードなどが2月に次々と届いた。
これは1月末までバーゲンをやっていたからで、5日の日曜日にも5の日の10%ポイント還元というものもあったものの、このときには買うものがなかった。
幾らネットでバーゲンしていても買いたいものは買ってしまっているから、全く何か心躍ると言うこともない。
JINSメガネは、クーポン券でかなり割引になったので実店舗の品番を確かめて注文したと言うことは前回述べた。
今までの製品は、アウトレットだったりして店舗に在庫はなかったから買ってみて「良かった」とか「期待外れ」とかいろいろあった。
購入したものは

【JINS CLASSIC -Combination Acetate Monotone-】コンビネーション アセテート モノトーン/カラー91 : チャコール×ブラウンデミ

2017jins4

2017jins2

2017jins1


実際のところネットで見るフレームは、実際のメガネフレームと比べてかなり明るく写っている。
それで届いたものは、普通「暗め」というか色が濃い感じであった。
今回は、品物を確かめているから全く問題なかったが、実物を見ていなかったら「買わなかったろう」というものであった。


2017jins5


2017jins6


それにしても、定価が安いものはかなりシンプルでメガネ自体は高そうに見えない。
掛けていればみんな同じに見えるから、こういうところはご愛敬である。

それで後日実店舗に行ってフレーム調整をしてもらう予定である。

***************************************
その他に届いたのは、メモリーカード。

2017jins10



Extreme Pro UHS-I U3 SDHC 32GB class10 SanDisk 超高速95MB/s V30 4K Ultra HD対応 海外向けパッケージ品【3年保証】SA1408XXG

32GB U3 UHS-I 90MB/s SanDisk
SDカード SDHCカード Extreme 32GB U3 UHS-I 90MB/s Class10 SanDisk サンディスク 海外向けパッケージ品

SDHCカードは、安かったのでトランセンド製品を多く使っていてPanasonicと東芝、SanDiskは最上位のものを予備として持っていた。
これが時代の変化と伴に、「UHS-I U3」ではなくなって旧型製品になってしまっていた。
それで今回思い切って「海外向けパッケージ品」を買ってみた。

一時期「偽物」が出回っていたこともあったらしいが、何回か買ったことがあるところだと偽物らしきものはない。
逆にAmazonなどには、よく分からないこともあるようだ。
但し小生はそう言うものには当たったことがない。


Sandisku332


それで、速度を測定してみた。
SanDisk Extreme Pro UHS-I U3
これは早い。
「UHS-I U1」より早いというのはさすが時代の変化。

Sandisku3_ex


SanDisk Extreme  UHS-I U3
読み込みはExtreme Proと同等。
書き込みは、最低40MB/sとあったが50MB/s出でいるのでこれなら敢えてProを買わなくても使えそうな気がする。

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 5.0.2 x64 (C) 2007-2015 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

   Sequential Read (Q= 32,T= 1) :    91.800 MB/s
  Sequential Write (Q= 32,T= 1) :    55.267 MB/s
  Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) :     6.125 MB/s [  1495.4 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) :     2.440 MB/s [   595.7 IOPS]
         Sequential Read (T= 1) :    93.960 MB/s
        Sequential Write (T= 1) :    55.370 MB/s
   Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) :     6.054 MB/s [  1478.0 IOPS]
  Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) :     2.414 MB/s [   589.4 IOPS]

  Test : 1024 MiB [I: 0.0% (0.0/29.7 GiB)] (x5)  [Interval=5 sec]
  Date : 2017/02/06 16:20:02
    OS : Windows 8.1 Pro [6.3 Build 9600] (x64)
    32GB SanDisk Extreme

今回、クーポン券の有効期限とか、期間限定Tポイントとかを使い切るためにいろいろ買ってみたのだが、製品はそれなりに良いものであった。

 


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 1日 (水)

Yahoo!のバーゲン終了??そして毎日いつでもポイント10倍

Yahoo


2月1日になって、11月から続いた「Tポイント10倍セール(Yahoo!プレミア会員)」が終わってしまった。
1月16日に「毎日いつでもポイント10倍!キャンペーン。」という「ソフトバンクの電話番号と連携」してTポイントが通常の10倍もらえるキャンペーンが発表になっていた。

これは2017年2月1日(水)00:00~5月31日(水)23:59の間なので、従来のセールが終わるというのは知っていた人は知っていたのだろう。


そんなことは予測して、なんとか1月31日までに期間限定Tポイントは使い切ったから別に困った訳ではない。

それで、この「Yahoo!ショッピング」で『毎日いつでもポイント10倍!』なのだが、従来より余りお得ではない。

なぜなら、「※本キャンペーンで進呈する期間固定ポイントの上限は、月毎のご購入につき10,000ポイントまでです。」

となっていて、大きな買い物をしたりするとこの部分が従来のように全額貰える訳ではないらしいのである。

小生の場合、SoftBankのスマホなので電話番号とYahoo!IDを連携(スマートログイン)した。
それで、パソコンでもこのサービスの対象になった。
しかし、分かりにくい。

Yahoo21


今までは、Tポイントがどれだけ付くと書かれていたのがz

********************************************
「ソフトバンクユーザーなら-お買い物でポイント+9倍!(5/31まで)」
********************************************

 

なので実際のポイントは買ってみないと分からないことになっている。
この辺は、多少様子見で考えてみようと思う。

そんなわけで、10月に無料で3月まで「Yahoo!プレミア会員」になれたのでそのまま11月から「お得なお買い物」をさせていただいた。

しかし、Tポイントを使い切るために買い物をしなければならないのが辛いところである。
今回は10月に中古カメラを買った関係から、丁度欲しいものがあったので充分に使い切ったがもう買うものがなくなってしまった。

ただ、お茶やコーヒーなどの消耗品は幾らでも必要とは言え高がしれているのでしばらくおとなしくしておこうと思っている。

今は、ネットでの買い物で楽天市場やYahoo!、Amazonその他でどこのサービスが良いか競争である。

その中で楽天とYahoo!がもろにバッティングする。


楽天に出店している店舗のほとんどがYahoo!にも出店しているので、どちらが安いか、サービスが良いかで決まってしまう。
Amazonはズバリ価格での勝負である。


最近のカメラのキャシュバックキャンペーンは、秋~1月中旬のことが多いので種々のバーゲンも1月で終わりになってきたのかもしれない。
消費税が上がる前までは3月中旬までだったのが、2月上旬までそして1月末になったのかは今後様子を見てみる。

中古カメラも不思議なことに1月中旬までにめぼしいものは売り切れて、今は値段が上がってしまっているからこの傾向は今後とも続くかもしれない。

こう言う買い物の話は、済んでしまったことだからここまでである。



いつも書く、読売新聞の社説。
日本とは一切関係ない米国のことを「社説」で書いて何の意味があるのかさっぱり分からない。
トランプ米大統領は、日本の大統領ではなく米国だ。
しかも、その報道とは米国での報道で日本とは関係ない。
それでなぜ読売新聞の社説で書かなければならないのか理解できない。
以前のエントリーで、日本人の社説氏が書いているように思えないというのは今回もそうである。
今回は「報道」という共通の部分だけで見れば、読売新聞も米国のメディアと同根だと言うことを証明したに過ぎない。

**********************************
参考 社説
「米政権VS報道 「もう一つの事実」はあり得ぬ」

政権に批判的な論調を一切認めない。根拠を欠く主張を「事実」として押しつける。メディアの自由な取材と報道が民主主義に果たす役割を理解していないのではないか。

 トランプ米大統領や政権高官の野放図な言動が目立つ。

 中東・アフリカ7か国を対象にした入国制限措置について、トランプ氏は声明で「イスラム教徒入国禁止令ではない。メディアは偽って報じている」と強調した。

 実際に、米国の空港では、多数のイスラム教徒が入国を拒否されている。一連の報道が非難しているのは、イスラム圏に対する排他的な姿勢だ。トランプ氏一流の問題のすり替えと言えよう。

 政権と米メディアの激しい対立は、発足直後から始まった。

 トランプ氏は、就任式に集まった聴衆の数が故意に少なく報じられているとして、「私はメディアと戦争をしている。彼らは地球上で最も不誠実だ」と訴えた。

 スパイサー大統領報道官も、客観的な証拠を提示しないまま、聴衆が「過去最多だった」とする声明を一方的に読み上げた。

 8年前のオバマ大統領就任式の写真と比べて、今回の人出が少なかったのは一目瞭然だ。それでも、トランプ氏側近の高官は、報道官の見解について、「オルタナティブ・ファクト(もう一つの事実)だ」と強弁した。

 大統領の言葉は、たとえ虚言や誇張であっても、変えようのない事実だとでも言うのか。

 トランプ氏は「大統領選で300万~500万の不正投票があった」とも力説した。具体的な根拠はない。得票総数で、民主党のクリントン候補を300万票近く下回った結果を否定したいのだろう。あきれるほかない。

 バノン大統領上級顧問兼首席戦略官のメディア攻撃も過激だ。トランプ氏当選を予測できなかった米主要紙を「対抗勢力」と断じ、「屈辱を味わい、しばらく黙って聞いていろ」と言い放った。あからさまな言論統制である。

 政権を批判するメディアを貶めて黙殺し、支持層に直接、メッセージを伝えるのが、トランプ氏やバノン氏の戦術だろう。自らの正当性を都合良く発信できるツイッターの偏重が典型だ。

 報道機関は専門家の意見も聞きながら、個々の施策を吟味し、論評する。世論も幅広く吸い上げている。自由主義社会では、メディアとの健全な関係の構築が政策推進に欠かせないことを、トランプ政権も認識せねばなるまい。
2017年02月01日 06時02分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
******************************************************

 


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ



ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月31日 (火)

「JINSオンラインショップ」で散財

Pc2


「JINSオンラインショップ」で【お年玉スロット○○%OFFクーポン】があったので、ついついまた買ってしまった。

★━━━━━━━━━━━━━┓
<<お急ぎください!>>
クーポン期限は【2017-1-31】まで!
─────────────

 

メガネのフレームは、JINSの店舗で見てきて「品番」を控えてそれを探して購入というヤツである。
実のところ実店舗の品番と「JINSオンラインショップ」の品番とは多少違うのだが、共通部分がある。
前回は、アウトレットだったのでフレームの保証はなく、レンズ保証だけだった。
しかし、今回は割引率が大きかったのでアウトレットは使っていないと言うか、「セール・アウトレット・予約品・一部対象商品には、クーポンをご利用いただけません。」なので使えない。

クーポンコードが送られてきていたメールが見つからない。
どこに行ったのかメール検索して探し出した。
しかし、よくよくメールをみたら
「お持ちのクーポン一覧からクーポンをお選びください。」で探す必要はなかった。

「JINSオンラインショップ」で買うことになって、昨年から幾つも買ってしまった。

それでレンズの度数は変わらないので、どれを掛けても目の負担にならない。
しかし、その前まで使っていた古いメガネだと度数が違うので事実上使えないことになっている。
・・・とはいうものの、もうすぐ花粉メガネの次期だと思うと憂鬱になる。

以前に1月20日頃になると2017年がどんな年になるのかが「聞こえてくる」と述べたことがある。

しかし、最近「耳が遠くなって」さっぱり聞こえてこない。

その内にインフルエンザで寝込んでしまったから余計に駄目である。

昨年は「過去に戻ってお仕置きを!!!!」だったので勘弁して欲しかった年だったが、少なくとも運勢に寄れば「守銭奴」の年である。

少なくとも昨年から金を使いすぎて困っている現状なので、入ってくるものが入って来て欲しいと望んでいる。

それでも今年来年に感じることは、何かものごとが早くなっている。
最低でも1~2か月以上ものごとが前倒しになりつつある。
これが何なのか分からないが、多少嫌な予感がしてやるべきこと早くやっておかないと思い始めている。

それが何か?

そんなことが分かれば、今頃大もうけをして都心の真ん中に億ションでも買っている。
しかし、臆病で貧乏性だからまずはそんなことはあり得ない。

また今日も無理せず、「お体」を大切に布団の中に潜り込むことにするか・・・

・・・とは言うものの、ここに布団などないんだよね。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ



ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

BALMUDA The Potを買った

2


「BALMUDA The Toaster」という高価なトースターを発売している、バルミューダ製の電気ケトル BALMUDA The Pot K02A-BKを買ってみた。
(予約して2週間以上かかった。)
このBALMUDA The Potが発表されたのが9月末で、Web上では「むくつけき顔」が多く見られて、メディアやタレントを呼んでお披露目をしたようである。
実を言えば、そんなことは全く知らなくてディノスの年会費分を使わないと2,160円分損になるから、10月末に発売のこの「バルミューダ」のポットを買ったまでのことである。

こういう電気ポットとしては良いお値段なので、デザイン重視というか質感は悪くない。
内部を見ると電気配線が通っていて、この部分を水に浸すのは良くないだろうと思うことしきり。

3


7


4


6


5


8


1




電源ベースの上に載せると「グラグラ」して安定が悪い感じがするものの倒れると言うものではない。
内容量は600mlというコーヒー2杯分程度で普通ならこれで充分。

******************************
使って見ました。  コーヒー
******************************

9


11


600mlという水量は、驚くほど少なくこんなものかという感想。
フタをカチとしめて、「ネオン管」の「ちろちろ揺れる光を再現」という点灯を見ているうちにあっという間に湧いた。

14


600mlで大方約4分。
注ぎ口は、「最高の注ぎ心地にこだわった」と言うだけあって少量から注(そそ)げて快適。
何かいつものコーヒーの匂いが良いような気がした。

15


又、「安全上注意」にあるようにポットそのものは非常に熱くなる。
そのままヤカンと思えば触ることもないだろうと思う。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

Jinsメガネ3本目を安くネットで買う

Jins24


J!NSメガネをネットで買ったのは、2016年3月である。
エントリーとしては、「JINSオンラインショップでメガネを買ってみた」である。

http://syuun.way-nifty.com/blog/2016/03/jins-c62b.html

前回のエントリーで述べたとおり、実店舗で「J!NS花粉CUTスタンダード」を買ったときに年度末と言うこともあって、割り引きクーポン券をもらってきたことから始まっている。
安く買えると言うものには直ぐに飛びつくので、気になっていた「スリムエアフレームSilm Airframe」というメガネをクーポン券で買うことにした。
セルロイドのメガネがなかなか合わないのでね。
その上、「度数コード」は実店舗で購入したときに保証書に書いてあったことも幸いであった。
新規にJ!NSオンラインショップに登録すると1,000円のクーポン券が出る。
しかし、年度末のクーポンの方が割引率が高かったので使わなかった。

それから2本目は、6月の「シークレットセール」で定価の40%引き(アウトレットから20%引き)で購入。

Jins212


そして、今回は「FINAL SALE」という在庫処分品で定価の2,000円引き。
現在はOUTLET SALEとなっている。

 

Jins003

Jins25


買ったのは、バイカラーエアフレーム(Bicolor Airframe)という二色になっているもの。
以前買ったSilm Airframeは、眼鏡のつるが細く弱いのでフルフェイスヘルメットに挿すと折れそうになる。

Jins213


Jins211


それで多少丈夫そうなものと思いOUTLET SALEから選んだ。

Jins21


Jins23


Jins26


Jins27


Jins28


それで届いたメガネ全体の重さは、Silm Airframeより1g程度重いくらいなのでかなり軽い。
しかし、バイカラーのはずが室内だと一色に見える。
製品自体(定価5,900円)も余り高級感があると言うものではなくて、J!NSメガネとしては普通の感じである。
それでOUTLET品なので、フレームの保証はナシ。

Jins22


前回も思ったのは、ネットで見ると照明が当たるのでかなり明るく見えると言うことである。
6月の「シークレットセール」では、元々フレームが9,800円程度(5,940円)のものだったのでかなり丈夫そうなもので質感が良かった。
しかし、測ってみたら34.6gもあった。
これは、かけ心地が良いと気にならない。

Jins29

Jins214


Jins217

それにしても3,900円(税込4,212円)でメガネが買える時代になったと言うのは驚きである。
今掛けているセルロイドのメガネもOUTLET品になっていたことがあった。

大体OUTLET品で売れ残っている製品というのは、地味目のものが多くて結構お買い得なのだが、色の濃さは写真より濃いめだと考えると大体よいようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 4日 (木)

ニチベイ・ブラインドAS-25の取り付けDIY

15


**************************
ブラインド交換するきっかけ
**************************

先月、ブラインドが突然落ちてしまった。
単純には釣ってあった糸が経年変化で切れたものと、ワンコントロールタイプのブラインド機構そのものが壊れてやはり糸切れしたものである。
建物が建てられてから12年なのだが10年経過した頃からあちこちと壊れだした。
まず普通は壊れない直づけ蛍光灯が壊れて、これは建築屋(業者)に頼んだら35,000円もとられた。
製品そのものは、Amazonで5,000円もしないのに「ボッタクリ」と思うのだが定価は20,000円位する商品なので取られても仕方がない。
ハッキリ言えば、自分で交換すれば良かったというものである。
次に壊れたのが、温水洗浄便座(ウォシュレット)で以前にエントリーに上げておいた物。
旧INAXの10年したら自動的に「点検のおしらせ」が点滅して、早くジャンパー線を切らないと本当に壊れるというINAXタイマーの付いたヤツ。
これは本当に壊れたので、東芝のハイパフォーマンスも製品と交換した。自分でやったから製品代だけ。
業者にやらせれば50,000円はするだろう。

1


4



同じようにやってもらうと50,000円はかかるというのが、このブラインドの交換。
高い理由は、ブラインドそのものの値段が高いからで面積にも寄るが、大方30,000円である。


しかし、ネットで特注するとブラインド本体は4-5割引なので15,000円~20,000円という部品代だけでできてしまう。
尚、ブラインドはメーカーの工場から直送である。


17


18



***********************
ブラインドの選択
***********************

6



新規に付けるのは別として、もともとあるブラインドが壊れて交換する場合は同じタイプのものを選択する。
元のブラインドに品番と色、寸法が書いてあってそれを選ぶと目安が付く。

品名 UAX-25T  --セレーノ25 ワンコントロールタイプ
色柄 C138T
寸法 1,520H 1,430L
製造 2004年01月

実は、ワンコントロールタイプのブラインドはないらしく、UAX-25Tを検索しても出て来ない。
今は、昔ながらの「ロッド式」、「スーパーポール式」しかない。

しかも使われているのが、「セレー25」という「部品・部材に耐湿性素材を採用。キッチンやダイニング、洗面所などの水まわりにも安心です。」という浴室窓などに使ったりするものだった。

7



それで標準タイプの同色

AS-25 「ニチベイ ユニーク25 酸化チタンコート 標準タイプ・ロッド式」に変更した。


違う点は、耐湿性素材ではなく、基本操作方法が「ロッド式」という「ブラインドの昇降はコードで、スラットの角度調節はロッドで行う」というもの。
価格も多少安い。

***********************
ブラインドの取り付け
***********************

2


こういうものの取り付けは、現在あるものをどうやって取り外すかが問題である。
ここで「UAX-25T」なので「プッシュ方式」という多少大きめな取り付け金具がついている。(https://www.nichi-bei.co.jp/jsp/set/yb/push/index.html)

従って、プッシュボタンを全部押して、ロックを解除して取り外せば簡単に外れる。
結構こんなことが分からないものである。

3


5


9


11



○交換する「標準タイプ・ロッド式」は、取り付け部に大きな力がかからないので「スライドロック方式」という小型の取り付け金具になる。
https://www.nichi-bei.co.jp/jsp/set/yb/slidelock/index.html

12


8


13


この取り付け金具に「両面テープ」で位置づけをしてビス留めすれば準備完了。
後ははめるだけである。

14


16


**************************   
取り付け後の感想
**************************

ブラインドがどんなものなのかを調べるのが、なかなか面倒である。
しかし、品番で同じ材質色のものを注文すれば全く変わらないものが取り付けられる。
取り付け時間は、準備、取り外し、取り付け、後片付けを含めて30分程度であった。

10


それで取り付けてみて思うのは、以前に取り付けてあったネジが少なかったりして手抜き工事だったな思ったりする。
また、開け閉めが多いところは「ワンコントロールタイプ」という開閉に時間が掛かりかつ、耐久性の良くないものは不適である。
しかし、今は作られていないのかもしれない。

-------------------------
サイバーリンクの詳細はこちら icon

Cyber_2016_08_15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 5日 (土)

JINSオンラインショップでメガネを買ってみた

Jins81

**********************
「概要・買う経緯」
**********************

最近どこにでもある格安のメガネ店。
その昔は一つ買うと2~30,000円くらいはして、中々買い換えると言うことは出来なかった。それが今や10,000円でおつりが来る時代になった。
3月は例の花粉シーズンである。
それで年にこの時期しか使わない「花粉Cutメガネ」を久々ケースから出してみた。
・・・・と驚くのは、鼻パットなどゴムの部分(ノーズパッドとテンプルエンド)が湿気で加水分解してベタベタになっていた。
それで早速近くのモールのJ!NSショップに行ってみた。
メガネを出してみせると、ノーズパッドとテンプルエンドは、時間が掛かるが在庫があるので無料で交換してくれるという。
しかし、花粉シーズンも本格的になってきたので新しい「J!NS 花粉CUTスタンダード」を買ってきた。
その帰りがけに気になったのが、スリムエアフレームというメガネ。

それでJ!NSショップでは種類が少なかったので、「オンラインショップ」で買うことにした。
その上、「度数コード」は保証書に書いてあったので「オンラインショップ」で気軽に買えるというものであった。
★購入した最新の「花粉Cutメガネ」はメガネの上はぴったりだが、下部が大分空いているという感じ。

Jins5

*************************************
「オンラインショップで買ってみた」
*************************************

Jins000021

Jins3


J!NSのオンラインショップでは、実のところメガネが中々探しにくい。
実店舗で見たメガネフレームの品番とタイプが中々見つからないと言うことも多い。
それでも【Silm Airframe】スリムエアフレームというキーワードで探してみた。
それを見るとお店においてあった製品(MUF-15A-435)は、現行商品だが古めだった。

Jins000011_2

それで同種の中での「新製品・MRF-16S-048(53□15-149○36 (Mediumのみ) )」にしてみた。
理由は、多少厚いレンズを入れるためにフレームが厚い方が目立たないと考えたからである。
「製品説明」
************************************************
好評のAirframeの中でも、更に掛け心地を追及したシリーズ。
今までの長所を残しつつ、細かくサイズ見直す等、一から開発した商品です。
こめかみ部分は、圧力を感じて痛く感じやすいのであたりにくくし、
モダンでホールド感を高めてフィットさせるように設計しました。
直線的なラインと角を尖らせたシャープなシルエット、マット塗装は、男性的でクールな印象。
テンプルにメタルパーツをはさんで高級感を出しています。
モダンにはラバー素材を使用し、バイカラーにすることでさりげない遊び心を加えました。

**************************************************

Jins000031


それで会員登録すると「1か月間1回だけ1,000円引き」のクーポンが付く。
今回は、このクーポンを使わなかったのでまだ残っている。
●レンズのオプションを選び、「度数コード」を入れて購入。

Jins000041


●発送着、2月29日(実際は28日午前)だったが、中1日で発送、3月3日には届いた。
3日に「ノーズパッドとテンプルエンド」の交換か出来たという連絡が入って、ついでに「ノーズパッドとテンプルエンド」の調整をしてもらって完了。

Jins11_2


Jins21_2

*********************************
「買ってみて思った感想」
********************************

Jins41


Jins7

J!NSメガネの実店舗の商品の入れ替わりは激しい。
3月に店に行ったときは、2月に置いてあったスリムエアフレームなどの商品は置いていなくてJ!NS 花粉CUTメガネなどか主流。
それでさっと見回して、花粉CUTメガネは買ってしまったので「欲しいものはないな」という印象を持つ。
その点、オンラインショップでの利点は探すのに苦労するとはいえかなり種類が多い。
そして、取りあえずは1,000円引き。
欠点としては、「度数コード」がないとメガネが作れないことで、これは事前にJ!NS SHOPなどで出してもらう必要がある。
フレームの形状、型などはオンラインショップでのものとほとんど変わらない。
しかし、欠点としては実物は許容範囲とは言うものの、「多少色が濃い」という感じがある。

Jins61


製品は、写真の通り20gでエアフレームの「J!NS 花粉CUTスタンダード」より4g軽い。それで今まで使っている普通のものより6g軽い。
元々セルロイドメガネは、調整が難しく結構慣れるまで痛い感じがするが、このスリムエアフレームはない。
オプションとして、ブルーライトカットなどもある。
PC専用でもないので、オプションなしにした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月26日 (水)

SONY NP-FW50 互換カメラバッテリーの不具合

F50w2

*********************************
NP-FW50の互換電池などの概要
*********************************

先日Amazonでどういうわけか「NP-FW50互換カメラバッテリー2個+充電キット」をタイムセールで安く売っていた。
NP-FW50というのは、αILCE-7やα6000、NEX-6などの最新ミラーレスカメラに使えるリチウムイオン電池である。
このNP-FW50やα77などに使われるリチャージャブルバッテリーパックのNP-FM500H
の互換電池はなかなか癖が強く、ほとんど使えないと言うのが実情である。
このうちNP-FM500Hはα700から使われている古いものなので、最近では安定した互換電池も出てきているようだが、使うカメラが少ない。

ミラーレスカメラに使われるこのNP-FW50は容量が少ない一方、カメラ側消費が大きい。
従って、予備電池というものはいつも必要である。
α55の時に初めて使われ、GPSを使うようにしておくと、あっという間に消費してしまうことがあった。
いずれにせよ、SONYやPanasonicなど自社でリチウムイオン電池などの電池を作っているところの互換電池は要注意である。

******************************************
Amazon特売の「DSTE アクセサリーキット」
******************************************

F50w1



Amazonのタイムセールで売られていた電池は、1単位だと1,300円とそこそこだったのだが、「アクセサリーキット」だと充電器もついてかなりお安い。

実を言えば、NP-FW50は純正電池4個と予備で5個電池を持っていて、1台のカメラを持ち出すときは3個の電池の予備がある。
ついでに言えば充電器もα55の時に付いてきたBC-VW1(280mA)を含めて同型のものが2台あって追加の電池も、充電器も必要はなかった。

F50w3


それでも買ってみたのは、買ってみて使えれば儲けものという心理である。

F50w5


内容は、互換品にしては紙ケース入りで多少ご立派である。
充電器は、この手のものとしては汎用品で他社でもほとんど同じようなものが発売されている。

F50w7


SONYの純正と違うのは、形状以外では充電電流が600mAと大きい。
この充電部分は、中国製では汎用品で550~650mAと言うものが多く、PanasonicやNikonの充電器が同様であるからSONYの充電器は多少特殊である。

F50w8


NP-FW50の互換電池の形状は、純正と全く同じで入れにくいと言うものはない。
但し、NP-FW50の純正品はPanasonicと違って日本製である。

F50w6


******************************************
DSTE  NP-FW50 互換カメラバッテリーの充電
******************************************

NP-FW50 互換カメラバッテリーは、1つはNEX-6で測定すると84%と45%。
45%の方が、何となくいやな感じがしたのだが充電してみると・・・・


84%--->>100%
45%--->>>88%という結果になった。

F50w11



この88%にしかならないものをSONY製BC-VW1で補充電してみた。
しかし、一晩経っても充電ランプは消えず充電されなかった。

F50w10


又、付属品のチャージャーだと、充電量が過大だったのか結構発熱していた。

100%になった方は、翌日になっても安定していたのだが88%にしかならない方は、一端45%と表示して、再度入れ直すと88%になったりして安定していない。

F50w12


***********************************
NP-FW50互換カメラバッテリーの結果
***********************************

NP-FW50互換カメラバッテリーは、不具合であるとの予測からAmazonで「交換処理」することにした。
しかし、この手のものは「返品」しかなく返品となった。

Amazon0001

Amazon0002


F50w4


NP-FW50互換カメラバッテリーについて書かれていることを多少読んでみると、2個セットを買った場合、1個が不具合であることが多いとか。

小生はROWA製しか買わないことにしている。
しかし、Nikonの互換バッテリーの2個セットを買って、しばらく使わなくて初めて使おうと思ったら使えなかったことがある。

F50w9

その他ROWA製でもPanasonic用でも同じようなことがあった。
しかし、いずれも保証期間が過ぎていたので、そのままである。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧